カテゴリー

2007/08/26

2階トイレ、だいたい完成

070826-1-1.jpg
2階のトイレ、いよいよ本体を設置しました。

2度目の設置なのでスムーズだった…と言いたいところですが、ずいぶん前の事なので忘れてしまってます。

もう1度施工説明書を読みながら作業。…だったのですが、ここでまた私がおーまいがー!な失敗をやらかしました(汗)。

我が家に配管されている排水管の場合は、FLから40mm位上で管を切らなければならないのですが、何を勘違いしたのか、ものの見事にFLでぶった切っちゃいました…あぁ。

逆ならまだしも、短くしてしまうとは…
さすがのmosもボーゼン。私はパニック。どうしようもないので、部品の一部を持ってホームセンターを物色に行ったところ、ちょうどよいつなぎの管が見つかったのでした。

やれやれ。

というわけで、トラブルを乗り越えなんとか設置。

全体はこんな雰囲気になりました。


070826-1-2.jpg
先日設置したトイレのラック、開けるとこんな感じです。

見た目よりも容量が多くて助かります。

あとは、トイレットペーパーホルダーとドアの設置かな。多分1階と同じようにしばらくはドアをつけないでカーテンでしのぐことになりそうですが。



2007/08/22

玄関ホールのニッチ作成

玄関ホールの壁にはニッチを設置する予定です。

具体的なサイズや設置位置を決め、材料を加工しはじめました。
このニッチには照明をつける予定なのですが、専用のライトはとにかく高い!最低でもこの位の価格です。

ご存知のように、我が家の家訓(?)は、高いものは(可能ならば)作る!です。

というわけで、枠の制作と同時にライトの制作もスタートしました。
070822-1-1.jpg
えー、私には難しいことはわからないので、以下mosさんの説明文です。

——–
秋月電子で売っている25cdの超高輝度白色LEDを12個使ってニッチライトを製作しています。
新しいLEDに交換できるように全てソケットを使って取り付けています。
最大定格30mAのLEDですが、放熱の関係もあるため安全を見て15mAの定電流ダイオードでドライブしています。
消費電力はニッチ一つあたり約0.77Wです。このくらいなら電気代もあまり気にならないかと。
なお、写真は2個分が1枚の基板に付いた状態です。真ん中で切り離します。
——–


070822-1-2.jpg
ニッチの上部分になる材料にトリマーで彫り込みを入れて、作成したLEDライトを取り付けてみました。


070822-1-4.jpg
コチラは電源。コレについてもmosの説明を…

——–
電源は、DC-25.6Vの松下製LEDライト用電源です。電源は壁の中に埋め込まれて二度と触れなくなってしまうので、信頼性がありそうな大手メーカー品を採用しました。
——–


070822-1-4.jpg
LEDを埋め込むための彫り込み部分、若干ガタガタしてしまったのが気になっていたようで、薄い合板を切り出し上から取り付けカバーしたようです。


