カテゴリー

2005/03/31

専用品はさすがです

050331-2-1
 私達が、現在使用しているハンマー。これで、青や赤の釘をガシガシ打ってます。

 上のハンマーは【土牛】の2×4用ハンマーです。

 ヘッドが450gと重めです。『え?っ重いの?疲れそう?』と思う方もいるかもしれませんが、重い方が楽なんです。このヘッドの重さで釘を打ち込んでくれるので、力まかせに打たなくてもいいんです。ヘッドにのみ重さが集中している感じで、バランスもいいです。

 下のハンマーは【剣匠】の“グラスファイバ柄 ネイルハンマ GNH-450”

 土牛のと同じくヘッドが450gなので、『とりあえずコレでいいか』と購入したんですが、これが疲れるんです。全体的に重いので、バランスが悪い。柄が持ちにくいので手の力が必要になる。数本打つだけなら問題ないと思うのですが、たくさん打つとかなり疲れます。

 ここ何日か釘を打ちまくって『よーし!もう1本土牛のハンマーを買うぞー』と決心しました。しかし、2×4用のハンマーは結構大きいホームセンターでも置いていない事が多いです。通販でも全くみかけません。

 早速いつもお世話になっている、S商店に取り寄せのお願いに行きました。「来週になっちゃうんですけどいいですか?」との答え。すごいー。何を頼んでも、ほとんどのものはスムーズに取り寄せてくださいます。

 しかも、後から電話をくれ『ヘッドが565gのも(輸出用モデル)取り寄せる事が出来るんですが、どっちにしますか?』とのこと。

 もちろん、565gヘッドの輸出モデルをお願いしました。2,800円なり。

 楽しみ楽しみ。

 来週半ばには手に入る予定。早く使ってみたいです。



2005/03/31

今日も釘打ち、でも少しだけ

050331-1-1
まだまだ、根太張りが残っています。
頑張って早く次の段階に進みたいところですが、いろいろな手続きや注文等があって半日弱の作業でした。

あまりすすめる事は出来なかったけど、右手が結構痛くなってきたので、少し休める事が出来て良かったかも。

まだ釘打ちが少し残っていた、リビングの転び止め。なんとか終わらせる事が出来ました。

この2列、まるまるpinpinが釘打ちしましたよー。



050331-1-2
mosは昨日はトイレ・洗面所、今日はその周辺の複雑な部分を頑張ってくれています。この辺りの床根太はリビングの床根太と直交方向に走っています。

明日、設備屋さんが空配管に来てくれるので、トイレ・洗面は昨日の内に終わらせました。



050331-1-3
現在はこんな風に、給排水の先行配管が出ています。



050331-1-4
薪ストーブ設置場所の下はこんな風に、少し根太の密度を上げる予定。
2×6材を必要な長さに切って、並べてみているところです。

通常の3倍の密度で根太を入れています。



050331-1-5
まだ釘を打ってないトコロもありますが、現在の進行状況はこんな感じ。
4月の始めには根太を終えて、次の作業に入りたい?。



2005/03/30

気になる気になる

 ウチの現場へ行く道沿いに、ウチよりも早い時期に基礎を打ったのにずっとそのままになっていた現場があり、『きっと春になったら工事が始まるんだろうね?』と、話していました。

 そこの現場、いよいよ昨日から工事が始まりました。

 昨日の朝、ちらっと見たら土台を設置していましたが、帰りに見た時は既に断熱材を入れ、床合板をはるところでした(驚)。

 今日はぼーっとしていて見るのを忘れてしまいましたが、もう数日で屋根まで終わりそうな勢いです。

 いいなぁ・・・

 現場近くを通る方に話しかけられる事が多いです。『いつ頃建つんですか?』という質問が結構多くて困るんですが、「う?ん、夏頃引っ越せたら嬉しいんですが」と答えると、皆さん『え?っ?そんなに先ですか』と驚かれます(笑)。

 素人大工2人が、考え考え作るので時間かかりますよ。内装は住みながらになると思います、きっと。

2005/03/30

朝から晩まで釘打ってます

050330-1-1
 今日も根太の続きです。

 リビングの床根太に転び止めを床根太と床根太の間に2ヶ所づつ入れるんですが、この作業は釘に始まって釘に終わるといっても過言ではない!

 415mmの転び止めをひたすら土台と床根太に釘で固定するんですが、1ヶ所につき打つ釘の数は9本。トータル360本!

