カテゴリー

2006/04/30

西側胴縁取り付け開始

060430-2-1
 注文していた品物も届いた事だし、外壁作業の準備にとりかかりました。

 スタートは西側のちょっと凹んだ部分。この部分、コンクリートを打って給湯器を設置する予定なので、とっとと仕上げて自作足場を外さないといけないんです。



060430-2-2
 今日はとりあえず胴縁だけ。

 明日はもう少し胴縁の取り付けをすすめてから、いよいよサイディング張りに入る予定。

 どんな風になるんでしょうかねー。楽しみです。



2006/04/30

手すりベースの塗装

 我が家の屋上の手すり。紆余曲折ありましたが、なんと単管パイプでいくことにしました。

 4/10に鉄工所の方と打ち合わせした時は、ステンレスの角の手すりでいくつもりだったんですが、見積もり金額39万円に打ちのめされた上、パンクしそうに忙しく納期が・・・との事であきらめました。

 で、単管パイプ。実は我が建築士さんはずっと前から『単管、意外といいんじゃないですかねー』と言ってたんですよ。

 建築中、イロイロとお世話になっていた素材だし、ジョイントもいろいろなものがネットで手にはいるようだし、“我が家のチャームポイントになっていいかも”と思いました。第一、ものすごくコストダウンになりそう。

060430-1-1
 とりあえず、防水屋さんの作業までにはベースだけを取り付けておけばOK。ベースはスグに手に入るし、言う事なし。

 単管パイプや部材は亜鉛メッキしてある物が多く、比較的、耐久性に優れているのですが、念のため上から防錆塗料を塗っておく事にしました。

 使用した塗料はシルバージンクスプレー。ジンク(亜鉛)リッチですよ(笑)。

 もちろん錆止め効果を狙ってるんですが、色も質感もいいですね?。1個178円には見えませんね。

 全部で3?4万円で出来そうかな?30万円のコストダウンってすごいかも(笑)。



2006/04/29

壁芯と外面

 先週見学に行った近所のセルフビルドログハウスのTさん家。

 今日辺りに、中古ログハウスを組み立ててるのかも・・・とまたまた遊びに行ってきました。

 行く前に念のためお電話。『あ、ちょうど良かったー。助けてよ?』との返事。なんだろなんだろ?と言う事で急いで行ってみました。

 こんにちは?と挨拶すると、基礎の前で困り顔のTさん。

 よくよく聞いてみると、なんと基礎の大きさが違うらしいのです(驚)。

 もともとスウェーデンから輸入されたこの中古ログ。図面はないらしく、基礎の図面はTさん自身が書いて基礎屋さんに渡したのでした。その図面の寸法が外面で書いてあったことから今回のトラブルがおこってしまったようです(もちろん、外面の寸法って事は書いてあったんですよ)。

 日本の建築には壁芯という考え方があります。壁芯とはおおざっぱに言うと、壁の厚みの中心線の事で、日本独自の考え方らしいです。日本の建築では常識的に使われています(と言う風に理解してます。間違ってたらご指摘お願いします?)。

 で、基礎屋さんはもらった図面の寸法を見て、いつも通り壁芯の寸法と考えて作ったわけです。

 外面の寸法が壁の中心、と言う事で予定の寸法より少し大きいものが出来上がっていました。

 これは困った。・・・と言うわけで、Tさんと手伝ってくれていたお友達、私達夫婦で必死にリカバリー法を検討。ちなみに基礎厚120mm、ログ厚60mm。

 1、基礎屋さんにクレームを出し、一から作り直してもらう。
 2、片側だけ本来の位置に設置し、ずれた方に基礎を追加する(基礎屋さんorセルフ)。
 などいくつか意見がでました。TさんはGW中に組み上げたかったのですが、1や2では無理そう。

 無い知恵絞って更に考えました。うーむ。

 で、思いつきました。内面あわせにする。一番下に土台を入れて、アンカーボルトと固定。その上にログの一番下の材を置き、釘で固定する。

 あんまり自信はなかったものの提案してみたら、結構乗り気な様子。あちこち電話して材の手配も出来、この案で行く事になりました。

 基礎の追加工事もないし、これなら少し手間が増えるだけなので、連休中に何とかなりそうです。ちょっと沈み気味だったTさんですが、笑顔も見られ少し元気になったようです。良かった良かった。

 そうそう、外面と壁芯。注意しなくちゃいけませんね。輸入住宅をセルフビルドする際には特に注意。事前にしっかり確認しましょう。

2006/04/29

窓終了?

