2017年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ


2011/10/01

いよいよ最終仕上げスタート

アプローチの作業、いよいよ最終仕上げにはいりました。

ここは、乱形石(ジュラストーン)を貼っていきます。使用するのはサンワカンパニーのガーデナスタンブ
ル ホワイトという乱形石


ワタクシずーっと前から乱形石の仕上げに憧れておりまして、機会があればmosに向かって『乱形石、乱形石…』と念仏のように唱えていたのです。

大変そう…と敬遠気味だったmosもとうとうあきらめ、アプローチを乱形石貼りにすることに。その決定が実に3年くらい前。2008年の12月に購入した乱形石はずっと我が家の庭先で眠っておりました(笑)。

ようやくココにとりかかる事になり、改めて必要量を計算したら『少し足りないかも?』とのこと。
調べてみたら、まだ販売していたので少し買い足しました。

我が家が購入する材料は、アウトレット品、B品などが多く、逃したら買い足しは無理!というものがほとんどなのですが、この乱形石は珍しく通常価格で購入したモノ。清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで(大げさ?)購入したものですが、買い足し出来ることには感動しました!

111001-1-1.jpg
さて、いよいよ作業スタート。

初めてのことで、レイアウトに悩みそうだったので、ネットで石の配置の参考になりそうな写真をいくつか拝借して印刷し、用意しておきました。

とりあえずある程度の面積に石を仮置きします。イキナリ貼っていくわけではありません。最初は玄関側の端っこに、直線が出ている石を利用して周囲が一直線になるように配置してみました。


111001-1-2.jpg
石をある程度目地を揃えてきっちり置いていくためには、購入したままの形では不可能。ある程度あいそうな石をチョイスし欲しい形になるようにカットしなくてはなりません。

なので、石切り作業。ディスクグラインダーにタイルを加工した時よりも安いダイヤモンドカッターを装着してカット。タイル加工の時のは薄手の刃を使っていたのですが、今回は厚手の刃。切りしろが多くなっちゃうし精度も落ちるけど、何しろ切る量が多いので高いものは使ってられません…。そこまでの精度もいらないしね。

今回使用している石は、妙に四角い形のものが多いので、自然な割れっぽくなるように形を調整する必要も出てきました。


111001-1-3.jpg
少しずつ仮置きの面積が増えてきました。結構ソレっぽくなってきたかな?

この作業、見た目よりかなり大変です。予想をはるかに上回る時間の経過に結構ビックリ。


111001-1-4.jpg
ある程度まで仮置きの石ができたら石を貼り付けます。

モルタルの上に乱形石を置き、ショックレスハンマーで圧着。目地幅は5mmぐらいにしてみました。

もちろん水平器を使って、左右の水平と前後の水勾配を調整。ココに関しては小さな水平器で1枚の石を測り、大きなモノで全体を測るという風に2種類の水平器を使っています。

下地のモルタルの時の配合はセメント:砂=1:3でしたが、今回は貼り付け用で接着力がいるため、セメント:砂=1:2で練りました。

ちなみに、我が家はモルタルで施工していますが、バサモルを敷いた上にノロで接着…という方法もあります。今回の施工のためにネットでいろいろ調べてみたところ、バサモル派とモルタル派が半分ずつ位の印象でした。

それから仮置きの面積ですが、自分たちでやってみた印象ではこの位が精一杯でしたねー。どの石をどこに置くのかわからなくなっちゃうもん。写真に撮っておいたって、写真と同じ石を見付け出すことが難しいし、番号を振っておくのも現実的でないし…。結局そのままのレイアウトでちょっとずらしておくしか無いかなーと思いました(バサモル+ノロでの施工の場合はまた違うかもしれませんが)。ウチみたいに単一色でなく、何色か混じっているものならもう少し楽なのかもしれませんが。


111001-1-5.jpg
1日目終了。これでも、丸1日作業したんですよ…。

初めての事で手探りだっていうことも影響しているとは思いますが、いやー時間がかかる。ビックリです。

目地詰めはまた明日。


111001-1-6.jpg
2日目、mosは昨日と同じ作業を黙々と。pinは1日目にできた分まで目地詰めをしましたよ。

目地材をぎゅぎゅっと詰めてツライチ位にしてみたのですが、詰める前よりも目地が広く見える感じです。石が丸みのあるタイプのものなので、上端のR部分にも目地材が入ってしまい広くなってしまった模様。なんとなくそうなりそうな気はしてたんですけどね。

この石は比較的つるつるしているので、塗り目地で行きました。拭きとりはキッチンスポンジを使用したので、結構大変でした。近々大きなスポンジを購入してこようと思います!


