カテゴリー

2006/10/07

ゲストルーム天井張り 後半戦

ようやく重い腰をあげて ゲストルームの天井張りをしました。

南側半分は、先日お義父さんがお手伝いに来て下さった時に終わっているので、今日は残りの北側半分。

後半戦は2人しかいないのがツライところですが、若干石膏ボードのサイズが小さくなるのでなんとかなるかなーと思っています。
061007-1-1.jpg
ゲストルームの照明はダクトレールレセップ電球型蛍光灯の予定。
ダクトレールを設置する場所には電線が必要で配線してあるので、石膏ボードにドリルで穴をあけて通しました。



061007-1-2.jpg
わが家の天井張りは、まず最初にmosが頭の上にもちあげて、すかさず私が下に入り、一緒に持ち上げるというスタイル。

しかし、9mmサンパチの石膏ボードはとても弱く、しなりまくり。一度はmosが持ち上げた瞬間、頭のトコロでバキッとまっぷたつに割れてしまったのでした(涙)。コレはその残骸です。

2人しておもわずボーゼン・・・



061007-1-3.jpg
この部屋のダクトレールは2本なので、キレイに見えるように取り付け位置にも気を使います。出しておく電線の長さにも気を使わないとあとで大変な事に。

フィードインキャップ(ダクトレールと天井からぶら下がっている電線ををつなぐためのコネクタ)にうまく納める事が出来るように、ピッタリの長さに電線を切るのが難しかったです。

反対側の端には、絶縁のためエンドキャップを取り付けました。



061007-1-4.jpg
これがフィードインキャップの中身。これに電線ととりつけて、差し込みます。さっきも書いたけど、電線の長さ調整が難しい?。なにかコツなどあるんでしょうか?

この写真は位置を決めるため悪戦苦闘中の図です。



061007-1-5.jpg
なんとか2本のダクトレールを設置しました。早速レセップ+電球型蛍光灯をとりつけ、点灯?。
蛍光灯だけど、電球色だから温かみがありますね。

アチラのレールについている、ペンダントライトはいずれ外す予定です。様子をみながら増やしたり減らしたり、タイプの違うモノをつけたりと自由自在なのが、ダクトレールの良いところ。

天井張りは疲れるけど、この灯りをみたら気分が癒されました。


Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>