2021年4月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ


2005/11/14

訪藁

051114-1-1
 今日は久々の遠出。昨日の深夜2時に自宅を出発しました。

 山越えしつつ日光へ行き、いろは坂を越えて奥日光中禅寺湖を左に見ながら草津へ。

 【道の駅 草津運動茶屋公園】でちょっと休憩した時点ですでに6時。クネクネ道はおもったよりも時間がかかりますねー。

 少し休んだら出発! まだまだ山道は続きます。志賀高原突入?。

 うひょー、だーれもいない。気持ちいいです。 ここはマチュピチュか?と錯覚する位不思議な景色が続きます。

 景色がいいのでちょっと休憩。



051114-1-2
 気分良く、更に更に上っていたら・・・

 雪!雪ですよ。雪。

 これにはビビリました。なんせワゴンRくんまだノーマルタイヤです。しかも、これから進む道を見るとまだまだ上っていくようです(汗)。



051114-1-3
 気圧もどんどん低く・・・ついには793hPaですよ(このあと777hPaまで低下!)。

 高度もとっくに2000mオーバー。



051114-1-4
 途中わずかに凍結しているところもありましたが、なんとか山を越え町にたどり着きました。

 きれいな景色はかなりステキだったですよ。でも、帰りは高速使おうと思います・・・

 目指す地点はもうすぐ。看板に書いてあります。あ、わざわざ山越えして『ホテルジャスパー』に行くわけではないですよ。



051114-1-5
 うわー。きれいな紅葉です。

 後ろの方には妙高山もうっすら。やっぱ、山はいいですね? ・・・とかいいつつ山越えはしばらくしたくない・・・



051114-1-6
 つきました。本日の目的地、【藁石家】のげんぞーさん家です。

 夫婦揃って初期の頃からの藁石家Blogファンなので、『へーここがそうなのかぁ』『実際はこういう雰囲気なのね?』とか感慨深く眺めてしまいました。



051114-1-7
 げんぞーさんとは初対面です。ちびっとばかり緊張。

 そんな私達の気持ちを知ってか知らずか、早速ベールや基礎の様子、中に積まれている材料や、作業のことなどいろいろ説明して下さいました。

 “自分の家を自分で作っている”のは私達と同じなんですが、工法が違うので、へぇ?なるほど?と思う事がたくさんです。

 ブルーシートを駆使してるのは同じですけどね(笑)。

 奥の濃い色のブルーシートはベイル小屋。手前は基礎部分。シートの下にもベイルが沢山入ってます。



051114-1-8
 ベイルも見せてもらいました?。

 触らせてももらいましたよ。実はウチの近所の牧場にたくさん積んであるんですよ。この四角いベイル。でも触ったのは初めて。

 本場アメリカのは日本のよりもずっと硬いそうです。ふーむ。

 それにしても、このベイルの管理は大変そうだ?。スゴイですね。



051114-1-9
 作業場の中もウチとは全然違う雰囲気。

 当たり前だけど、積まれている木材が全く違います。

 かっこいいね?とmosと話す事しきり。

 ・・・この時は、まさか自分たちが刻みに参加するなんて思ってもみなかったんですよ。



051114-1-10
 作業スペースいっぱいに積まれた材料。『唐松』です。

 暴れをおさえるために、PPバンドで固定して保管してありました。地元産にこだわるげんぞーさんらしい材料ですね。ウチなんて外人さんばっかりです(笑)。

 しばらくツーバイ材しか見てなかったので、木目ってきれいだな?と改めて思いました。

 ひととおりお話しして、いよいよお手伝いです。

 最初に課せられたお仕事は、駆体の埋め戻しのための砂利運び。土木系のお仕事は結構好きなので、嬉しい?(←ヘン?)。やればやっただけ結果が見えるし、頭を使うのは苦手なもので・・・(僕は違ーう!とmosが言いそう・・・)

 mosがネコで砂利運び、運んできた砂利をpinがならす。黙々と頑張る。全部埋めてやるーーーってな勢いで。

 小クレーターを形成した頃、お茶の時間となりました。お茶を飲みながらも砂利埋めに闘志を燃やしていたのですが、雨が降ってきてしまいました(泣)。

 あらら・・・と思っていたところに、げんぞーさんが「じゃぁ、げんぞーの木工教室を」と言ってくれました。

 説明しながらホゾとり機を使って見せてくれるげんぞーさん。『これがホゾとり機かー』と感心しながら眺めていたら「じゃmosさんやってみて」。

 えぇぇっ?

