カテゴリー

2008/02/25

小道具

080224-2-1.jpg
ゲストルームの収納もあらかた完成し、荷物が入れられる状態になったので、趣味のものを整理しながら片づけておりました。

その様子を見て、mosが以前頼んでいたものを作ってくれました。

さて、これは何でしょう?


080224-2-2.jpg
コタエは…レイジーケイト(ボビン立て)です。

コタエを教えられてもピンと来ない方の方が多いかもしれませんね。まぁ、なんというか紡ぎ車についているボビンを置いておくためのスタンドです。

以前、トラディショナルをジャンボフライヤーに変えた際、ジャンボボビンが4個付属していたので、それを立てるスタンドが欲しいと思っていたのでした。
双糸にするときに糸が引き出しやすいように、若干傾斜がついています。


080224-2-3.jpg
心棒は竹串(笑)。竹串の端っこに丸棒のカットしたものをくっつけてありました。

これだけでかなり可愛い雰囲気になりますねー。竹串とは思えない(笑)。


080224-2-4.jpg
こちらはミシンケース。

ビニールのカバーが破れてしまって早数年。やはりケースがあった方がしまいやすいし、汚れにくいので制作をお願いしていたのです。

最初はどういうフタをつけようか相談していたのですが、そのうち棚の中にしまうのならいらないかも…と思い始め、つけないことにしました。


080224-2-5.jpg
取っ手はゲストルームの収納の取っ手と一緒のお店で購入。

実はこれ、商品ページで見てなんとなく気になるけど全体像がわからないなーと思っていたもの。

うまくいったら玄関収納用に…と思い、4つ購入しました。届いてみたら玄関収納の開き戸部分にはミスマッチだったので使わなかったのです。

それがこのケースにはぴったり。使えるところがあって良かったです。



2008/02/24

エナガだんご

080224-1-1.jpg
またまた、エナガの登場。

それにしても何羽いるんでしょ?

この写真に写っていないリースや木の枝にもたくさんいました。


080224-1-2.jpg
木の枝のエナガは順番待ちのようで、時々メンバーがいれかわります。

シジュウカラがいると、いつも警告されたり(ジジジという鳴き声で)、体当たりされたり、蹴散らされてしまうのですが(シジュウカラ強いです)、たまたまいないようで、天国のよう。

写真を撮ってもまったく気にする様子はありません。
慣れているのか、夢中なのか…??


2008/02/23

ゲストルームの収納、着々?

080223-1-1.jpg
玄関収納の取っ手を自作してから、どうしようかと考えておりました。

ちょっとかっこいい?と思うものは、結構高いことが多いのです。かといって、今回の家具には12個の取っ手が必要なので、自作もうむむと言う感じ。

どーしよーかなー…とさまよっていたら、取っ手やツマミの種類が多く、そこそこのお値段のお店を発見。

シンプルなものが多く良い感じだったので、一通り見て木製のものを注文しました。

もちろん無塗装のものを選んだので、只今メルドス塗装中です。


080223-1-2.jpg
天板は一度水性ニスで塗装しようと考えているのですが、その前に穴を。

コンセントとアンテナコネクタが家具の中に入ってしまったので、天板から出せるようにするためです。

今回あけているのは、家具用のコンセントをはめ込むための穴。こういう形の見たことある方も多いのではないでしょうか。私も自分の持っているレンジ台、美容室などで何回か目にしていたのですが、どこで売っているのかは見当がつきませんでした。通販ではあるのですが、1個のために送料かけて買うのもねぇ。

ダメもとで、なぜか電気工事系の部品をたくさん売っている、『VIVAホーム』に行ってみたら、ありました!結構驚きです。

しかしこんなに充実してるけど誰が買うんだろう…。


080223-1-3.jpg
取り付けたら、こんな風になりました。

上に向いているので、使わない時はホコリが入りやすそう。今度使わない時のカバーを探してきます。


080223-1-4.jpg
取っ手と、扉が全部つきました。
この取っ手、縦向きにつけようか横向きにつけようか悩みました。最初は横向きも面白いかな?と思ったのですが、仮に並べてみたところヤケにキッチンっぽくなったのでやめました。

縦にしたことでスッキリした雰囲気になったような気がします。

全体像も中々良いですね?。あとは、一番上の部分を隠さないと。



2008/02/21

一部扉がつきました

080229-1-1.jpg
下の家具と上の天吊りの家具の両サイドの、扉の設置をしました。

スライド丁番は、玄関収納の時と同じスガツネ工業のものです。

何故その4枚しかとりつけないのかと申しますと、他の部分は両サイドとは条件が違うので、どのサイズの丁番を使ったらよいのか悩み中なのです。

毎度思うことですが、家具づくりっていろいろな要素があって難しい…。


080229-1-2.jpg
とりあえず四隅だけですが、扉がない状態と比べると全然雰囲気が違います。

全部取り付けたら、すっきりした感じになりそうで楽しみ。
収納力もかなりありそうで、私のあれやこれやを頼もしく片づけてくれそうです。


2008/02/19

ニス塗り

080219-1-1.jpg
ゲストルームの収納家具のパーツたち。このうち12枚が扉の材料。残りは棚板です。

最初は塗装はメルドスだけで…と思っていました。
でも、よくよく考えると、結構手で触るところなので汚れが目立ちそうだし、汚れたらサンディングしてもう一度塗装…というわけにはいきません(合板なので)

