2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ


2013/03/03

ようやく赤松


連日頑張って作業し、いただいた広葉樹をようやく薪にし終えました。

残りはこんな。

ココの土地から出た赤松がほぼそのままという状況です。一部もらって頂きましたが、元が元なので風景は代わり映えせず(-_-)ウーム



唸っていても仕方ないので、とりあえず出来るだけ作業しましょう。

しかし、太いのばっかりだなぁ(置いてあるチェンソーと比べてみてー)。なんとか切れるけど、かなり大変です。



太郎 は今日も頑張ってます。

太いぶん、何度も通さないと通常サイズの薪にならないので人間はくたびれています(笑)



いよいよ、薪棚がいっぱいに。
色んな場所のを詰めなおしたりして、頑張ったのだけどホントのホントにもう場所がありあません。

さて、どうしたものか…。
増設?それとも…。


拍手する
2013/02/26

追加でどどん


大量の赤松に加え、工務店さんからトラック3杯分の広葉樹が届きました(^^;

メガソーラー建設予定地で伐採されたものだそう。

…暖かくなる前になんとか薪にしなければ!というわけで薪づくりを始めました。




とりあえず玉切り。切って切って切りまくる。

久しぶりに登場のチェンソー。若干調子が悪かったので、専門店にメンテナンスをお願いしました。

おかげさまで快調です。



切った薪は、自宅敷地へ。
電気で動く“マキ割り太郎(KT-155PRO)”を使用するし、積むのも自宅敷地の薪小屋なのです。



割った薪は久々登場の助っ人が積んでくれています。

お義父さん、お義母さん、いつもありがとうございますm(_ _)m

しかし、やってもやっても減った気がしないなー。


拍手する
2012/11/02

新しいこと


こちらの土地。自宅ナナメ前の場所です。

数年前に所有者の方が手放したいとのことで、pin母の所有地となりました。

『押さえておけば何かあった時にも使えるし安心』くらいの気持ちで放置してあったのですが、松くい虫の被害がちらほら確認されるようになり、このままほっておくと大変なことになりそうなので(目の前に電線も通ってるしね)、とりあえず整地することになりました。



工務店さんは、知人の紹介。10月の終わりから作業に入ってくれてます。

感じが良い上に仕事も丁寧で、見ていて気持ちがいいです。

以前は木を切ってしまうことに抵抗があったのですが、松くい虫のおかげ?で『もういいや』という気持ちになり、踏ん切りがつきました。

1本また1本と木が倒れていくと、なんだか明るくなってきた!

あらー、いいんじゃない?鬱蒼とした暗い雰囲気がなくなっていきます。



すべて抜根してもらったあと、向かって右半分には砂利をいれてもらいました。

雑草だらけになるのも困るし、砂利がいれてあれば車を停めることもできるしね。



1枚目の写真と比べると、変わりましたねー。

『自分たちで頑張る?』などと話していた時期もありましたが、いや頼んで良かった、ホントに良かった(笑)。

人数と機械が無いとこんなにきれいはならないかも?



すっきり。

整地する前は全く想像していなかったのですが、とても明るい。光がさんさんと入ります。

いいかもいいかも。

『もう車を停めてもいいよ』と言われたので、早速手配しておいたグレーチングを敷きました。



そして残されたのは…大量の薪(の元)。

私達の住んでいる地域では、倒した木を処分するのは業者さんですらまだまだ大変なこと。

なので、薪にすることに。

ほとんど赤松だけど、ちゃんと乾燥させれば問題ないので我が家では広葉樹と混ぜて使います。

玉切りと薪割りを考えるとユウウツ。早めに片付けたほうがよさそうだしなぁ。


拍手する
2012/06/26

雨樋、早速お仕事


いろいろ諸事情があって(こちらの発注間違いとか^_^;)、入手が遅れてしまっていた雨樋ですが、ようやく全部のパーツが揃ったので作業を開始します。

その間何にもしてなかったわけではないのですが、梅雨に入ってしまったのでなかなか外作業ができず、テラス屋根の先端側の雨樋をベランダのものと同じような感じで設置したりとか(写真撮り忘れました…)、細々としたことをしていました。

話をもどして、これからとりつける雨樋ですが、Panasonicのシビルスケア PC50という軒樋と、同じくPanasonicのS30という縦樋を使います。色は外壁の色に近いモダンベージュにしました。

実際の取付作業では、まずは『吊具』という名前のパーツを、裏にスタッドが存在する場所の壁に長めのステンレスビスで取り付けていきます。



まずは記念すべき一個目。このあとは水勾配を付けるため、少しづつ高さを変えながらどんどん設置していきます。

この吊具はポリカーボネート製で、メーカーの仕様書によると一般的な金属製のものより強いらしく、吊具を取り付ける間隔を大きく取れるとのこと。積雪なども計算に入れて、うちではスタッド一本おきの910mmピッチで取り付けることにしました。