070822-1-5.jpg
早速点灯。

手近に飾るモノが無かったので、中身はマウスで(笑)。

中々きれいになりました。
そういえば、くうちん工房さんこの記事にもニッチに照明をつけようとしていることが書いてあったなぁ。ニッチに照明ってはやり?(笑)。

制作したニッチは全部で3つ。どういう風に配置するかが悩みどころです。

中に何か飾るのはもう少し先になりそうですね。工具置き場にならないように気をつけなくちゃ(笑)。


2007/08/20

防水コンセント設置

070820-1-1.jpg
しばらくご無沙汰していた電気配線を再開しました。

思うところあってやり直している部分もあるようです。
1階は、吹き抜けも多いし何本か合わさっているスタッドも多いしで配線には頭を悩ませているようです。

当初は天井を“あらわし”にする予定だったんですが、石膏ボードを張ることにして本当によかった。あらわしだったらmosが泣いてたかもですね(笑)。


070820-1-2.jpg
外壁に穴を開けて…


070820-1-3.jpg
将来のデッキ側に防水コンセントを設置しました。

手順はこのときと同じ(もう1年以上経っちゃったんですね…)、モノも前回と同じでスマート防水コンセントです。

スッキリしていてきれいなので、目立つ場所にはコチラを取り付け。今日はこれで終わりですが、将来的にはあと1ヶ所取り付け予定です。



2007/08/19

生活感あふれる現場

070819-1-1.jpg
今日は午前中、お義父さんがお手伝いに来てくださいました。

キッチンの壁に気密シートを貼りました。
この場所、昨日の一番最後の写真と同じ場所です。

それにしても、周囲がごちゃごちゃと散乱してます。住みながらだと生活必需品+建材+道具を同じ場所に置かなければならないことが多いので、まぁこんな感じです。

この場所で料理もしてるわけですし。


070819-1-2.jpg
こちらは1階の納戸(昨日の1枚目の写真と同じ場所)。

壁の石膏ボードを貼り、他の場所にあった石膏ボードの束を移動しました。

この納戸、天井張りはまだ先になりそうなのでとりあえず建材置き場に変身です。
こういう物の移動だけで、結構体力と時間を使います。

いろいろな場所を仕上げていくと、建材置き場も限られていくのが悩みどころ。
これからますます悩む時間が増えそうです。



2007/08/18

1階もすこしずつ

070818-1-1.jpg
2階のトイレはだいたいの目途がついたので、一時中断。

今日はお義父さんがお手伝いに来てくださったので、1階の作業をしました。

お義父さんには主に石膏ボードのビス打ちをして頂きました。

こちらは1階の納戸。気密シート貼りが終わり、石膏ボードを張っています。


070818-1-2.jpg
玄関ホールも、石膏ボードを張り、ようやく部屋らしい雰囲気に。

奥に見える窓は、ユーティリティスペースの明かり取りです。ツインカーボの乳白色をはめ込もうかと考えていますが、今のところは得意のプチプチでしのいでいます(笑)。


070818-1-3.jpg
1階トイレも石膏ボード張り中。

この窓の上に、トイレ用の換気扇とユーティリティスペースの換気扇のダクトが通っていて、気密シート貼りが面倒でした。石膏ボードを張るのはもっと面倒そうだ…あぁ。


070818-1-4.jpg
キッチンの断熱材詰めと、気密シート貼りもしました。右側の方のシートがピロ?ンとなっている場所は、昨日のように端材を詰めようと考えてます。



2007/08/17

MOTTAINAI からね

070817-1-1.jpg
キッチンの窓下に断熱材を詰めています。

ここに詰めているのは、パーフェクトバリアの端材です。

我が家が使っているのは幅430mmのタイプ。詰める場所がそれよりも狭い時は幅をカットして使っています。

この家はスタッドが2枚以上合わせな場所はたくさんあるので、カットしなければならない場所がたくさん。そして出てくる細?い端材もたくさん。

これ、捨てるにはもったいない…かといって何に使って良いかも思いつかないし。どうしようかなぁと思っていたのですが、頑張って詰めてしまうことにしました。

気密シートを下から張り上げつつ、端材をぎゅーぎゅー。断熱欠損が無いように、時間が経過してもたれてこないようにとそれなりにぎゅーぎゅー詰めました。


070817-1-2.jpg
完成。

中々張りのある感じに仕上がりました(笑)。

窓下など、高さが低い場所などはこの方法でやってみたいと思います。
端材が減るのって、なんだかうれしい?。



2007/08/13

2階トイレのカウンター設置

070813-1-1.jpg
今日は2階のトイレに、カウンター&ラックを設置しました。

3方に受け材をいれました。この受け材と、ラックで天板を支えます。

写真では壁の白い色がおしろいを塗りすぎちゃったおばーちゃんみたいになってますが、肉眼だともう少し落ち着いた感じです。


070813-1-2.jpg
天板がのっかりました。

…なんて、さらっと言うのは気の毒かも。この天板、結構反っていて真ん中が少しあがっていたのです。
仕方なく、ラック側からもネジで固定。

このラック、支えというか重しになっているのかも(笑)。

ちなみに、ラックの扉はポンデロッサパイン。端材パックの中からこういう用途のためにきれいな物をより分けておきました。

扉についている取っ手は納戸に取り付けたバイフォールドドアについていた物でマグネットキャッチは以前使っていた家具を処分する際に取り外して保管しておいたもの。

このカウンター&ラック、木材以外で購入したのは蝶番くらいかな。塗料までいれても、制作費は7,000円?8,000円くらいです(ウレタンニスが結構かかるんですよね…)。


