カテゴリー

2007/02/28

狭くなった?

070228-1-1.jpg
今日もクローゼットの石膏ボード貼りをしています。

天井のビスを打つ場所が無い部分に受け材を入れてからスタート。
写真に写っているのは、洋服をかけるバーを取り付ける部分。コレも受け材が無いとビスを打つ場所はない?(汗)って事になっちゃうので、前もって入れておきます。



070228-1-2.jpg
えー、これは何かと申しますと・・

“秘技 石膏ボードin石膏ボード”です。
もう使う場所のない、余った石膏ボードの切れ端を壁の中に詰めてます。

石膏ボードは産廃なので、捨てるのにはお金がかかります。

ずーっと先にこの家を取り壊す時には、どうせたくさんの石膏ボードが出るわけだし、その時に一緒に廃棄してもらいましょう!と言う事で、空いている空間に入れ込んでいるわけです。

なーんて、自分で思いついたように書いていますが、この方法は、那須にあるセルフビルドで建てた喫茶店の方に聞いたもの。聞いた時は目からウロコでした。



070228-1-3.jpg
天井のボードを2人で取り付けた後、いったん私は納戸のサンディングや仕上げパテが済んでいない部分のパテ塗り、その間mosが一人で壁のボード貼りをしていました。

パテが終わった後は合流してクローゼットのボードを仕上げていきました。

石膏ボード貼りが終わった後もmosは続けてメッシュテープ貼り&パテ塗りをしていましたが、私はとりあえず記念写真をパチリ。



070228-1-4.jpg
違う角度からも、パチリ。

随分部屋らしくなりましたが、なんだか狭くなったように感じます。
全体写真は撮れないや(3畳だもん、当たり前か)



070228-1-5.jpg
そうそう、この部屋にコンセントをつける予定は無かったのですが、急遽設置してもらいました。

クローゼット内の湿気が心配・・・という話から、『除湿器を置くのも手かもね』という話になり、とりあえずコンセントを設置しておこうという事になりました。

変更ありまくりの毎日です(笑)。


2007/02/27

クローゼットの石膏ボード貼り

070227-1-1.jpg
ウォークインクローゼット周りの配線が終わり、石膏ボードを貼ってもOKな状態になりましたので、早速作業。

久しぶりの石膏ボード貼りです。まず、天井の一部に断熱材を詰め気密シートを貼るところからスタート(1/3は屋上の真下なのです)。この作業はそれなりに大変でしたが、そこからは比較的スムーズに行きました。

本日の成果はここまでです。



070227-1-2.jpg
窓の上、パッチワークみたいになってますね(笑)。

クローゼットなのでお客様が入る場所ではないし、この部分は強度にも関係していないので、余った端っこを使いました。



070227-1-3.jpg
アンテナ線が通っている根太の先は、気密している区画。

何を見てもあまり記載がないのですが、この穴をそのままにしていたら意味が無いような気がして、通気区画と気密区画の間に開けた穴はとりあえずコーキングすることにしています。

ここからスースー空気が通ってたら、何のために気密シートを貼ってるかわかりませんものねぇ。


2007/02/25

電気配線とパテ塗り続き

今日は室内で別れて作業。

mosは電気配線の続き、私は納戸のサンディングと仕上げパテ塗りをしました。

仕上げパテ、初めて使ったのですが、生クリームみたいです。すすーっとラクに伸びるんです。
現在わが家にあるパテは3種類。みんな塗り心地が違います。そのうち写真に撮ってご紹介します。

出来ればサンディングまでしたかったのですが、パテが乾かなかったので次回に。

R階のフローリング張りも途中なのですが、3/14にお客様がいらっしゃる事になったのでとりあえず2階の納戸&クローゼットを何とかして溢れている物をしまいたいのです。

間に合うか?(笑)?