 今日はひたすら6時間釘打ちしましたが、この2列の転び止め40ヶ所全部終わらせる事が出来ませんでした。

 今日打った釘、トータル300本くらい。

 どっかに、CN75とCN90に対応してるエアネイラー、落ちてませんかね?(笑)。

 エアネイラーは結構お値段が張るんです。中古の短い釘用のものはオークションで買ったので、打つ数の少ない長い釘は手打ちで頑張りますよー。



050330-1-2
 今日打った、床根太の間の転び止めの固定のための釘。

 まず打てる方は木口打ちで、CN90を3本。



050330-1-3
 エンドから打てない方は、斜め打ちで。

 斜め打ちも随分うまく出来るようになりました。

 人間やれば出来るんですね?。びっくり。



050330-1-4
 昨日打った、端根太の釘はこんな感じ。



050330-1-5
 端根太の転び止め。1枚に釘を5本打ちます。4本は端根太との緊結。1本は土台との緊結です。こんな小さな木材のくせに?(涙)。

 釘・釘・釘・釘・・・釘の夢を見そうです・・・orz



2005/03/29

床根太張り

 昨日の雨がウソのようにやみました。今日も現場で作業です。

 ものすごく頑張ってかけたブルーシートはまぁまぁ頑張っていてくれました。これまでの半分くらいの水位でした。

 穴が空いている部分が数カ所あるので、どうしても漏れてしまいますが、どうやっても全く水がはいらないなんて事はあり得ないので、この程度なら合格です。

050329-1-1
 いつものように、ブルーシートの上に貯まった水を捨てる作業を1時間ほど。

 その後は、根太張りの続きをしました。リビング部分の床根太張りです。

 一昨日、2×6材を必要な長さに切り出して合ったので、今日は始めに墨つけをし、転び止めを切り、並べてみました。



050329-1-2
 玄関土間部分は、現在作業場所。

 mosさんが卓上丸ノコを使って、転び止めを量産しています。

 この後、出来る場所を釘打ち。例によって、住宅金融公庫の仕様書通りにひたすら打つ。家が建つ頃には筋肉モリモリになっているかもしれませんねー(苦笑)。



050329-1-3
 明日も晴れの予報なので、床根太はりの続きです。

 明日、明後日で根太はりの目途をつけられたらいいなあと思います。



2005/03/27

今度こそ

050327-2-1
 明日は、雨が降るらしいので今日は気合いをいれて養生します。

 午後から4100mmの床根太を19本切ったのでこの方々にも頑張って頂くつもり。



050327-2-2
 ありとあらゆるモノを動員して、雨と闘いますよ。もちろ材料が濡れてしまうのは困るので、万全の策をとってきたつもり。

 今度こそ、今度こそ、雨になんか負けるもんかー。



2005/03/27

今日は根太張り

050327-1-1
 昨日、土台が終わってから一部根太を張り始めました。

 夕方建築士さんが現場を見に来て下さったので、少しお話ししたり質問したりしたのに加え、何度もお話しした事のあるご近所さんが犬の散歩がてら寄って下さり、またまたお話・・・という事であまりたくさんは進んでいませんが。

 今日は、続きの根太張り。

 始めに建物の周囲に側根太・端根太を取り付けます。ウチは1階の根太は2×6を使います。

 土台への緊結はCN75T@250 *1です。継ぎ手位置を確認しながら材の長さを測り、250mmごとに印をつけ軽く斜めに釘を打っておき、その後正確な位置にセットし土台へ打ち付ける。という方法で施工しました。

 昨日に続いて斜め打ち。でも、今日の斜め打ちの方が難しかったです。慣れるまでが大変。私は何本釘を曲げた事か(恥)。



050327-1-2
 ホールダウン金物がある場所は、材を欠き込みしなくてはなりません。

 ノミで欠くのは大変ですが、丸ノコで浅めの切り込みを何本か入れてから、軽くノミを入れると楽に欠き込む事が出来ます。



050327-1-3
 昨日の記事にも書きましたが、ウチの一番北側の壁はかなり力がかかる部分らしく、強く強く設計されています。

 補強した土台の上には2×6材でなく、LVL1級の4×6材を使います。

 ウチのは【株式会社 キーテック】さんの構造用LVL “Key Lam”です。



050327-1-4
 これが、なんと言いますか格好いい木なんですよー。mosに話しても「よくわからん」って言われちゃいましたが、『かっちり四角くて曲がりやそりが無く重たい木』って格好良くないですか?

 土台の木やツーバイ材で反ってる木や曲がってる木をたくさんみたからかなぁ・・・?

