カテゴリー

2004/09/27

怒涛の1週間終わる

 今日はなんとしても帰りたい。気合も新たにmos朝5時起床pin6時起床で延々と頑張りました。

 pinが朝1時間遅れたのにはちょっとしたワケがありまして・・・

 今日の早起きのために昨夜は23時頃就寝しました。そして1時頃。「ん?なんかおなかイタイなぁ・・・。ん?ん?」・・・「いたいよ?(泣)」おなかが急降下です。その後トイレに通うこと2時間、眠れないこと1時間。やっと寝たと思ったら目覚まし時計がピピピピ・・・はぁ?。

 mosに事情を話し1時間睡眠延長のお許しを得ました。

 今日のお仕事は、“キッチンの床張り”“窓拭き(2ヶ所)”“お風呂・トイレ掃除”“その他各部屋の床掃除”“荷物を全部引き上げるためにまとめる” などです。13時にお義父さんが車でお迎えに来てくださるので、なんとしてもそれまでに終わらせねばなりません。

 6時に起きて行くと、既に床面積の1/4ほど張り終わっていました。“すごーい。楽勝だー”と思いたいんですが、それは甘い。前にも書きましたが、東京の家は変わった間取りになっているのでやたらに角や入り組んだ場所が多い。

 そう、大変なのはここからです。すべて現場あわせで加工しなくてはなりません。これに時間がかかるんです。

040927-1-1
 実はpinもこの床張りのために昨夜頑張ったことがあります。それがコレ





 玄関の場所をずらして土間部分だったところに、床に増設したため、以前の床の端だった部分が少し高くなっているのです。

 このままでは上から床材を張っても浮いてしまうので、カンナがけをして他の床と高さを合わせました。

 この作業、かな?り疲れました。こっちに来てからの約1週間で1番頑張ったことかもしれません。

 でも床が浮かずにキレイに張れたので、大満足。苦労も報われました。



040927-1-2
 もくもくと“加工しては張る”という作業を繰り返すmos。延々この作業を6時間続け、ついにこの1枚で終了です。

 パチ。やった?! 完成です。あんまり嬉しかったので、写真を取り忘れてしまいました。

 お風呂もトイレも掃除して、窓拭きも大体終わり。あとはキッチンの掃除だけ(書くと1行だけど、大変大変)。

 何とか終わりそうなので、とりあえずお迎えの予定を1時間早めて12時にしてもらうことにしました。

 体力的にかなりボロボロではあったんですが、あと少しで帰れる!この思いでもう一度気合を入れなおし、なんとかキッチンも終了させました。

 いや?疲れました。とにかく放心状態。お義父さんの迎えを待つ間。2人してボーッと呆けて座っているだけでした。

 荷物が思ったよりも多くウチの車だけでは載りそうにないので、少し荷物を実家で預かってもらうことにしたため、布団その他とともにお義父さんの車で実家へ。その後ウチの車を引き取り、遅めの昼食をとり、東京に戻り、残りの荷物をパズルのようにつみこみ、やっと家路へ。

 高速に乗ろうかと思ったんですが、ついつい慣れた下道。20時半頃やっと帰り着きました。

 ボロボロで帰宅。

 ただいまです?。1週間ぶりの懐かしの我が家です。やっと帰ってこられたよ?。引越後1ヵ月しか経っていないのに、こっちが断然“我が家”です。

 あ?、しばらくはボーっとしよう。そういえば、早く借り手がつくといいな。



2004/09/26

明日本当に帰れるのか

 今日は問題の天井です。不安です?。

 この前リフォームした時に、壁をぬいて押入れも廊下もつなげて一部屋にしたら、天井が無くなっちゃったので、その頃持っていた知識と道具を総動員して造った場所です。

 天井用の石膏ボードがあるのは知っていたんですが、ぽっかりと開いてしまった天井の穴は真四角ではなく、天井用石膏ボードよりも少し大きかったんです。

 困り果てて考えた末、“ファルカタ”という軽い木材でなんとか造ることが出来ました。ただ、造ったときは気付かなかったのですが一部段差が出来ていた部分があったようで、上から貼った壁紙がひび割れてきてしまって悲しい思いをしましたが。

