2009年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ


2009/10/01

青天井

091001-1-1.jpg
なんの相場も上がってませんが(笑)、この家の天井は青くなりました。

採寸→pin、 カット&はめこみ→mosという、ちょっと(イヤだいぶ)不公平な役割分担で頑張りました!


091001-1-2.jpg
あ、この部分だけは、pinがカットして詰めましたよ。
…ボロボロですか?

合板サイズで配置した野縁とはちょっとずれた位置に、照明の受け(ビスを打って固定するための木材)が必要なのでこのような状況になっています。


091001-1-3.jpg
外に面していない部分の壁にも、発泡スチロールの端材を詰めてみました。
廊下の寒さが少し防げたらよいな?という気持ちと、捨てるの(リサイクルに出すんですけどね)大変だな?という気持ち(←こっちがメインか!?)から思いつきました。


091001-1-4.jpg
今日はこんなお客さまも。

あまりに気持ち良さそうなので、到着してしばらくは静かな作業をして寝かせておいてあげましたが、電動工具の音が始まったら、ものすごいスピードでどこかに去っていきました。

このネコさんは、常連さん。私たちがいない日はゆっくりしているみたいです。


拍手する
2009/10/03

白天井

091003-1-1.jpg
青天井 の次は白天井。

リビングの次は、6畳の寝室の天井の作業です。この部屋の上には、同じく6畳の部屋があるので、『外の気温が直に』というコトはありません。でも、天井の上はスースーと外からの空気が入ってきています。

なので、念のためここも断熱材を。スタイロフォームほどの性能は必要ないので、発泡スチロールを使いました。


091003-1-2.jpg
発泡スチロールは柔らかな分、スタイロよりも詰めやすいそうで、サクサクとすすみました。


091003-1-3.jpg
少し時間が余ったので、久々に脱衣室。
1ヶ月ちょい前にあと少しのトコロまで来ていました。

その後、不足分の窓枠や幅木やドア枠の切り出し・塗装など、少しずつ準備していたのです。

まずは窓枠の取り付け。

ちょっと色が違うけど、ほとんどわかりませんね。


091003-1-4.jpg
それから、幅木。

こういうトコロが入ると、作業中から『完成した部屋』って感じに変化してきますね。
実際はお風呂のドアのドア枠がまだなのですが。

こちらも、パーツ準備中。大物はいろいろ難しいですね。


拍手する
2009/10/04

もうすぐ出番

091004-1-1.jpg
朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね?。
もうすぐ我が家では薪ストーブの出番です。

ようやく晴れたので、使い始める前に大事な作業を(本来は終わった時にした方がよいのですが…笑)。


091004-1-2.jpg
煙突の後は、本体のお掃除とメンテナンス。

煙突の塗料がはげた部分や、天板、トビラなどは耐熱塗料のスプレーで化粧なおし。
天板は、ヤカンや鍋をかけていることが多いので若干のサビが。スチールウールでこすってサビを落としてから、スプレーしました。

新品みたい…とまではいかないものの、結構キレイになってすっきり。

今年は母の家のリフォームのおかげ(?)で、焚きつけ用の端材もたっぷりなんですよ。

昨シーズンの初焚きは11/8だった模様。今シーズンは、それより少し早まりそうな予感です。



拍手する
2009/10/07

ポケットホールデビュー

091007-1-1.jpg
浴室入り口のドア枠のパーツ、組み立てのためにポケットホールで穴を開けて下準備をしています。


091007-1-2.jpg
開けているのは、なんと私。

『そんなに難しくないから、やってみなよ?』というmosのコトバに、「う?む、たまには挑戦も必要?」と思い頑張ってみました。

あとから聞いたら、mosはこの単純作業が結構苦手だそうで…(笑)。

まぁ“そんなに難しくない”はウソではなかったようで、不器用な私でもなんとかなりました。こういう単純作業、私は好きなのです。


091007-1-3.jpg
この作業の後は、リビングの壁2ヵ所の羽目板貼り。
久々ですが、2度目なのですんなりと進みました。

最初の予定では、天井に薄い合板を貼っていく作業だったのですが、自宅にインパクトドライバを忘れてきました…。
それなら、浴室入り口のドア枠の組み立てを!と気持ちを切り替えたところ、組み立てに必要な短いサイズのビスの在庫が少ししか無い…。

ま、こんな日もありますよね。

拍手する
2009/10/10

脱衣室、あと少し

091010-1-1.jpg
浴室入り口のドア枠、組み上がりました。

あれから、3つのパーツに組み、 水性バトンのレッドオークで塗装。

その上から油性ニスで塗装し、今日最終形に!

浴室入り口なので、塗装は厳重に…と、油性ニスは裏面も塗ってあります。


091010-1-2.jpg
設置完了!

…と、あっさり書いておりますが、実は最終形のままではどうしても脱衣室の入り口を通る事が出来ず、泣く泣く2つに分割しました。

固定はフィニッシュネイルと、ほとんど見えない部分に細ビスを。

ビスや、フィニッシュネイルの頭、それから材料同士の継ぎ目が心配なので、固定後にもう一度油性ニスで塗装しました。


091010-1-3.jpg
塗装が乾いたら、洗面台の登場。
長いこと、リビングで邪魔にされてきましたが、ようやく本来の位置にやってきました。

この洗面台、ボウル部分の奥行きがあり、ドア枠部分までかかってしまうため、どうしても羽目板壁との間に隙間が出来てしまいます。
そのままにしておくと隙間から水がどんどん入り込んでしまいそうなので、いろいろ考え、端材で隙間を埋めました。

もちろん、油性ニスをたっぷり(笑)塗ってあります。


091010-1-4.jpg
この上には、奥に見えているミラーキャビネットも設置します。


091010-1-5.jpg
こういうタイプのキャビネットのほとんどがそうだと思うのですが、固定方法は壁にネジ止め。

残念なことに、ビス穴の裏には柱などビスが効く場所がないので、合板(合板をさらに2枚貼り合わせた自作合板です!)を設置しましたよ。


091010-1-6.jpg
4ヵ所ビスで固定し、完成?。

配管はまだしていないのですが、水栓などは取り付けてあるので、見た目は完成形そのものです。


091010-1-7.jpg
入り口から見た図。

奥には洗濯機がやってくる予定なので、洗濯パンをおきました。
後から母に尋ねたら、今は洗濯パン使ってないみたいなんですけどね…。

我が家も最初は使わない予定だったのですが、排水ホースの小さな亀裂が元で、予期せぬ水害にあってしまってからはどーしても手放せないのです。

というわけなので、母よ洗濯パン使ってくださいね。


拍手する
1 / 3123
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.