111001-1-7.jpg
3日目終了。目地詰めは2日目にできた分まで。

やっと玄関ポーチの反対側の端まで到達しました!

玄関ポーチの幅は約2.4m、貼っている部分の道幅は約0.9mなので、2平米強に3日かかったことになります…。

今日貼ったところは水拭きのあと乾ききっていないので、石材が少し濃い色になっています。


111001-1-8.jpg
反対方向から。

目地には近所のホームセンターで売っていたNSメヂセメント 灰色を使いました。乾いた色を見ると、ライトグレーくらいの薄めの灰色です。



111001-1-9.jpg
ここまでで切り落とした端材。四角い石材の角部分を切り落としたものが多いです。

コナもものすごいし、石の破片も飛びまくるし、防じんマスクして万全の格好で作業していますが、健康には悪そうな雰囲気ですねぇ。

段々と出来ていくアプローチを見て、私は喜んでいるのですが、mosは『絶対にもうやらない…』と言っておりました(笑)。


拍手する
2011/09/24

砂購入

110924-1-1.jpg
5年前に砕石を購入した業者さんにお願いして、今度は砂を購入しました。

外作業を始めると、ものすごーく沢山の砂を使うんですよね。毎回ホームセンターで購入していましたが、面倒だし割高だし…ってことで注文。

今回は2立米購入。運賃込みで10200円ナリ。


110924-1-2.jpg
ブルーシートを広げてあった場所は普段は駐車スペース。砂が積まれて車が置けなくなってしまったので、1日半かかってとりあえず袋に詰めました。

土のう袋で120袋+土や砂が入っていた袋20袋ぐらい。結構大変な作業でした。

ここまで頑張ったので、どのくらいお得だったか計算してみました。

土のう袋(30kgぐらい)1袋あたり10200/140≒73円ぐらいなので、土のう袋自体の1袋15円ぐらいを足しても、ホームセンターの20kg入り1袋238円よりかなり割安な感じ。おまけに運んでくれるし。

運んでくれたおじさんが『ちょっと多めに積んできたからー』と言ってくれてました。砂の比重は1.9位らしいので、2立米で3.8t。それよりは沢山あったなぁ。おじさん、オマケありがとう!


110924-1-3.jpg
砂を詰め終わったmosさん、肉体労働で既にガタガタな体を酷使して、モルタル塗りです。

塗るのはもちろんpinの作業によりガタガタになったアプローチの捨てコンの上。

厚さ3cmから4cmくらいを目安にモルタル用コテで塗ってくれました。


110924-1-4.jpg
紫陽花さんが、ちょっと邪魔していますねぇ。

余談ですが、冷涼な地域ではこのように木についたままドライになっている紫陽花がみられるとか。

この辺りも、毎年徐々に夏の気温が上昇していて、そんなに冷涼じゃないと思うのですが今年もこの色で楽しませてくれています。来年も見られるといいな。

私がそんな事を思っている間も、我が家の職人は頑張っています。

横方向は水平器で水平を取りながら、奥行き方向には水勾配を付けるようにしてくれていました。ある程度の目安になるよう、タイルの蹴込部分にマスキングテープも貼っておきました。


110924-1-5.jpg
地道に進んでいきます。

コンクリートミキサーくんを出動させるか迷ったのですが、一気に沢山練ると焦りそうな気がして、面倒でしたがペール缶でなんども練りました。

練りにはタイル貼りの時にも使ったペイントミキサーを使いましたが、やっぱり空練りはキツイみたい。がんばれーと言いながら何度か空練りさせたら先端の部分が曲ってしまいました(泣)。水を入れて練る時にはだましだまし使っていますが、時間の問題かも…(汗)。


110924-1-6.jpg
1日目は頑張って塗りましたが、土のう袋詰めに時間を取られ午後からしか出来なかったため、ここまでで時間切れ。

暗くなってしまったため、写真撮影は翌日です。


110924-1-7.jpg
次の日に残りの部分を塗りました。

境目がはっきりでちゃっていますが、この上に仕上げの石を貼るので見えなくなっちゃうから問題なし。

最終的にどんな風になるのか楽しみですが、この後の仕上げ作業が一番難関かも…。


拍手する
2011/09/18

毎日外作業

110918-1-1.jpg
目地材のマニュアルに、目地入れは貼ってから数日置いてからのほうが良いと書いてあったので、とりあえず他の作業をすることに。

タイルの目地が終わったら、アプローチの作業にどっぷり浸かる予定なので下準備として(え?まだあるの?)、土どかし(なにそれ?)。

コツコツとコンクリートのひらひらを取り除いたらその下から土がたくさん!

