カテゴリー

2006/04/23

R階の台形窓の組立開始

060423-1-1
 今日はお昼過ぎまで、所用ででかけていたので作業は少し。

 2階でか窓のバックアップ材入れとR階台形窓のツインカーボはめ込み(東側1枚だけ)をしました。

 先日根性で切ったツインカーボをはめ込むとこんな感じになりました。



060423-1-2
 R階のこの窓は、やはり1枚では風圧に耐えられないので、桟をいれねばなりません。2階とのバランスを考え、2本立てる事にしました。

 こんな風に押し縁の間にリジットタイという金具を取り付けてコレで桟を固定します。



060423-1-3
 リジットタイはこんな形の金具。2×2材のとりつけに使ったりするようです。

 ネジ穴は本来もっと小さいのですが、使用しているステンレスネジの頭が大きくて出っ張ってしまうので、仕方なくドリルで大きくしました。



060423-1-4
 内側から見たところ。

 2階のでか窓は風が心配で桟を先に取り付けましたが、ここの窓はコーキングまで済ませてから桟を最後に入れようと考えています。その方がずっと作業が楽なので。

 というわけで、今日のところは金具と上下の押し縁、バックアップ材まで作業して終了。結構しっかり固定されています。



060423-1-5
 そういえば、強い風が吹いてツインカーボが桟にたたきつけられても大丈夫なように、桟の裏側(ツインカーボと接する面)には緩衝材として気密パッキンを貼っています。

 写真がその気密パッキンです。比較的手に入りやすく水にも強いと言う事で選んだ商品。本来の用途とは全く違う使い方です。

 38mm幅の桟に合うように、90mmのものを3等分して使っています。



2006/04/22

一人でちまちま

060422-1-1
 今日はmosが体調不良のため、初めて私一人で現場に行ってきました。

 あまり本格的な作業は出来ないのですが、ちまちま系の作業も沢山あるので、それをいくつかやって来ました。

 台形窓の桟のペンキ塗りや、桟の取り付けに使うリジットタイ(RTU2)の穴をドリルで広げたり、そうそう、桟の下になってしまったマスキングテープもなんとか剥がしました。

 今日の一番の力仕事はコレ。R階に取り付けた胴縁の下を短くする事。防水屋さんが、下から300mmのところまでFRPを巻くので短くして欲しいという事で、ノミを使って切り取り。中々思うようには行かなかったけど、なんとか全部短くする事が出来ました。良かった良かった。

 掃除、マスキングなど他にもやりたい事が沢山あったのですが、夕方になって薄暗くなり心細くなってきたので終了し帰宅。

 少しは進んだのかな?ま、出来る範囲で頑張りました。



2006/04/21

2階でか窓完成間近

060421-2-1
 今日の写真、一昨日の写真とだいたい同じ角度から撮ったものを並べています。お時間があったら比べてみると面白いかもしれません。

 さてさて、作業開始。最初に一番でっかいツインカーボを2階窓枠部分にはめ込みます。・・・と書くのは簡単ですが、これ、外側から入れるために2階に上げるのが結構大変でした。

 大きい=取り回しが悪いって事ですよね。あちこち引っかかってしまうトコロが多く通る場所を見つけるだけでも一苦労。オマケにでっかすぎてつかみ所が・・・。重さ自体はそんなでもないんですけどね。あーでもないこーでもないと試行錯誤の末になんとか上げる事が出来ました。

