2009年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

アーカイブ


2009/06/01

落とし板風?

090601-1-1.jpg
今日も涼しいので2階で壁の羽目板貼り。

窓枠周囲・押し入れ周囲のサンディング、天井貼りなど他にもすることはあるのですが、“う?ん、進んだ!”と感じられることをしたい!と思いこの作業を選びました。

ここは引き戸を開けたときに裏側になる部分。

1階と同じように、石膏ボード(ラスボード)に残っていた壁材を地道にはがした後、周囲のサンディングをしてからスタート。


090601-1-2.jpg
木工用ボンドを裏側に塗り貼り付け、水平を確認した後にフィニッシュネイラで固定しています。

この部分は見切りをつけることが難しいので、きっちりサイズで貼るつもり。

あまりの酷使に満身創痍な旧スライド丸ノコ「C7FSH」に代わり、少し前に新調したスライド丸ノコ「C7RSH」が精度よく頑張ってくれています。あ、もちろん使い手さんも頑張っています。

ちなみに旧スライド丸ノコも荒使い(薪や廃材など)用として活躍してもらっています。

いつもよりも材の調整に時間はかかりますが、狭い範囲なので比較的サクサク。あっという間に半分くらい貼れました。


090601-1-3.jpg
なんとか引き戸裏が終了したので、次はお隣のブロックへ。
…とその前に、もう一度周囲のサンディングを。

先日も紹介した、我が家の最新兵器BOSCHの吸じんマルチサンダーが大活躍です。


090601-1-4.jpg
他の元和室の壁は、柱の上から羽目板を打ち付ける予定なのですが、この部屋のこの部分だけは柱の間に羽目板を貼っていきます。

その理由はシンプル。羽目板が出っ張ってしまうと、クローゼットの引き出しが使えなくなってしまうからなのです。

繊維壁のような壁材をはがしてしまった方がよいのかもしれませんが、この面全部をはがすのはかなり大変だし、廃棄物の量も半端じゃないです。特にぐらぐらしていたり、ボロボロ崩れている箇所もないので、この壁材の上から貼りました。なので、ボンドは使わずフィニッシュネイルオンリーで貼ってます。


090601-1-5.jpg
この面、完成。どうでしょう?

『なんだか、ログハウス風だね?』とmosに声をかけたら、「っていうか、落とし板みたいだね」との回答。まだ和な雰囲気も若干残ってるし、言われてみればそうかもね?。

それにしても、隣の壁紙の部屋とは全く違う雰囲気です。一部屋一部屋違った雰囲気ってのも面白いですね。

羽目板貼り、結構サクサク進んだのですが、やはり困難なのは最終段。どのブロックもぴったりまるまる1枚のもので終わることは無かったのです(あたり前ダ!)。最後の段に必要な高さを測り、両側からスライド丸ノコで切り込みを入れ、間を手ノコでカット。最後の調整はカンナがけで…という気の遠くなるような作業で乗り切りました。自宅だったら、テーブルソーでさささっとカット出来るのにね。

ここで使った羽目板は、難ありでアウトレットになっているもの。

我が家ではこれをさらにABCランクに選別し使っています。Aランクはそのまま使用OK。Bランクはやや難ありだけど何とかそのまま使用も可。Cランクは欠点部分を切り落として使用。ランクわけ作業はmosが1枚1枚きちんとチェックしています。

ここは2階なのでAランクは使っていませんが(リビングなどにまわすため)、そんなにワイルドな感じでもないように思います。

出来るだけ端材が出ないように考えて使っているんですが、やはり短いものはたまっていきます。これで何かつくれるかな?

