カテゴリー

2004/12/31

現場も埋もれてた

041231-1-1
 うぉぉぉ!10cm位雪が積もってますね。

 基礎はやっぱり埋もれてます。



041231-1-2
 え?っと、ベースの鉄筋はどこですか?



041231-1-3
 伐採した松などの上にも雪。

 あ?あブルーシートかけておけば良かったかな?



041231-1-4
 カーポートと物置の部材も雪の下。

 これなら盗まれることもないでしょう(苦笑)。



041231-1-5
 隣の土地に放置されている土管もどきもこんな感じ。

 だいぶ痛んできてますね。早く処分してほしいなぁ。



2004/12/28

配筋工事が終わりました

041228-2-1
 今日は朝から現場へ。

 配筋工事が終了したようです。基礎屋さんはウチ以外にも現場を抱えているので、そことのかねあいを見ながら、作業してくれています。

 そのため、突然作業が入ることもあり、最近は中々お会いできずにいます。



041228-2-2
 近づくとこんな感じ。

 底盤の鉄筋は約15cmピッチでした。



041228-2-3
 これは現在の現場の全体写真。



041228-2-4
 玄関付近からの奥行き。

 こういう角度で見ると少し広く見えるかなぁ?



041228-2-5
 側の壁部分です。

 白いスピンみたいなものは【スペーサー】。

 スペーサーとはかぶり厚(鉄筋の表面からコンクリート外側までの距離)をきちんと確保するために鉄筋に差し込んで使用するものです。



041228-2-6
 鉄筋の下にちょこちょこ入っている白いもの。

 これは【ピンコロ】と呼ばれるもの(他にもいろいろな呼び方があるようですが)で、鉄筋がベースコンクリートの真ん中に来るように高さを調整しているものです。

 墨のラインもありますね。



041228-2-7
 現場に落ちてた鉄筋をおみやげにいただいてきました。

 太い方が水平方向の鉄筋、細い方が垂直方向の鉄筋です。

 異形鉄筋というものでコンクリートの付着性を高めるために、表面がぎざぎざになっています。



2004/12/28

コレで安心して年が越せそう

 2階と屋上階の根太に使用する【TJIジョイスト】。取り扱っているところが少なく、入手が難しそう。寿命が縮む思いで【株式会社オーシカ】に電話したのは10日くらい前のこと。

 その後指示に従って構造図をFAXしたものの、そこで止まってしまいました。全く連絡がありません。いつもだったら、どうなってるんだー!と怒りまくっているところですが、今回に限ってはそういうわけにはいきません。

 先週末におそるおそる電話してみましたが、この前直接お話しした営業さんは出張中。仕方なく週明けでも良いので連絡を下さいとお願いしておきました。

 それでも連絡は来ません。今日は御用納めだし、連絡するなら今日しかない!と再々度勇気を振り絞って電話しました。・・・営業さん、今日もいなかったらどうしよう・・・と不安に思っていたら、いましたよ!ラッキーです。

 FAXは届いているとのこと。「これからどういう手順で進めていけばよいですか?」と尋ねたところ、「う?ん。どうしようかなぁ・・・」とやや困った様子。あぁ?どうしよう。いきなり断られたりして・・・でも意地でも食い下がらなきゃ・・・とイロイロ考えていたところ「先に振り込んで頂いて、お売りするという事なら出来ると思います」と、神様のような一言が。

 えぇぇぇ?今、なんて言ったぁ?