それをキレイに取り除いています…。だから作業手順は大切 むにゃむにゃ…。


110918-1-2.jpg
少し迷ったのだけど、念のためワイヤーメッシュを敷くことにしました。歩道の場合は入れないケースもあるみたいですね。

径2.6mmという一番細いヤツです。

アプローチの幅に合わせてカットし、少しずつ重ねて並べました。重なっている部分をハッカーを使って結束。


110918-1-3.jpg
ちょっと見づらいかもしれませんが、全部敷き終わりました!

ところどころにピンコロ替わりの大きめの石を置き、メッシュを浮かせています。


110918-1-4.jpg
そして、久々に登場したのは、コンクリートミキサーくん。

前回使ったのは給湯機置き場のコンクリートを打ったときですか。2006年ですか、そーですか。

その後お友達の家のピザ窯づくりのために出張したりもしましたが、ずいぶん長いこと寝てましたねぇ。

さっそくコンクリートを!ということで、ガラガラガラ。ちなみに砂利はもちろんふるって仕分けた我が家産です。


110918-1-5.jpg
んんー?なんだかガタガタだな…。ま、均しているのがpinだしな。

ってか、石っころがゴロゴロ出てるし。

敷きたい厚みに対して我が家産の砂利が大きすぎるのか? 配合は一般的なものよりも砂を多めにしているんですけどね…。

これじゃぁ今回のコンクリ打ちのままで行くのは厳しそうだけど、とりあえず今回作る全ての部分にコンクリートを入れますよ。


110918-1-6.jpg
途中セメントが足りなくなるハプニングがあり、近所のホームセンターに買いに行ったりしつつも、なんとか真っ暗闇になる前に打ち終わりました。

コンクリートミキサーを何回まわしただろう…。

最後の方は焦りもあり、ヒドイ仕上がりになりました(涙)。あっちの方にメッシュ出てるしー。

これでもう一度キレイに仕上げなくちゃならないことが決定。このまま仕上げの石張りをするのは困難そうだもんな。

数日してからmosにモルタルで仕上げてもらうことになりました。

写真は翌日の雨の日に撮った物です。雨があちこちに溜まってます。


110918-1-7.jpg
そして、キレイ仕上げのモルタル塗りの前に、玄関ポーチのタイルの目地詰めを。

今回はNSメヂセメント 濃灰色をチョイスしました。近所のホームセンターでは薄い灰色しか売っていなかったので、ネット通販で入手しました。

ここに貼ったタイルはちょっとザラザラした感じ。マットな見た目も滑りづらいことも気に入っているのですが、目地材をキレイに拭き取れるかがちょっと心配だったりします。

塗り目地でやったらえらいことになりそうなので、1本目地で頑張るしかないのですが(タイルの用語についてはコチラを参照してください)、ここの目地は4mm位なので目地ゴテで頑張ってもはみ出そうな予感…。色んな方法を試せるように、絞り袋も用意してみました。

不安をかかえながらも、イザ!とスタート。

絞り袋の先を細くカットしたものを使ってみたのですがスグに詰まっちゃう感じだったので、少し大きめにカットしなおしてみました。少しははみ出るけど目地の奥に突っこんで使用すればまずまずいい感じ。目地材もちょっとゆるめに練りました。

そうはいってもはみ出た部分を拭き取るのは結構大変でした。最初はmosが目地入れをして私が拭いていたのですが、中々作業が進まず。近くでじっと見て拭いているので、気になる部分があちこちあるし、拭いても拭いてもどこかが汚れてる…みたいな状況に陥りました。

目地を入れ終わったmosにも参戦してもらい、ようやく終わりました。

少しは残っている部分もありますが、言われなければ分からない程度。どーしても気になるようだったら後日酸洗いしようかなと(実は一部やってみちゃったけど)。

それにしても真面目に作業してるんだけど、結構時間かかったなぁ。
玄関内もこのタイルを貼ろうと思っているのですが今から目地入れがユウウツです(笑)。


拍手する
2011/09/14

玄関ポーチのタイル貼り

110914-1-1.jpg
さてさて、玄関ポーチのタイル貼り本番です。

朝一番のお仕事はでモルタル接着強化剤を塗ること。

実はコレ、以前に一度使ったことがあるのです。

さすがにあの時の残りでは足りそうにないので、以前近くのホームセンターのワゴンセールで安く手に入れてありました。今後の作業で必要そうなものはどこで使うかはっきり決まっていなくても、安くなっているものを見かけ時に手に入れておくことにしています。