060429-1-1
 今日は午後から現場。

 mosは昨日に引き続き自作窓作業。昨日は2階とR階の自作窓のコーキングをしたので、今日はR階の自作窓の桟入れです。

 こちらは西側の台形窓。外側にブルーシートがかかっているのでまだ青いですが、かなり明るくなりました。



060429-1-2
 こっちは東側。

 いいですねー。思った以上に明るくて嬉しいです。

 いよいよ、家中にちゃんと窓が入っている状態になりました。

 コレで安心して引っ越してこられます。思えば長い道のりだったなぁ。



2006/04/28

屋上の端っこ用合板切り出し

060428-2-1
 GW明けに、防水屋さんが入ってくれる予定です。4/26に打ち合わせをし、細かな部分の納まりなどを決めました。

 GW中に防水屋さんが工事に入る前にやっておかなければならない事を進めていこうと思います。

 その1つがコレ。

 これを見るだけでは何だか分からないですよね。

 この写真でわかるでしょうか?

 FRPを巻く際に下地が必要になるので、この開いている部分を塞ぐ物を切り出しています。ナナメのものを切り出すのって結構大変ですね。先端の方はかなり細いですし・・・

 接着剤とタッカー併用で取り付けてみようと考え中。うまくいくかなぁ。



2006/04/28

サイディング第一陣到着

060428-1-1
 ようやく、サイディングがやって来ました。感動です。

 素材に悩み、色に悩み、製品選びで悩み・・・長い道のりでした。

 今日の9時前頃に配達と言う事で、余裕を見て8時半頃現場に到着したのですが、既にユニックから荷下ろし中でした。いつもありがとうございます。

 本体は6ケース。その他役物がいくつか。この量で本体が半分弱。役物は全体の8割くらいかな。役物が結構高いんですよ。何につけても本体よりも周りの部材が高いんですよねー。仕方ないか。窯業系じゃない分、コーキング剤が少なくて済むので、まだマシか?



060428-1-2
 早速開封してみました。

 サンプルで見ていた時よりも、面積が大きいためか白っぽく感じました。この方が好みです。よかったー。



060428-1-3
 これを全部張り終えるまでには、もう少し時間がかかりそうなので、保管は室内で。

 開封したサイディングを1枚1枚室内に運び込みました。

 それにしても軽いですね。1枚6kgです。



060428-1-4
 役物は玄関に。

 結構な量ですね。



060428-1-5
 外にはパレットだけがポツンと残りました。

 パレット、イロイロと便利そうなのでずっと欲しいと思っていたのですが、コレ、結構ボロボロなんですよ。室内に入れるにはでっかいし、どうしたものかなぁ。

 そういえば、この記事で、“アイボリーホワイトとグレーの2色を貼り分けようかな?”などと書いておりますが、記事を書いた翌日にあっさり予定変更(笑)。必要量を計算したところ、2色にすると中途半端に余ってしまう材料が多く、無駄が出まくってしまうのでやめました。

 気が向いたら、塗り直しの時(10年位先かな?)に塗り分けてみようかと思います。



2006/04/26

2階トイレのフローリング貼り

 通常、内装の施工は、完成した場所をなるべく汚さないように天井→壁→床と進むのが理想です(実際の現場はそうも行かないのが現状のようですが)。

 我が家は引越にあたり、なんとしてもトイレなどの水周りを使えるようにしたいため、配管に必要になる部分を仕上げねばなりません。

 今日は、2階のトイレ部分の床作業をしました。

 我が家のメインのフローリング材はホワイトウッドの予定なので、厚みは36mmくらい。トイレの床にはオークラのユカハードという製品を使うのですが、コレは厚みが12mmなのでそのまま貼ると24mmの段差が出来てしまいます。そこで段差のない床になるよう、12mm合板を2度増し張りしました。