 この天井部分は“いつかはなんとかしなくちゃ。”と思っていたのですが、「住んでるうちはいいよね?。」とお気楽に考えていました。あ?、こんなに早く他人に貸すことになるとは・・・

 以前の苦労をお互いにわかっているため、天井は本当に考えたくない気分です。でも、もうそんなことを言っている時間が無くなってきました。

 “とりあえず、開けてみてから考えよう。”とmosに言われ、“やっぱり開けるのかぁ・・・”とブルーな気分。

 ウィ?ンウィ?ン。ドリルの音が響きます。そしてしばらくし、mosから結果を聞きました。

 “開かない”

 “開ない”ではなく“開ない”のです。以前リフォームしたときに、たくさんのネジでファルカタを固定しました。少しですが出来てしまった隙間に、端材を削って一生懸命つめました。きっちりと隙間を埋めてしまったせいか、開かなくなってしまったというワケです。仕方が無いので段差をカンナで削って平らにし、その後にまた壁紙を貼ることにしました。

 なおせなかった心残りはありますが、間単に済んでよかった?という安堵感も実はあったりして・・・

 柱4本と天井に壁紙を貼り、2階の巾木を終了させ今日の作業はおおしまい。何とか明日帰れそうな気がして来ました。・・・っていうか、帰ります。絶対。

040926-1-1
 リフォーム中の家の3階から、鳥居が見えるんですよ。なぜかビルの上にあるんですけどね。

 絶対終わるようにお祈りしよう。



040926-1-2
 “残っているのは、キッチンの床とお掃除です。なんとしてでも黒磯に帰りたいです。よろしくお願いしますね?”

 パンパン



2004/09/25

腰袋購入

040925-2-1
 リフォーム材料探しもだいたい終わり、もうすぐレジへって時にふと思い出しました。

 ここで何か欲しいと思っていたものがあったんじゃなかったっけ?黒磯に帰ったら、【DOIT】は近くに無いしな?。なんだったっけ・・・?

 と、しばし考え思い出しましたよ。

 これです。腰袋。

 いろんな形のものがどこのホームセンターでも売っているんですが、なかなか気に入ったものに出会えずにいました。

 ここのは前に見て気に入っていていつか購入しようと考えていたんですが、他で取り扱っているところがなくあきらめ気分だったんです。

 お値段は10,300円也。

 思い出してよかったよ。実際使うのはだいぶ先ですが、嬉しい買い物でした。



2004/09/25

ひさびさに外出

040925-1-1
 今日は早起き。朝8時半ごろにガラス屋さんが来る予定だからです。

 まだ眠いのでボーっと眺めているだけのpinを尻目に、職人さんの手であっという間にガラスの取り替え終了。これまでとは違うメーカーのガラスということですが、隣のガラスと比べても違いがわからないほどそっくりでした。

 その間、mosは2階の巾木つけを頑張っていました。2階は窓枠をオレンジ色に塗ってしまってあるので、合わせるために巾木もオレンジ色にする必要があります。

 以前、何本か塗ってあったのですが、まだ茶色のまま残っているものもありそれを塗って乾かしながらの作業です。



040925-1-2
 巾木を付けるとこんな感じ。こっちの石膏ボードが崩れているところも、巾木をつければキレイになります。大丈夫。

 午後は、ひさびさに車に乗って外出しました。

 行き先は【DOIT 与野本店】。巾木やキッチンの床材といった足りないものの買出しです。

 キッチンの床は前回のリフォームでクッションフロアを張ったのですが、キレイに処理されていない部分もあるし、なによりちょっと冒険してしまったデザインがかな?り斬新すぎるので、張り替える事にしました。前回張ったときのことを考えると、かなり憂鬱ではありますが。