吊具の取り付け終了。

水勾配は1/100にしたので、約9100mm離れた右端と左端では高さが91mm違うことになります。一つとなりとは約9mmの差ですね。



いよいよ雨樋本体の取り付けです。一本の長さは3.6mですので、2本半くらい必要になりますが、半分というわけにもいかないので、3本購入しました。

1本目を取り付ける前に、端っこを『止まり』というパーツを接着しておきました。そのあと、下から吊具にパチンとはめ込みます。

2本目以降は、『軒継手』というパーツを使って延長していきます。

一般的な塩ビ製の雨樋は温度による伸縮がとても大きいため、ある程度以上の長さになる場合は、途中の継手にある程度長さを変えることができる特殊なパーツを必要としますが、このシルビスケアは薄い鉄板を塩ビでコーティングしてあるという構造のため、塩ビだけでできているものより温度による伸縮がかなり少なく、うちの9100mm程度の長さでは普通に接着してしまってOKとのこと。

内部が鉄板ということは強度も高く、雪にも比較的強いということなので、ぜひ使ってみたいなーと取り寄せてもらったというわけです。



3本目の軒樋を取り付ける前に、残りの長さを正確に測って切断し、こちら側にも『止まり』を接着。

次に縦樋を付ける場所を計算で出して、そこに『自在ドレン』というパーツを取り付けます。
取り付けのために必要な穴は超硬チップ付き自由錐を使って自分で開けます。軒樋の内部が鉄板なので、超硬チップ付きのでないと刃がだめになってしまうかも。



なんとか3本目の設置完了。

慎重にやってたらここまでで5時間くらいかかっちゃいました…。ということで1日目はここまで。



次の日は縦樋の設置を行いました。

縦樋はそのまま真っすぐ下に下ろせれば簡単なのですが、真下にはテラス屋根があるので、これを避けるためにぐにゃぐにゃとまげて設置しなくてはなりません。

これが意外と試行錯誤が必要で、時間がかかっちゃいました。なーんか雨が降りそうな感じだし、とっとと続きをやらないと。



ベランダ手すりの隙間から何とか手を伸ばして『パッチン控』をネジ止めしました。この『パッチン控』、縦樋を壁に取り付けるためのパーツなんですよ。なんだかかわいい名前ですね。

取り付ける場所によっては超アクロバティック(?)な体勢でネジ止めする事態になったりしましたが、なんとか付いたので縦樋を取り付けてみましたが…ここでポツポツ降ってきた!

大急ぎで一階に行って続きの縦樋を取り付け、とりあえず終了したというあたりで本降りに。おかげで取り付けてすぐに雨樋の動作チェックができるというありがた迷惑な状態になりました。

せっかくなので見ていたところ、どうやらとりあえず水漏れとかの問題もなく排水してくれているように見えました。あとは大雨の時に水漏れしないかチェックしてみる感じかな?

拍手する
2012/05/26

ホネホネ


ようやく準備作業が終わり、いよいよテラス屋根の設置作業スタートです!

まずは屋根の垂木掛けの設置から。裏にある家本体のスタッドの位置を計算で割り出し、その場所に下穴を根太掛けとサイディングの両方に開けてから、コーチボルトを打ち込んでいきます。設置位置の割り出しは前日やっておきました。



サイデイングの端ぎりぎりいっぱいまで取り付けます。

昨日役物をカットした場所、バッチリ合いました(^-^)v

移設後のスポットライトもちょうどいい位置になったようで一安心です。



テラス屋根もベランダと同じように真ん中と両端の3つのセットで構成されているため、根太掛けも3分割されています。本来なら3つとも取り付けてしまう所ですが、2つ目まで設置完了したところでベランダの手すりの上につく桁を組み立ててみました。

最後に取り付ける1本はそのままの状態では長すぎてサイズオーバーになってしまうため、現物合わせで正確に測ってカットしなくてはなりません。どうせカット作業をするのなら桁部分も一緒に測ってカットしちゃった方が楽かなーと。



桁は手すりから延長した柱の上に取り付けているのですが、延長部分が2本のビスで止まっているだけなので、結構ぐらぐらします。

ぐらぐらする柱の上に取り付けた桁もちょっとぐらぐら。なので、一番奥の一箇所だけ垂木を取り付けて固定しておきました。これで結構安定したので、多少の強風が吹いても大丈夫かな? ということでこの日はここで終了。



そして今日、根太掛け&桁のカットから作業開始しました。
かなり大きな代物でベランダ上では取り回しが難しいため、地上でカットしてからベランダに持って来ました。

無心の作業により途中の写真を撮り忘れ(汗)

カットした垂木掛け&桁なんてとっくに取り付けて、垂木&中骨までほぼ取り付け終わったところの写真になっちゃっていますねー。



反対側の端の部分です。

こちら側は半端なサイズの場所ができるため、一番最後の屋根材の取り付けの時に面倒な事になりそうな予感…。とりあえず今は気にしないことにしよう…。

このあとは屋根材を取り付ける手順になるのですが、いろいろ考えテラス屋根の上に屋上からの雨水を受ける雨樋を設置しよう!ということが急遽決定。

屋根材を取り付けてからだとその上にアクセス出来なくなってしまうので、取り付けるなら屋根材を付ける前しか無いんじゃないかということになリまして。

ということで、注文してある雨樋が届き次第設置作業をする予定。ホームセンターではウチの外壁に合う色の樋が売っていなかったので、客注でお願いしました。早くこないかなー。


拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.