カテゴリー

2006/09/09

午後は結婚式

蟻鱒鳶ルをあとにして、都内某所に移動。

mos’s妹の結婚式に出席しました。アットホームで良い式&披露宴でした。
Aちゃんのきれいなウエディングドレス姿に感動し、美味しいお料理を食べあっという間に時間が過ぎました。久しぶりにお会いした親戚の方々からは『家は進んでるかー?』との質問が沢山。が、頑張ります・・・

余談ですが、mos家の4人兄弟はこれで全て家庭持ちとなりました。世の結婚率を考えると結構すごいことかもですね。

2006/09/09

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)見学

予想通り、昨夜は夜更かし。眠りについたと思ったらあっという間に朝でした。

でも、予定満載の今日。楽しみな事がたくさんなので、比較的すっきり目覚めて出かける事が出来ました。
家を出た時間は5時。ETC通勤割引を利用して移動する&午前中にも予定があるので、こんな早い時間です。

結婚式自体は午後からなのですが、せっかく東京に行くんだし以前から見学したいと思っていた蟻鱒鳶ルに寄らせていただくことにしました。

蟻鱒鳶ルとは、セルフビルドで建てる鉄筋コンクリートのビルの名前。岡啓輔さんという方の自宅になるビルです。ほぼ日刊イトイ新聞で岡さんの事を知りmixiでコミュニティに参加させていただき、今までの経過などを見せてもらいました。

*『ひとりでビルを建てる男』(ほぼ日では建築ジャーナリストの磯さんという方が今までの経過などを分かり易い言葉でレポートされています)

060909-1-1.jpg
ちょっとだけ迷いましたが、なんとかたどり着く事が出来ました。
今まで“セルフビルド”と聞くと、なんとなく広い土地のある田舎というイメージを持っていたのですが、正真正銘東京のド真ん中です。

周囲には背の高いマンション。

もちろん、状況は知っていて見に来たわけですが、実際に見るとやっぱりすごい。



060909-1-2.jpg
この日は手伝いに来ていたOさんの発案で、ゲートをカラフルに塗装していました。

向こうで木材をカットしている岡さんのいる場所の下は空間。少し前に人力だけで2.8mの地下室部分を掘り終わっていたのでした。



060909-1-3.jpg
もちろん地下も見せてもらいました。

これ全部人力で掘った空間です。すごい!そしてちょっとうらやましい気も。最初は石やゴミなどが沢山出て来て大変だったけど、途中からは混ざっているものも、瓦や石やその他歴史を感じるようなものになってきて掘るのが楽しくなったそう。

実際に地下に降りてみて、面積の数字を聞いて想像していたよりも、広いなぁという印象を持ちました。地下の床部分はこのまま土でいく予定だそうです。

右側にある丸い柱のようなものは、基礎を支えるために支持岩盤までささっている杭です。

さっき広い印象と書きましたが、作業スペースと考えると狭いなーと思います。普段私達が建てている現場の土地の1/10くらい(私達が以前住んでいた東京の家と同じくらいだなー。なんだか“東京”って感じがします)のスペース。

セルフビルドしていると、工具・材料いろいろなものが必要になります。そして、岡さんのトコロには更に掘った土もあったわけで。

平面だけでなく、高さ方向のスペースも工夫して収納されているのが印象的でした。



060909-1-4.jpg
現場から出て来た土。

大半は別の場所に運んで置かせてもらっているそうですが、こうやって現場に置いてあるものもあります。掘った土の再利用もいろいろと考えておられるよう。ここから出た土がどういう形でこのビルに残っていくのか楽しみです。



060909-1-5.jpg
地下から上を見上げる。

こんなに高い建物が、スグそばにあるんですよ。なんつーか、やっぱりスゴイ。少し離れて現場を眺めながら、この場所に岡さんの家が建っているのを想像してみる。楽しい?。



ひとしきり説明していただき、その後自分達であちこち眺め、お昼を一緒に食べながらいろいろお話しさせていただいたのでした。手伝いもせず、たくさん時間をとらせてしまって申し訳なかったです。

工法も経験も全然違うけど、“自分の家を自分で工夫して建てている”という共通点のある人とお話できた貴重で楽しい経験でした。

岡さん、どうもありがとうございました。

2006/09/08

モッコウバラ植え付け

060908-1-1.jpg
数日前に届いていた、モッコウバラを植木鉢に植え付けました。

ゆくゆくは、地植にしてカーポートの裏当たりにでも這わせたいと思っているのですが、今の段階では場所も決定出来ないので、とりあえず鉢に。

バラを育てるのは初めてなので少々緊張しますが、モッコウバラは原種で育てやすいらしいので頑張ります。
花卉生産農家さんから直接購入したのですが、100cm以上の元気な苗でお値段1,000円。かなりお買い得だったように思います。