 家って微妙に真四角じゃ無い上に、ウチはイレギュラーな形で角や変な形のところが多く細工が難しい?。複雑なところは敷きながらカットしていくんですが、“んも?!”と投げ捨てたくなる感じです。



040925-1-3
 そんな気持ちと戦いながらどのデザインがいいかと探していたところ、いいモノを見つけちゃいました。それが、これ。“Winton Tile”です。

 45cm角で裏面が粘着になっています。これなら大きい面積のものをブンまわすこともなく、とても施工がしやすそうです。

 お値段も、クッションフロアーだと専用両面テープまで購入することを考慮すれば、ほとんど変わりません。

 素晴らしい!これに決定です。3番の木目柄を36枚購入しました。

 この他に、この前張りなおした床の周囲につける細めの巾木を購入し、現実が待っている家路につきました。

 余談ですが、今日のお昼はDOITの隣の【マクドナルド】でチーズ月見バーガーを食べました。いや?おいしい!涙が出そうなくらいおいしかったです。

 もちろんバーガーそのものの味もあるのでしょうが、ずっと家で机なしでお弁当やパンなどを食べていたのでその分も上乗せでおいしかったのかも。< 今度また月見バーガーを食べたときは、ここまで感動できないだろうなぁ。

 帰宅後は、巾木の続き。1階につけるために購入したものに茶色のペンキを塗りとりつけ。2階もペンキが乾いたものから切って張ってできるだけとりつけました。
その他にmosは洗濯機置き場の修理やペンキ塗りも頑張りました。

 いい加減に時間と体力が切れたので、今日は予定だったキッチンの床は断念しました。



2004/09/24

アートフロアで床のリフォーム

040924-1-1
 リフォームはまだまだ続く・・・。今日のメインは1階リビングの床張りです。

 床材はコレ。【南海プライウッド】“アートフロアー21 リフォームA・Bシリーズ”。前回のリフォーム時にも使用したスグレモノです。特徴は厚みが3mmと薄いこと。

 通常の床のリフォームは、今ある床をはがして根太だけにしてから再度新しい床を張りますが、コレは薄いので今ある床の上に直接貼ってもドアの開閉などの妨げにもなりません。

 ということで、施工が超超楽なんです。

 今までの床はダークブラウンでちょっと暗い感じがしたので、今回は明るい“カナディアンメープル/ライト”を使うことにしました。



040924-1-2
 ウチはBタイプという、裏面に両面テープがついている物を購入しました。

 床をきれいにお掃除してから張っていくだけなので楽ですが、要所要所では多少の加工も必要になってきます。その加工がちょっと面倒だったり難しかったり。

 前回は長さを切ることも全てカッターでやったので気が遠くなりそうでしたが(薄いのでカッターでも何とか切れる)、今回は新兵器「スライド丸ノコ」にご登場いただきました。

 キレイ!早い!すごい!やっぱよい道具は違いますねー。すぱっと切れた切り口の気持ちのいいこと。



040924-1-3
 とは言っても、こういう場所の



040924-1-4
 こんな部分は手で加工するしかありません。

 mosがカッターとカンナで頑張りました。

 キレイでしょ。ぴったりとはまった時のうれしさったらありません。



040924-1-5
 出来ました?。

 自分が住むわけじゃないけど、明るい部屋になって嬉しいです。端の部分に巾木(洋室の壁の下のほうにある6cm位の高さの木の事)をつけて完成なのですが、巾木はまだ未購入なので、今日のところはこれまで。

 疲労が蓄積気味なので、今日は早めに作業を終了しました。

◇ 明日の予定 ガラス屋さんが来る・2階の洋室の巾木つけ・不足している材料の買出し・リビングの巾木つけ・キッチンのクッションフロアー張り

◇ 明後日の予定] 2階洋室の天井造り替え・壁紙貼り・お掃除

 ・・・ということで、居残り決定です。

 余談ですが、昨日は足りないペンキを買いに地下鉄で数駅はなれたホームセンターまで行き、今日は近所の銀行周りをしてきました。

 疲れました?、足が。最近車ばっかりで歩いてなかったので、脚力が落ちまくりです。前にも思ったことがあるのですが、車で移動することが多い田舎よりも電車移動の多い都会人の方が、足腰丈夫なのかも。ウォーキングでも始めなきゃダメかなぁ・・・



2004/09/23

クロス職人さんにお尋ねしたい

040923-1-1
 天井の壁紙ってどうやったら効率よくきれいに貼れるんでしょう?

