2007年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ


2007/12/03

おかげさまで

071203-1-1.jpg
12/3にmosの陥入爪の手術が終了しました。

手術はオペ室で行われたので(当たり前?)、当然見学はできませんでした。残念。

オペ室の前で待っている時に

mos『着替えたりするんかねー?』
pin「どーだろうね?。ちっちゃいオペだし…」

などと軽い会話をしておりましたが、なんのなんの、上から下までばっちりオペ仕様だったようです。

伝達麻酔という麻酔法なので意識はばっちりあるのですが、オペ着に着替え、頭にキャップをかぶり、自動血圧計、心電図、パルスオキシメーター(酸素飽和度や脈拍をはかる道具)を装着し、点滴をしていただきながらの手術だったそう。

軽?い気持ちで、手術室にはいったmosはあっという間にこの絵の様な姿に。

そういえば、そうだったよなー。小さいオペでもきっちり準備はしてたっけ…と現場をはなれてン年の看護師は、mosの話を聞いた後から思いだしたのでした(笑)。

ちなみに今回の伝達麻酔、痛みと冷たさは感じなくなるのですが、その他の感覚はばっちり残ります。
痛くはないけど、がりがりされているのはわかっちゃうんです。ちょっとヘンな感じですよね。



拍手する
2007/12/06

薪ストーブ設置

071206-1-1.jpg
ようやく我が家に薪ストーブがやってきました!

ストーブ自体はずいぶん前に購入してあったんですよ。もう少し早く設置出来ると思っていたのですが、思うように作業は進まず、2年もかかってしまいました。

10時少し前にお店の方が軽トラに荷物をつんで登場?。ワクワクしますね。

後ろの方にのっている四角い形のものがストーブ本体かな?


071206-1-2.jpg
いろいろなパーツや道具を車から降ろした後に、煙突の設置開始です。

まずはじめにR階へ。

角トップを取り付けた時に1本だけ設置していってくれた煙突の端っこのビニール袋を外し準備完了。


071206-1-3.jpg
まずはじめにチムニーの四角い部分を塞ぐように、鉄板を装着。
これはびっくり。知らなかったんです。知ってたら、チムニーの中に漆喰をぬらなかったわー。

鉄板の後は、煙突をつないでいきます。


071206-1-4.jpg
2階から見上げたら、こんな感じになりました。


071206-1-5.jpg
もう1本つなげて、2階の天井くらいの長さになったところで、曲がりを装着。

文章で書くと、次々つなげていってるだけのようですが、位置調整が結構大変な様子。
しかも我が家はR階まであるし、螺旋階段だし。


071206-1-6.jpg
曲がりの下にも1本煙突がつながりました。

職人さんの一人は1階で脚立にのり支えてます。

この辺で煙突をおろしていく最終地点を確認。『左右方向は炉台の中央がいいです』とお願いしました。
念のため、下げ振りを使って確認してみると、このまま真っ直ぐおろせば大丈夫な事が判明。スバラシイ。

ちなみに、使った下げ振りは我が家のもの。この他に、脚立(持参してたけど、近くにウチのがおいてあったので)・水準器・マスキングテープなども貸し出しました。
しかし、ウチだからよかったけど、他の家だったらどうしたんだろ?(笑)


071206-1-7.jpg
支えのための脚のとりつけ。左右のバランスに結構気を配っておられて、一度やりなおしてました。ウチの仕事とは大違いだわー(笑)。

実はこの方々の足もとには、6フィートの2×4材が山積み(ひとつ上の写真参照)。仕事がしづらかったことでしょう…。

そこまで手が回らなかったっちゅーか、移動先がないんです(T_T)。


071206-1-8.jpg
更に煙突をのばし支えをとりつけた後、2階にもどり2階とR階の間の部分にも支えを。

この部分の作業も、山積みツーバイ材の障害が…(重ね重ねすみません 汗)。


071206-1-9.jpg
そしていよいよ本体の搬入。

てっきり玄関からこんにちは?だと思っていたのですが、薪ストーブ屋さんのしゃちょーさんの『あそこから入ると思うんだよね?』の一言で、掃き出し窓から入れることとなりました。

我が家的にはノーマークな場所でビックリ。使わないと思っていたから、全く片づけて無くてあせりました。

ギリギリの場所に軽トラをつけ、四段畑を越える形で足場板を渡しました。スゴイ光景!