110914-1-2.jpg
相変わらずすごい色だなー。


110914-1-3.jpg
塗った後は休憩しながら乾き待ち。

2時間ほどでモルタル接着強化剤が乾きました!藻が生えたみたいな緑色です。
なんだか、高圧洗浄機で清掃する前に戻ったような感じですね。


110914-1-4.jpg
この作業のために、ホームセンターでタイル貼り専用のNSタイルセメントを調達。

必要量を計算し少し余裕を見て2袋買ってきました。


110914-1-5.jpg
使う物を色々準備した後にいよいよタイル貼りスタート。

まずはタイルセメントをペイントミキサーでよく混ぜます。

これまでは、このくらいの量を作るときは手練りしていたのでずいぶん楽になりました!
ペイントミキサーくん、ありがとう。


110914-1-6.jpg
一番最初は上段の蹴込部分から。

初めての作業なので、結構緊張しますねー。

ある程度は下地を整えたつもりだけど、貼っていると角がかけてしまっているトコロや、垂直が狂っているトコロなどで調整が必要になってくる部分が結構ありました。

目地のスペーサーには3mm厚の合板の切れ端を使っています。


110914-1-7.jpg
両端にはタイルを丸々1枚使えないトコロが数ヶ所。そういう部分のタイルはディスクグラインダータイル専用ダイアモンドカッターを付けてカットしています。細かい部分はタイルニッパーでパリパリ折って加工。

下段の蹴込に貼りつけたタイルは、エースクロス011で固定しました。

スタートする前に『垂直なトコロに貼るタイルってずり落ちてきそうだよねー』と話していたのですが、案の定そのとおりになってしまい、『困った!どーしよう?』ということに。ずっと押さえているわけにもいかないので、養生テープや布テープで貼ってみたのですが接着力が足りなくて押さえきれず。奥の手の『011』が登場したというワケです。

1日目はここまでで終了。


110914-1-8.jpg
2日目。残りの部分を貼って仕上げますよー。

そういえば、このポーチの下地のコンクリートには水勾配がありませんでした。せっかくの機会なので頑張って水勾配を付けてみましたよ。

おかげで玄関ドアの間際あたりでは、土台水切りとの隙間がほとんど無くなってしまい、タイルが貼りづらかったです。


110914-1-9.jpg
側面も忘れずに貼りました。

ここは下地コンクリートがボコボコでかなり苦労しました… 。一部、他のところよりはうまくいかなかったトコロもあるけど、側面だから目立たないし(というか、どうしようも出来ないし)ヨシとしました。例のごとくずり落ちないようエースクロスで固定。

目地はまだ埋めていませんが、とりあえずタイルは貼り終わりましたよ。

自分的にはちょっとシャープな印象になったと思うんですが、雰囲気変わりましたかねぇ?(エースクロスを貼ったままの写真でたずねるのもなんですが)

タイルセメントは2袋ほぼ全部使いきりました。水勾配のおかげでドア側に行くほど消費量が増えたことが原因かと。余裕を見て買っておいてよかったわー。


拍手する
2011/09/12

玄関ポーチに着手

こんどこそは手順をよーく考えて(いつも考えてはいるんですけどね)、次は玄関ポーチの仕上げをすることにしました。

アプローチを仕上げてしまうと、玄関ポーチの階段の蹴込部分の下部が埋まってしまい面倒なことになりそうだから(こんな説明でわかるかな?)という理由です。
110912-1-1.jpg
どんな仕上げにするかは以前から迷いに迷っていたのですが、サンワカンパニーの決算セールコーナーで好みのデザインの激安タイルを発見し、ようやくココロが決まりました。

11mm厚のずっしり高級感のあるタイル。元値の1/7くらいにディスカウントしてました。う、うれしい…。

細長いほうのタイルは150×600mm、正方形の方は600×600mmです。


110912-1-2.jpg
レイアウトを決めるために並べてみています。

最初に千鳥で並べてみました。

うーん、どうかな?


110912-1-3.jpg
次に目地を揃えて。

ん?なんか、こっちのほうがすっきりした雰囲気でいいんじゃない?


110912-1-4.jpg
と言うわけで、もう少したくさん並べてみました。

あら、いいわー。

タイルの貼り方って、よく考えるとこういうふうに目地が通っているものが多いですよね。

細長くてフローリングっぽいイメージだったから、なんとなく千鳥張りかなーと思っていましたが(←貧困な発想)、こっちのほうが好みでした。


110912-1-5.jpg
レイアウトが決まったので、今日は下準備。

数枚のタイルを大まかにカットした後で、玄関ポーチを高圧洗浄機でお掃除しました。

いやー、テレビショッピングみたいな画像ですね。1年分の汚れがスッキリキレイになりました。

明日は朝からタイル張りをがんばりまーす。


拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.