このページの更新は2006年6月で終了しています。
2006年7月以降分は【selfbuild-diary】でご覧ください。
日付順で読みたい方はこちらからどうぞ
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
【各ページの写真はクリックすると大きくなります】
移住準備
引越・手続き・ご挨拶などのドタバタと心情など。
設計
友人の知人の建築士さん大活躍。自分達だけで作っていた時より何百倍も素敵になりました。
基礎
ベタ基礎を採用。基礎はさすがにプロにお願いしています。伐採〜基礎完成まで。
土台
自分たちでの作業の第1歩。防腐剤注入材を使って基礎の上に土台を作ります。
1階床
土台の上に2×6の根太を作り、15mm厚の合板を貼ります。他に防腐剤塗りや床下断熱材詰めなど。
1階壁
広々とした1階の床の上で壁作り開始です。構造計算ではじき出されたものすごく丈夫でやっかいな壁に苦戦しました。
2階床
高所での作業がスタートです。1階の床と同じと思いきや、2階の床根太で大量に使用されるLVLやTJIでまたまた大騒ぎです。
2階壁
2階は吹き抜けだらけで壁を作る場所がありません。空中に浮かせる・壁を重ねるなどの荒技(?)を開発し乗り切りました。
R階床
いよいよ最後の床作りです。2階の床で苦労したLVLは、壁立て時のどさくさにまぎれてクレーンで設置してもらいました。
R階壁
屋根の勾配の関係で変な形の壁が2枚もあります。間違えたらおおごとなので、実物大設計図を書いて現物合わせしました。
屋根
片流れ&壁とつながっている形が災い(?)し、難しい事が沢山! 地上で作ってクレーンであげてもらうというセルフビルドにしては型破りな方法に挑戦です。
屋上
06/06/19 updated
我が家には屋上があります。一般的なものではないため情報が少なく、手探りに近い状態ですが、できる限り自分たちで頑張ってみます。
外壁下地・窓
最終的な外壁を貼るための準備作業にも時間がかかります。透湿防水シート張り・窓設置・通気胴縁張りのあと、北壁はさらに2層目合板張り・防水紙張りを行います。
外壁
06/06/19 updated
いよいよ本物の外壁作業です。まずは北壁を板金屋さんにガルバリウム張りしてもらいます。その後、自分たちで残りの壁にサイディングを張ります。
フローリング
やっと内装作業に突入です。まずは、水回り部分に水に強いフローリングを貼り、その後ツーバイ材でリビングなどを貼っていく予定です。
仮設
06/06/26 updated
仮設トイレや足場などのレンタルの他、雨仕舞いのための仮屋根製作など。
薪ストーブ
ずっと憧れだけで終わると思っていた薪ストーブ。いろいろ検討しウチのメイン暖房に決まりました。検討から導入までの記録。
電気
06/06/26 updated
電柱から分電盤までをプロにお願いしました。実際の施工はまだ先ですがペーパー電気工事士mosの奮闘記になる予定?
水道・給湯
06/06/26 updated
オール電化住宅なのでエコキュートを導入します。機器の選定、浄化槽設置など。
キッチン
06/06/26 updated
キッチンだって手作りしますよ。キッチン本体の製作や、オーブンやグリルなどの機器選定についてなど。
バス・トイレ
06/06/26 updated
のんびりとした時間を過ごすためにバスもトイレもゆったりサイズです。ショールームめぐり・機器選定・トイレのデザインなど。
建材
どこで手に入れるかが大きな問題。モノによっては個人にはなかなか売ってくれないことも多いです。
工具
06/06/26 updated
電動工具やエアーツールが無くてははじまりません。工具の紹介・入手先など。
エクステリア
カーポート・物置の設置、外構関係、ウッドデッキの制作(予定)など。
ガーデニング
林の中にあるような家にするため、まずは木を植え始めました。徐々に家庭菜園にもチャレンジする予定。
リフォーム
東京の家を貸し出すためのリフォーム。番外編として実家のキッチンリフォームも少し。これも自分達でやりました。
その他
06/06/26 updated
ミニミニ地鎮祭、建機紹介、台風対策など『分類しきれないけど伝えたい』その他いろいろ。
参考書籍
参考にした本たちです。
Selfbuild
 pinは社会人になってからずっと東京・神奈川で暮らしていました。毎日楽しくて、都会が大好きでした。山あいにある実家がキライで寄り付きませんでした。
 mosは東京生まれ・東京育ちです。小学生の頃からコンピュータに興味を持ち、ずいぶん早い時期からインターネットもしていました。コンピューターはもちろん自作。秋葉原にも良く買いだしに行っていました。

 そんな私達が田舎に引っ越したいと言っても、最初はだれも信用しなかったです。
 結婚して夫の住んでいた一戸建てにお引越。一戸建てといえども何軒もの家がおしくらまんじゅう状態の所です。窓を開けたらお隣の家の中が見えたり、夫婦喧嘩の声が聞こえたりしてイヤな気分になったり。
 大好きな車も4〜5万円もする駐車場が借りられなくて持てないし、夫の好きな木工も音やスペースの関係で満足に出来ない、ガーデニングだってスペースもないし陽も当たらない。

 “あ〜もう限界だ”と思いました。

 都会で必要としていたものは、最近のインターネット時代どこにいたって手に入る。でも、私達に本当に必要なものは田舎でしか手に入りません。
 自分達の条件に合う場所をさんざん考え、那須の地に引っ越してきました。
 新居は数年前に購入した100坪の土地に自分達で建てることにしました。予算がない事が一番の理由。2人ともモノづくりが大好きなので頑張ってやり遂げたいと思います。
 やる以上は「ほら、素人が甘く考えてるから」と言われないようにきちんと勉強しながら慎重に。ずっと心にある言葉【有言実行】。いい加減にしてやめてしまわないように、どうぞみなさん見守っていてください。

 ここでは現在doblogで書いている移住〜セルフビルドで家を建てる過程を、見やすいようにカテゴリー別にまとめ直しています。
 セルフビルドをするに当たって、今までインターネットや書籍でいろいろな情報をいただいています。いつもいただくばかりでなく私達もこれから自宅をセルフビルドなさる方に、なんらかの情報を提供できたら嬉しいです。