 20cm位あまった切れ端を、もらって宝物にしちゃいました。ヘンですかね・・・

 一番北側の土台と根太。それぞれに補強が付いているので、合計4本。こっちから見ると面白い絵ですね。こりゃぁ頑丈そうだー。



*1 CN75T@250 : CN75釘を250mmピッチで斜め打ち(TはTilt、傾斜という意味)



2005/03/26

釘打ちの秘密兵器

050326-3-1
 隅っこで釘を押さえたくても手が入りにくい場所、高くて手が届かないところなどの釘押さえに便利。

 真っ直ぐ打てるし、間違って指を叩く心配も無し。

 スクリューパッドという名前の道具です。

 電ドルポンプを購入する時、初めて見て面白そうだから買ったらしいんですが、当たりでした。結構便利なスグレモノです。



2005/03/26

土台完成

050326-2-1
 今日の作業は土台の釘打ちからです。

 土台の継ぎ手部分に釘(CN75)を3本斜め打ちします。

 2×4用は釘をたくさん打つ工法です。釘の種類は5種類(CN90、75、65、50、ZN釘)で、どこにどんな向き・どんな間隔で何本打つかは、住宅金融公庫仕様書で決められています。

 釘は見分けやすい&(工事監理の方が)あとからチェックしやすいように色が付いています。

 ちなみにCN75は青。土台では基本的にこの青い釘しかつかいません(ウチは少しイレギュラーな部分があるので、もう1種類使いますが)。



050326-2-2
 こんな角度で打ちます。

 斜めに釘を打つなんて今までした事がなかったので、コツをつかむまでは結構大変でした。



050326-2-3
 打ち終わった部分はこんな感じ。

 全ての継ぎ手部分を3本ずつ打ち終えれば完成です。

 慣れない斜め打ちに少し手間取ったものの、打つ本数も少ないので、思ったより早く終了しました。その間、私はアンカーボルトのナットの閉め忘れが無いかをチェックしました。



050326-2-4.gif
 続いて土台補強を入れます。

 ウチは2×4工法の割には開口部が多いため、いろいろとイレギュラーな事が出て来ます。

 その1つが土台の補強。

 この図の中の一番上(北側)の部分とクロークの背面部分にある土台の横に2×4材を抱き合わせます。



050326-2-5
 図面通りの長さに切って、釘を平打ち。

 こういった想定は住宅金融公庫仕様書にはないので、結構困ります。

 材の厚みを考慮し、今回は90mmの釘(CN90:赤色)を使用。

 打つ間隔や打ち方は念のため建築士さんに確認し、側根太と添え側根太を緊結する際と同じ、CN90F@300(千鳥打ち)*1にしました。



050326-2-6
 完成図。

 随分厚くなりました。この上にLVLというこれまた丈夫な材が乗る予定です。



050326-2-7
 基礎内に色々はいっているし、他の木材も置いてあるのでちょっと見づらいかもしれませんが、これで、土台は完成です。



050326-2-8
 正面からはこんな感じ。

 この後は根太を作っていきます。



*1 CN90F@300(千鳥打ち) : CN90釘を300mmピッチで千鳥に平打ち(FはフラットのFです)



2005/03/26

雨のばかぁぁっ

050326-1-1
 一昨日の夜、台風のような風雨でした。

 さて、ダブル防御にしたブルーシートは頑張ってくれたでしょうか?

 おそるおそるブルーシートオープン!・・・する前から結果は一目瞭然。

 下に敷いた新品ブルーシートの姿が見えないところが数カ所あるんだもん。水浸しだよ、きっと・・・orz

 下側のシートにロープを通して縛ったり、引っ張ったり、きちんとしなかった私が悪いんですけどね・・・。

 あんな台風みたいな風雨は想像して無かったんですよ(泣)。



050326-1-2
 そして、シートの上にも水&氷。コレを何とかしない事には、作業が始められません。

 いつもと同じようにちりとりを片手に持ち、おおざっぱに水を捨て、残りはシートをめくりながら真ん中に集めていき、最後にもう一度ちりとりですくい出しました。

 ここまでで1時間。時は金なり時は金なり(涙)。

 その後、mosは土台の釘打ちをし、私は基礎内の排水をしました。



050326-1-3
 私の『排水3点セット』はこれです。

 “茶色のちりとりでくみ出した水をバケツや、プラスチック製の箕(み)に貯め、いっぱいになったところで外に捨てる”という作業の繰り返しです。

 何度も捨てられそうになった、パーティーバーレルのバケツ。捨てないで良かった?。カーネルおじさんも嬉しそう(?)。

 何十杯捨てても、ほとんど減った気がしません。私結局、今日の作業の3/4は排水をしてました・・・はぁ。



050326-1-4
 お昼頃には、雪ががんがん降ってきました。

 「雪?!降るんじゃない!どうしても降るんなら、基礎の中だけは避けてくれ?!」・・・私、初めて雪に話しかけてしまいました。

 それでも頑張って続け、もうちりとりではすくえない位になりました。



050326-1-5
 ここで最終兵器登場?。ホームセンターで買ったスーパーモップもどき。

 コレが結構いいんです。柄が長いので、水を絞る時以外は中腰にならなくて済むので楽々です。今まではスポンジを使っていたので、腰が痛くて大変でした。

 お日様も照って手伝ってくれたおかげで、午後には一部白く乾いた部分も出て来ました。

 明日も天気がよいようなので、もっと乾くと思います。

 これだけ頑張っても、状況によっては一度の雨でパー。養生も研究しなくては。