 「スポットで直接お売りするつもりでいます。ただ、もう一度上司に確認をとらなければなりません。もしダメだった場合は代理店をご紹介します」

年明けに具体的な注文 → 代金請求 → 代金振り込み → 商品納入

 という手はずです。注文からは2週間くらいで商品を手に入れることが出来るようです。

 ・・・やった?!!これで一安心です。ずっとずっと気になってましたから。

 建材業界は、現在目茶苦茶景気がいいらしく、かなり忙しいようです。はっきり言ってウチのことなんて後回しになってると思います。でも気にしません。売ってくれると約束してくれただけで、本当に嬉しいですから。ホントに忙しい中、こんな個人をよく相手してくれたなぁ。

2004/12/25

初心にもどって薪ストーブに悩む

041225-3-1
 薪ストーブ、【軽井沢ストーブ】に惚れ込んでいたため他の機種についてはあまり勉強していませんでした。ここで、もう一度初めに戻って、どんな機種がいいかを機能性・デザイン・価格などを比較しながら検討してみることにしました。

 参考書は【薪ストーブ大全】とネットで見つけたたくさんのホームページ。ぱらぱら見ながらお互いに好きなものをピックアップしていきました。

 最終的に残ったのは、

 【morso 1440CB】



041225-3-2
 【SCAN-DSA ノースランド20 CB】



041225-3-3
 【ダッチウエスト セネカFA405】



041225-3-4
 【PECAN NECTRE MK2 Ped】

 の4つ。

 こうやって並べてみると好みの傾向が出ますね?。薪ストーブに比較的多い、クラシカルなものではなくシンプルですっとしたデザインが好きなんです。

 このうち【PECAN NECTRE MK2 Ped】はオーストラリアのもので、このあたりでは取り扱っているお店がなさそうなので、却下。【ダッチウエスト セネカFA405】は触媒(※1)を必要とするので却下しました。

 残る2つ、【morso 1440CB】【SCAN-DSA ノースランド20 CB】はオリバートレードでは取り扱いが無いようですが、北欧のものなので相談してみる価値はありそうです。明日あたり電話して聞いてみようかな。

※1 触媒(キャタリティックコンバスター)—セラミック製で、蜂の巣状の表面を白金及びパラジウムで コーティングしたもので、煙の中の未燃焼物がこのコンバスターに触れ点火、二次燃焼が起こる。点検と交換が必要。



2004/12/25

社長さんから電話

 午前中、早速設備屋さんの社長さんから電話がありました。

 内容は、

  • システムバスはトータルで5.5掛けは無理なので、こちらで調達して欲しい。
  • トイレは7掛け。
  • エコキュートはもしかして扱えるかもしれない。その際は値段次第では採用してもらえるか?
 と言うことでした。こちらからは、エコキュートの機種3つの型番を伝えました。

 う?ん、今までと比べたらとても早いですね。とりあえずはこのまま進めて、また何か問題があったら他に頼むことも含めて考えることにしようと思います。願わくば問題は出ないで欲しいなぁ。

2004/12/25

迅速な見積もり

 昨日の夜、早速【オリバートレード】へ平面図・立面図をFAXしました。そしたら、なんと今日の午前中に見積もりのFAXが!早い!スバラシイ!

 1枚に手書きでご挨拶と、お店でざっと見積もったときとの変更点が、もう1枚に、見積もりの表がありました。お店で見積もって頂いたときよりも?2万円。煙突などの部材に多少変更があったためのようです。