念のため、上から水性 ユカ用ニス(半艶)で塗装しました。

只今乾き待ちです。



2008/02/17

ゲストルーム収納家具、後半戦

080217-1-1.jpg
ゲストルームの収納家具、実は天井にくっつける『上』の部分があるのです。

今日はその組立。

最初はちゃんと天板をつける予定だったのですが、見えない部分だし天井も羽目板できれいだし、材料節約(←こっちの理由が主)と軽量化のため、こんな風に細長い材料を2本通すことにしました。


080217-1-2.jpg
大きな物なので大変でしたが、底板、背板などもとりつけ組立おわったのでいよいよ設置です。

背板の上下に横に走っている材が見えると思いますが、これはこの家具の設置のためにあるもの。背板自体は4mmで、ビスをうっても効きが悪そうなので、上下に厚みのある材をとりつけたと言うわけです。

とりあえず、下の家具の天板の上にのせてみました。


080217-1-3.jpg
本体を支えながら壁に固定するのは、さすがに無理そうな重さなので、間に台をいれることにしました。
何を台にしようかと考えたのですが、あまり名案は浮かばず…。結局周囲を見回して、脚立とタイルカーペットの箱(中身入り)をを選びました。

写真を見てお気づきの方もおられると思いますが、天板代わりにとりつけたハズの2本の長い材、中央部分の手前側にはありません。

設計段階から気づいてはいたのですが、ダクトレールとかぶるので、とりあえずカットしました。


080217-1-4.jpg
裏側、天井、サイドなどのスタッドがある位置に、ビスで固定しました。

裏側は間仕切り壁なので問題ないのですが、天井やサイドの部分は外に面している壁なので、気密層を破らないようにしなければなりません。結構緊張します。

上下の家具の間に見える石膏ボードのビスの位置などで裏のスタッドの位置がわかるので、BLACK&DECKERのレーザー墨出し器が久々に活躍してくれました。



2008/02/15

ガーデンシェッド、ようやく完成

080215-1-1.jpg
ブルーシートを扉代わりに張って使い始めていたガーデンシェッド、そのうちドアを作って…と思いつつ半年以上放置しておりました(笑)。

見た目の悪さにはなんとなく慣れてしまっていたのですが、使い勝手がどーにも…。という事で、ようやくガーデンシェッドの仕上げにとりかかりました。


080215-1-2.jpg
サイズにカットした合板をベースに、周囲にツーバイ材をとりつけ、中心部分には杉の野地板を加工して作った羽目板を貼って完成。
…などと簡単に書いてますが、ツーバイ材は自動カンナかけて厚さを揃えたり、溝を切ったりしたし、羽目板は杉の野地板に溝を切って作ってるし、下準備は時間がかかって大変だったそうですー(汗)。

私はおいしいところしか作業してないのだ(笑)。

このドア、表から見ると木製ドアいいねーって感じですが、裏側を見るとまさに合板(笑)。このギャップが中々面白いです。


080215-1-3.jpg
久々にブルーシートを外してみました。ここに観音開きのドアがつきます。


080215-1-4.jpg
ドアは枠のように見えるツーバイ材の部分と、中心の羽目板部分の色を変えようと思いたち、塗り分けてみました。

羽目板部分には水性塗料を塗ったので、室内で作業。

周囲は取り付けてから壁を塗ったのと同じくサドリンクラシックを塗りました。

しかし寒い…。塗装している間も刷毛をもった手の先が氷のようです。前回作業した時は汗をダラダラ流しながらの作業だったのに(笑)。



080215-1-5.jpg
いろいろ調整したり、壁にもう一度サドリンを塗ったりしてようやく完成。

緑も濃くなって(まだ乾いてないのでその分更にに深い色になっていますが)良い感じ。
そして一番の目的の使い勝手、とってもよくなりました。もう少ししたら畑も始動なので嬉しいです。

錠前も購入済みで泥棒さん対策もばっちりです。


2008/02/12

ゲストルームの収納家具設置

080212-1-1.jpg
ようやくゲストルームの収納家具の設置を始めました。

先日用意した天板はこんな風になりましたよ。ツーバイ材とはいえ無垢の木はやっぱりよいなぁ。


080212-1-2.jpg
あのとき位置をずらしたコンセントとアンテナコネクタはこんな感じに。

あ、右の方に棚柱も写ってますね。


080212-1-3.jpg
そしてこれが棚柱につける棚受。いろいろ種類があるのですが、薄いタイプのものを選びました。

丁寧にひとつひとつ保護用シールが貼ってあります。さすが日本製!
しかし、この文字の部分、シールを貼ってから文字を打刻してあるようで残ってしまい、剥がしづらくて大変なのでした。ほら、文字だけこんなにきれいに剥がれたよ…。


