カテゴリー

2007/06/25

逃避?

先日作ったブツを使用して作業している部分、どーも出来上がりが気に入らないようで写真を撮る気にもならないそう。

少し時間をおいてから何か工夫をしてみようということになったため、その後レポはまだ先になりそうです。
070625-1-1.jpg
そんなこんなで気分がのらない事もあり、逃避中のmosさんです。

以前から欲しかったモノなんですが、私としては思ったよりもずいぶん早いので具体的なビジョンもなく(いつも無いんですが 笑)、どんなサイズでどんな使い勝手でどんな見た目のものが欲しいかを伝えるのにかなり迷いました。

で、なんとか着工。

あ、作っているものはガーデンシェッド(平たく言えば物置)です。

こちらは、ウエスタンレッドシダーで作成した土台部分。本来は4×4材を使用するところですが、物置(しかも、ガーデニング用)なので、余っていた2×4を使用しました。


070625-1-2.jpg
そして、根太。

端材一掃もかねていますので、補強をかねてそこここに短い端材があわせてあります。

この根太と土台部分は、設置前に余っているキシラモンを塗る予定。


070625-1-3.jpg
合板も張りました。着々ですね。

裏側には根太とともにキシラモンを塗布予定。

表側はVATONフロアーの艶なし予定。相当な量が余ると思われるので、禁断の“艶なし2度塗り”の実験です。艶なし塗料同士を塗り重ねるとムラになってしまうらしいのですが、まぁ物置の床ですから…。強ければヨシと言うことで。

どういう結果になるのか楽しみです。


070625-1-4.jpg
3面分の壁の骨組みも出来ました。
エセ2×4工法なので、はやいですね?。

ほとんど家に在庫していた材や端材で出来ているのですが、合板と屋根材と外壁が足りません。
屋根はアスファルトシングル、壁は杉板を下見張り(鎧張り)にする予定。何色の壁にしようか楽しみです。

しかし、外の準備はゼロ。雨も降ってるしどーにもなりません。
穴掘って採石入れて固めなくては…


2007/06/23

廃材利用

070623-1-1.jpg
前にも書きましたが、以前東京の家で使っていたクローゼットを、解体した時に出てきたウエスタンレッドシダーの廃材、いろいろなトコロで役立っています。

今回も家の一部に変身予定。

ビスケットで接合するための溝をきりました。



070623-1-2.jpg
2枚合わせてクランプでぎゅーっと固定。

2本作成しました。さて、何になるのでしょーか?
コタエはそのうち…


2007/06/22

玄関ホールの漆喰塗り

070622-1-1.jpg
玄関ホールの吹き抜け部分(2階部分くらいまで)にタナクリームを塗りました。

実際に塗ったのは今日ですが、漆喰塗りは始めるまでの準備が大変。

自作窓周囲や、天井の見切りのマスキングテープ貼りをしたり、シーラーを塗ったり、土間や2階のフリースペースに置いてあるものをどかしたり(ついでに掃除も)、結構時間を要しました。

一気に準備をしたわけではないので正確にはわかりませんが、トータルで1日強はかかっていると思います。
今日の塗りにかかった時間は9時間。塗った面積は30?弱×2回です。準備と本番、あんまりかかる時間が変わらないなぁ…

こちらの写真はR階の本棚1号の裏側。長いこと石膏ボード丸見えのまま過ごしていたのですが、ようやく落ち着いた感じになりました。


070622-1-2.jpg
自作窓周囲もようやくすっきり。【山猫軒日誌】のたまさんも以前書いておられましたが、こういったまわりこむ部分は結構塗りづらかったです。

足場や階段、よく見るとスゴイ事になってます。気をつけてるんだけど、やっぱあちこち飛んだり落ちたりするんですよね…。


070622-1-3.jpg
塗り終わってマスキングをはがして、スッキリ!なんですが、よ?く見るとこういう部分も何カ所か。

こういう部分がきっちりしてるかどうかで、見た目が結構変わる気がします。
マスキングって難しいなぁ。プロはどうやってるんだろう?…ってか、昔はマスキングテープなんてなかったんですよね。

