2019年9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

アーカイブ


2006/04/19

おしえてくだサイディング

060419-1-1
 ずっと前にmosが発したこのオヤジギャグ。いつかタイトルに使うことを夢見てきました。

 ・・・というワケでサイディングです。

 ずーっとずーっと悩んでいます。いったんは窯業系サイディングの無塗装のもの(写真の窯業系サイディングの中の左下)に自分達でペンキを塗ろう!と言う事に決めていました。

 出来るだけつるっとした質感が好きなんです。しかも継ぎ目がなくテカテカもしていない、つるんとした壁。塗り壁以外でそんな壁を実現するのは難しいです。で、選んだのが窯業系のつるんとしたヤツ(写真はクボタ松下電工外装の目地なしフラット横張りです)。

 でもこれが重いんですよ。サンプルは1枚1kg程度ですが、実際のものは1枚3,030mm×455mm(1.38?)18kgです。これをR階の高さまで持って上がって・・・・うーむ。

 その他にも気になる事がいくつか。1つはコーキング。窓周囲、縦の目地など結構な量のコーキングが必要です。コーキング、苦手な上にコレだけの量になると価格もかなり(サイディング業者指定のコーキング材はものすごく高額)。おまけに3?5年ほどでコーキングが劣化してくるとの事でチェック&補修が必要です。

 あと凍害もちょっとコワイ。凍害を防ぐにはそれなりのランクのものを選ばないといけないなんですが、そういった物には私達の気に入るデザインのものが無い上に価格が・・・

 そんなこんな考えながら、木、金属、樹脂、ケイカル板など他の素材も検討開始。

 木は価格的にちょっと無理だしケイカル板は取り扱いは難しそう。で、我が家が注目したのは金属と樹脂。

 樹脂サイディングは性能・施工性・メンテナンスともに申し分なし。凍害にも強いです。軽くて色落ちしなくて(色は練り込まれていて塗った物ではないので)コーキングもなし。サイコー!って感じなんですが、一番問題なのがデザイン。うーーーーーーーん・・・・・合う家には合うと思うんだけどって感じです。手にいれるのも大変そうだし、却下。

 残るは金属系サイディング。屋根と北側の壁がガルバリウム鋼板なので、他も金属にすると印象がきついのでは。という不安がなきにしもあらずですが、軽い事、デザインが豊富な事、コーキングが不要な事(目地カバーの部分に少しは必要)など魅力が多いですねー。なんといっても重量は1枚(385mm×4,000mm)で6.1kg(チューオーのFN型の場合)。加工も粉が舞い散る窯業系よりは楽そうだし・・・とぐぐっと金属系サイディングに気持ちが傾きました。

 出来るだけ、テカテカピカピカしないものを選んで、サンプルを取り寄せ。今日ようやく全部揃ったので並べてみました。

 どーでしょう?

 並べてみて、意外とピカピカしていないので、金属系でも大丈夫かも、金属系サイディングを使おう!と言う事になりました。

 そうそう、ひとつ重要な事に気付きました。それは必ずサンプルをとりましょう!という当たり前な事。ヨドの木目調のサイディングは写真で見た時は“意外といいかも”と思ったんですよ。でも、サンプルを見たら“うわー安っぽい(ヨドの方見てたらごめんなさい。あくまで主観です)”って感じ。見た途端に却下なのでした。