060426-1-1
 貼る部分を掃除機でキレイにしてから、1枚目の合板。接着剤を塗って貼ります。使用した接着剤は【山猫軒日誌】のたまさんが使われていたのと同じ、オーシカの“UR-145”です。

 接着剤を出す口が狭いし、ベタベタするし、このままだと狭い場所では扱いづらいです。別の容器に移すとか、何か方策を考えねば・・・

 溶剤のニオイが結構きつくて2人して頭が痛くなってきました(^^;



060426-1-2
 12mm合板2度の増し張りが終わり、ユカハードの仮置き。一度全面に仮置きしてみてから、接着剤&ビスで貼っていきます。

 こんな感じで、半分ずつずらして貼ります。



060426-1-3
 あちこちに接着剤がくっついたり、苦労しつつもなんとか完成?。

 こんな小さな範囲でも、内装の完成部分が出来ると嬉しいものですね。

 早速椅子を置いて、棚の位置などトイレ内のレイアウトを考え、排水芯を出しました。コンベックスが広げてある部分まで、薄い棚を作ろうと思っています。

 全部決めた後ダンボールで養生して終了。

 トイレ本体は、5/2に到着予定。あとは、設備屋さんとの調整かな?



2006/04/25

あと36日

 本日、『解約申し込み書』なるものを不動産屋さんにFAXしました。

 規約では一応1ヶ月前に退居の予告をしなくてはなりません。5月末の引越を予定しているので、GWに入る前に伝えなくては。と思ったからです。

 仮住まい代もバカになりませんし、現場への通勤時間やガソリン代ももったいないし。

 屋上防水も終わってないし、外壁もまだ、もちろん室内には何にもありません。水も仮設、電気も仮設・・・。住むまでにどれ位のことが出来るかなぁ。とりあえず、トイレだけ何とか出来ればOK。システムバスは住んでからでもいいし(この辺りは日帰り湯が沢山!)。カセットコンロで自炊出来るさ。

 暖かくなってきたし、なんとかなりそうですね。

 ここからは、他の業者の方とやりとりせねばならない事が多いので段取りが難しいですが、出来るだけ頑張って行きたいと思います。

 ウチの場合、システムバスより先にインターネット環境を整えなくちゃかな(笑)。

2006/04/24

R階台形窓、もう1枚

060424-1-1
 今日は、西側の台形窓にツインカーボを取り付けました。

 天気予報ではなんとも言っていなかったのに、なんだかすごい風。

 mosは窓枠部分に貼ってあるブルーシートを開けるかどうか迷っていましたが、とりあえず外側からある程度ツインカーボを固定したうえで、ブルーシートを取り外し内側も固定していました。

 外にまだブルーシートがあるので、こんな感じに見えます。

 私はマスキング。2階のでか窓とR階の台形窓の枠部分や、ツインカーボ部分にひたすらテープを貼りました。2階のツインカーボははめる前にテープ貼りしてあったのですが、位置が少しずれている部分などもあり、修正が必要でした。

 次回は、マスキングテープの続きとコーキングをして窓の完成に向かって頑張りたいと思います。



2006/04/23

セルフビルドログハウス見学

 今日の所用。用というか遊びというか・・・

 先週の土曜日に現場に寄って下さった、13年前にログハウスをセルフビルドされたTさんのところへ、見学&遊びに行ってきたのでした。

 いやー、面白いです。話せば話すほど共感できることや、勉強になる事や、面白い内容が目白押しです。丁度東京から遊びに来ていた、お友達がいらっしゃったのですが、その方の話も面白い。お二人とも間口が広いというか、考え方が柔軟で大らか。ああいうオトナになりたいなぁと実感したのでした。

 お昼は、知り合うきっかけになった【季流】さんへお蕎麦を食べに。おかみさんは、私達が一緒に登場したのでビックリしていましたよ(笑)。

 Tさんは、GWあたりにこの前ご自分で解体して運んできた中古のログハウスを組み上げる予定らしいので、見学にうかがおうと思っています。

 ログハウスを建てているのを見るのは初めてなので楽しみです。いやいや見てるだけじゃ無くて手伝わなくちゃですね。