近いうちに修正しとかなきゃ。

白い部分が増えたので、玄関ホールが以前よりも明るくなりました。1階部分はまだ石膏ボードも張っていないのですが、全部塗りおえたら相当明るい空間になりそうです。



2007/06/14

天井の塗装

070614-1-1.jpg
羽目板天井、はじめは何も塗らないつもりでいたのですが気が変わって塗装することに。

薪ストーブを使っていると漆喰壁などが少しずつすすけていき色が変わってくることもあるそう。ということは、天井もなるかも?と考えたことや、パイン材はだんだん赤みを帯びた色に変化していきますが(我が家のスタッドも変化してきてます)、その変化をゆっくりしたペースにしたかったことなどがその理由。

塗装といっても、色はこのままで行きたいのでオイルフィニッシュで仕上げることにしました。

選んだ塗料はリボス社の“メルドス”

羽目板はレッドパインなので、針葉樹に適しているメルドスを選びました。艶消しなこともステキ(笑)。あと、定番の安心感も理由のひとつかな。

塗料専門店のオンラインショップ 大橋塗料(楽天店)さんで購入しました。

このお店は、メルドスに関しては他のお店と販売単位が違います。ドラム缶で購入して小分けしているためのようです。1リットルや4リットルがあるので便利だなと思います。

そして価格がお安い!このお店の4リットルの価格と他のお店の2.5リットルの価格が一緒だったんでびっくりしました。



070614-1-2.jpg
その他にこのお店がよいなーと思った理由は、同封されていた資料。

封筒にこんなに入っていました。親切な感じで印象が良いです。



070614-1-3.jpg
早速塗りました。

さらさらしたオイルで、とても塗りやすかったそうです。平面の場合はコテ刷毛が塗りやすいようですが、我が家の天井はでこぼこしているのでスポンジを使用してみました。

スポンジで塗った後に、ウエスで拭き取るという手順。

完成写真を撮ろうかとも思ったのですが、見た目にもわずかな変化で写真にうつせるかどうか…というわけで、やめました。

そうそう、使用したスポンジやウエスなんですが、きちんと処理しないと自然発火するおそれがあります。

以前にネットで検索した時にも、たくさんの注意書きや“発火した!”記事を見ました。

終わったあとの、スポンジやウエスは時々端材を焼却しているドラム缶にいれるつもりでいたのですが、どんなふうに変化するのか見てみようと思い、しばらく安全な場所に放置してみました。

1時間位したらだんだん熱くなってきて、2時間でケムリが!
これ以上の放置は危険なので、ドラム缶に放り込みました。でも、せっかくなので放り込む前に一枚ぱちり。

赤丸の中にケムリが立っているんですよ。見えますかねー?? 肉眼だともっとたくさん見えました…ってよい子はマネしないようにしましょう。


2007/06/11

急を要するので

070611-1-1.jpg
たくさん並んだ、杉板やパインの角材。

内装のための物ではありません。

ソワードカラーで着色した後、キシラデコールのカラレスを塗りました。


070611-1-2.jpg
乾燥後、組み立て途中。

何に見えるかなー?

実はコレ、コンポストです。

最初、お友達のブログで見かけてよいな?と思った物。実物を見せてもらったらもっと欲しくなりました。

“無農薬で庭づくり”を参考にして作ったという事だったので、早速ネットでチェック。

そしたら、著者の方のサイトを発見。木製コンポストボックスについて詳しく書いてありました

コンポスト自体はずっと前から欲しかったのですが、緑色のアレはちょっとなぁ・・・と思っていたのです。

木製のこれなら庭に置いても、ヘンじゃないなーと作り始めたワケです。


070611-1-3.jpg
外の笠木を巻いたガルバの残りがあったので、フタの表面に使うことにしました。

巻き込もうかとも考えたのですが、技術的に難しい気がします。下手をしたら、ガルバと合板の間に水が入りやすくなっちゃいそうなので、今回は貼りつけ。
ブチルの両面テープとエースクロス031で貼ることにしました。

