2019年11月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ


2006/06/18

浴室換気扇とリビングコンセント

mosは今日も配線。ホント思ったよりも時間と体力がいりますね。

まずは、浴室の暖房換気乾燥機の配線。

換気扇が使えるようになったのでとても助かります。おそらく暖房機能も使えると思うのですが、かなり電気食いなようなので恐くてまだテストしていません。実はまだ15A契約の仮設電源なので、使ったらブレーカーが落ちそうです(笑)。

換気扇と同じ回路なので、換気扇が動くという事は本体が故障していない限り大丈夫でしょう(mos談)。

その後は、リビングのコンセントの配線。これで1階の室内のコンセントは全て使えるようになりました。便利?。

先日オークションで落札した、VVF2.0-2Cの100m巻きも早々と昨日届いたし、これで安心して配線作業ができますね。

拍手する
2006/06/19

今日の電気配線

060619-2-1.jpg
1階のコンセントと平行して照明も配線しています。

リビング入り口辺りには、照明のスイッチが集中しているのでこんな事に。
何本あるんだこりゃ?

そうそう、1階のリビングの天井は貼らないで行くつもりだったんですが、電気配線があまりにも大変なので、あきらめました。ってか天井貼らなかったらかなり困難です。

【山猫軒日誌】のたまさんのように、床合板を増し張りしてフローリングとの間に配線するのがスマートな方法ですよねー。

今になって、ようやく照明やスイッチ・コンセントの位置を考えている私達には無理そう・・・。しかも、フローリングは35mmのホワイトウッドなので、これ以上床の高さが上がるのは困るし。



060619-2-2.jpg
トイレと浴室の照明&浴室の暖房換気乾燥機のスイッチ。

スイッチ類は設置位置が難しいですね。普段の使い勝手などをシミュレーションしながら使いやすい位置を検討して決めるようにしていますが、壁の幅の関係などで物理的に難しい事もあって中々思うようには行きません。



060619-2-3.jpg
VVF1.6-2Cも残り少なくなってきました・・・

あと200m位は必要かな?


拍手する
2006/06/21

インターホン設置

060621-1-1.jpg
現場には運送業者の人、職人さん、近所の方などなど沢山の人の訪問があります。

通っていた時は良かったのですが、現場に住み始めてからは朝一の訪問者などにはちょっとどっきりするんです。インターホンを設置していなかったので、当然大声かドアをどんどん叩く音。

ちょっと朝寝坊している時とかは結構びくっとしますね。

インターホン自体は随分前に購入し、借家でも使っていたのですが、引越後は配線をしたり設置位置を確定したりする作業も必要だし、第一インターホンケーブルの長さが足りないしでそのままになっていました。

『そろそろインターホンをつけたいね』ということで、昨日ホームセンターに行った時にVVF1.6-2Cの100m巻きや1.6mmのアース線と一緒にインターホンケーブルも購入、早速今日工事してくれました。



060621-1-2.jpg
玄関前はこんな感じ。最終的にはこのほかに表札と郵便受けを設置する必要がありますが、スペース的にもバランス的にもまぁ何とかなるでしょう。
カメラ付きのインターホン(panasonic HA-S701K-TW)なので、ふたりで交互にカメラ前に立って角度を調整して完了。
これで、お客様もドアの外で迷わないで済むと思います。
じゃんじゃん使って下さいねー。


拍手する
2006/06/21

リビング照明の配線

060621-2-1.jpg
今日のmosさん、インターホンの配線の他にも、リビングの照明の配線をしてくれました。

いろいろ話し合って、リビングはダウンライト&ダクトレールでいく事に決めました。

吹き抜け部分に取り付けるダクトレールは、高さの感じを見たいのでとりあえず設置。LVLに取り付けるのは結構力がいりました・・・。
ダウンライトはさすがに無理なので、変わりに工事用の電球を、本来つける場所の近くに配してちゃんと点くかどうかのテストです。



060621-2-2.jpg
おおー、ばっちり点きました。全部つけると結構明るいです。

状況によって明るさを変えるため、“真ん中の列だけ点ける”“左右の列だけ点ける”など何種類かのパターンをスイッチによって変えられるようにしてあります。



060621-2-3.jpg
ちなみに、我が家がダクトレールに取り付ける電灯の種類は基本的にはこの2つ。

左がレセップと呼ばれるもの。右がスポットライトです。
リビングにはレセップを取り付けようと考えているんですが、しばらく様子を見てみて必要ならスポットに変更、もしくは追加しようと考えています。

こういうふうにフレキシブルに変更できる事がダクトレールの長所だなぁと思います。

まだ建材ばかりのリビングですが、灯りを点けてもらうとなんとなくイメージが湧いてくるから不思議ですね。



060621-2-4.jpg
ちなみに、ダクトレールとはこんな感じのレールです。この長いレールに専用の照明器具を取り付けると、この中ならどの位置でも灯りを点ける事が出来るスグレモノ。

店舗などで使われる事が多いようですが、最近は住宅でも取り入れられる事が増えてきているよう。新築される方にはオススメです。

既存のシーリングソケットなどに取り付けられる簡易タイプのものもあるようなので、ちょっと雰囲気を変えたい時にも便利かも。


拍手する
2006/07/01

分電盤が使えるようになりました

今日もmosは配線作業。

私は、昨日引っこ抜いた蓬の葉っぱをちぎりつつ、配線作業のお手伝いをしていました。

そしたら、ふらーっと電気屋さんが。
『近くまで来たんで寄ってみました。どーなったかなぁと思って』との事。

今日はバッチリ圧着ペンチをお持ちだったので、分電盤を使えるようにしてもらいました。
先日相談した時も『いいですよ?』とお答え頂けたんですが、あいにく道具を持ち合わせていらっしゃらなかったので、出来なかったのでした。なんせ、あの太いケーブルを圧着するものなので中々常備はしてないようです。

我が家はまだ仮設電気。家の中の石膏ボードをちゃんと張り終えて配線が見えなくならないと本設を通してもらえないんです。漏電事故とか起きたら大変ですからね。

しかし、配線工事をする時に必要な部分だけブレーカーを落としておけたりと便利なので、やっぱり分電盤は使いたかったんです。そこで、分電盤から電柱に向かう太いケーブルにコンセントを取り付けてもらって、そのコンセントを仮設電源から持ってきたドラムに繋ぎました。ぶらぼー。

作業中に電気屋さんと少しお話し。「電線の価格があがっちゃって困りました・・・」とお話しすると、『あ、あれちょっと落ちてきたみたいですよ』とのお返事。
そーなんだ。良かったですねー。以前の2倍位の価格になっていたので、あれ以上あがっちゃうと、結構建築費に影響出そうだもんなーと思っていたんですよ。

それから、2×4工法の家について。

「2×4の家だとどんな風に配線されるんですか?」とうかがったところ、『同じですよー。穴開けまくり。線通すより穴開ける方が大変です』とにこやかにお返事。
うわー、やっぱりそーなんだ。ちょっと安心(?)しました。

配線も頑張って、石膏ボード貼りも頑張って、早く本設が引けるといいなぁ。

拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.