2007/02/23

お義父さんの好きな事

本日は、なんと日帰りでお義父さんがお手伝いに来て下さいました。

本日の作業予定は薪小屋2号の屋根の取り付け。お義父さん、かなりこの作業がお好きなようなんです。残念ながら少し前から雨が降ってきました。レインコートも持参されていて、『小雨だったらやろうよ』とおっしゃっていたのですが、普通に降っていたので中止させていただきました。お義父さん、ごめんなさいー。

以前にも、blogを見て『屋根のとりつけは手伝いに行くから、とっておいて』と連絡が来た位なんですよ。なんでかわからないけど、この作業がお好きなのねーと思っていました。

今回、mosが『屋根の取り付けの作業が好きなの?』と単刀直入に聞いたところ、『そうなんだよ。好きなんだよねー』ときっぱり。こんなにはっきり『好き』とおっしゃった作業は初めてなので、次回までとっておく事にしました。

070223-1-1.jpg
気を取り直して、今日は納戸とゲストルームのパテ塗り。

納戸には行き場のない荷物が沢山おいてあるので、それをどかすところからスタート。これが結構タイヘンなんですよ。もともと行き場がない物なので、どこに移動させるかが悩みのタネ。

それでもなんとか納戸を空にして、メッシュテープ貼りとパテ塗りをしました。

ここは、“ペンキ仕上げでいっかー”と思っているので、出来るだけ丁寧にパテを塗りました。
とりあえず2度目まで終了。

乾いたらサンディングして、仕上げパテを塗ります。



070223-1-2.jpg
mosは久々に電気配線をしました。

ウォークインクローゼット周囲の配線が終われば、石膏ボードを貼る事が出来る→あちこちに無造作においてある衣装ケースを戻す事が出来る。という考えで、その周辺を重点的に頑張ってます。

寝室のスイッチは、こんな風に並びました。一番右側に見える大きなものはウォークインクローゼットの照明。左側の4つセットのものは、寝室に取り付ける3本のダクトレール+ホールの照明です。

真ん中にも四角いのがついてますよね。なんでしょう?



070223-1-3.jpg
アップにしてみました。

NATIONAL(松下電工)のフットライト(LBJ70980)です。

通常、床面から30cm位の高さに取り付けるようですが、わが家ではスイッチと同じ高さに取り付けてみました。

これ、ライトが下の2口コンセントにささっていて常に充電されており、停電するとライトが点灯し懐中電灯がわりに使えるというスグレモノ。もちろん懐中電灯のスイッチもついてます。

そういう用途であれば、とっさの時に手に取りづらい足元よりも、このくらいの高さの方がよいのでは?と言う事で、この高さになりました。

並んでいると、あんまり違和感ないですよね。

もともとは取り付ける予定が無かったんですが、フットライトを探していた時に発見して良さそうだったので設置してみました。こうやって、変更できるのもセルフビルドの良いところだなーと思います。


2007/02/22

R階フローリング続き

2/19、20と東京に行っておりました。

mosがレーシックを受けたのでした。

術後最低1週間は肉体労働はダメだそう。
肉体労働って・・・うーん。

と言うわけで、本日はR階のフローリング張りの続きです。多分肉体労働じゃないですよね?(笑)

070222-1-1.jpg
成果はこれくらい。この前は7列でしたが、今日は5列。
もう少し、行けそうな気もしたのですが次の列は非常に面倒なトコロだし、あんまり頑張るのも目に悪いかと思いココでやめにしました。