 ホームセンターに1枚が30×30cmのパネル状にカットされている天井専用の壁紙が売っていることは知ってます。でも貧乏性の私達はついつい92cm巾10m巻きを買ってしまいました。特売品のこの壁紙から見ると専用品は値段が6倍もしたんです・・・(涙)

 天井を貼るときは60cmくらいの長さに切って使っています。足元に気をつけながら少しづつ貼っていくんですが、壁紙自体の重みではがれてくるしフニャフニャしてて扱いにくいしでかなり大変です。

 mosは壁紙を頭の上にのっけて台の上にのぼり、手前のほうから順番に貼っていくので、最後はのけぞる様になっています。“プロの人はもっと大きい壁紙をはっているんだろうな?。すごい技術だな?、どうやってんだろう。”といつも不思議に思っています。

 なんか、いい方法ないですかねぇ? まだ、2階の天井も貼らなくてはならないので結構憂鬱です。



040923-1-2
 今日は昨日塗り終わったドアをとりつけてから、1階リビングの壁紙貼りをしました。カット係は私、貼る係りはmosです。

 壁紙貼りってピンとこないかたもいらっしゃると思いますが、思ったよりも重労働です。“壁紙をカットして貼る”と工程自体はシンプルなんですが、これがなかなか大変です。紙といえども結構重いし、貼る場所にもいろいろ障害物があって(コンセントやインターホン、テレビアンテナなど)、加工も必要になってきます。

 くるくる巻いてあるものを運んで切るのも一苦労。大きなカットスペースはとれないので、折りたたみ式の木工用の作業台の上にダンボールを広げて作業しています。昨年のリフォームでも一度経験しているので、やっていくウチにコツも思い出しなかなかキレイに貼る事が出来ました。あ?でも、疲れ具合は変わりません。



040923-1-3
 beforeの壁はこんな感じ。塗りたてのドアが真っ白で薄茶色の周囲から浮いてますねー。



040923-1-4
 after壁。こんなに印象が変わります。

 いやー疲れました。土曜日には帰れそうに無い感じ。やってもやっても終わらないです。

 とりあえず1階を最優先で終わらようということで、明日は床張りを頑張る予定です。



2004/09/22

ビフォー&途中

 リフォーム1日目。今日は1階をメインに頑張るつもりです。

 今回のリフォームですることは

  • 1階リビングの壁紙張替え
  • 1階のドア3枚と、キッチン周りの1部の壁のペンキ塗り
  • 1階リビングの床張り
  • 1階キッチンのクッションフロア張替え
  • 2階の巾木の取り付け(実は前回リフォームした後つけずにいたんです・・・)
  • 2階の一部の天井張りなおし&壁紙張りなおし
 ふぅ。こんなにたくさん出来るのかなぁ?。土曜日には帰れないかも・・・

040922-1-1
 今日はとりあえずドアのペンキ塗りから。最初に古い塗装を剥ぐ為にmosがサンダー(電動紙やすりみたいなもの)をかけました。

 mosの頭はこんなことになっちゃいました。(メガネとマスクがアヤシイ人みたい)。



040922-1-2
 ドアの方はこんな感じになりました。

 これにペンキを塗るのですが、ペンキ塗りの時はホコリ厳禁なのでいったん掃除をしてから始めます。



040922-1-3
 塗ったペンキの色はピュアホワイト。明るい感じになりました。

 かわいたら、床用の水性ワックスを一番上に塗る予定です。



040922-1-4
 ところで、午前中にショックなものを発見してしまいました。

 これです。見事なヒビ。このガラスの前には、ずっと家具をおいていたのでいつからこうなのかは見当もつきません。

 このままにしておくわけにもいかないので、修理をお願いすることにしました。

 インターネットタウンページで探した、近所のガラス屋さん。HPも素朴な感じで好印象です。電話をしたら、夕方には見積もりに来てくれました。

 値段は工賃をいれて9,000円+税位とのこと。思ったよりは安く済みそうでほっとしました。忙しい合間をぬって土曜日に修理してくださるとのこと。ありがとうございます?。