 ツインカーボをはめ込んだ後は、外側の桟の取り付け。私は自作足場の上、mosは1階に脚立を置いて上下で支えながらいれました。

 ここまで終わって室内や外から眺めてみたら、枠と桟だけだったときから比べてかなり印象アップ。引き締まった気がしました。

 ところで、初歩的なミスをしちゃいました。この写真を見て分かる人には分かっちゃいそうかも。



060421-2-2
 外から見た図も、結構いい感じ。桟がうるさいかなぁと心配していたんですが、意外と大丈夫な気がします。



060421-2-3
 いいなー(←自己満足)。

 しゃっきりシャープになりました。なんだか安心感も増しますね。

 左右の押し縁の取り付け、バックアップ材入れ、マスキング、コーキングが残っていますが、見た目は完成に近いです。

 これが終わったらいよいよR階の台形窓だー。

 そうそう、初歩的なミス、なんだかわかりました? ツインカーボに先にマスキングテープを貼っていたので、桟の下にもマスキングテープが・・・

 桟の下だけどうにかしてはがさなくちゃな。



2006/04/21

屋上雨漏り、少しだけ

060421-1-1
 昨日はほぼ1日雨。

 日中はバケツをひっくり返したような大雨で、仮住まいの前の道路も池のようになっていました。

 気象庁のサイトで調べてみると、那須町で12時から15時にかけて50mm位の雨が降ったようです。

 しかも、一旦やんだのに、今日の早朝からまた大雨。どーなってるんだ? この天気。

 2階の作りかけのでっかい窓の周囲や屋上、水浸しになってないかなー。あぁ憂鬱。

 到着早々、まずは2階の窓周辺チェック。どこも濡れていません。水の跡もなし。とりあえずホッ。

 そして次にR階へ。思ったよりも被害が少なかったようです。本物の屋根と仮屋根の接続部分がどうしても雨漏りするので、その下にブルーシートを敷いておいたのが良かったみたい。ブルーシートはびっちょりで、多少下にも水がしみていましたが、これ位だったら許容範囲です。いやー良かった。悪天候の後はいつも現場に行くのが憂鬱なんですよ。

 雨の不安は防水工事が終わるまで。あと少し頑張らなくちゃ。

 ・・・と思ったら、今日電気について打ち合わせに来てくれた建築士さんから衝撃の一言が。

 『そうそう、防水屋さんから電話があって5月から料金が上がるみたいですよ。材料の価格がかなり上がってきてるらしくて、今までは施工費を削って据え置いていたんだけど、もうそういうワケにもいかないみたいです』

 がびーん。それはヤバイです。お話しによると多分1割程度上がるとの事。材料の取り置きが余り出来ないので連休明け工事スタートが確定ということなら何とかしてくれるらしい。

 こっこれは何とかしなくては。なんとしてでも、連休明けスタートを目指します。そのための秘策(という程の事でも無いけど)を建築士さんと相談し、防水屋さんに連絡を入れてもらう事にしました。

 てなワケで、防水工事早めに出来るように頑張りますー。



2006/04/19

2階のでっかい窓、組立開始

060419-2-1
 でっかい窓だけど、ちっちゃくなっちゃいました。

 この大きさで、この辺りの強風に耐えうるためには、ツインカーボタフネスの25mm以上は必要なんですが、価格がものスゴイ事になっちゃいます。

 で、考えた苦肉の策が桟。4本入れて、5分割になりました。3本入れて4分割でも大丈夫なんですが、なんとなく奇数の方がきれいかなーなんて思いまして。

 室内から見るとこんな感じ。思ったよりすっきりしてるかな。ここにツインカーボが入るので、もう少し外は見えなくなります。



060419-2-2
 正面から。

 だいぶ雰囲気が変わりました。外壁を張ったりしていく内にどんどん変わっていくんでしょうねー。



060419-2-3
 久々に全体像。

 ・・・あまり変わっていませんが(汗)。

 2階のでっかい窓部分も意外とよく見えるなぁ。

 実は今日立てた桟、昨日サンディングして塗り直したヤツです。まだムラがひどくて汚い部分があるので、立ててからもう一度塗りました。

 明日は雨(しかも強雨)だけど、このままブルーシートを閉めずに帰ります。桟のペンキ乾くといいなぁ。乾く前に流れたりして・・・(-_-;)



2006/04/19

おしえてくだサイディング

060419-1-1
 ずっと前にmosが発したこのオヤジギャグ。いつかタイトルに使うことを夢見てきました。

 ・・・というワケでサイディングです。

 ずーっとずーっと悩んでいます。いったんは窯業系サイディングの無塗装のもの(写真の窯業系サイディングの中の左下)に自分達でペンキを塗ろう!と言う事に決めていました。

 出来るだけつるっとした質感が好きなんです。しかも継ぎ目がなくテカテカもしていない、つるんとした壁。塗り壁以外でそんな壁を実現するのは難しいです。で、選んだのが窯業系のつるんとしたヤツ(写真はクボタ松下電工外装の目地なしフラット横張りです)。

 でもこれが重いんですよ。サンプルは1枚1kg程度ですが、実際のものは1枚3,030mm×455mm(1.38?)18kgです。これをR階の高さまで持って上がって・・・・うーむ。