最低でもあと2日はかかりそうな予感・・・


2007/02/17

フローリング張りの材料色々

070217-1-1.jpg
昨日始めたフローリング、フロア釘ではなく、スリムビス使っています。

ビスの方がやや高くつく(フロア釘の2倍くらい?)のですが、釘で施工するのは結構難しそうなので、ビスを選びました。

雄実(オスザネ)に釘を打つんですが、実を割っちゃいそうで不安だったんですよー。

ビスは私達には正解だったよう。とても施工しやすいです。

後から調べてみたら、タッカで打つという方法もあるようですね。頭も出ないし、いいかも!と思いました。



070217-1-2.jpg
接着剤は、以前も使って大嫌いになった【セレクティ(UR-145)】を使っています。



070217-1-3.jpg
前回とっても使いづらかった事を反省し、今回はこんな入れ物を作ってみました。

見た目はまぁアレですが・・・、前に比べれば、大分使いやすくなりました。

それでも少しは飛んじゃったりしますが。


2007/02/16

R階のフローリング

本日は、R階のフローリング張りをスタートしました。

なんと、この家でフローリングが張られている場所は3ヶ所のみ。しかも、1・2階のトイレは合板フローリングだし、ユーティリティースペースはお手製フローリング(笑)。

以前東京の家をリフォームした時には、【南海アートフロア21 リフォームA・Bシリーズ】という、両面テープで貼るタイプのものを使ったし・・・

というわけで、既製品の無垢フローリングの施工は初めて!なのですよ。

070216-1-1.jpg
でも、調整しながら張らないとどんどん曲がってっちゃったりする事は、過去の経験で学習済み。

なにか指標になる線を引いておかないと!です。

壁や本棚を指標にしたいところですが、ちゃんと真っ直ぐなのかは若干不安が残ります(汗)。いろいろ考え、部屋の両端近くに根太を基準に100mm間隔で印をつけ、ネジを打ち水糸を張る方法で行く事にしました。

久々に登場させた墨壺の墨が乾いちゃってたのは内緒ですよー(墨汁を追加すればいいんだけど、なんだか面倒だったのです 笑)。



070216-1-2.jpg
こんな感じで、水糸を張ってます。
フローリング材の端から水井とまでの長さを測って真っ直ぐを調整。

合板フローリングのようにきっちりとは、中々いきませんが。それなりにきちんと張れています。



070216-1-3.jpg
スペーサーにはブック型のCDケースの表紙を切って使っています。

【山猫軒日誌】のたまさんは、VHSテープのケースを使ってたなぁ?と思い出し、わが家にも何か無いかとさんざん探して発見しました(笑)。

無垢フローリングの場合、収縮・膨張があるので、特に冬施工する場合は夏に膨張する事も考え、多少隙間を空けておく事が多いようです。



070216-1-4.jpg
今日の成果。

スタート時にいろいろ考えた事や、狭い部屋で色々なものを動かしながら作業している事もあって、結構時間がかかりました。

あと2日はかかるかもなぁ。

沢山の荷物の移動先も考えなくちゃ・・・。




2007/02/13

薪小屋2号組立中

本日も、別れて作業。

mosは昨日の続きで薪小屋2号の組立。私はR階のフローリング貼りの下準備として、片づけとお掃除です。

R階の作業、結構間が空いてしまったし、どういうダンドリにしようか考えていたのですが、とりあえずフローリングを先に貼る事にしました。

天井のタナクリーム(漆喰)塗りを先にしたい気持ちもあったのですが、出来れば漆喰部分は一度に仕上げたい
トコロ。そのためには腰板を張ってしまわなければならない。そのためにはフローリングを貼らなければならない。という連鎖でこういうダンドリとあいなりました。

フローリング貼り、進みは遅そうですが見た目にグンと変わる(?)と思うので、気分転換にもよさそうだしね。

家の中じゅうそうなんですが、石膏ボードの影響でコナコナしています。合板の表面に入り込んじゃって粉っぽい事。

ある程度ものを片づけ、ホウキで掃き、掃除機をかけ、水拭きします。普段の(どうせスグ汚れちゃうのよね)というあきらめのツケがきてるなー。

070213-1-1.jpg
休憩ついでに、上から作成中の薪小屋をパチリ。

昨日は一番左の部分のみ出来ていました。増えてる増えてる。



070213-1-2.jpg
屋根以外の部分はほぼ完成しました。

ここに全部薪が入ったら、壮観でしょうね?。下の砂利部分、川みたいにくねってますね(汗)。い、いずれキレイにするとしましょう。



070213-1-3.jpg
逆側から見るとこんな感じ。薪が積まれている時はいい目隠しになってくれそうです。

周囲を囲むように埋め込もうと思ったレンガ、実はほったらかしになってます。もうしばらく手をつけられそうにないなぁ。

明日は雨降りなようなので、室内で屋根の土台になる部分の木の塗装でもしようかな。

2007/02/12

材料移動と棉の植え替え

070212-1-1.jpg
写真の原木、昨日追加された物です(左の方にちらっと写っているのは梨の細い原木)。

少し前に出稼ぎ先で、駐車場にかかって邪魔になっている木を切るとのことだったので『くださーい』と立候補したところ、あっさりOKが出ました。

日曜あたりに切ってもってったら?と言われていたので、昨日とってきたというわけです。

手ノコで倒していたようだったので、私も一人で手ノコ持参で出かけたのですが、現場についてガビーン。細い部分はいいのですが、下の方の太い部分は直径15cmはありますよ。むむむ。

15cmクラスのトコロ、1ヶ所だけド根性で切りましたがあと2ヶ所は無理・・・。時間ももったいないし。と言う事で、そのうちチェンソーを持ってとってきます!

