2006年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ


2006/08/05

内装作業再開

外部足場撤去までの反動で疲れがどどどっと押し寄せてきて、昨日と一昨日は作業をお休みしました。

内部足場の撤去の件もありますし、さすがに今日は作業再開。

私は先日貼った石膏ボードのビスチェック(打っていないトコロはないか、打ち込みは足りているかなど)とパテ塗りなど、mosはR階の手すり代わりに作成する本棚の切り出しや自作窓周囲にとりつける枠の加工(詳細は近々)をしました。

まだまだノンビリしている場合ではないのに、なんだかゆるーい感じになってしまいます。気合い入れていかねばなー。

拍手する
2006/08/06

こまごま作業

060806-1-1.jpg
きょうも細かい事をいろいろしております。

mosは自作窓枠周囲にとりつける枠の加工と塗装。

私は相変わらずパテです。やってもやってもパテするところが湧いて出てきます。まだまだ思うようには出来ないのですが、これから石膏ボードを貼るところも沢山あるし、終わる頃にはパテの達人になれると思います。ええきっと。

写真は昨日頑張ったR階の天井。

なんだか腕に筋肉がついてきたような気がする今日このごろ。


拍手する
2006/08/07

石膏ボードも貼ってます

昨日・一昨日は、二手に分かれ細々作業が多かったのですが、実は合間に玄関周囲の石膏ボード貼りもしました。

足場が無くても作業出来る部分は後回しにしたいところなんですが、どんなに考えてもここを貼らないと上にいけないんです。いえ、何でも良ければなんとかなるかもしれないんですが、出来るだけ材料の無駄が無く、出来るだけきれいに・・・と思うとそうもいかないんですよね。難しいトコロです。
石膏ボードだけ貼ればよいわけでなく、断熱材詰めや気密シート貼りも伴うのでそれなりの回り道になっちゃいました。

060807-1-1.jpg
こちらは何回か記事に書いた、mosが作成していた自作窓枠周囲の枠(ややこしいな)。

我が家の自作窓、ウエスタンレッドシーダーで枠を作ったのですが予算の関係で2×6(38×140mm)のものを使いました。

これだと壁の厚み129mm+α(2×4材89mm+合板9mm+胴縁13mm+サイディング18mm)を引くと残りは10mmくらい。サイディングより外側に10mm位は出したいし・・・うーむ。と言う事で、とりあえず内装はなんとかなるだろう(安直?)と、内側を周囲のスタッドと同じに納めたのでした。

もちろん今のままだと、石膏ボードを貼ったら窓枠の表面がボードの厚み分引っ込んでしまいます。いろいろ考え、枠の周囲に更に枠を取り付ける事にしたのでした。

コレがmos作“枠”でございます。材料はこの時仮屋根を支えていた垂木。
自動カンナをかけてからテーブルソーでカット・・・と書くのは簡単ですが、角材を切り出し、端を欠きこんであるので何度もテーブルソーを通してやっと1本が出来るわけです。

無難にタナクリームと同じ白に塗ってみました。



060807-1-2.jpg
まずは断熱材を詰め、気密シート貼り。それが終わってようやく玄関周囲に石膏ボードを貼りながら、枠も取り付けました。

思った以上にいい感じ。今は少し浮いて感じるかもしれないけど、周囲にタナクリームを塗ったら落ち着きそう。

ちなみに写真の上の方に見えている大きな自作Fix窓にも同じように枠をつけます。



060807-1-3.jpg
北側2×6壁に取り付けた、自作スリット窓の部分は枠がスタッドよりも奥に入っているので、枠の手前の部分まで石膏ボードを貼ってタナクリームを塗ります。

この部分はかなり面倒で時間がかかります。mosが何度も現物合わせしながらサイズを調整していました。左右の部分もこれから貼ります。


拍手する
2006/08/07

緑棉

060807-2-1.jpg
屋上で大切に育てている緑棉、日の光をあびまくって育っております。

葉っぱが7?8枚の時に摘心したので、それ以降は沢山の葉っぱが横方向に向かってます。ふさふさ。

そろそろ支柱を立ててあげなくちゃ。



060807-2-2.jpg
いつものように、じーっと観察していたら新たな形のものを発見しました。

ん?これは蕾!?嬉しいじゃないですか。

まだまだ花が咲くのは先そう。コットンボールがはじけるまで見られるといいなぁと思います。



060807-2-3.jpg
右側は唯一1本だけ芽が出た米棉。随分大きさが違います。
時期が遅かったせいなのか、品種が違うからなのかは謎。

これからが一番楽しみな時期ですね?。大切に育てていきます。


拍手する
2006/08/09

玄関周囲の電気配線

いつ撤去されるか決まっておらず宙ぶらりんな状態の内部足場。

毎日必死で石膏ボード、パテの作業をしつつタナクリームも塗らなくちゃ?とあせったり。

そんな中、今日は少しだけ逃避。玄関周囲の配線作業をしてみました(笑)。

060809-1-1.jpg
防水コンセントの設置のために、穴を開けて線を通したところ。

『玄関前に防水コンセントがあったら、何かと便利かも』というmosの発案で取り付ける事にしました。

穴の周囲に四角いグレーのものが取り付けてあります。これは“防水ブッシング”というもので、これをつければコーキングしなくて良いというスグレモノ。
下にヒラヒラ出ている部分は、カバーまで設置してもちらりと見えるようになっていてつけ忘れ防止なのだそうです。いたれりつくせり。



060809-1-2.jpg
ベース部分をとりつけ・・・



060809-1-3.jpg
カバーもとりつけました。

これ、ちょっとカッコ良くないですか?

従来の防水コンセントはこんな感じ
まぁ、これはこれで・・・とは思うんですが、なんか他にないの?という気もしてました。

そんな中、松下の新商品、【スマート防水コンセント】発見。価格も従来のもの+200円位とあまり差が無いので、人目につくところは部分はコレで行こう!という事になりました。



060809-1-4.jpg
続いては、玄関照明。
毎度のごとく、照明の選定には相当時間がかかりました。

最初はマリンライトも考えたし、こんなのもいいかなーとも思いましたが、その裏で『こういう感じってあのドアと合いそう。逆に合いすぎてなんだかキメキメすぎな気がするなー』という気も・・・・

頭の中でいろいろ組み合わせを想像しつつ、うーむと唸っていたらこんなレトロでいい感じの電灯を発見しました。

25,200円はちょっと厳しいなー・・・とあきらめかけたのですが、よくよく調べてみると、もっとお安いものを販売しているところがいくつかありました。

ちなみにこれは1つ3,500円也。色がどうにも決められず安いからいいかな?と思って、緑と黒の2種類購入したのですが、後々もっと安いお店を見つけてちょっとだけショックを受けました。




060809-1-5.jpg
ちなみに裏の配線はこんな風になってます。

玄関灯は人感センサーにしたいと思い、980円で購入したセンサー付きライトのセンサー部分だけ取り外してつないでくれました。



060809-1-6.jpg
完成。

照明は悩んだのですが、結局緑に。
黒、どこかで使えるかなぁ・・・

表札は借家時代からのものを仮につけてありますが、その他はこれで決定のものがほとんど。
玄関周囲、だいぶ完成に近づいてきました。



060809-1-7.jpg
夜はこんな感じ。
電球の暖かそうな光が気に入ってます。

人感センサーも問題なく作動しました。これからは暗くなってからの帰宅も安心ですね。

ちなみにこの電柱についていた街灯のような電灯には【かさでん】というれっきとした名前があるよう。

こんなサイトも発見しました。レトロな雰囲気がいいですね?。読みふけってしまいそうです。


拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.