080212-1-4.jpg
適当な位置に棚受をとりつけ、棚板をのせてみました。うーんいい感じ。

実はこれで、まだ半分も終わっていないのです。でもうれしい。全部出来たらかなりの収納力だな。


080212-1-5.jpg
そうそう、この家具の色には結構悩みました。床の色が濃いのでそのままだと浮くかなーと心配だったのですが、メルドスなどを塗って若干色が濃くなったためか、そんなには浮かなそうです。

壁も白いし、なんとかなりそうかな。



2008/02/10

ニコイチ

mosには那須に別荘を持っている伯父さんがいます。

橋梁の設計事務所を経営しておられ、mosは十数年前からその事務所のコンピュータシステム一式のお世話を引き受けています。

その伯父さんから昨年の年末、コンピュータのアップグレード依頼がありました。

その時、本来のお仕事とは別に「このノートパソコン、動かなくなってだいぶ経つんだけど、簡単に直りそうなら直してもらえない?」という話がありました。

受け取っていろいろ調べてみると、思った以上に満身創痍。キーボード不良・PCカードスロット破損・DVDドライブ故障・増設メモリカード故障と、簡単に(安く)直せるレベルではないという結論になりました。

伯父さんにその旨を伝えると「そこまでダメならもう廃棄するよ」とのこと。
そこでmosさん「捨てるならもらってもいいですか?」と質問し頂けることになりました。

このノート、比較的コンパクトで性能的にもそれほど悪くないので『“リビングでネット”に最適かなー』という考えがあったよう。さすがですねぇ。

その後、オークションで同じ機種の液晶破損品を探したところ、うまい具合に出品されているのを発見!運良く1.5万強で落札することができました。
商品が到着したら、さっそく改造!伯父さんのノートから液晶をひっぺがし落札したノートに移動(俗に言うニコイチ)しました(わたしゃ簡単に書いてますが、それなりに大変なようです…)。

080210-1-1.jpg
伯父さんのノート。液晶は無事なんですが、他に無事だったのはハードディスクぐらいです。

一番壊れやすい液晶とハードディスクだけ無事で、残りを全部壊すなんてそうそう出来る事ではないですよねー。実はマジシャンなのかも?(笑)


080210-1-2.jpg
こちらはオークションで落札したマシンから取り出した割れている液晶。

このあと背面のカバーや、液晶下にあるインバータ回路も外して液晶だけにしました(何度も書きますが、わたしゃこの文章を書いてるだけです 笑)。


080210-1-3.jpg
液晶を交換後、ニコイチしたノートにWindowsXPをインストール。


080210-1-4.jpg
無事にインストールできました。このあと、別途購入した増設メモリと無線LANカードを取り付けて“リビングでネット”マシンの完成です。

総費用は2万ちょっと。安く出来て満足満足。



今まで2階の寝室でしかインターネット出来なかったのですが、これで便利になりました。
ちょっと疑問がわいた時とか、わざわざ2階にいってコンピュータを起動せずにすむのが楽ちん。

フローリングも貼ってないし、キッチンも出来ていないLDKですが、薪ストーブもあるし、ネット環境も整ってるしで居心地のよい場所なのです。

2008/02/09

収納家具の天板作成

そういやー、アレ以来、ゲストルームの収納家具の話がないけど、ちゃんとやってるのー?と思っている愛読者がいるかいないかはわかりませんが(いや、いないでしょう 笑)、全然やっていないワケではないんです。

あとで棚板の位置を変えられたらいいな?などと思い、棚柱をつけることにしたため、側板に溝を切ったり、組立をしたりしておりました。

ようやく組上がったところで、塗装をしようと思い全体チェック。天板などに小さな汚れを発見したため、サンダーで削っていたところ悲劇が。

表面部分が削れすぎてしまったようで、下地が透けてしまいました。がーん。

あー…と思いつつ、とりあえずメルドスを塗ったもののやっぱり気持ちが乗りません。やっぱ、合板だよなーとブルーな気分に(あ、合板にもいいところはあるんですけどね。天板には不向きですよね…)。

このままの天板じゃー気になるよね。という事になり、作り直すことになりました。2×12を2枚接いでつくります。

080209-1-1.jpg
注文した材が届いたので、早速自動カンナを通しました。0.7mmほど削っただけですが、カンナ屑はこの量。

今回の2×12は【セルフビルド/DIYのサポーター Wood Mart】さんで購入しました。


080209-1-2.jpg
テーブルソーで幅を250mmにした後、継ぎ合わせる準備。

今回はポケットホールで接ぐことにしたので、ポケットホールドリルガイドを使って、裏側に穴をあけました。

この穴を使ってビスで2枚を接合します。

他の部分にもポケットホールをよく使っています。今回の天板もポケットホールで固定していたので、簡単に外して取り替えることが出来ました。

あ、そうそうお役ご免になったシナランバーは、これから作る収納家具の側板に使う予定です。もちろん捨てたりはしませんのでご心配(?)なく。