 その他にも気になる事がいくつか。1つはコーキング。窓周囲、縦の目地など結構な量のコーキングが必要です。コーキング、苦手な上にコレだけの量になると価格もかなり(サイディング業者指定のコーキング材はものすごく高額)。おまけに3?5年ほどでコーキングが劣化してくるとの事でチェック&補修が必要です。

 あと凍害もちょっとコワイ。凍害を防ぐにはそれなりのランクのものを選ばないといけないなんですが、そういった物には私達の気に入るデザインのものが無い上に価格が・・・

 そんなこんな考えながら、木、金属、樹脂、ケイカル板など他の素材も検討開始。

 木は価格的にちょっと無理だしケイカル板は取り扱いは難しそう。で、我が家が注目したのは金属と樹脂。

 樹脂サイディングは性能・施工性・メンテナンスともに申し分なし。凍害にも強いです。軽くて色落ちしなくて(色は練り込まれていて塗った物ではないので)コーキングもなし。サイコー!って感じなんですが、一番問題なのがデザイン。うーーーーーーーん・・・・・合う家には合うと思うんだけどって感じです。手にいれるのも大変そうだし、却下。

 残るは金属系サイディング。屋根と北側の壁がガルバリウム鋼板なので、他も金属にすると印象がきついのでは。という不安がなきにしもあらずですが、軽い事、デザインが豊富な事、コーキングが不要な事(目地カバーの部分に少しは必要)など魅力が多いですねー。なんといっても重量は1枚(385mm×4,000mm)で6.1kg(チューオーのFN型の場合)。加工も粉が舞い散る窯業系よりは楽そうだし・・・とぐぐっと金属系サイディングに気持ちが傾きました。

 出来るだけ、テカテカピカピカしないものを選んで、サンプルを取り寄せ。今日ようやく全部揃ったので並べてみました。

 どーでしょう?

 並べてみて、意外とピカピカしていないので、金属系でも大丈夫かも、金属系サイディングを使おう!と言う事になりました。

 そうそう、ひとつ重要な事に気付きました。それは必ずサンプルをとりましょう!という当たり前な事。ヨドの木目調のサイディングは写真で見た時は“意外といいかも”と思ったんですよ。でも、サンプルを見たら“うわー安っぽい(ヨドの方見てたらごめんなさい。あくまで主観です)”って感じ。見た途端に却下なのでした。



060419-1-2
 チューオーの“FN型”とアイジー工業“ガルバ本壁”は似たようなタイプです。

 よーく見比べ、本壁の方が若干凹凸がはっきり見える事、継ぎ目の隙間が大きい事(チューオーの物は糸目地というタイプです)から、チューオーの“FN型”に決定しました。

 長かった・・・。これで外壁が注文出来るよ(必要量を計算するmosは大変ですね)。多分アイボリーホワイトとグレーの2色を張り分ける予定。

 外壁が進まないと進められないことが沢山あったので、これで少しはかどるといいなぁ。



2006/04/18

大きな窓の準備

060418-1-1
 1階・2階の小さめの自作窓のツインカーボはめ込みが終わったので、次は大きめの窓の準備に入りました。

 コチラは2階の一番大きなFIX窓。うまく手の届かないところもあるので、はめ込む前にマスキングテープを貼っておきました。



060418-1-2
 こちらはR階の台形窓に使うツインカーボの切り出し。いつも購入しているところでは、無料でカットしてくれるのですがさすがにこういう変形な形は無理なよう。

 仕方ないので2枚分の大きさで購入し、真ん中をナナメにカット。

 以前、ほんの少し切る必要が出来た時、丸ノコで切ったらクズが中に入って大変でした(当たり前か・・・)。今回はその反省をふまえて、ホットカッターでチャレンジ。慎重にカットしています。



060418-1-3
 ・・・と思ったら、刃が割れたー。むむむ手強いな。

 イロイロ悩んだ挙げ句、取り出したのはカッター。特選黒刃で再チャレンジです。



060418-1-4
 力はいるけど、いい感じに切れました。

 というワケで2枚の台形ツインカーボ完成。

 枠の塗装などがまだ終わっていないので、実際にはめ込むのはもう数日先になりそうです。

 もちろんこの他にもいろいろ作業をしました。

 主に窓枠づくりかな。mosがきっちり長さにカットして、私は塗装。実は新しいものの塗装だけでなく、塗り直しも・・・

 大きな窓の室内側の桟。雨にさらされる部分ではないのでホワイトウッドなどで作成しているのですが、なんだか塗料の乗りが悪いというか、塗り上がりが汚なーい。ちゃんとサンディングして、カラレスを下塗りしたんだけどなぁ。