 それにしても、このスピードは本当にステキです。打てば響くという感じ。そしてまた【軽井沢ストーブ】が遠のいていくのでした・・・風前の灯火だなこりゃ。

2004/12/24

不安でいっぱい

 今週初めに設備屋さんに、見積もり催促の電話をしたんです。その日は担当者が具合が悪くてお休みだったので、出勤したら電話をくださいとお願いしてありました。

 しかし・・・あれから何の連絡もありません。やっぱりか・・・ふぅ。仕方がないので、またお電話しましたよ。そしたら、まだお休みらしい・・・

 う?ん困った。もうお手上げなのでSOSすることに決めました。

 早速、建築士さんに電話してみたものの、お仕事中なのか連絡つかず。とりあえず夜にもう一度連絡してみることにして、お出かけすることにしました。

 夕方、カフェ&薪ストーブ屋の帰り、買い物をしている最中にPHSが鳴りました。

建築士さん 「お電話頂いたようですが」pin 「あの?、○○さんやっぱりお休みみたいなんです(月曜日にお休みだったことは伝え済み)。見積もりのお願いをしてからずいぶん経つので、それだけでも年内に何とかしておきたいと思っていたんですが・・・正直言って、2人とも設備屋さんに不安を持ってます。保険と言っては何ですが、どこか他の所も当たっておいた方がいいんでしょうか?」建築士さん 「あ?、ずっと休んでるんですか・・・わかりました。僕が連絡してみます。前から何度も言ってるんですが、会社そのものにも、1回はっきり言ってやらなきゃダメだなぁと思っていたんですよ。とりあえず、僕が連絡してみてまた結果をお知らせします」
 これまで心に引っかかっていたことを伝える事が出来て、なんとなくホッとしました。

 自宅に帰ると、設備屋さんの社長から電話がありました。

 「遅れてしまってすみません。見積もりをご依頼頂いていた、トイレとシステムバスの型番を担当者がメモしてあったものが見つかったので、念のため確認させてください」とのことでした。

 エコキュートに関しても質問されたので、“こちらで用意して欲しいとのことだったので、検討した。3機種まで絞ったのでどれがよいか相談しようと考えていた”と、これまでの経過を説明したところ、システムバスの配管との接続可否を確認したいとおっしゃるので、調べて明日連絡すると伝え電話を置きました。

 これからに対する不安が全くないと言えば嘘になりますが、とりあえず話が進んでほっとしました。明日、エコキュートの型番を連絡してみようと思います。社長とのやりとりを建築士さんに電話で報告し、今日の所は終了です。

2004/12/24

薪ストーブを見に

 【りんたろう】で薪ストーブの実物をみながらいろいろ考えたことだし、mosは軽井沢ストーブ以外は実物を見てないし、ということで、帰りに薪ストーブを見に【オリバートレード】に寄りました。

 あんなに【軽井沢ストーブ】に盛り上がっていた私たちですが、最近2つの理由から最初よりややトーンダウンしています。

 1つ目は出力が強すぎるのではないかと言うこと。

 最近本や、ネットで少しづつ薪ストーブについて勉強中の私達。そんな中で『大は小を兼ねない』という言葉を何度か目にし気になっています。“薪ストーブは温度調整が難しいので、最大熱量が大きい物だと部屋の中が暑すぎてしまう可能性もあるし、一定の温度まで暖めるのに結構な量の薪を使うので効率が悪い”という所から言われているようです 。

 軽井沢ストーブは最大熱量の記載が無く、質問したときにも「具体的な数字はわからないが20畳位は絶対に大丈夫」と言うお返事でした。比較的大きいのでそれなりに熱量が大きいと予想されるので、それがちょっとなぁ・・・と不安に思います。

 2つ目は対応。

 12/18に見積もりのお願いに新居の平面図・立面図を添えてFAXしたんですが、ウンでもスンでもない。

 届いたのかどうかもわからないため、仕方なく午前中に電話してみました。「代表がいないのでわからない。申し訳ないが念のためもう一度FAXして欲しい」とおっしゃる。
 仕方なくもう一度FAXしようとしていたところ電話がありました。さんざん探してやっと見つけ出したようで「ありましたので、FAXしなくても大丈夫です。代表が最近忙しくて遅れているようです。すみません」とのことでした。

 ここの方、工房を訪ねたときも大変感じが良かったし、モノづくりにたいする姿勢もスバラシイと思うのですが、それにしてもなぁ・・・と考えてしまうのです。

 忙しいのは知っています。見積もりが遅くなるのはかまいません。でも“FAXが届いた。ちょっと忙しいので返事は遅れてもよいか?”でいいのでお返事くださってもよいのでは、と思うんです。

 “最初ルーズなところはずっとルーズ”というパターンはmosのこれまでの経験では非常に多いようで、それゆえウチでは“対応”で業者さんやお店を決定することも多いんです。