写真下のものが、貼りつけ終わったフタです。


070611-1-4.jpg
完成。

この状態で外側だけもう一度キシラデコールを塗りました。

とりあえず外で並べて写真撮影。かわいいコンポストが出来ました。

なんで2つしか無いかと言うと、先日私がお遣いに出かけた時、なぜかステンレスの蝶番を2組しか買ってこなかったからです。コンポストは3つなのに…何故だ?

パーツはすべて組み終わっているので、あとは蝶番を待つのみです。


070611-1-5.jpg
横から見るとこんな感じ。

ちなみに材料費が、3つで約3,000円(ガルバリウムは別)。安い?。でも、自動カンナを通したり、サンディングしたりという手間を考えると、売っているものが高いのも頷けますねー。

もちろん永久には持たないと思うけど、何年かは頑張って欲しいので、ネジもステンレスのものを使いました。

“生ゴミぱっくん”という名前をつけたら、mosに『それはかわいそうだ』と言われました。
さんざんなやんで(←悩むほどのこと?)“ぱっくん”にすることにしました。

設置したその日から活躍中。

我が家のゴミは、定期的に町の処理場に持って行っているのですが、それなりの期間をあけるので暖かくなってくるとニオイが気になるんです。

最近、私がいつも生ゴミをイヤそうに見ていたようで、mosが気にして急いで作ってくれたのでした。

無言のプレッシャーをかける女。わはははは。



2007/06/10

野菜箱

070610-1-1.jpg
最近ちょっと困っているのは、野菜の収納。
冷蔵庫にしまわなくてもよいものは段ボール箱に入れているのですが、なんだか味気ないし頼りない。

ナチュラルな雰囲気の木箱とかにしまったら、かわいくていかもなー。木箱欲しいなぁ。

木箱って世の女性には結構人気があるのかな?あちこちの雑貨ショップなどでみかけます。けれど、結構お値段も高い(泣)。

ワイン箱とかも人気がありますよね。私も、ほしい?と思っていましたが、中々手に入りません。酒屋さんにはもちろん無いし(って当たってみても無いのですが。ネットでいろいろ見る限りでは品薄なよう)、売っていても2,000円以上することも結構ある。
以前少しだけつとめていたトコロ(デパート)の廊下のゴミ置き場に10個くらい積み上がっていたのを見たことがあるのですが、なんせ派遣の身。欲しい!の一言が言えず悲しい思いをしました。

そんなこんなで、ないなら作ってもらおう!(←なんでも頼む 笑)という事になりました。

しかし、木箱ってどんなつくりなんだろう?

はて?

で、早速調査。インターネットで画像検索したり、ショップで本物を見てみたり。今までぼんやり『木箱』って思って見てたんだけど、いろいろなつくりのものがあるんですね。勉強になりました。

今回は、野菜を入れるという目的で、底板は隙間なしの1枚。サイドは1面3枚の板ですこしずつ隙間を空けるという形に作ってもらうことに。詳細はmosにお任せしました。

いろいろ手間がかかったけど、完成?。
なーんて、実は半月以上前に完成していたのです。最近ようやく写真を撮ったのでした。ごめんよmosさん。

材料は以前購入したポンデロッサパインの端材。素性のよいものを選んでカットしたあと、丁寧にサンディング。
その後アサヒペン 水性床用ニスを2度塗りました。塗ったのはなんと4/9!。時のたつのは速い物よ…

ナチュラルなんだけど、がっしりもしていて良い感じです。そのうちサイドに持ち手用の穴を開けるつもり。


070610-1-2.jpg
1個つくるのも2個つくるのも、あまり手間は変わらないと言うことで、今回は2個作ってくれました。
1個にはキャスターがついています。もう1個にはスタッキングしやすいように板を取り付けてあります。