拍手する
2009/06/02

屋上ガーデン

今日は、久々に建築ネタではなく “やっぱり園芸が好き” な我らの屋上ガーデンをご紹介。

いろいろ考えることがあっても、ここに来て植物を眺めるとココロ落ち着く…そんな場所なのです。
090602-1-1.jpg
屋上全景。

毎日水やりしながら、それぞれを観察しています。

屋上に水栓をつけるなんて贅沢は出来なかったので、1階の外水栓にホースをつけ、屋上まで引っ張ってきています。


090602-1-2.jpg
1枚目の写真の手前の方にたくさん並んでいるポットの招待はコレ。アスパラです。

そう!水につけて発根させていたあのアスパラなのですよ。ふわふわした感じがかわいいですね?。

発根率はとてもよく、結局3粒ずつ蒔いたポットが47個も出来てしまいました…。ま、なんとかなる(ホントに?)でしょう。


090602-1-3.jpg
イチゴもたくさんなっています。これはデルモンテのピンクスイートという種類。

他にも2種類あるのですが、みんなmosが羽目板の端材で作ってくれたプランターに植わっています。


090602-1-4.jpg
花をたくさん咲かせているのは、多分養老という多肉植物。
毎年この時期に、ロウで出来たような質感のかわいい花が咲きます。

購入したときから名前がわからないのですが、元気にどんどん増えています。
あんまり増えてしまったので先月知り合いのバザーに出させてもらいました。
たくさんの人に持ち帰ってもらえたので、今頃みなさんのお家でも花が咲いてるかな?と想像して嬉しくなっています。


090602-1-5.jpg
そして、mosがかわいがっている水耕栽培のトマト。

去年、『昔ながらのトマトだよ』といただいた苗から採れた実で種をとったもの。
興味津々で年が明けるのが待ちきれず、発芽試験のつもりで12月に種を蒔いたら元気に芽が出てきてびっくりしたのでした。

せっかく出てきてくれたので、そのまま水耕栽培で育て続けています。


090602-1-6.jpg
通常よりも少しスタートがはやいためか、今の時期に実がなっています。

ようやく一つの実が赤くなってきたところ。早く食べたい気持ちを抑えて、毎日見守っています。本来は中玉トマトなのですが、この実はなぜかかなり大きいなぁ。


090602-1-7.jpg
他にも実がたわわに。

今年はトマトがたくさん食べられるかな?なんて、ついついぬか喜びしていますが、ここからきちんと管理しなくてはいけませんね。


拍手する
2009/06/04

2階洋室完成

090604-1-1.jpg
通販で購入した、取っ手が届きました!
注文して2日で到着。早いですね?。

“DIYパートナー”というお店で購入しました。このお店、家具の取っ手やツマミ、フックなどの種類が豊富。しかも結構低価格なので、おススメです。我が家はこれで2度目の利用です。


090604-1-2.jpg
2階洋室の物入れに早速取り付けてみました。

全体のバランス的には、もう少し右側に取っ手をつけたい気もしますが、フラッシュドアなので…。ビスをとめる相手がいないとどうしようもありません。
素直に元の取っ手があった位置につけました。

この前貼ったシートと雰囲気が合って、すっきりした感じ。
見た目もよいのですが、この取っ手、適度にずっしりしていて質感も高いです。


090604-1-3.jpg
先日仕上げたドアも設置しました。2階のもうひとつの部屋が終わるまでは設置しないでおこうかとも思ったのですが、ずっと置いたままにしておくのも邪魔だし、なにより“この部屋はおわった?!”という気分になりたかったのです。

before(一部しか写ってないけど)と比較するとかなり良くなりましたよね。いや、比較しなくても良くなりました!


090604-1-4.jpg
ドアの設置の後は、“この部屋はおわった?!”と言うために地味な作業。

フロアタイルに若干浮いていたところがあったので、カットしてきれいにしたり、壁紙の隙間をジョイントコークで埋めたりしました。
あ、あと2つある窓にカーテンレールも取り付けましたよ。

2階洋室、これで完成?。

beforeの姿、すでに忘れつつありましたが、久々に写真を見て比較して喜んでいます。


拍手する
2009/06/05

天井の羽目板貼り

今日は、2階元和室の天井貼りをしました。
090605-1-1.jpg
この部屋はの天井は、元々プリント合板の天井なので壁紙を貼ることも難しい…。というワケで、天井も羽目板で行きます!