 ・・・横道にそれてしまいましたが、そんないきさつで他のストーブも見てみる気になりました。

 このお店には、フランス製・アメリカ製・北欧製などたくさんの薪ストーブが展示してあり、1台は実際に火が入っていました。15台位ある薪ストーブを端から全部見ました。中古品もあったし、新品でも意外と安いものもありました。よく見ると、カタログであまり目にとまらなかった物も、実際に見てみるとかっこよく思えたりしますね?。

 薪ストーブ本体の値段はわかりましたが、それにもまして気になるのは煙突&施工費。どこを見てもわからないので、通りかかったお店の女性に尋ねてみました。

 平均的な価格を教えてもらえばよいと思っていたのですが、見積書を持ってきて親切に細かく見積もってくださいました。とても感じが良かったです。煙突&施工費で約48万円位。「設計図があれば、もう少し詳しくわかります。持ってきて頂いても良いですし、FAXしていただいても大丈夫です」ともおっしゃって頂きました。ここまでして頂いて、聞かれたのは名字のみ。う?んステキです。

 近いので何かあったときにも安心だしいいかも?。かなり気持ちは傾いてます。とりあえず、帰ったら平面図&立面図をFAXしてみようかな。

2004/12/22

捨てコンが打ってあった

041222-1-1
 昨日、先行配管の位置について質問があり、建築士さんに電話しました。

 質問が終わった後「今日捨てコン(※1)が打ってありましたよね。数日したら配筋(※2)をして、その上にベースコン(※3)を打ちます。年内に出来るのはその辺までかなぁ。遅くなっちゃって本当にごめんなさい」とお話がありました。

 “ん?捨てコン?あれ、今日砂利だったような・・・”



041222-1-2
 と言うわけで、今日も現場を見に行ってきました。

 ホントだ?捨てコンが打ってある。昨日の午前中はまだ砂利の状態だったので、おそらく午後に基礎屋さんが来て作業をしたんでしょう。

 昨日打ったばかりなので、やはりまだ乾いてないですね。

 数日養生してから、次の作業になると思われます。



041222-1-3
 昨日見た先行配管はこんな感じになりました。



041222-1-4
 見づらいと思いますが、赤丸の中の白い物は“雪”です。
 (写真をクリックすると大きくなりますので、確認してみてね)

 今日は雪虫と間違うほどのほんの少しの風花が、ずっとちらちらと舞っていました。山の方ではきっと、たくさん雪が降ってるんだろうな。



※1 捨てコン—捨てコンクリート。建物の位置や水平を正確にだす為に打設するコンクリートのことで、基本的には構造上の意味はない(厚さ50ミリ?100ミリ)。※2 配筋—ウチはベタ基礎。ベタ基礎とはお弁当箱をおいたみたいな形の基礎で、底面にも全部鉄筋が入っています。その鉄筋を組み上げること。※3 ベースコン—お弁当箱型の基礎の底面の部分のコンクリート。これを打ってから、周囲の立ち上がり部分のコンクリートを打つ。



2004/12/21

先行配管終わり

041221-1-1
 確認申請も無事に通ったことだし、“確認申請済み”の看板を設置しに現場へ出かけました。

 先週末に給排水の先行配管が終わったと聞いているので、それも楽しみ。

 あ、ホントだ。奥の方に何か管のようなものがありますね。



041221-1-2
 一番右から、浴室、洗面台、トイレ、キッチン。

 平面図で見るよりは、少しイメージがわく感じがします。



041221-1-3
 この前ブルーシートで養生しておいた、カーポート&物置の部材もここ数日の強風で見事に全開。重しが甘かったみたいです・・・(泣)。少し濡れてしまっていますね。

 う?、今度は負けないぞ!ということで重しの石を3倍量くらいに増強しました。



041221-1-4
 今日のメイン目的の看板です。しっかり打ち付けましたよ。これで安心。

 みなさん、違法建築じゃないですよ?。