2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

アーカイブ


2011/02/06

今シーズンのレストラン

今シーズンももちろん野鳥レストランは開店しております。

例年と同じようなメンバーですが、定期的にお顔を見せてくれるのが結構うれしくて、キッチンの窓から中々離れられません(笑)
110206-1-1.jpg
ヤマガラさん。
今年もシジュウカラとの混成部隊です。

ヒマワリの種の入っているペットボトルは500mlサイズなので、だいたいの大きさがわかりますね。


110206-1-2.jpg
シジュウカラさんは、ピーナッツリースに。

mosはこの前、“うまうまー”とピーナッツをついばんでいたらいきなりスポっと1粒まるごととれてしまって口にくわえたまま困惑していたシジュウカラを目撃したそう(笑)。

しばらく困った後、近くの木の枝に持ち帰ってつついてたらしいです。

うわー、見たかったなソレ。


110206-1-3.jpg
エナガもピーナッツが大好き。ヒマワリの種を食べてるのは見たことないなぁ。

小さくてかわいいなー。
エナガはいつも大人数の団体さんでやってきます。

犬の散歩をするようになって、近所の林でも目撃するようになりました。


110206-1-4.jpg
そして、私と一緒に野鳥さんを眺めているキスケ。

一生懸命呼びかけてるんだけど、野鳥さんから返事が返ってくることはほとんどありません(笑)。


拍手する
2011/02/14

2代目コンポスト製作中

110214-1-1.jpg
4年前に使い始めたコンポスト。我が家の生ごみを食べ続けて頑張ってくれる頼もしい味方。
那須の強風に吹かれ続けてこんな姿になってしまいました。

生活必需品なので、ボロボロになってしまわないウチに新しいものをつくることになりました。
今までの使い勝手を参考に、サイズやカタチなどなどバージョンアップします!


110214-1-2.jpg
切り出したパーツは先日、ポリカ追加窓の押し縁と一緒に自動カンナをかけました
その後に塗装。写真に写っているのは本体の一番下のパーツですが、もちろん他のパーツも全部塗装しましたよ。今回はキシラデコール ウォルナットを使いました。

問題はどこで塗るかということ。ニオイがキツイことや塗料がついちゃったら…という不安があるし、インコのキスケさんや犬のくぅさんからブーイングが来そうだし、家の中ではちょっと無理です。

しかし、この季節は天気も不安定。あれれ?また雪?なんてことが結構あるので油断はできません。
考えた末に、薪棚の開いているトコロを使うことにしました。おじゃましまーす。


110214-1-3.jpg
お天気と相談しながら数日かけて3度塗りしたパーツ。

乾いたところで室内に移動し組み立てスタート。

あらかじめ下穴を開け、ステンレス スクリュー釘で組み立てました。

この板は、ツーバイフォー材を半分にひいたものです。材料を何にするかはさんざん悩んだのですが、結局在庫が沢山あるツーバイ材を使いました。

おかげさまで、1階のフローリングになりそこねたツーバイ材がまだ沢山あるのです(笑)。


110214-1-4.jpg
上の写真で、チラッと見えている白い物はコレ。ポリカプラダン フロストの余りです。

結露対策で使った端材を捨ててしまうのも勿体無いし、この辺りの寒さだとさすがに冬はコンポストの中身になんの変化もないので、少しでも保温出来ればという思いもあり貼ってみました。

コーキング材とビスで固定しています。

こんなことしてる人を見たことないので、どんな事になるのか楽しみかも。

そうそう、今まで使っていたものは内側に柱があったのですが、今回のものはポリカを貼り付ける都合上、内側に柱は無理。今までのフタを流用するかもしれないんので、あまりサイズを大きくしたくないため外側のにも無理。…というワケで、柱レスな構造になりました。