とりあえずは初めての誘引。真っ直ぐ上に伸ばすと花付きが悪くなるようなので、ぐるぐる横に向けて誘引してみました。



060908-1-2.jpg
トゲが無いバラのはずなんだけど、なぜか1つだけ小さなトゲがありました。かわいいなぁ。

地植にする日が楽しみです。何年後かな?



今日は、このほかは明日の準備で浮き足だってました。買い物にいったり、たっぷりお湯をわかしてゆったりお風呂にはいったり(普段は湯船にはつかってないので)。

明日は早朝出発なので、早く寝なくちゃなんですが、こういう時っていつも結局遅くまで起きてるんですよね・・・。

2006/09/07

落ち着かない

明後日、義妹の結婚式があるのでなんとなくフワフワした気分で落ち着きません。
東京に出かけるのって相当久しぶりです。

現場で作業着な事が大半な2人、何を着ればいーの?とか準備するモノはなに?何時に出かけるの?とかあれこれ頭の中でくるくるしています。

今日は私は不足しているものの購入に出かけました。その間、mosは例によって(笑)配線作業。

明日も落ち着いて作業出来そうにないし、しばらくはこんな感じかもなぁ。

2006/09/06

インターネットってすごいなぁ

暑い?。今日は暑いです。

さすがに作業をする気になれず、午前中はぼけーっと過ごしました。まったりと昼ご飯を食べ終わり“午後は昨日の続きかなー?しっかし暑いなー”と思っていると、インターホンが。

ぼさーっとした顔で玄関を開けると初めてお会いする女性が立っておられました。
よくよく伺うと、将来ご夫婦でセルフビルドをしようと考えていて、我がホームページをよくご覧いただいているとの事。見学したいという事だったので散らかり放題でしたが、見て頂きました。

一応説明らしきものもつけたのですが、私達よりよくご存知でした(汗)。

聞けば、他にもセルフビルドされた方を尋ねてお話ししたりされているそう。素晴らしい行動力!我が家も少し見習わなくちゃ。楽しみですね?。頑張って下さい。

それにしてもインターネットってスゴイですね。びっくり。

2006/09/05

灯台もと暗し

最近、オークションで白モッコウバラの苗を2本購入しました。

華やかなバラの花は、自宅以外で見るのはキライでないのですが、自宅にはいらないかなーと思っていました。モッコウバラが気になりだしたのは、いつだったかなー?結構前。

近所の仲良くして下さっている奥さまに『pinさん家はねー。モッコウバラが似合うと思うの』と言われてからでした。“バラ?派手な花は苦手なんだけどなぁ・・・モッコウバラってどんなんだろ?”と頭の中でくるくる。
帰宅してから調べてみたら、なんだかかわいい花じゃありませんか。しかも、トゲなし。初心者向き。“このバラなら”という気持ちになりいろいろ調べていました。

最近そのモッコウバラの苗が出回る季節になり、苗の販売をしているお店をネットで調べていたら、近所にある大きな園芸ショップのサイトを発見したのでした。ヒロガーデンというこのお店、存在している事は知っていたのですが、シーズン中は混んでいる雰囲気だったので中々足がむかずにいたのです。これも何かの縁(どんな? 笑)と思い、本日出かけてまいりました。

いやー広かった?。いろいろな苗や憧れのビニールハウス、園芸グッズや土などたくさんありました。珍しい種類の植物もあって楽しかったです。庭が放置状態の我が家なので今回は苗はぐっと我慢。素焼きの鉢と原種シクラメンの球根(あれ?)と木酢液を買ってきました。

ガーデニング好きな方、お近くにお寄りの際はヒロガーデンも見てみると楽しいかも。ただし、12月下旬から3月中旬までは冬季休業になりますので、ご注意です。

我が家も、庭を整備し始めたらちょくちょく利用させてもらおうと思います。

2006/09/05

2階天井断熱材詰め

060905-1-1.jpg
pinーパテ塗り
mosー配線
という毎日の作業に若干・・・いえ結構煮詰まり気味。

気分転換に、今日は午後から2階の吹き抜けやゲストルームの天井の断熱材詰めをしました。
例によって天井の断熱材はパーフェクトバリア10K100mmを2層に詰めます。私が詰める長さにカットしmosがタッカで止めていくという分担で作業しました。

