2019年8月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ


2006/12/24

計画変更

先日、コンクリートを打つために固めていた薪小屋の場所、やっぱりコンクリートを打たない事にしました。

またまたあっさり計画変更です。

とりあえずの理由は3点。

砕石を入れる前にあまり深く掘らなかった事。
給湯機置き場のコンクリーとを施工してから、もう1度ネットでコンクリート打ちについて調べたりしていたのですが、読めば読むほど『うーん・・・足りないかなぁ』と言う気がしてきました。やり直すには労力も時間もそれなりにかかりそう・・・。

しかも、大面積のコンクリート打ちはそれなりに難しいらしいですね。気温による膨張や収縮を考慮する必要もあるみたいだし・・・

それから工期。出来るだけ早めに打設したとしても、この寒さじゃ結構養生に時間がかかりそう。そしたら薪小屋を組み立てるのはいつになるんだろう?うーーむ。

061224-1-1.jpg
というワケで、砕石を固めたこの状態で行きます!

お隣の敷地の方が若干低いし、敷地の境目付近に土留め代わりにレンガを並べようと昨日コンクリート平板と一緒にオーストラリアレンガも購入してきました。



061224-1-2.jpg
レンガは横が23cmと若干大きめのものですが、@99円でした。落ち着いた色合いもお気に入り。
敷地の境界をはっきりさせるために張った水糸を目安に並べています。

あぁ、それにしても弱そうだなぁ。並べる前から危惧してはいたんですけどね。周囲を土や砕石で固めちゃえばいけるかなーなんて思ってました。

とりあえず全部並べてみて、ダメそうだったらモルタルか何かで固定するように考えます。



061224-1-3.jpg
私がちまちまレンガ並べをしている間に、mosは単管薪小屋を組んでいました。

水平・垂直が難しいですね。 設置位置はもう少し修正するかもしれません。



061224-1-4.jpg
すっかり暗くなってしまいましたが、2連結のものが出来ました。

もう少し長くする予定ですが、今日はここまで。
置いてあるだけなので強風時の事が若干不安ですが、屋根をつけていないのでおそらく大丈夫でしょう。



そういえば、今日ってクリスマスイヴだったよーな。

拍手する
2006/12/31

3連結!

061231-2-1.jpg
残りの時間は、先日2連結の状態まで作った薪小屋の続きを作業しました。

設計を少し変更したため、予定より小屋を設置するための場所が長く必要になりました。50cm程追加で穴を掘り、砕石を入れて固めました。



砕石を入れ突き固めた後は、私はまたまたレンガ並べ。中々うまくいかなくて悩みながらやってます。
mosは、3連結目の小屋を組みました。

真っ暗になってしまったので、写真は無し。

結構沢山の薪が入りそうですよ?。これが、完成したら、薪割りしなくちゃだな。

拍手する
2007/01/03

薪小屋、屋根取り付け

070103-2-1.jpg
今年の仕事初めは、昨年末に骨組みを3連結するところまで出来ていた、薪小屋の続きです。

こんな状況からスタート。



070103-2-2.jpg
1枚目の写真とどこが違うかわかりますかー?

よーく見ると、一番上の斜めに取り付けてある単管パイプに、なにか乗っていますよね。ツーバイ材にペンキを塗った、屋根を取り付けるためのベースの役割をするものです。

そして向こうの方にちらっと見えているのもは、地上で組んだ屋根です。地上で作ってから乗っけるなんて、どっかの家に似てますね(笑)。



070103-2-3.jpg
のっかりました。

地上で作っている図を取り忘れたのですが、同じサイズのものを2枚作って薪小屋の上に乗っけた後に、ビスでつなぎ合わせました。

計算でサイズを出し、材料をカットし塗装してあったのですが、組んでみたら思った通りの位置にぴったんこ。mosはたいそうよろこんでおりました。



070103-2-4.jpg
ベースの部分はこんな感じ。

小さい木片は最初はつける予定ではなかったもの。隣の単管の金具があたってしまいうまくとりつけられなかったため、かさ上げするために使いました。

もともと使う予定があり、作ってあった木片なので不足になってしまいました。また作らねば。

そうそう、なぜオレンジ色かと申しますと、在庫整理もかねて、余っていたペンキを混ぜて使っているんです。以前オレンジと白を混ぜて作ってあった色に、更に茶色を混ぜたらこの色が出来たのです。

後日登場すると思いますが、赤+グレーのピンク色のペンキで塗った部分もあるんですよ(笑)。



070103-2-5.jpg
屋根の材料はポリカーボネイトの波板です。コメリ・コムで購入

自宅の屋根は板金屋さんに頼んだので、カラーベストやアスファルトシングルなどでちゃんとした“屋根はり”をしてみたかったのですが、透明の屋根だと光が良くはいって乾きが早いらしい!という情報から結局ポリカの波板になりました。