使用する材料は、以前自宅のベッドを作成した余り(この記事、まだ書いてない…)。ちょうどこの部屋の天井分くらいありそうだったのです。

なので、壁の羽目板とは違うもの。厚み12mm幅105mmのアウトレットでないA品です。


090605-1-2.jpg
先日もご紹介した、C7RSHが活躍中。

長い材料を切断するのには、設置する場所が中々ありません。
結局押し入れの方まで追いやられてしまいました。


090605-1-3.jpg
材料の割り付けは、もちろんmosさん。結構大変だったようです。

材料自体の量にあまり余裕が無いのと、釘が打てる位置と、見た目のバランスを考えて配置していました。


090605-1-4.jpg
あと少し!

それにしても、ずいぶん雰囲気が変わりました。


090605-1-5.jpg
なんとか暗くなる前に終えることが出来ました。
壁の羽目板貼りの時と同じように、最終の一列は幅も調整しなければなりません。

長い材の幅を狭くするのは大変なので、ここは幅狭の短い材をたくさん入れました。意外とそのまま見えていても目立たないのですが、回り縁で見えなくなってしまう場所なので全然問題なしです。

近々メルドスを塗って仕上げる予定。濡れ色になるので、今よりも若干色が濃くなると思います。


拍手する
2009/06/07

ダイノックとリアテック

今日は暑いので、1階で作業。
090607-1-1.jpg
こちらはmosの実家からいただいたペンダントライトの傘。

内側の白い部分が若干黄ばんでいるので、照明点灯時も少し暗くなってしまいます。


090607-1-2.jpg
お掃除しても黄ばみがとれない部分があったので、白いペンキをスプレー。新品みたいになりました。

この照明、2階の元和室に取り付けようと思っています。しかし本体部分が電球1個のものだったので4畳半にはチト暗め。電球型蛍光灯にしてもやはり明るさが足りません。

そこで、本体は元々この家についていた蛍光灯に交換することにしました。古い物なので、若干音がうるさいですが余り使わない部屋なので、よしとします。


090607-1-3.jpg
そして次は、1階のドアたくさんのシート貼り。全部で5枚です。元和室の出入り口は片面が襖になっているので、面で言えば7面になります。

1階のリビングでのシート貼りは、2階でした時よりも、使えるスペースが大きい(12畳ですから)ので楽ちん。頑張りましょう!


090607-1-4.jpg
まずはいつものように、サンディングから。

全体をサンディングした後、ホコリや削りかすを拭き、ダイノック プライマーを周囲や窓周りに塗って前処理します。


090607-1-5.jpg
前回サンゲツ リアテックを使いましたが、今回はスリーエム ダイノックも使うので、2種類のシートを使うことになります。

写真左がダイノック、右がリアテックです。パッと見にはほとんど同じですよね?。というか、じっと見てもほとんど違う気がしません。


090607-1-6.jpg
1枚の引き戸に、ダイノックを貼ってみました。左がbefore、右がafterって感じです(まだ周囲の余分をカットしていませんが)。

ダイノックとリアテックの違いですが、貼ってみて判明。それぞれのシートで質感が違います。接着力はダイノックの方が明らかに高いです(決してリアテックが弱いワケではありませんが)。

接着力が高いのは耐久性もありそうだし良いのですが、裏を返せば貼る作業はかなり緊張します。慣れてくれば大丈夫なのかもしれないですが、今回は結構緊張しながら貼りました。あっ!と思って貼り直そうとするとドアの表面まで一緒に剥がしちゃいそうな気がします。

どちらの製品の接着面にもよく見ると薄い溝がついているのですが、これはエア抜きのためについているようです。

そして、この溝はダイノックの方がはっきりついています(リアテックの溝は最初あることに気がつきませんでした)。そのためか、接着力がものすごく強いにも関わらず、ダイノックのエアを抜くのは楽に感じられました。


090607-1-7.jpg
せっかく、表面がきれいになるのだから、これも替えよう!ということで、引手を購入してきました。元々のものはかなり汚れていたので。


090607-1-8.jpg
完成! すっきりきれいになりました。

まだ、裏面の襖の部分を何とかしなければならないんですけどね。


拍手する
1 / 3123
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.