2022年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ


2012/02/03

レスキュー?

2泊3日で熱海に行ってきました!

温泉につかってのーんびり。という旅行ではなく、友達のお手伝いに。
3月頃からお店をはじめようと借りた店舗の改装です!
ずっと気になっていたのですが、mosから『手伝いに行こう』と提案があり、夫婦揃っての参戦です。

那須から熱海に引越して新たにスタートする友達への応援の気持ちを込めて、頑張ってきました。

『出来る限り、作業を進めたいよねー』と着いた早々懐かしむ間も惜しんで、壁のケイカル板貼りからスタート。
だいぶ貼ってからBefore を撮影するのを忘れたことに気づき、一枚撮りました。

色んな物を破壊して片付けたり、先週1週間だけ入ってくれた大工さんとやりとりしたり、ここまでするのも結構大変だったよう。

そーなんだよね。リフォームって新築より大変なんだよね。



この壁はmosさんの力作。ケイカル板を貼ったら見えなくなってしまうので、その前に記念写真を1枚。

左側にチラッと写っているドアがついている壁は今回大工さんがつくり直した壁で、ヨコ桟が並んでいる壁が既存のもの。
既存の壁にそのままケイカルを貼ると、新しい壁との間に段差が出来てしまうので、桟をとりつけふかして調整しようという作戦。と、言うのは簡単なんですが、やっぱり一筋縄では行きません。
この壁、上から下まで垂直に立っているイイコでは無い様子(ほとんどの壁がそうですが)。ケイカルを貼ったときキチンと垂直になって隣の壁と段差が無いように仕上げるためには、少しずつ下地の高さを調整する必要があります。

mosさん、現場の端材を使って地道に仕上げてくれました。我がオットながらスゴイ!



2日目は朝からケイカル板や石膏ボード貼り。
14時すぎ位に床下地貼りをスタートしました!

今回のお手伝い、実は私たちの他にもう一人共通の友達(Sさん)が参加。
インパクトドライバを使うのは初めてだというのに、容赦なし!壁にも床にもガンガンネジを打ってもらいました。
真面目なSさん、ものすごーくたよりになりました。

外では施主さんが、ドアを塗ったり、壁に漆喰を塗るためのシーラーを塗る作業。とーっても寒い日だったようで、雪がチラチラ舞う中での作業でした。



あっという間に最終日。

昨日塗ったシーラーの上に、施主自ら漆喰塗り。…実はこの後、もちろん漆喰塗りも初体験のSさんと選手交代して施主さんは、フローリング材貼りに。漆喰塗りはSさんにやらせてあげたかったみたい。

外壁、なんと最後までSさんが仕上げました。いい感じになりましたよー。センス有るなぁ。



床下地貼り、全部終っていないけど並行してフローリングも貼っていきます。
今回使ったのは、『貫』。モルダー加工済のものなのでそんなにはザラザラしていません。

雰囲気も良くていい感じ。なんだかマネしたくなりました。あ、でももう新たなフローリング材を採用する場所がないんだけどね。

来た時と比べたら、少しは進んだかな?

もう少し手伝えるといいんだけど、きーとくぅが待っているので帰らなくてはなりません。残念だー。
まだまだ作業が沢山あるけど、頑張ってね!

お店がオープンしたらまた遊びに行こーっと。

拍手する
2012/01/27

依頼品完成


頑張って軽量化した野地板
mosが長さを揃え、端をきれいに処理してくれました。

1枚170cm×64cmの大物なので組立は2人で。リビング(まだフローリング貼ってない…)の床にどどーんと広げて頑張りました。



依頼主さんのご希望で、ピュアホワイトの水性ペンキで塗装。1度では下地が透けてしまうので2度塗りしました。

塗装作業の時は、どどーんと広げてしまうと歩きまわるところが無くなっちゃうので立てた状態で塗りました。
私は支え係で、mosが塗る係。



丁番をつけて、2対完成。
自分自身はあまり、普段使わないタイプの色ですが白ってさわやかだしかわいさもあっていいですねー。

依頼通りに作っているとはいえ、お渡しするまでドキドキでしたが、とっても気に入っていただけたようで嬉しいです。

今度イベントでご一緒したときには、活躍しているトコロを写真におさめてきたいと思います。


拍手する
2012/01/18

野地板軽量化計画?


色々な行商先でよくご一緒する方から什器の依頼がありました。
スノコ状のパネルを2枚合わせた、折りたたみ式の壁のようなもの(こんな説明でわかるかな?)。

見積もりを出したらOKが出たので、早速ホームセンターで杉の野地板を購入してきました。
『ざっくりした感じでいいからねー』と何度も言われましたが、さすがに野地板をそのまま使うワケには…。

…と言うわけで、自動カンナをかけました。1枚3回ずつ。
1本2mなので、コレが結構大変なのです。ウチではもちろん外でしか出来ません。表面をキレイにしたいのはもちろんですが、『搬入の事を考えると、出来れば軽いといいな』とおっしゃっていたので、強度が落ちない程度に厚みを落としておこうかなと。

幅もまちまちだったので、5~6本の杉板をビスで合体させておいて左右も数回ずつカンナを通しました。



終わってみればものすごい量のカンナ屑。30リットルのゴミ袋5つ分です。

予想通りといえば予想通りなんですが、実際に見ると圧倒されます…。



そしてカンナ屑はいつも通りエコセコ薪にするため、いらない封筒に詰めますよ。

…さすがに150リットル分の封筒の在庫は無く、まだ3つのゴミ袋がドドーンと室内に置いてありますが。



カンナがけ中に、サンワカンパニーさんからお荷物が届きました。

タイル2種類です。
配送業者さんとmosが必死に降ろしてくれました。1箱25kg位です。重すぎて私は手伝えなかった…。ごめんよー。

茶色っぽいタイルは、このタイルの色違い。以前の記事には“1/7位で購入した”と書いてありましたが、今回はなんと1/10以下で購入しました!2012新春セールブラボー!!