職場の若い男の子が切り倒したようですが、そう言えば『俺、手がガタガタっすよ』と言ってたような・・・。やるな。



070212-1-2.jpg
で、今日。

今日は以前から気になっていた事からスタート。

気になっていた事、それは玄関の土間部分を占領している、長尺物です。材料の内訳は・・・3,640mm(12尺)のレッドパインのフローリングと4,200mm×500mm×30mmのパイン集成材(B級品)が3枚。

いやー、玄関開けたらすぐにごちゃごちゃの土間という感じで狭い事狭い事。

コレをR階に移動させよう作戦です。

フローリングは8枚が1パックになっていて、キズがついたり汚れたりしないようまた開封していません。
どちらも、ヒジョーに重いシロモノ。しかも、長い。空間に内部足場が立っているわが家では室内を通す事が出来そうにありません。

仕方がないので、屋上から引き上げる作戦にしました。昨日100円ショップで購入してきたロープを両端に掛け、つり上げスタート!

うーんうーん・・・重い。一発であきらめ。この方法は人力では無理そうです。

仕方なく、パインの集成材は後日考える事にしてリビングに移動。フローリングはバラして一枚一枚室内で移動させたのでした。

右側に並んでいるのは、結構前に【イー・ウッド】さんで購入してあった、ウエスタンレッドシーダーの羽目板です。これも、ずっと2階の一部を陣取っていたしR階で使う物なので一緒に移動しました。

キズがつかないように気を使うし、これだけで(外でのチャレンジを含めて)3時間仕事です。ふー。



070212-1-3.jpg
その後、mosは外で薪小屋の組立(写真取り忘れたー)、私はR階で温室に入れたままになっていた棉を植え替えました。

昨年はプランターに3本ずつ植えていたのですが、管理しづらかったので1本1鉢にすることに。9本のうち、元気そうな5本を選び出し植え替えと同時に剪定。

・・・ちょ、ちょっと刈り込みすぎましたかね?(汗)。ついつい調子にのっちゃって(笑)。

種は4月になったら準備しようと思ってます。

棉の管理は【ライチガーデン】さんを参考にさせて頂いています。

昨年は、種蒔きが遅すぎてあまり実を弾けさせる事が出来なかったので、今年は頑張りたいです?。


2007/02/11

四段畑完成

昨日までの3日間、私は出稼ぎ。

その間、mosは土木作業に明け暮れていました。毎日それなりに疲れている風でしたが、昨日家に帰ったら、放心状態で目の焦点が定まってなかった!(^^; 疲労困憊の様子です。お疲れ様?。

しかーし今日も作業はします(笑)。体がもちそうにないので、午後からにしましたが。

070211-1-1.jpg
昨日までの土木作業で、薪小屋2号の予定地に砕石が入りました。

あっさり書くと1行で終わってしまうのですが、2つあった土の山を仕分けして畑に入れ、砕石を入れる予定地の穴掘りを終わらせ、大きな石を入れた後に砕石をネコ車で何杯も運び固めるというまさに肉体労働。

おまけに穴掘りした事によって新しく出た土も、たくさん畑に入れてくれてありました。あと少しで入れ終わりそうな勢い。

こりゃー確かに疲れますね。



070211-1-2.jpg
畑は、こんな感じで枠組が完成です。残りの集成材も全てボルトを抜き、サイズに切り出しネジ止めしました。

内側から最低限の本数しか打ってないので、揺らせば多少グラグラする場所もありますが、ご愛敬。仮の物だし、上に乗ったりする事もないので大丈夫だと思います。



070211-1-3.jpg
今のところ入っている土はこんなもん。

いつも精米した時に出るぬかを貯めておいたのでここに、レジ袋1袋分くらい投入してあります。
堆肥や鶏糞などの投入予定もありますが、それにしても黒土が不足気味だなぁ・・・

購入してある、種じゃが芋の日光浴をそろそろ始めようかと思ってます。今年は春が早そうですね。

そうそう、集成材の角材を四段積んで作ったから四段畑と呼ぶ事にしました。安直すぎるネーミング(笑)。