070813-1-3.jpg
入り隅の見切りや、廻り縁も取り付け完了。


070813-1-4.jpg
カウンターと壁との間にも見切りを取り付けました。これは100円ショップの工作材料コーナーで購入した物です。


070813-1-5.jpg
まるで、私が取り付けたように書いてきましたがこの作業はすべてmos。

私は1階で断熱材を詰めたり、気密シート貼りの準備をしたりしていました。
久々の断熱材詰め。ただでさえ暑?いのに、ほわほわの断熱材をかかえていると気が遠くなりそう。
でも作業すると、材料置き場が空いてくるのは嬉しいですね。



2007/08/12

ポケットホール

070812-1-1.jpg
2階のトイレには、カウンターとちょっとした物入れを設置しようと考えています。

もちろん(?)自作です。

材料は、2×10・2×12材と以前購入してちょくちょく使っていたポンデロッサパイン

只今、棚板をビスで取り付けるためにポケットホールを使って穴開け中。


070812-1-2.jpg
こんな穴が出来ました。ここから側板に向かってビスを打ち固定します。

左右で穴の位置がずれてるよー!と思われた方もいるかもしれませんが、右の方が手前に来るので念のため見えづらいように、奥にずらしてあります。

他のパーツも同時進行で作成中。

組立・設置が楽しみです。



2007/08/11

白い壁

070811-1-1.jpg
2階トイレの窓枠と窓の境目、マスキングをしました。

はて?何をするのでしょう?


070811-1-2.jpg
実はコーキングのためでした。

ここの隙間に雨などが侵入してしまうと、逃げ場がないので(下には防水水切りシートが施工してあるので)侵入を防ぐように施工しました。


070811-1-3.jpg
そして、2階トイレの白い壁は…

5度塗りでこれくらい白くなりました。あれから、mosが3度上塗りしてくれました。

そして『最初に塗る時、ちゃんと缶をふった?今日塗った時逆さまにしてジャカジャカふったら、この前よりずいぶん濃い感じだったけど…』だと。

なんだそうだったのかー。
ジャカジャカ混ぜたつもりだったのになぁ(逆さまにはしなかったけど)。色が薄かったのはVATONのせいだけじゃなく、私のせいでもあったのか…あぁ。

とりあえず、“塗装しました”というのがわかってもらえるくらいの色になって良かった良かった。以前のままだと、“もともと白い木?”って感じだったので。



2007/08/08

塗っちゃってまーす

070808-1-1.jpg
思いつきで何かしようとすると、たいがい『ん?想像とちょっと違ったかも…』と言うことが多い、センスの無い私(苦笑)。

今回は羽目板壁に色をつけようかなーなんて思いついてしまったのです(←危険)。

しかも選んだ色は『白』。でも木目は消したくないなー…。

早速mosに、ワガママ施主の意向を伝えると『うーん…』と考え、『浸透性の塗料かな?手に入りやすいのはVATONじゃない?』との回答。

ウキウキ気分で、すぐにネットで注文したのが数日前のこと。

待望の塗料が、本日手元に届きました。


070808-1-2.jpg
周囲をマスキングテープなどで養生してから、塗装しました。

【山猫軒日誌】のたまさんのこの記事で、うっすらとしか色がつかないのは知っていたのですが、それにしてもあれれ?な色づき。やっぱ、超仕上げの羽目板だから吸い込みが悪いのかなぁ。

もう少し濃い白になることを信じて気長に何度か塗ってみようと思います。