 このお店のHPによると、熱の影響で自然に割れてしまうことがあるようです。ウチのも多分自然に割れたと思われるそうです。



040922-1-5
 結局、今日はドアのペンキ塗りでへとへとになり終了。

 明日に備えるつもりでいたのですが、食事をしたら少し元気が出てきてついつい2階の柱の壁紙をはがし始めてしまいました。



 前回のリフォーム時に抜けなかった4本の柱。どうせ目立つなら・・・と壁紙の上からオレンジ色に塗ってしまったのですが、“貸家にするし平凡なほうがいいだろうなぁ”と考えて張りなおすことにしたので、その準備です。明日は燃えるごみの日なので、剥いで出してしまおうというワケです。

 始めたはいいんですが、これがちまちまとしか剥がれない。んもー!と思いながらもなんとか剥がしきりました。
 mosが3本、pinが1本。何をやっても遅いなぁ、私。

 ヒビいりの天井も直さなきゃ・・・。土曜日に帰るのはホントに無理そうだなこりゃ。



2004/09/21

東京に来た

 今日(9/21)から土曜日(9/25)までの予定で東京に来ています。

 目的は今まで住んでいた家のリフォームとお掃除。それが終わったら貸家にする予定です。

 既にトイレのリフォームは業者さんの手で終了していますが、その他にも壁紙の張替え・床のリフォーム・ドアや一部の壁のペンキ塗りなどなどを自分達でする予定。

 今日は壁紙・ペンキなどを春日部の【ドイト】で購入して、夜東京に着きました。土曜日も午前に出発する予定で、実質3日くらいしかないのでちと不安です。

 間に合うかなぁ。間に合わせなきゃ・・・

 以前住んでいた時にも、壁をぶち抜いて2部屋を1部屋にしたり壁紙を張り替えたりと自分達でリフォームしました。住みながらだったこともあり、当初の予定を大幅にオーバーして半年位はかかってしまいました。

 今回は家具などが無いので工事しやすいとはいえ、5日間はぎりぎりラインです。気合を入れて頑張ります?。

 「もう、ここは地元って気がしないね。よーく知ってる街だけど、家じゃない。出張に来ているみたいだ。」と、夕食の買出しに出かけたときmosが言いました。子供のころから、ずっとこの街で暮らしてきたmosは不思議な気分なんだろうなーと思います。

 私達の中でこの街の存在は、これからどんなふうに変わっていくんでしょうか。

2004/09/07

でも眠れない

 ・・・とこれでは終わらないのが、スゴイ日。

 疲れてるのに、2時間ほど寝たら具合が悪くて目が覚めてしまいました。

 気持ちが悪い。頭も痛い。

 なんとなく身の置き所が無くて起き上がり家の中をウロウロしてみたものの、どの部屋も荷物ばかりでいる場所が無い。途方にくれ、椅子に座っていたら急に悲しくなって泣けてきました。

 これにはmosがびっくり。慌てて“どうしたの?”と声をかけてくれるんですが、どーしたもこーしたも、自分だってわからないんですから説明しようがありません。

 mosはしばらく考え「テレビを見られるようにしようか。少し気がまぎれるかも。」と、ガサゴソと荷物を開けテレビの配線をし、チャンネル設定してくれました。

 テレビがついたら、なんだか少しほっとしました。番組をじっと見てるわけではないんですが、光と音でほっとする。普段特別好きでも無いくせに、こんな風に思えたことにびっくりしました。