これで置き場所も省スペース。

野菜は2個分もないので(笑)、もう1個に何を収納するか検討中。

かわいい収納箱が出来て気分もよいです。mosさん、またお願いします(笑)。



2007/06/09

2階トイレの天井も完成

070609-1-1.jpg
タイトル通り2階のトイレの天井も完成しました。

これまでにもそういう部分が会ったのですが、ダウンライトを設置している部分は羽目板を丸い形に切り取る必要があります。

直前に採寸して、ジグソーでカット。位置だしは結構難しいようです。サネを完全にはめてしまうと後が大変になってしまうので、軽く差し込み『この辺だろう、きっと』と切っています。

時々ヤバイことになっているようです(笑)。


070609-1-2.jpg
完成。

ここのダウンライトは人感センサータイプのもの。センサーがついているので、他のと見た目がちょっと違います。

ここも塗りで仕上げようと思っていますが、作りつけの収納を設置する予定なので、そっちの作成が先かな。

2階のトイレが使えるようになる日までもう少しかかりそうです。



2007/06/08

見切りとりつけ

070608-1-1.jpg
2階フリースペースの一番広い部分は羽目板を張り終わりました。

続いて自作見切りの取り付けを。
廻り縁と、写真右側の方の壁との見切り。
何が正解かわからないので、手持ちの材料と相談しながらの作業。

ツーバイ材や、羽目板そのものを加工して使っています。


070608-1-2.jpg
煙突穴周囲はR階の窓枠周囲の時と同じ方法で処理しました。


070608-1-3.jpg
写真右側の方が、吹き抜けの空間。

この縦の部分も含めて3方を枠で囲んでしまう手もありましたが、それにはそれなりに材料が・・・
ということで縦の部分は漆喰で塗ります。


070608-1-4.jpg
吹き抜け部分の壁に取り付けた見切り。
通常はもう少し細めの物を使うと思うのですが、そうすると、上のダクトレールとの間に細?い隙間が出来、漆喰塗りで悩みそうだったので、ダクトレールと見切りを隣接させるため、この幅になりました。

mosさん的には、廻り縁の木口が見えていることが気になっているよう。ま、漆喰塗ってからでもなんとかなりそうなので、この部分についてはゆっくり考えるとします。



2007/06/06

100均?

070606-1-1.jpg

杉の野地板を購入しようと思い、ビバホームに出かけてきました。

他にもほしい物がいくつかあったので、念のため物色。

念のためと書いたのは、カインズホームの方がいろんな物が若干安い事が多いから。
しかし、今日は違いました。

木工用ボンドは有効期間が2007.6.17までということで、100円。あと10日くらいしかありませんが、只今羽目板張りの真っ最中なのですぐに大量に使うので平気だもん(笑)。

コーキング剤も、2007.6月いっぱいくらいが期限なのですが、期限が切れてもそれほど問題はないことを経験済み(実は前にもこういう物を購入して使いました 笑)。コーキング剤はあると便利な一品なので、迷わず購入です。

というわけで、合計3,000円弱の商品を500円でGET。お買い得でした。

mosは来月頭もビバホームをチェックに行かなくちゃ!と張り切ってます(笑)。


2007/06/05

天井増殖中

070605-1-1.jpg
2階フリースペースの天井、羽目板の部分がだんだん増えてきました。

煙突の穴の左右は短めなのではめやすかったようですが、それ以降は長いものをはめるので大変なようです。サネが中々はまりません。こっちがはいったらあっちがはいらない・・・という具合です。薄い羽目板なので、波打っちゃうし。



070605-1-2.jpg
ヤニ袋があったり、大節があってカットしなくてはならないものも時々あります。

そういった短いものは短くてよいトコロに使っています。
こちらは2階トイレの天井です。

壁や床を見るとまだまだ現場なのですが、天井はばっちり普通の家になってきた気がします。
まだまだ羽目板張りは続きますよー。