 正気っすかげんぞーさん。っちゅーか太っ腹。いきなり大役を仰せつかりました。

 “大変だな?mos”と脳天気に見ていた私に、「pinさんは角ノミね」と声がかかる。

 “今なんて?”と疑問を持つ間に、使い方の説明スタート。たくさんの事を一度に覚えられない私。必死に反復しながらだいたい覚えました(泣)。

 その後げんぞーさんは、「じゃぁ2人で頑張ってねー」と奥で別の仕事を始めてしまいました。

 ぽかーん。でも、やるしか!不安な気持ちいっぱいで、2人で作業をしたのでした。

 もともとビビリーな私なのですが、人様の材を使っていきなり本番ということにかなりビビリました。自分も家を作っていて、材料の大切さは身にしみて分かってるし・・・

 でも、機械を使っての作業は楽しかったです。今度貸してくださーい(笑)。

 棟上げの時にうまく入らなかったらごめんなさいねー。その時は急いで逃げますのでよろしくです。

 夜は焼き鳥とおでんのおいしいお店に連れて行って頂きました?。セルフビルド談義(?)にも花が咲き、楽しくておいしくて幸せでした。

 ・・・そんな帰り道mosが一言。「明日無理かも・・・。」 はっ! よく考えたら、そろそろ起きてから24時間。クネクネ道を7時間運転し、お手伝いに緊張し、おいしいビールを飲み、そろそろヘロヘロなmosさんなのでした。

 酔っぱらいげんぞーさんに、「明日は無理かもです?ごめんなさい」と告げ、宿に帰ってひたすら眠りました。

 あー濃い1日だった。



051114-1-11
 行きのクネクネで懲りた&疲れたので帰りは高速を使う事にしました。

 帰りがてら、げんぞーさんの現場にもご挨拶。意気込んで来たのに1日しか手伝えなくてごめんなさい?。

 高速にはこの写真の場所あたりのインターから乗りましたよ。

 道ばたにナウマン象の親子。スゴイです・・・

 途中小布施のPAに寄り、大好物の【楽雁】を購入しホクホクの帰り道でした。

 そうそう、高速では素晴らしい紅葉の山々が見られました。まるで高速道路を包んでいるような感じで、言葉では言い表せないほどきれいでした。写真を撮ろうかとも思ったんですが、この感動的な風景を伝えられるような絵はとれないだろうと思い、自分だけ楽しませてもらいました。

 伊勢崎で高速をおり、あとはのんびり下道で。せっかくなので宇都宮で【ジョイフル本田】に寄り、建材を購入して帰りました。

 今度はゆったり日程でたくさん手伝えるようにお邪魔しますね?。お世話になりました。



拍手する
2005/12/07

山猫軒へ

051207-1-1
 熊本の旅の最大の目的、【山猫軒】訪問。

 熊本空港でレンタカーを借り、その足で現場へ向かいました。途中にある【あそ望の郷・くぎの】でたまさんと待ち合わせし、現場へ連れて行っていただきました。

 おおー本物だ! 写真でよく見ている現場が目の前にあるのはなんだか不思議な感じでした。今日は比較的暖かい日だったのですが、まだうっすら雪が残っていました。

 頑張って張っておられる黒の外壁がカッコイイです。



051207-1-2
 早速室内に入れて頂き、いろいろ見せて頂きました。

 1Fのリビングは大きな窓が気持ちいい?。2×4では実現出来ない大きさなので、うらやましいです。既にキッチンも入っているので、興味津々の私は竹製の天板やレンジフード、ガスコンロなどなどいろいろじっくり見せていただきました。

 メープルのフローリングも雰囲気があってよかったです。ツーバイ材を使うことに決定する前は、我が家のフローリングの候補にもなっていたもの。実際に見せていただいて、やっぱり風合いが好みだな?と再認識しました。

 私道方向はこういう風景。山並みがきれいで、気持ちがリフレッシュ出来そうです。一番うらやましい?と思ったのは、土地の広さ。川も流れてたりなんかします。少し分けて欲しいです(笑)。



051207-1-3
 あ、これも分けて欲しい?。たくさんの薪です。

 薪割りは楽しいので、逃避したくなるらしいですよ(笑)。

 一番右の奥さま作の薪小屋が、ちょっと傾いていて隣の薪小屋に寄り添っているのがちょっと微笑ましかったです。

 他にも“へぇ?”“なるほど?”とか“そうそう、そうなのよねー”と思う事が沢山で、楽しい現場見学でした。

 同じような事を試行錯誤しながら頑張っている方とのお話しは、とっても楽しくて嬉しかったです。ありがとうございました?。機会があったら、ぜひこちらにも遊びに来て下さいね。



拍手する
2006/04/02

オープンハウス初体験

 ワゴンRに樹木を載せて何度も往復している中、建築士さんから電話がありました。

 防水屋さんの見積もりが出たとの事で、現場まで届けて下さいました。

 見積もり書をもらった後、少し雑談。昨日今日と建築士さんが設計した家のオープンハウスをやっているそう。『外壁の本物を大面積で見られるし、その他にも参考になる部分があると思うので見てみますか?』とお誘いを受けました。

 というわけで、樹木運びを中断してオープンハウスへGO!