070103-2-6.jpg
お義父さんとmosの2人でやっているので、どんどん進んでいきます。

波板は傘釘(こんな感じのもの)で固定しています。

通常は5山ごとに釘を打つのですが、この辺りは風が強いので4山ごとに釘を打ちました。波板同志の重ね幅は2山半です。

ボーッとしているのもなんなので、私は以前割ったこの家の敷地にあった広葉樹を、ネコ車で運んで積み始めました。



070103-2-7.jpg
なんとか、日没までに張り終える事が出来ました。

傘釘が数本不足してしまったので、風の影響の少ない場所を打たずに空けておきました。後日購入してきて取り付けたいと思います。

中々良い感じに出来て満足です。

風で飛ばされてしまわないように、アンカー打たなくちゃダメかなぁ? とりあえずは早めに薪を詰め込みたいと思います(笑)。


拍手する
2007/01/04

薪小屋作成は続く

070104-2-1.jpg
昨日、屋根を張り終えた薪小屋。現段階ではこんな感じ。
中々いいですね。

もう完成したかのように見えますが、実は細かな部分がまだ色々と残っているんです。
頑張って作業します?。



070104-2-2.jpg
まずはじめはコレ。

落下防止のため、側面に縦の棒を取り付けました。どんな材料で作るか2人で考えた結果、mosがいい事思いつきました。

縦に取り付けられている白いモノ、なんとガルバリウムサイディングのスターターです。いくつか余っていたので、雨にも強くて丁度良いと思いとりつけました。

取り付けた金物は“サドルバンド”という名前のもの。

最初は垂木クランプを使おうと思ったのですが、1個200円もするのはちょっとイタイ。1個じゃ済みませんからねぇ。

で、mosがいろいろ考え、水道管などを固定しているアレなら!と思いついたわけです。“サドルバンド”という名前も、知っていたわけではないので探すのは大変でした。80個2,071円(税別)也。



070104-2-3.jpg
通りから見るとスッキリ白いんですが、裏から見るとこんな風になってます。

サドルバンドとスターター、両方薄いものなのでネジで固定が出来ません。それで、木片を使っています。

昨日、木片が不足だーと思ったのは、ここで使う分のことです。ちなみにオレンジ色は使い切ってしまって無かったので、グレー+赤で出来たピンクで塗りました。赤いペンキが余ってたんですけど、そのままじゃ使う勇気がなかったわけですよ。見えないところだし、いいですよね(笑)。



070104-2-4.jpg
そして、今日のお義父さんは・・・薪小屋の中に入れる薪を作るべく玉切りと薪割りをしてくださいました。

ところでチェンソーってスグ切れなくなっちゃいませんか?目立てをして使うのは知っているのですが、この目立てが難しい?。
何人かの人に聞いたのですが、『ガイドとか使わないで、しゅっしゅって3回くらいヤスリでこするかな?切れるようになるよ』というお返事。
ウチはガイドを使ってやっても、『すごく切れるようになった?』という実感が持てないんですが・・・

なにがいけないんでしょうかねぇ??
目立てのコツ(分かり易いヤツ)をご存知のかた、ご教授ください?。

お義父さんも目立てに奮闘してましたが、結果は・・・(笑)。いやー、ホント難しいですね。


拍手する
2007/01/08

寒ーい

相変わらず外作業の日が続いています。

1/5は、薪小屋のパーツづくり&薪積みに加えて、傷んでしまっている薪を焼却処分しました。
ドラム缶が初出動です。かなり大きな丸太まで燃やせて便利便利。最後には焼き芋も作ってみました(笑)。

1/7は、近所の別荘のかたから頂いた薪の細いモノを、スライド丸ノコで玉切りし薪小屋に積みましたが、容赦なく降る雪&みぞれと容赦なく吹く強風に、2時間でギブアップしました。さ、さむい・・・

そして今日も、玉切り&薪積みです。
070108-1-1.jpg
スタート時はこんな感じ。昨日までにいろいろな薪をここまで積みました。

ちなみに右の方の棚に見えている、ピンク色とかオレンジ色の板が5日の日に作ったパーツです。合板にペンキを塗って、裏側を2×4材の半割で繋いであります。この2×4材が単管にひっかかり、前後にずれないようになっています。

ある程度薪を積んでしまったので見えなくなってしまいましたが、このスノコ状のものが各段に置いてあります。



070108-1-2.jpg
細い丸太はこの方が早いので、スライド丸ノコでガンガン切ってます。
積む方が間に合わない位でした。

ネコ車で運んで積みまくり、真ん中の列の下段がいっぱいになったので、向かって右側の下段にも少し積み始めています。予想はしてたけど、小屋の容積、間違いなく足りないなぁ。

薪小屋2号を作らなくちゃいけないんだけど、そろそろ家の中の作業にももどりたいところ。
あれもこれも、春までには!って思うんだけど、中々うまくいきません。春なんてあっという間に来ちゃいそうだなぁ。



そうそう、チェンソーの目立てについて、沢山のかたにいろいろアドバイス頂きありがとうございました。

昨夜、飛魔人さんのコメント欄を参考にしながらmosが慎重に目立てをしてました。今日、結果を知るために切ってみたところ、中々良い感じでした。新品の切れ味を10としたら7位だそうです。

チェンソーの固定も出来るようにして、頑張って(?)目立てしたいと思います?。あと、他の皆さんが言われていたように、『こまめに』が必要ですね。目立て道奥深し。むむ。

あとですね。チェンソー繋がりで、皆様にもう一つお聞きしたいんですが、作業台(ウマ?)って使ってらっしゃいますか?

中途半端な姿勢が続くので、結構腰に来るようなんですよ。山や現場では無理だと思いますが、家で玉切りする時は何かあったらいいのかなーと思いまして。

こんな馬も見つけたんですが、どうなんでしょうねー。同じ形の製品がSTIHLからも出ているようですが。
これって支えと支えの間じゃなくて、外側で切るんですよね??なんだか謎だなぁ・・・。使った事のある方いらっしゃったら、感想をお聞かせ頂けたら嬉しいです。

質問シリーズでした(笑)。

拍手する
1 / 612345...最後 »
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.