060419-1-2
 チューオーの“FN型”とアイジー工業“ガルバ本壁”は似たようなタイプです。

 よーく見比べ、本壁の方が若干凹凸がはっきり見える事、継ぎ目の隙間が大きい事(チューオーの物は糸目地というタイプです)から、チューオーの“FN型”に決定しました。

 長かった・・・。これで外壁が注文出来るよ(必要量を計算するmosは大変ですね)。多分アイボリーホワイトとグレーの2色を張り分ける予定。

 外壁が進まないと進められないことが沢山あったので、これで少しはかどるといいなぁ。



拍手する
2006/04/28

サイディング第一陣到着

060428-1-1
 ようやく、サイディングがやって来ました。感動です。

 素材に悩み、色に悩み、製品選びで悩み・・・長い道のりでした。

 今日の9時前頃に配達と言う事で、余裕を見て8時半頃現場に到着したのですが、既にユニックから荷下ろし中でした。いつもありがとうございます。

 本体は6ケース。その他役物がいくつか。この量で本体が半分弱。役物は全体の8割くらいかな。役物が結構高いんですよ。何につけても本体よりも周りの部材が高いんですよねー。仕方ないか。窯業系じゃない分、コーキング剤が少なくて済むので、まだマシか?



060428-1-2
 早速開封してみました。

 サンプルで見ていた時よりも、面積が大きいためか白っぽく感じました。この方が好みです。よかったー。



060428-1-3
 これを全部張り終えるまでには、もう少し時間がかかりそうなので、保管は室内で。

 開封したサイディングを1枚1枚室内に運び込みました。

 それにしても軽いですね。1枚6kgです。



060428-1-4
 役物は玄関に。

 結構な量ですね。



060428-1-5
 外にはパレットだけがポツンと残りました。

 パレット、イロイロと便利そうなのでずっと欲しいと思っていたのですが、コレ、結構ボロボロなんですよ。室内に入れるにはでっかいし、どうしたものかなぁ。

 そういえば、この記事で、“アイボリーホワイトとグレーの2色を貼り分けようかな?”などと書いておりますが、記事を書いた翌日にあっさり予定変更(笑)。必要量を計算したところ、2色にすると中途半端に余ってしまう材料が多く、無駄が出まくってしまうのでやめました。

 気が向いたら、塗り直しの時(10年位先かな?)に塗り分けてみようかと思います。



拍手する
2006/05/01

サイディング貼り開始

 今日は天気予報では1日中晴れ。

 最初に昨日貼った胴縁の修正(計算間違えでちゃんとした位置に貼れていなかった部分があったので)をして、その後いよいよサイディング貼りにとりかかりました。
060501-1-1
 まず始めに、胴縁の一番下の部分に防虫網を取り付けます。

 『通気層に蜂が巣を作っちゃったよ?』なんて事にならないように取り付けておきます。


060501-1-2
 出隅は専用の役物があります。

 受け材とカバーに別れていて、受け材を取り付け、サイディングを貼った後にカバーをつけると言う仕組み。

 良くできてます。言葉だけでは何の事か分からないと思いますが、おいおい写真付きでご説明します。


060501-1-3
 入り隅にもやっぱりあります。専用の役物。

 これも、出隅と同様に受け材を入れてサイディングを貼って、上からカバー。


060501-1-4
 出隅・入り隅の役物を取り付けたら、いよいよスターターの取り付け。

 ここが肝心。ちゃんと墨を出して水平をきちんとしないとどんどん曲がってっちゃいます。

 あー、それにしても出隅・入り隅、面倒です。

 「今から作るんだったら、絶対凹凸のない四角い家にしたよねー」
 『あの頃(設計してもらった頃)はこんな事まで考えてなかったよねー』

 と作業をしながらさんざん愚痴り合ったのでした。


060501-1-5
 いよいよ、感動(?)の一枚目。

 この部分、前にも書いたように早く仕上げなければいけない場所なので手をつけたんですが、目立たないのもいい感じ。

 ここで思いっきり練習させて頂きます。


060501-1-6
 入り隅の役物との取り合いはこんな感じ。

 このサイディング、思ったよりも落ち着いていていい感じ。あんまり金属っぽくもないし、気に入りました。


060501-1-7
 横3枚終わり。

 長い間、透湿防水シートのままだったので、不思議な感じです。


060501-1-8
 この部分、色を変えてみるべきか悩んでいます。

 サイディングを165mm位に切り出して使います。もちろんサンプルだって使わせて頂きます(もったいないもんね)。とりあえず仮置きしてみていますが、実際貼る時はシールを剥がさなくちゃ。

 もしも色を変えるなら、グレーのサンプルも使えそうかも(笑)。


060501-1-9
 この丸まった物はなんでしょう?