 あちこちについたドロを払い、建築士さんの車の後をついていきました。

060402-2-1
 到着?。

 おおーかっこいい。ウチの建築士さんはオープンな感じがお好きなようなんです。予想してはいたけど、すごーく窓がいっぱいですね。

 こちらの窓からは塩原の山がキレイに見えるとの事、気分よく暮らせそうです。

 手前のシルバーの部分は、角波のガルバリウム。その向こうの黒い部分はサイディング(サントウバン)に吹きつけ塗装。白い部分はサイディング(サントウバン)にペンキ塗りです。

 ふぅぅぅぅん、こんな感じになるのかぁ。としげしげ眺めました。実は、外壁に関してはずーっと悩んでおり、先日建築士さんに相談したばかりなのでした。



060402-2-2
 サントウバン(3尺×10尺、910mm×3,030mm)のサイディング、

 すっきりした感じが結構pinの好みです。でも、かなり重そう(家に帰って調べてみたら、34kg以上でした)。しかも、3尺幅で継ぎ目が出て来るので、コーキングも大変そう・・・。却下。

 吹きつけ塗装は更に好みですが、やはり割れるのは防げないとの事。補修してもそれなりに目立つようです。むむぅ。

 悩ましいです。ホント。角波もよいのですが、屋根と北面が結構シャープな感じなのでどうなんだろう?といったところ。

 その他にも、室内で土間部分の壁の処理、FRP防水の雰囲気、照明、建具などじっくり見せて頂き勉強させて頂きました。

 建築士さん、どうもありがとうございました?。



拍手する
2006/04/23

セルフビルドログハウス見学

 今日の所用。用というか遊びというか・・・

 先週の土曜日に現場に寄って下さった、13年前にログハウスをセルフビルドされたTさんのところへ、見学&遊びに行ってきたのでした。

 いやー、面白いです。話せば話すほど共感できることや、勉強になる事や、面白い内容が目白押しです。丁度東京から遊びに来ていた、お友達がいらっしゃったのですが、その方の話も面白い。お二人とも間口が広いというか、考え方が柔軟で大らか。ああいうオトナになりたいなぁと実感したのでした。

 お昼は、知り合うきっかけになった【季流】さんへお蕎麦を食べに。おかみさんは、私達が一緒に登場したのでビックリしていましたよ(笑)。

 Tさんは、GWあたりにこの前ご自分で解体して運んできた中古のログハウスを組み上げる予定らしいので、見学にうかがおうと思っています。

 ログハウスを建てているのを見るのは初めてなので楽しみです。いやいや見てるだけじゃ無くて手伝わなくちゃですね。

拍手する
2006/04/29

壁芯と外面

 先週見学に行った近所のセルフビルドログハウスのTさん家。

 今日辺りに、中古ログハウスを組み立ててるのかも・・・とまたまた遊びに行ってきました。

 行く前に念のためお電話。『あ、ちょうど良かったー。助けてよ?』との返事。なんだろなんだろ?と言う事で急いで行ってみました。

 こんにちは?と挨拶すると、基礎の前で困り顔のTさん。

 よくよく聞いてみると、なんと基礎の大きさが違うらしいのです(驚)。

 もともとスウェーデンから輸入されたこの中古ログ。図面はないらしく、基礎の図面はTさん自身が書いて基礎屋さんに渡したのでした。その図面の寸法が外面で書いてあったことから今回のトラブルがおこってしまったようです(もちろん、外面の寸法って事は書いてあったんですよ)。

 日本の建築には壁芯という考え方があります。壁芯とはおおざっぱに言うと、壁の厚みの中心線の事で、日本独自の考え方らしいです。日本の建築では常識的に使われています(と言う風に理解してます。間違ってたらご指摘お願いします?)。

 で、基礎屋さんはもらった図面の寸法を見て、いつも通り壁芯の寸法と考えて作ったわけです。

 外面の寸法が壁の中心、と言う事で予定の寸法より少し大きいものが出来上がっていました。

 これは困った。・・・と言うわけで、Tさんと手伝ってくれていたお友達、私達夫婦で必死にリカバリー法を検討。ちなみに基礎厚120mm、ログ厚60mm。

 1、基礎屋さんにクレームを出し、一から作り直してもらう。
 2、片側だけ本来の位置に設置し、ずれた方に基礎を追加する(基礎屋さんorセルフ)。
 などいくつか意見がでました。TさんはGW中に組み上げたかったのですが、1や2では無理そう。

 無い知恵絞って更に考えました。うーむ。

 で、思いつきました。内面あわせにする。一番下に土台を入れて、アンカーボルトと固定。その上にログの一番下の材を置き、釘で固定する。

 あんまり自信はなかったものの提案してみたら、結構乗り気な様子。あちこち電話して材の手配も出来、この案で行く事になりました。

 基礎の追加工事もないし、これなら少し手間が増えるだけなので、連休中に何とかなりそうです。ちょっと沈み気味だったTさんですが、笑顔も見られ少し元気になったようです。良かった良かった。

 そうそう、外面と壁芯。注意しなくちゃいけませんね。輸入住宅をセルフビルドする際には特に注意。事前にしっかり確認しましょう。

拍手する
1 / 3123
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.