もう1種類はよく写っていませんが、グレーのタイル。こちらも94%OFF!質感も色も好みで良い感じです。

いつになく『!』だらけの文章ですが、その位うれしかったのですー。ありえない値段でいいタイルが買えたもん。

このタイル達の登場は、もう少し(だいぶ?)先になりそうですが持っているだけでもシアワセ気分です。ほくほく。


拍手する
2012/01/17

行商のお供 その2


予告通り、什器の紹介その2です。

こちらは鏡(見たとおり?)。ワタクシ、手編みの帽子なども販売しているので鏡は必需品なのです。

アクリル製の枠部分だけ壊れてしまった無印良品の鏡を、いつか使える日が来るかも?と長い間保管してあったのですが、ようやく生まれ変わることが出来ました。

枠部分はツーバイ材を薄く挽いたもので出来ています。



台の部分は2×6材を使用。

mosが角度や大きさを色々と調整しながら試作を繰り返し、倒れない程度で見やすい角度のものを作ってくれました。

鏡本体は台に差し込んでいるだけですので、分離して鏡本体だけで使ったり、横方向に倒して台にセットしたりもできます。また、行商に持っていくときは分離しておいたほうが容積が少なくてすみます。

あ、裏にはカグスベールが貼ってあったりします。



台にはショップ名をいれていみました。

刻印、最近使ってみているのですが、中々難しいですねぇ。若干曲がっていますが、自分のものなのでヨシということで。色をいれないと目立たないかもしれないですね。

時々商品と間違われるのですが、非売品ですー。



最後に登場したのは、レジBOX。できるだけ軽くするため、軽い桐で作ってもらいました。サイズは360×230×360mmです。

パッチン錠と丁番、スライドレールはあらたに購入しましたが、桐は商品用として購入してあったものを流用。もち手の部分は良いものが無かったので、家にあった革の端材を縫いあわせて作成しました。



少し重いのが難点ですが、お金、電卓、小さな袋やマスキングテープなどがスッキリ収納出来、管理が楽です。

写真を撮るのを忘れてしまったけど、お金が入っているトレイを外した下の部分も収納スペースです。小さな商品や、説明書などを入れて持ち歩いています。

重くなるのを承知でスライドレールにしたわけは、『移動中に引き出しが開いてしまわないこと(スライドレールは閉めると軽くロックがかかる)』『勢い余って引き出しを全部抜いてしまわないこと』『一番奥まで引き出せること』などのため。スライドレール以外の対応策もあるのですが、シンプルで作成も手間取らないし良いかなと。

お金のやりとりが普段よりスムーズに出来たうえに、他の出店者の方にもお褒めいただき嬉しかったです。

これからも、便利な什器をお供に時々行商に出かけます。どこかで見かけたら声をかけてくださいね。

拍手する
2012/01/16

行商のお供 その1


秋から始めた、イベントへの出店。少しずつよい方法を考えながら参加しています。

手作り什器も増えてきました。あまり注目を集めることがないので、ココでちょっとご紹介。

最近加わった商品に、ヒノキのカッティングボードがあります。そのカッティングボードのための什器がコチラ。材料は桐です。

陳列しやすいうえに運びやすいようなものをmosが考えてくれました。このハコの前に手に取りやすいように数枚出して置いています。

什器なので、ビスも使って商品よりはざっくりと作成。商品の木箱を作った時の端材で作っているので、製作者的にはサイズや木目方向などはもうちょっとこうしたかった、というところもあるらしいです。



台の部分はこんな感じ。

カッティングボードが入っているハコは、台に乗っかっているだけ。ハコの隙間部分にプチプチや新聞紙を詰めて商品が動かないようにし、そのまま持ち運ぶことが出来るスグレモノです。



この台、実はさらにパカっと外れます。

小さな事に見えるかもしれませんが、ここが外れると持ち運びがとっても便利。持ち運びやすいように商品その他を折りたたみコンテナに詰めて運んでいるので、小さくなった方が詰めやすくなって助かるのです。



コチラは看板。

フレームは桐。中身は5.5mmの合板に家にあった焦げ茶色のペンキを塗りました。ちなみに反対側も全く同じ仕上げなので、裏返して使うこともできます。

黒板塗料もいいかなーと思ったのですが、かわいい字とかイラストとか書けないから困りそう。前もって印刷して貼るほうが楽かも!ということで、この方式になりました。

商品の種類も多いし、価格も覚えきれないので(自分で設定してるのにね)この看板があると助かります。

今のところ商品をディスプレイしているテーブルに立てかけて使っているのですが、時々ぶつかってしまう人がいるので置き方について検討中。

もう少し什器があるので、その2もアップする予定。おウチネタじゃなくてスミマセン。


拍手する
canadian pharmacy online FDA CIPA approved buy viagra soft Buy only from licensed online pharmacy ^#{' buy levitra licensed Canadian pharmacy. Product description canada pharmacy #]^ buy viagra professional and compare prices. Full details of the medication: composition, manufacturer, purpose, use, contraindications, located on the canadian pharmacies <,[ viagra professional We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer. The accumulation of points and extra discounts makes favorable re-order in canadian pharmacy ;]# medicines online order We constantly offer promotions for our customers. The details of the bonus program, see Special Offer.