久々のパーフェクトバリア詰め、ホコリがすごかったー。手芸綿と同じ素材を手でちぎってるわけですからそりゃーね。

でも、目に見えて進む作業は楽しいです。ある程度まで詰めて、気密シート貼り用のブチルの両面テープを貼って、残りの断熱材を次回用にいくつかカットして終了しました。うーん。サクサク?(普段の作業に比べればね)。


2006/09/04

2階照明用配線

今日は二手に分かれて作業。

mosは2階の照明の配線を、私は2階細長窓の2度目のパテ塗りをしました。
音楽をかけながら黙々と作業。なにも音が無い静かな状況よりはなんとなく作業が進むので音楽を流している時が多いです。

私のパテ塗り、途中きりの良いところまできたので、気分転換に違う仕事を!と2階の一番右の細長窓のマスキングをやり直しはじめました。そこでがびーんなモノを発見。木の窓枠と石膏ボードの間(この写真ではまだ貼ってないんですが、左右に貼ったボードと向こうにある窓枠との間)に隙間のあるところが!

そりゃそーですよね。こんな細いところ、そんなにキレイにはいきませんもの。もちろんここもパテ埋めが必要です・・・(T_T)

アイスクリームスプーン、コーキングヘラなどを使って埋めてみましたが、中々うまくいきません。だんだん慣れてはきましたが・・・。

パテ塗り、まだまだ家全体の1/10も終わってないですね。ふー。

mosは2階の照明半分位と外照明の2階の分の配線が終わったようです。

実は外照明の配線は一旦終わっていたのですが、取り付ける位置を変更したため、配線し直しが必要になったのでした。

夕方遅くまでかかって暗くなってきたので、テストもかねてライトオン。写真を撮るのを忘れてしまいましたが、中々いい感じに照らしてくれてました。こういうのを見ると、パテ塗りの地味な作業疲れも吹っ飛びます。ベランダやデッキがないと若干マヌケな感じもしますが、それはそれ。しばらくしたら外観がまた変化すると思うと楽しいですね。

2006/09/03

R階ダウンライト設置

9月病(?)なのか、いまひとつ作業をやる気がおきません・・・・
だら??っという気持ちを振り切って、今日は夕方からR階のダウンライトの設置をしました。

060903-1-1.jpg
ダウンライトは合計4基取り付けました。

このダウンライト、電球の交換のし易さや明るくしたい範囲などをいろいろ考えこの位置にしたわけですが、実はかなり取り付けづらかったんです。

この位置、天井の石膏ボードの丁度境目。ボードを丸くカットするのにも端がボロボロ崩れてくるし、もーーーーっ!てな感じ。

実は、こうなる事は初めから予想されていたのですが、避けて通れないワケがあったんです・・・

R階の天井はサンパチ板とサブロク板を使っています。最初に北側の壁の上(傾斜の下の方)を貼ったのですが、以前も記事に書いたように、石膏ボードの搬入が遅れたので、その時はサブロク板しか手持ちが無い。これがサンパチ板だったらダウンライトの部分は端っこに来なくてすんだのですが、『足場が撤去されちゃう?!』の思いから、後回しに出来なかったと言うわけです。実際には内部足場の撤去は延びていますが。

ボードをカットし、必要な部分にテープを貼り、取り付け。4個だけですが思ったよりも大変でした。

全部終了後、テストの意味でライトオン!

いいですねー。思ったより明るいし。
ただ、コレだけだとR階の本棚横のスペースがやや暗めなので、なにか追加しないとダメかな? コンセントも設置してあるしおいおい考えるとします。

2006/09/02

同好の士?

夕方近くに、近所でログハウスのセルフビルドをされているTさんから『教えて欲しい事があるんだー。夕御飯でも一緒にどう?』とお電話がありました。

もちろんOKしましたよー。
【キッチン St.John’s Wood -セント・ジョンズ・ウッド-】さんでお食事しました。
このお店のオーナーさんはTさんのお友達で、やはりDIY大好きな人。今も、お店から出入り出来る、サンルームのようなお部屋を増築中でした。

美味しいご飯をいただいた後は、家づくり談義に花が咲きました。途中からはオーナーさんも加わりいろいろ情報交換。

同じ趣味の方とのお話しはやっぱり楽しいですねー。
またぜひ寄らせてもらおうと思います。