2019年11月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ


2007/03/02

あぁぁ?スッキリ

昨日に引き続き、2階の内装を頑張ってます。

今日の目標は、フリースペースやトイレなどあちこちに置いてある、衣装ケースやダンボールを本来の位置に戻す事。

すなわち、納戸とクローゼットを決めた部分まで仕上げ、荷物の移動もするんです。

ん?、大きな目標だ・・・

070302-1-1.jpg
こちらの写真は、フリースペースの天井部分。

ここはそのまま仕上げると、とてもフクザツな納まりになってしまうのです。
いろいろ考えた結果、一番シンプルかつ楽に納められる方法は天井の高さを下げる事だという結論になりました。

どうせ下げるのなら・・・という事で、電気も根太に穴を開けずに配線しています。

写真は、まずはじめに2階からR階へ煙突が通る部分を下げたところです。



070302-1-2.jpg
こんな感じで下地を作っています。

受け材は2×4材。両側を金物で、中央辺りを上の根太と短いツーバイ材で繋いでます。

この写真ではわからないですが、数mm真ん中を高めにしてみました。

天井の石膏ボード、真っ平らに貼ると目の錯覚で真ん中辺りが垂れて見えると言われています。今まで貼った部屋は、真っ平らにしちゃったけどね(笑)。



070302-1-3.jpg
今日の主役のひとつ、納戸です。

パテ塗り3回(目地パテ2回、仕上げパテ1回)終了しているので、今日はサンディングからです。

オービタルサンダーでブンブンサンディングしていたら、あっという間に周りは真っ白。ものすごい粉塵です。体に悪そうです。ホント。

いつまでたっても、もうもうとしたケムリがおさまらないなーと思っていたら、自分の眼鏡に粉が積もってました(笑)。

パテ塗りは塗る事よりも、このサンディングが大変なような気がします。

酷使しすぎて、サンダーがとうとう壊れました・・・(泣)。



070302-1-4.jpg
いきなりですが、納戸のAfterです。

サンディング後にシーラーを塗り、【アサヒペン インテリアカラー キッチン&サニタリー】のシルキーバニラをペイントしました。
このペンキ、元はと言えばトイレの壁にペイントしようと近所のホームセンターで購入した物です。トイレはペンキ仕上げにしない事にしたので、余っちゃうし・・・防カビ効果も優れているということなので、納戸にピッタリ(?)と、使う事にしました。

1度塗りの時には『なんじゃ、こりゃぁ。ひどいなぁ?』と、ため息が出るほど汚い仕上がりだったのですが、塗り重ねると『いいわー、なんだか重厚感ある?(←げんきんなヤツです)』と思える、落ち着いた雰囲気になりました。

気になるパテ跡も、知っているから分かるけど、思ったほどには目立ちません。

サンディングしていた時は、『あぁ?。もう無理。もう絶対にペンキ仕上げはしないぞ!』と固く誓っていたのに、この結果を見ると、納戸やクローゼットはペンキ仕上げでいきましょう!という気持ちになりました。

仕上がりの雰囲気もそうなんですが、粗忽者の私が荷物の出し入れなどを頻繁にする事を考えると、塗り壁だと“ガリっとやっちゃった?(泣)”という事になりかねない気もしますしね。

とりあえず、窓周囲の枠は落ち着いてから入れるとして、これで納戸に荷物を詰め込むことにしました。



070302-1-5.jpg
コチラは、ウォークインクローゼットです。

写真で見ると、納戸と区別がつきませんね。窓の位置が違うくらいかな?

こちらはこの時点(まだ納戸のペンキ塗りが終わっていない日中)では『塗り仕上げのつもり』でしたので、ペンキ仕上げの納戸よりは、若干ラフなパテ仕上げ。こちらもサンディングとシーラーまでは終了しました。

余談ですが、もうもうと舞うコナコナ対策に、サーキュレーターを換気扇代わりに置いて見たところ、中々良い感じでした。ふと外を見るとサーキュレーターの先にスジになって白い空気が出て行くのが見えました。うわー。

サーキュレーターさん、どうもありがとう。



070302-1-6.jpg
洋服をかけるための、パイプを取り付けてもらいました。

高さは床から約180cmの位置です。ちょっと高めでしょうか。普通はどれくらいなのかな?
私的には洋服も掛けやすいし、下の空間も有効活用出来そうだし良い感じです。



070302-1-7.jpg
ちなみにパイプを取り付けるための金具に標準でついてきたビスは写真右のもの。

これじゃー、ほとんど効かなそう・・・という事でビスは65mmのコーススレッドに替えました。これでバッチリ。



070302-1-8.jpg
納戸のペンキ塗りも終わり、クローゼットのパイプも取り付け、照明も取り付け、全部終わったら既に19時。普段ならこれで終わりにするところですが、ココまで出来たら片づけるしかー!と言う事で、衣装ケースや布団を運び込み、今まで足場にかけていた(スミマセン・・・)コート類も吊るしました。

ちなみに納戸やクローゼットの照明は、お客様に見える場所ではないので全然こってません。最低限のシンプルな見た目以外は性能と価格重視。汎用性があるのもポイントですー。