 あまりの汚さに、仕方なくもう一度サンディングして塗り直したのでした。それでもあんまりいい出来じゃないけどね。少しはマシになりました。ふー。

 ちゃんと明日には乾いてくれるかなぁ。



2006/04/15

木蓮移植

060415-3-1
 実は今建築中の現場の他に、1ヶ所購入してあった土地がありました。

 もうすぐ手放す予定にしているのですが、購入したばかりの頃、嬉しくて植えた木蓮がそのままです。

 ずっと気になっていながらも、そのままになっていました。いい加減引越をしなくては。

 と言う事で、掘ってきました。確かこの辺りに・・・と思う場所を探してみたものの、ブッシュの中さっぱり分かりません。休日を利用して遊びに来ていたお義父さんに見つけてもらいました。この木蓮、将来の移植を考えて、鉢のまま埋めてあったのですが時間が経っていたので意外に手こずりました。結局ほとんどお義父さんが掘り出して下さいました。ありがとうございました?。

 退院したワゴンRになんとか詰め込み移動し、現場に植え替えました。日当たりその他かなり環境が悪い中にいたので、あんまり状態が良くないのですが、このまま放っておくわけにもいきませんしね。

 大好きな花なので、目立つ道沿いに植えました。根付くといいなぁ。ガンバレ木蓮。

 そうそう、木蓮のために穴掘りをしていたら、知らない車が止まる事2度。車からおりてきた方々の第一声は全く同じ言葉でしたよ。思い出すだけでも笑っちゃう。

 『季流さんで「近所に自分で家を建ててる人がいるの。すごいから見てきたらいいよ」って言われて寄ってみました』

 最初のかたは60才くらいの男性。13年前に自分でログハウスを建て那須での週末暮らしを楽しんでいるそう。最近中古のログハウスを譲ってもらったとのことで、解体・運送をこれまたご自分でされ、これから建築にとりかかろうと思っているとの事。室内も見て頂きお話しに花が咲きました。

 2番目の方はご夫婦と息子さん(私達位の年齢かな?)。現在別荘を建築中で、来月竣工とのこと。大まかな設計をご自分達でなさったそうです。建築の経過をよく見に来られているようで(偉い!)、大工さんたちの仕事はスゴイですね?。とおっしゃっていました。

 しかし、短時間の間に2組も・・・。おかみさんがどんな風に説明しているのかが想像出来て笑えます。私達、あそこでは有名人なのかもしれません(笑)。



2006/04/15

ポスト仮設置

060415-2-1
 先日、現場に初めての郵便物(浄化槽の補助金申請が通った通知)が届きました。

 郵便配達の方に『ポスト無いですか?』と聞かれたのもあり、仮設置することにしました。

 材料は全て先日解体したお風呂場から出て来た物。もう再利用しないと思っていたけど、またまた役だってくれました。感謝です。



060415-2-2
 なんだかちょっと体重計っぽいというハナシも(笑)。

 このポスト結構大きいものなんです。建築士さんが見たら『ごつっ!』って言いそうだ・・・

 ちょっと前にオークションで購入した物。ポストは“かっこいいのが欲しいな?”とさんざん探したのですが、デザイン性と価格がモロに正比例。びっくりするようなお値段です。デザインが良くなると、大きなものが入らない(最近メール便で大きな物が届きますもんね)という問題もありますしね。

 カイルバッハデザインのポストとか結構好みなんですけどね。4万とか9万とかポストの値段じゃないですよ・・・(泣)。

 我が家のポストは5,800円也。丁度値上がり直前だったようで、今はもう少し値上がりしているみたいです。

 外壁を貼ったら、ちゃんと取り付ける予定。それまではこのスタイルで頑張ってもらいます。



2006/04/15

自作窓のツインカーボはめ込み

060415-1-1
 ツインカーボが届いているので、久々に自作窓部分のブルーシートを外し、はめ込み作業をしました。

 この写真は、玄関脇のFIX窓。

 一番目にとまりそうな部分なので、結構気を使いました。



060415-1-2
 こちらはサイズを変更した、2階フリースペースのFIX窓。

 この横がトイレなので、この窓の下に洗面器を取り付ける予定。

 思った以上に明るく仕上がって満足です。今日はバックアップ材詰めまで終了。苦手なコーキングはまた後日にします。