071206-1-10.jpg

パレットトラック
に乗って足場板を渡っていく薪ストーブ、中々見られないですよね。ちなみに重さは140kgです。


071206-1-11.jpg
無事に室内に運び入れ、その後は楽々。炉台にあげる時も合板+端材でスロープをつくり引っ張り上げました。


071206-1-12.jpg
端材を敷いた上に、業者さん2人とmosの3人でおろしました。

実は到着直後に、荷下ろしを手伝いましょうか?声をかけたところ、『手伝わなくて良いですよー。でもストーブ本体を運ぶ時だけ、ちょっとだけお願いします?』と笑顔で言われ、陥入爪の手術直後だなんて、とても言えなかったのでした(笑)。

かなりソレっぽくなりました。

久しぶりに対面した【morso 7110CB】、やっぱり好みです?。

この後、下の端材を外し位置調整して煙突と接続したのですが、興奮しすぎたのか、それともまったりしすぎたのか、写真をとっていませんでした。

うーん、残念。



拍手する
2007/12/06

薪ストーブ満喫♪

071206-2-1.jpg
設置がすんだところで、ストーブ屋さんがおもむろに『火、いれてみます?』と。

我が家を代表して(笑)、mosさんが着火剤に火をつけました。
ストーブ屋さんもデジカメを手にしており、気を利かせたmosさん、点火と同時に手をひっこめました。

すると『あ、逃げられちゃった…』。ストーブ屋さんは、火をつけたところの画が欲しかったのでした…。
仕方なく、もう一度ポーズ。なんだかウソっぽい画が出来上がったのでした(笑)。

写真右下の方にチラっと写っているのは、今までためてきた端材。薄?い端材は乾燥もばっちりだし、焚きつけに最適です。

ある程度落ち着いたところで、ちょっとだけお茶をしてストーブ屋さんは帰って行かれました。聞けば、このあともう1件設置があるそう。

我が家で要した時間は9時半ごろ?13時。

これから次にいくとなると、お昼ご飯を食べるヒマもないですね。お疲れ様です。


071206-2-2.jpg
火入れをしたあと、慣らし運転についてプリントをみながらレクチャーしていただきました。
今日はその通りに焚けるようがんばります。

今日は若干細めの薪を使うと良いとのことだったので、外から細めの薪や皮の部分などを持ってきました。

ストーブの上には南部鉄瓶。
結婚祝いにもらったモノなのですが、ン年保管の上ようやく日の目を見ることが出来ました。


071206-2-3.jpg
そして、こんなことも。

焼き芋美味しく出来そうだ?って思ってたんですよ。

アルミ箔につつんで、端っこの方にポイ。30分位で取り出してみたところ、こんなにホクホク。近所のスーパーで安く買った物ですが、水っぽく無くちょっと粘りもある感じで美味しい?。

あぁ?シアワセです?。


071206-2-4.jpg
しまいにはこんな状態に…。

鉄瓶でお湯、手前のやかんでウーロン茶、隣で干しイモ、左端の方には洗濯したぬいぐるみ。

これ以外にも手羽元の煮物を作ってみたのですが、とても柔らかく美味しく出来上がりました。こんな風に出来たのははじめてでビックリ。何が違うんだろう?

このエネルギー、いろんなことに使いたくなっちゃいます。

しかし見た目があんまりですねー…。お客様のあるときには控えめにしたいと思います(笑)。

それにしても、恐るべし薪ストーブの魔力。いつもはご飯を食べたらさっさと寝室に上がってしまうのに、うれしくてずーっとリビングにいたのでした。
火を見ているだけなのに全く飽きないんです。

寒いけど、これからイロイロ楽しくなりそうです。


拍手する
2007/12/09

寝室の天井貼り

071209-1-1.jpg
次のダンドリ。

さてさてどこから手をつけましょうか。

有力案は、【ゲストルームを仕上げる→寝室を一時的にゲストルームに引っ越す→寝室を仕上げる】です。

それにしても、ゲストルームに積み上がっている長?い羽目板が邪魔。

というわけで、荷物がそのままでもなんとかなりそうな、寝室の天井貼りをスタートしました。

一枚目を貼ったところでパチリ。


071209-1-2.jpg
サイズにカットした羽目板の裏に木工用ボンドを塗ってからとりつけ。フィニッシュネイル併用です。


071209-1-3.jpg
途中経過。

当然ですが、3本ついているダクトレールが邪魔になります。“全部外すと取り付けが面倒だなー…”と思いつつも仕方なく取り外し。

こういうトコロが『住みながら工事』のデメリットだなーと思います。


モノがたくさんで脚立をおける場所を作るのも大変だし。半分まで貼って、メルドスで塗装(かなり気をつかいました…)したところで今日は終了。

明日のために、ベッドを既に天井貼りが終わった方に寄せておきました。入り口付近をほとんど塞いでます。
不便だわー…。

拍手する
2007/12/11

出来た!

071211-1-1.jpg
モノをあっちこっちどかし、自分の立つ位置を確保しながら頑張って天井貼りをしています。

あと少しのトコロまで来ました。予定通り半日×2日間で終わりそうかな。

以前にも書きましたが、我が家の羽目板はレッドパインのアウトレット品です。

届いたモノを開梱してから選別して使っているのですが、きれいで無い部分を落として短くなってしまったモノは、ダクトレールの下に継ぎ目を持ってきて使っています。


071211-1-2.jpg
作業途中に用事で出かけたりしましたが、夜まで見切りもとりつけ、メルドスも塗り終え、ダクトレールも取り付けて完成しました。

電球形蛍光灯も戻しました。ピカピカですね(笑)。

これからは寝る時に見上げる天井が、石膏ボードじゃなくなりますね。嬉しいなぁ。



拍手する
1 / 3123
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.