110214-1-5.jpg
本体の一番下(写真では上になってますが)はツーバイ材で独立した一段を作りました。

土に触れることが多い部分だし(レンガとかに乗っけるかもしれませんが)傷んできたらココだけ交換出来るようにとの配慮です。

ここまでいい感じで来ていますー。が、フタ部分がまだ決まりません。いろいろ考慮するべきことがあって難しいのよねぇ。フタ。

もう少しの間、この状態のものが家の中に鎮座していると思われます(笑)。


拍手する
2011/02/18

一部の自作窓、バージョンアップ完了

110218-1-1.jpg
結露対策で、ポリカプラダンを重ね貼りしていた自作窓、北側の細い窓は周囲の押し縁を残すのみとなりました。


110218-1-2.jpg
先日自動カンナをかけた後、トリマーで端っこを細工した材料にキシラデコール ウォルナットを塗装しました。

塗装の場所は今回もココ。薪棚の開いているトコロです。

それぞれ現物合わせして、必要な長さにカットしてから塗るという手順をふんでいるため、見えない面にどこの位置の材料か記号がふってあります。


110218-1-3.jpg
さて、いよいよ押し縁の取り付けです。

…が、その前に窓ポリカプラダンと既存の窓枠の間を1周コーキングしました。見えるところはマスキングテープを使用してできるだけキレイにするのですが、今回は押し縁で見えなくなってしまう部分なのでそこまでの気遣いはしませんでした。


110218-1-4.jpg
塗装済みの押し縁。端の仕上げはこんなふうにしました。


110218-1-5.jpg
比較的きっちり目にカットしてあった上に塗装の厚みがのったので、場所によっては少しキツ目。こんな風にあて木をしてトンカチでコツコツする場面もありました。


110218-1-6.jpg
接着剤としてコーキング材を使ったうえに、スーパーフィニッシュネイル(超仕上釘)で固定。


110218-1-7.jpg
こんな感じになりました。

押し縁の追加で窓が狭くなっちゃうのでは?と少し不安に思っていたのですが、あんまり変わった感じがしませんね。良かったです。

元々の窓の色もキシラデコールのウォルナットなんだけど、今回の押し縁と比べると少し褪せている感じですね(元々の塗り重ねの回数の問題か?)。もう少ししたら塗りなおししなくちゃかな…。

とりあえず、北側の細い窓、1階部分は押し縁取り付けが完了しました。

2階の細窓・デカ窓とか、R階の台形窓などの作業が残っていますが、足場を組まないと…の関係でもう少し先になりそうです。


拍手する
2011/02/22

私が欲しいもの

ワタクシ、以前から欲しい物がありまして、あまり気乗りしないmosに機会があるたびにつくって欲しいと頼んでおりました。

あんまりしつこい&あんまり気に入るものが売ってない&たまに気にいったやつはものすごくお高いという現状に、仕方なく制作してくれることに。

あ、何が欲しいかと申しますと、冬のやすらぎどころ“コタツ”です。

シーズン中に欲しいよねー。と言うわけでまたまた脱線中です。
110222-1-1.jpg
色々悩んだのですが、天板はホワイトオーク集成材パネルを採用。

こういう質感や色が大好きなのです。

購入したお店で必要サイズ(1210×810mm)にカットしてもらいました。端材ももちろん送ってもらいましたよ。

大物なので到着した日に屋外でサンディング&面取り作業を済ませておきました。


110222-1-2.jpg
飲んだり食べたりするシチュエーションもありそうな気がするので、塗装はしっかりしなくちゃなー。でも、見た目ナチュラルな雰囲気がいいよねぇ。

と言うわけで、とりあえずいつものメルドスを塗り塗り。

当然っちゃー当然ですが、かなり色が濃くなります。天板の選択の時にはこの事でも少し悩みました。

本体部分の材料はSPFなので、かなり色の差がでそう…。
冬だけ使う分にはいいけど、夏もテーブルとして使おうと思っているのでどーかなー?と。


110222-1-3.jpg
メルドスを2回塗った後はクノス塗りスタート。

こちらは3回塗りました。1回目と2回目は乾くたびに#320で軽くサンディング。3回目は#600の耐水ペーパーで水研ぎしました。

あ、表だけではなくて裏も同じように塗装しました。片側だけ塗装するとだんだん反っちゃうらしいです。

天板と本体の色の差のコトは、とりあえず『そんなに変でもないかもよ?』という結論になったのです(笑)。
やってみなくちゃわからないよね?(それでいいのか?)