フリースペースも広くなったし、クローゼットもまとまったし、あースッキリ。
これで、気分良く寝られるわ?。見た目ががらっと変わるのはやっぱり楽しいです。


拍手する
2007/04/03

笠木のサンディング

070403-1-1.jpg
と言うわけで、昨日届いたオービタルサンダーで笠木のサンディングをしています。

もちろんはじめに水引をしています。

サンディングが終わったら、塗装にはいる予定。
写真の2階ゲストルームの他にもフリースペースに1本必要なので、そちらも同時に下準備中です。


拍手する
2007/04/13

艶、消えました

070413-1-1.jpg
おととい塗った【VATONフロアー】の艶消し、終了時には『ホントに艶消しか?』と若干不安になりましたが、ちゃんと艶消しになりました。

不思議だわー。



070413-1-2.jpg
階段の降り口周辺の見切りなどが残っていますが、とりあえずフローリングは終わりにして次ぎの作業をスタートしました。

それは、腰壁。少し前に購入してあったウエスタンレッドシダーの羽目板を貼って腰壁にします。

腰壁、我が家は横張りにします。

アウトレットで購入した羽目板が乱尺だったので縦に貼るのは難しい事もあるのですが、横張りの雰囲気の方が好きだしこの部屋に合うと考えたからです。

ネットで探してもあまり出てこないし、横張りってめずらしいようですね。
そーいえば、【DIY 日曜大工で家をつくる】のキリギリスさん家も横張りでした。気が合いますねー(笑)。

それにしてもこの羽目板、長さもバラバラ、色味もバラバラ、サネ割れも結構多い。と結構なクセ者です。

私は“適当に貼っていけば、意外といい感じにおさまるんじゃーない?”と、いかにもO型らしい意見を申し上げたのですが、不安に思ったmosはしっかりと割付表を作ってくれました。ありたがやー。



070413-1-3.jpg
練習がてら、一番目立たない奥の壁からスタートしました。
割付表にしたがって、材を選び、長さを調整し、木工用ボンドを塗って水平を見ながら張るという流れ。

木工用ボンド、乾けば強力なのです。ただ、乾くまでの間はきちんと固定しておくなにかが必要。
この羽目板、一応サネはついているのですが、いかんせん無垢材。時々若干反っているものもあったりして・・・。

むむむと考え、フィニッシュネイルも併用で行くことにしました。念には念を入れ、スタッドとスタッドの間に当たる場所には両面テープも追加。



070413-1-4.jpg
思ったよりもよい感じ。フィニッシュはさすが目立たないですね。レッドシダーの香りもよいし色目も好きかも。

ただ、この作業思ったより大変。なんてったってアウトレット。思った以上にサネ割れや傷が多いです。ま、安かったしね。

・・でも、でも、幅が数ミリも違うのだけは勘弁してくださいー。張ってから気づいたよ(泣)。

今日はコーナー曲がって窓の下の一部まで張って終了。部屋が出来ていくの、楽しいです。


拍手する
2007/04/14

コナコナ

070414-1-1.jpg
R階の壁を全部【タナクリーム】で仕上げる予定にしていた頃に頑張って塗った壁、羽目板を張ることにしたため元の石膏ボードの状態に戻す必要が出てきました。

そういえば、手すり代わりの本棚設置にもちょっと邪魔になるんだった・・・(-_-;

という訳で、今日のmosはサンダーがけ。
相手は2?3mm厚の漆喰です。想像通りもうもうと舞い上がる白い粉。

以前壁のパテをサンディングした時のように、サーキュレーターに頑張ってもらったのですが・・・頑張りすぎてサヨナラしてしまいました。もうウンともスンとも動いてくれません(涙)。

少し前に購入した“水フィルター&乾湿両用クリーナーアクアバック”で掃除してみましたが、すぐに吸わなくなっちゃいました。水フィルターなのに・・・。水を取り替えるべく開けてみたらあららドロドロ。

漆喰恐るべし。です。


拍手する
2007/04/23

笠木とりつけ

070423-1-1.jpg
2階のフリースペースの、リビング吹き抜けに面する部分の壁に笠木を取り付けました。

素材は、2×6材。【ソワードカラーV】で着色し、床用ニス< 半艶>を塗りました。

取り付けは、ビスケット+木工用ボンド。
乾くまで突っ張り棒2ヶ所で固定しています。どこかのサイトでこの方法を見かけて、やってみようと思い先日100円ショップで150円の突っ張り棒を2本購入してきました。

*ビスケットジョインターについての説明はコチラが詳しいです。

今回は短い笠木だし、たたき込む感じで取り付けたので浮いてしまうことは無かったのですが、突っ張り棒の方法は、ちょっとたよりない感じがしました。突っ張る力が足りないのが敗因なのかなぁ?それとも数が足りないか?

まっすぐな物を固定するにはいい方法そうです。
ただ、この方法に反りを押さえることまで要求する事が間違ってるんだと思います、きっと。


拍手する
1 / 812345...最後 »
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.