Others
はじめてのおつかいinアキハバラ
 きっかけは、このサイトを見てしまったことでした。

動く!改造アホ一台 第18回 5インチベイ内蔵型 自爆ボタン
〜 自爆は男のロマンなり 〜

 mosが『こんな面白いことをしてる人がいるよ』とこのサイトを教えてくれました。

 『うわ〜。いいな〜。コレ欲しい!』とと大喜びのpin。タイムボカン大好き世代なもんで。mosはそこまで気に入ると思っていなかったらしく、あまりに食いつきがよいので驚いていました。

写真1.jpg
 【livedoorデパート】でも3,990円で売ってるらしいんですが、“6月中旬以降お届け”なんて書いてあるし、だいたいスイッチなのにスイッチとしての機能がないなんて、寂しいじゃないですか。

 ってことで、もちろんmosに『作って〜』とお願いしてみました。

 『いいけど、この辺りじゃ材料が手に入んないんだよね〜。う〜ん・・・一応通販で探してみるか』との返事。

 で、さんざん探して挫折。買えないこともないんですが、1ヶ所のお店で全てをそろえることが出来ないため、送料ばかりが無駄にかかってしまいます。

 こうなったら、やるしかありません。

 「わかるように教えてくれれば、東京に行った時に私が買ってくる!」と宣言しました。

 しか〜し宣言したもののかなり不安。私でちゃんとおつかいできるでしょうか?

写真2.jpg
 mosもさすがに不安に思ったらしく、地図と詳細なおつかいメモを作ってくれました。これで、何とかなりそうです。

 おつかいに行く店は【平方電氣】 秋葉原ラジオセンター1階【鈴蘭堂】 東京ラジオデパート2階マルツパーツ館 です。

 今やアニメとエロの街と化した秋葉原に残る、結構ディープな電子工作系原住民保護区らしいです。

 実は、ラジオセンターとラジオデパートはmosのお供で足を踏み入れたことが1度ずつあります。雰囲気がわかっているだけに安心♪ではなくて緊張度が高いです。

 しかし、自爆ボタンのためなら頑張るしかありません。

写真3.jpg
 小雨降る中、mos特製マップを握りしめアキハバラに降り立ちました。

 近い方から攻めて最後に末広町から銀座線に乗る予定なので、ラジオセンターの平方電氣に向かいます。ところせましと駅の売店のような間口のお店が並び、商品台の上にもパーツパーツパーツ。めまいがしそうです。

 地図の通りに行くとお店がありました!・・・でも狭い間口の店の前に男性が4人。私は完全に浮いてるし、商品を見ることも出来ません。メゲそうになりながらも、ひたすらその人達が終わるのを待ちました。

 以前来た時にも思ったのですが、ここのお店の人達は優しいんです。特に初心者・女性・子供に優しい。前回もmosと2人だったけど私が「○○ありますか?」と質問したら、優しく教えてくれました。なので、お店のおじさんと1対1だったら大丈夫だろうと。

 ここで購入するのは、トグルスイッチ、キースイッチ、LED、ON・OFFプレートの4つです。

 いろいろ不明なパーツが並んでいる中、まずはトグルスイッチが目に入りました。何種類かあります。・・・わからん。mosが「見た目でいいんだよ。回路繋がないかもしれないし。一番重要なのは見た目」と言っていたのを思い出しましたが、やはり悩みます。結局おつかいメモの参考価格をもとに“これでいいかなー”と割り出しました。

 キースイッチは型番を伝えて出してもらい、プレートも“このトグルスイッチにつけられるON OFFプレート”とお願いして出してもらい、LEDは沢山あってなんだ〜?わからん〜?と思いながらも、出っ張って設置できるタイプと思われる物を選びました。

 「基本は見た目だからね。コレがかっこいい〜と思う物があったらそっちを買ってもいいんだよ」と言われましたが、そんな余裕はありません。メモ通りの物を買うのでいっぱいいっぱい。でも、なんとかここで買う物全てを選ぶことが出来てほっとしました。

 思っていたとおり、お店のおじさんはとても優しかったです。お釣りにくれるお札に鉛筆で書いてあったメモ書きを「こんなのもらったら気分悪いよねー」と言いながら、消しゴムで消してから渡してくれました。感動。ちなみに【この写真】の奥の方にちんまり座っているおじさんです。どうもありがとうございました。