 実はこれ、サイディングのオプションの共板という物。1m×10mです。サイディングと同じ色のガルバリウム鋼板の巻物です。

 厚みはどこにも記載がないので分からないのですが、多分0.3mm前後。

 我が家はコレを笠木部分を巻くのに使おうと思っています。板金屋さんに頼むつもりだったんですが、他の工事との兼ね合いもあり早く終わらせたいので、自分達で頑張ってみる事にしました。

 だ、大丈夫かな?


拍手する
2006/05/17

今日は外壁

 昨日から設備屋さんが配管工事に入ってくれてます。

 現場に着いてスグになんとか掃除や片づけをしたのですが、昨日の疲れが抜けないのでそれ以降は一日中スローペース。

 3人で色々仕事しているのを横目に、魂が抜けた雰囲気で現場をウロウロしていたのでした。

 今日は、設備屋さんの他に防水屋さんも入ってくれてます。複数の業者さんが同じ日に入ってくれる事は、我が家ではものスゴク珍しい事。なんだか建築現場みたいな雰囲気なのでした(笑)。

 大勢が右往左往しているので、室内で作業していても邪魔になりそう。早めに貼ってしまいたい部分もあるし、私達は外壁貼りを中心に作業しました。

060517-1-1
 西側の凹の部分のサイディング貼りの続きをするためには、笠木をガルバリウムで巻く作業もしなくてはなりません。

 そのため、私はとりあえずガルバリウムの加工。その間mosはお風呂の換気扇外側のフードとりつけ。

 以前この記事へのコメントで、フードに寄っては、下地はいらないかも・・・という話を聞き、フード到着を待ちわびていました(あの時既に、取り付け方不明のまま注文済みでした 笑)。

 で、後日届いたものを確認したところ、下地がいらないタイプでした。よかったー。

 ・・・と言うわけで、爪&コーキングで固定です。



060517-1-2
 今日の成果はこれ位。

 ちょっとしか進んでないように見えるかもしれませんが、笠木にガルバリウムを巻く作業は、結構時間がかかるんですよ。笠木と外壁の取り合いにも悩んだし。

 とりあえず一番上まで胴縁も貼ったし、ヨシとしましょう。



拍手する
2006/05/21

西側凹部分の外壁作業

060521-1-1
 久しぶりに一日中晴れの予報だったので、今日は外壁。

 前回の写真とあまり変わらないかもしれませんが、細かい部分とかに時間がとられますね。結構頑張った結果です。

 換気扇フードの横に出ている2階からの排水菅、あんまりいい感じじゃないですね?。でも、あそこしか出すところが無かったんですよ。さんざん悩んだ結果です。エコキュートなどが置かれたら目立たなくなると思うので、まぁヨシとしましょう。



060521-1-2
 2階のトイレ、手洗いの外側です。

 笠木、入り隅一杯まである窓、さりげなく困難が目白押しです。

 窓の右側の面はもうすぐ一番上までいけそうなんですが、この一番上の一枚、上は見切り材、右は笠木、左は入り隅なんですが、どーやって入れたらいーんでしょーねぇ?

 考えるだけで頭がイタイです。



060521-1-3
 既に張り終えた部分に、出隅カバー・入り隅カバーをつけてみました。

 いやー、本物っぽくないですか?(っちゅーか、本物だ) いい感じ。

 それにしても水切りと基礎、汚れすぎ。



060521-1-4
 違う角度から、もう一枚。どーでしょうか?

 もう一息で上までいけそうです。上のほうは、面倒な所が多そうなのがちょっと憂鬱・・・



拍手する
1 / 612345...最後 »
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.