 結局夜中まで荷物を開けたり家具の配置を考えたりした後、さすがに疲れて眠りました。

2004/09/07

とにかくスゴイ日

 ついに今日は引越し当日です。

 明け方5時に横になり、7時に起きました。起きた瞬間から“もうダメ?”って感じです。

 これまで7回ほど引越しを経験しましたが、ほぼ間違いなく前日は徹夜に近い状況です。今回はだいぶ前から荷造りは始めましたが、直前まで使うものもあるので結局同じことに。はぁ?眠いよ?・・・

 8時すぎに引越屋さん到着。リーダーとおもわしき人が2人+新人さんに近い人3人の5人部隊でした。4人と聞いていたのですが、念のため心づけは5人分用意してありました。よかった?。

 それにしても、プロってすごい。お客への対応も丁寧だし、荷物の梱包・運搬もあっという間です。ホント。

 しかもリーダーの2人は、仕事しながらきちんと後輩の動きも観察している様子。指示も的確だし、「あ、○○歩き始めた。声かけなきゃ・・・」などと指導もする。本当に感心しました。どんな分野でもプロの人の仕事ぶりは気持ちがいいですね。眠気も吹っ飛びました。

 引越先の地図を確認し、あとは現地でということでいったんお別れ。いざ黒磯へGO!なのですが、“汗もかいたし着替えたいね?”ということで、近所の【ユニクロ】でTシャツを購入することにしました。

 しかし、これが悪夢の始まりに・・・ 

 開店直後の店に入り、猛スピードでTシャツ2枚購入。走って車にもどり “さぁ、”出発!”。エンジンぶるるる・・・って、あれ?ぶるるるって言わないよ?。またまた?、冗談キツイよ。もう一度エンジン・・・無音。バッテリーあがってる・・・よね、これ。

 ががぁ?ん。

 疲れました。どうしていいかわかりません。2人してパニック。最近寝不足な上に、考えることも多くストレス満載。挙句の果てにコレです。体力的にも疲労がピークのmosはpinよりもダメージ大です。

 しばらく考えた結果、仕方がないので【JAF】を呼ぶことにしました。待ってる間に、引越屋さんにも電話して事情説明。

 40分後、JAF到着。エンジンルームを覗き込んだあと「あ?、発電機のベルトも結構ゆるんでますね?。これじゃ、バッテリーあがっちゃうわ。」と一言。「この症状はこの時代のワゴンRの持病なんですよ。いじりづらいところにあるんで、専用のレンチとかも売ってるくらいなんですけど、直せるかな?。」といいながらも頑張ってくれました。

 直った直った。よかった?。おまけに「栃木まで行くのなら、ちゃんとみとかなくちゃ不安ですよね。」と、ひととおりチェックしてくれました。いい人だ?。またしても、“プロ”の仕事に感動。感謝カンゲキでした。

 とは言っても時間も気になる。高速をひた走り、なんとか15時すぎには黒磯に到着しました。引越屋さん、またせてすみませんでした。

 荷降ろしも、すご早。「これはどこですか??」と何度も聞かれることに答えるのが精一杯。あっという間に作業終了。

 残されたのは、荷物の山と私達2人。ボーゼン・・・

 朝からなにも食べず水分もほとんど取っていなかったので、のどの渇きもピークで、mosにコンビニへ飲み物を買いに行ってもらいました。

 その間pinはガスの開栓に立ち会っていたのですが、ここでもトラブル。洗面所とお風呂のお湯が出ません。正確に言うと、お湯どころか水分が1滴も出ません。

 はぁ?。さすがに愛想をふりまく元気も無く、ただ座って作業をみつめるのが精一杯。その後もおじさんが焦りながらあくせく調整し、なんとかお湯は出ました。よかったよかった。

 疲れもピークでとにかく寝たい。水分をぐびぐびとったあと、とにかく横になりました。あ?、よくも悪くもスゴイ日だった。おやすみなさ?い。