 ちなみにこの周辺の女性率は2〜3%位。お店のおばちゃんが1人と、カップルで彼に連れられてきているような女性が1人。さすがに、1人でウロウロしているのは私だけです。

写真4.jpg
 ラジオセンターで4つのお買い物を済ませ、少し気が楽になった私。おじさんの優しさに感動しながら、ラジオデパートへ移動です。

 mos特製マップと照らし合わせながら歩くと、横断歩道を渡ってすぐの所にこんな看板が。分かり易いですね。

 とりあえず2階に行かなくてはなりません。見た目の割に狭い入り口を入り、ずんずん進むとエスカレーターが見えました。

 うぉ〜これだ!と思いながら2階へ。多分ここのお店だろう・・・とmosが言っていた、鈴蘭堂の前にはやはり2人くらい男性が。そしてまた待ちます。

写真5.jpg
 待ち時間の間に、ビビリながらもこんな写真を撮ってみました。

 エスカレーター横の看板。レトロな感じで雰囲気あります。

 やっと、2人のお客さんが終わったのでお店のおじさんに、待っている間に目をつけておいた、目的のブツと似ているパーツを指さしながら、「こんな感じので、この型番のものはありますか?」と尋ねてみました。答えは「ウチには無いんだよ」。

 がが〜ん、どうしよう〜と困っていると、「多分前の店で売ってるよ」と優しいお言葉。いい人だ〜(涙)。

 この鈴蘭堂、基本的にはケースのお店なのでとりあえずぐるっと眺めてみました。すると、いい感じのがありましたよ。PCケースに埋め込むタイプの他に、【livedoorデパート】で売っている物みたいな、ケース入りもいいかな〜と思っていたので、小さいケースをお買い上げしました。

 そして、教えてもらった前の店(たぶんエスエス無線)で無事に目的の取っ手を購入しました。こっちのおじさんも優しかったです〜。

 残るはあと1件。頑張りますよ。お次は、マルツパーツ館

 ここまでの難所をなんとかクリアできた私。少し気が大きくなり、楽勝だ〜なんてちょっといい気になっちゃいましたよ。

 でも、結果的に私にとっての一番の難所はここのお店だったんです・・・。

 購入するのは押しボタン。真ん中のドクロマークの付いている赤いボタンです。

 スムーズにお店を見つけて、えい!と入店し、周りを見回して困りました。あまりにも整然としていたんです。

 普通は整然としている方がいいとは思うんですが、このお店は小さなパーツが、箱に入って引き出しのように上から下まで並んでました。しかも、型番以外にも(多分)お店の管理番号みたいなものが箱ごとに書いてあって、その番号に従って並んでいます。しかも、今までよりはずっと普通のお店で、店員さんも若いお兄ちゃんが2人とおじ兄さんくらいの人が1人。かなり声をかけづらい雰囲気です。

 ん〜、これはなんとしてでも探し出さねば。困った。やっぱり私はこのお店で浮いているらしく、興味の視線をひしひしと感じます。ひー。

 気持ちが焦っているせいか中々見つかりません。いろいろ考え、値段でサーチしていくとなんとかみつけることが出来ました。良かったよー。

 無我夢中でお金を払ってお店を出ましたが、払い終わった後にクレジットカードが使えることに気づきました。なんだ、カードにすれば良かった。・・・っていうか、こういうお店でカードが使えるなんて思ってもいなかったし緊張も強かったので、レジ周りなんて見もしませんでした。

 こうして、はじめてのおつかいinアキハバラは無事に終わりました。最後にmosに「任務完了」とメールを打ちました。

写真6.jpg
 今日の戦利品です。

 これだけ買うのに2時間かかったよ・・・。しかも、LEDは必要な物とは違ったようです・・・orz。あんなにがんばったのにー(泣)。

 後日mosがLEDのみネットで探してくれることになりました。

 それにしても、緊張した〜。いい経験になっ・・・いや経験しなくてもよいことかもですね。

 でも、おじさん達の優しさは忘れません。ビバ!ラジオセンター&ラジオデパート