110222-1-4.jpg
コチラは脚製作中。
自動カンナをかけたツーバイ材を2本くっつけて脚にします。

タイトボンドを塗布してクランプで固定。


110222-1-5.jpg
くっつきました!

今の段階では2枚を矧ぎ合わせてあるのがよくわかりますが、これにサンダーをかけて塗装するとほとんどわからなくなりますよ。


110222-1-6.jpg
脚以外の材料も丁寧にサンディング。

たくさんの材料をサンディングしていると手がじーーんとしびれてくるので、今回は防振万年という手袋を使ってみました。

以前は30分もサンディングしていると手がしびれてきたのですが、コレを装着していたらしびれることが無かったです。


110222-1-7.jpg
ツーバイ材は比較的安価な材料ですが、手をかけてあげれば雰囲気も出てキレイになります。
我が家では結構あちこちに使っています。

基本的には、お金はかけずに時間をかける!って感じでしょうか。


拍手する
2011/02/23

冬の愉しみ

110223-1-1.jpg
細々したパーツを作成していたコタツ、いよいよ組み立てます!

2階のゲストルームに設置する予定なので、組み立ては2階のフリースペースで。

なんとなく並べてみてました。
mosは手順などを真剣に考えています。こんな雰囲気になるのねーとニマニマしてみているだけなのは私です。


110223-1-2.jpg
四隅はタイトボンドとビスを併用して固定しました。

真ん中のヒーターユニット固定のための2本は、最初はボンドだけで取り付けようと思っていました。

少しトライしてみたのですがそれだけだと弱そうだったので、小さな三角支えを作って両側に配置しそれをビスと接着剤で固定して補助としました。

ここまで組んだ後に、メルドスで2度塗装し、1日目終了。


110223-1-3.jpg
2日目はヒーターユニットの取り付けのみ。いよいよ、ぬくぬく出来るかと思うとワクワクします。

ウチのユニット、リンク先と同じもののようですが、実は以前使っていたコタツを処分するときに『いつか使うことがあるかも?』と取り外して保管しておいたもの。役立つことがあって良かったです(笑)。

あ、写真には写っていませんが、ヒーターユニットの上には何か板状の物を取り付けることが必要です。
じゃないと、コタツ布団が焦げちゃいますからねー。


110223-1-4.jpg
バッチリ、コタツらしくなりました。


110223-1-5.jpg
夏バージョンのテーブル状態はこんな雰囲気に。

天板と本体の色の差は私たちは気になりませんでした!良かったー。使う本人がよければいいもんね。

本体の下にしいてある、ヤケにラブリーなコタツ敷き布団は長方形 省スペースこたつ布団セット福袋を購入した物。

シーズン終了間近でこたつ布団なんて近所のホームセンターでもあんまり種類がなかったのです。で、とりあえず上下セットだしいいか…と思って購入したのですが、予想通り『あらら…(私の主観では)』な色柄なものがやってきました(シーズン終了間近だしね)。ま、あんまり見えないところだからよしとしよう。


110223-1-6.jpg
セットで購入した掛け布団はかなり薄いので、その上にかける掛け布団を近所のホームセンターでなんとか購入。
コタツサイズは120×80cmなのですが、そのサイズの布団ってあんまり売ってないんですよね。

ま、これも来シーズンまでにはカバーでもつくれば良いでしょう。

早速コタツでぬくぬくしてみましたが、温度設定は“弱”以下でも十分あたたかです。あー幸せ。
ここで大好きな編みものでもしようかな。


拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.