カテゴリー

2008/05/18

初めての田植え

以前からお米を育ててみたーい!という野望がありました。

田んぼを持っていないので無理かな?と思っていたのですが、いろいろサイトを見てバケツや発泡スチロールの容器で育てられることが判明。

苗さえ手に入れば出来そう!!これはやってみるしか!…というわけで、野菜もお米も育てている職場の同僚に、かなり前から『苗くださーい』と頼んでおいたのでした。
080518-1-1.jpg
やってきた苗。

『ワラビ取りにおいで?』とお誘いがあり、菜の花やワラビをたくさんとった帰りにいただいたのでした。

『これで足りる?足りなかったらまた取りにきてね』と言ってくれました…。いえいえ充分です!それどころか絶対にあまりますよ(笑)。

このあたりの人、みんな気前がいいんです。“ちょっと”と言う量が全然ちょっとじゃありません。


080518-1-2.jpg
もともとは、この写真に写っているベランダ収納ケースだけで育てるつもりだったのですが、たくさんもらって欲が出ました(笑)。

家中の使えそうな容器をかき集め。

写真左側は、バケツと睡蓮鉢。


080518-1-3.jpg
水が抜けないように栓が出来るタイプのプランターもフル稼働。


080518-1-4.jpg
そして、発泡スチロールの容器3つ。

これだけがんばって、ようやくいただいた苗の2/3を植えました。

土は畑の土に腐葉土と肥料を混ぜて使っているんですが、この準備だけで一苦労。これ以上は無理そうなので、こういうことが好きそうな(笑)お友達に電話。予想通りの1発OKで引き取ってもらいました。



今回参考にさせていただいたのは“彩四季のまちいがほくぶ”の中の【バケツ稲作研究所】。詳しく書かれていてわかりやすいです。

いろいろ勉強しながら収穫まで育てたいと思います。2人でおにぎり食べられるかな?

2008/05/17

ベンチを依頼

080517-1-1.jpg
食卓で使う椅子、以前からどんなものがよいかと考えていたのですが、なかなか決まらず。

とりあえずアントチェア(もちろんレプリカ)を2脚購入し、使用していたのですが現場での酷使に耐えかね脚の金具が壊れました。あらら。

以前背もたれがこわれた格安の椅子や、パイプ椅子でしばらくしのいできたのですが、何か椅子がほしい!

…というわけで、後々どこかで使えそうなベンチを作ってもらいました。


080517-1-2.jpg
以前どこかのサイトで見て気に入ったものがあったので、『こんな感じで』と写真つきで依頼したところ、素早く作ってくれました。

着色しようか迷ったのですが、とりあえずこのままの色でいくことにしました。

「食卓はローテーブルにして、椅子なしにしようか」という意見も出ているのでこのベンチは使わないかもですが、窓際においてもよいかな?と妄想中。

ただ、私は気に入っているのですが作ったご本人は今ひとつ気に入らないようなのです。
将来の定位置はまだしばらく未定かな。



2008/05/15

カーテン(?)自作

080515-1-1.jpg
ウォークインクロゼットには小さな窓があります。

部屋の仕上げのために衣類を運び出したところ、ちょっとショックなことが。
お気に入りのコートの片袖が、日に焼けてしまっていたのでした。

ま、那須に越してきてからは車中心の生活なので、コートを着ることはほとんどないんですけどね。

新たな被害者を増やさないように、窓にカーテンをかけることにしました。

小さなものなので、もちろん自作。お裁縫がとても苦手な私ですが、なんとか作り上げました。

掛かったコストは0円。
えー、左の列は上から“元シャツ”“元パジャマ”“100円てぬぐい”、右の列は上が“元キッチンクロス”下が“いつのだか不明なハギレ”です。

これだけでは若干薄い気がするのですが、ホコリよけをかねて大きめの布でカバーしようと思います。

こう考えると、ウォークインクロゼットには窓はいらなかったのかもしれないですねー。



2008/05/11

いらっしゃい

080511-1-1.jpg
ウォークインクロゼットの整理をしていたら、『ねぇねぇ、鳥が来たよ』と隣の部屋からmosの声。

『?』と思いながら見てみると、網戸に2羽の小鳥がとまっていました。

2羽同時にカメラにおさめる事は残念ながら出来ませんでしたが、この目でしっかり見ましたよ。かわいいですね?。


080511-1-2.jpg
アップも撮れました。つぶらな瞳。お尻がプリっとしていますね(笑)。


080511-1-3.jpg
もう1羽はこんな感じに室内を覗いてました。コンニチハ。

この鳥、なんていう鳥なのかな?ちょっと調べてみたけどよくわかりませんでした。

また遊びにおいでー。



2008/05/09

ウォークインクロゼットだいたい完成

080509-1-1.jpg
ウォークインクロゼット、衣装ケース側の棚が出来上がり荷物の搬入をしました。

また工具もちらほら残っていますが、こんな感じになりました。


080509-1-2.jpg
入って左が衣装ケース置き場。ケースを3段ずつにまとめられるように、ツーバイ材で棚をつくりました。

最初は4隅に支柱を立て、横棒を設置する形で設計していたのですが、ケースを4列並べられなくなってしまうので変更。壁に30mm厚の集成材(ツーバイ材でも良かったのですが、少しでも厚みを少なくしたかったので)の桟をとりつけて横棒を設置。それだけでは不安なので、中央に脚を取り付けてあります。

中央の脚、上の段と下の段でずれているように見えると思いますが、これは意図してのこと。下の段はコンセントが使いやすいようにケースを右寄せに配置するので脚も右にずれ、上の段は引き出した時にアンテナのいろいろが入っているボックスにぶつからないよう左にずれているのです。

この部屋を仕上げる前も同じように衣装ケースが積み上がっていたのですが、下の方のケースは上の重みでつぶれてしまい、引き出すのが大変でした。この方式にしたら、スムーズに引き出せて楽々で嬉しいです。

この写真を見るとものすごい衣装持ちのようですが、“衣装”以外のものもたくさん入っています。


080509-1-3.jpg
このボックスの周り、実は私がパテし忘れました…。
隙間も見えるし、あんまり…な感じなので周囲に見切り(?)をとりつけてもらいました。

mosさん、いつも手間をとらせてごめんなさい?。



2008/05/07

ウォークインクロゼットの床貼り

080507-1-1.jpg
壁のペンキが終わったので、フローリング貼りをしました。

材料はゲストルームと同じ“さくら無垢フローリング”です。


080507-1-2.jpg
巾木は杉の野地板を80mm巾にカットして作っています。

サンダーかけて、メルドスとジェルニスで塗装。

入り口のドア枠の出幅が諸事情によりちょっと少なめなので巾木のエンドをナナメカットで合わせています。

これで衣類などを運び込めるかなぁと思ったけど、mosの提案で衣装ケース側には棚のようなものを作成することに。

衣装ケースを何段も積み上げると、下の方って重みでつぶれちゃって引き出しにくいんですよね。確かに、棚を設置して衣装ケースを何段かずつに区切った方が使いやすそうです。

運び込みは数日先になりそうですが、棚がどうなるか楽しみです。



2008/05/06

ペンキ塗り終わり

080506-1-1.jpg
無事にペンキが塗り終わりました。

私が筋交いバケで入り隅などを塗り、mosがコテバケで平面を。ここでもmosの方が大変な仕事でした(今回はちゃんとじゃんけんで決めました)。


080506-1-2.jpg
四方の壁は3度塗り、天井は4度塗りです。

色は出来るだけ白に近づけたグレー。
本当は白を考えていたのですが、在庫のペンキを確認したところクローゼットをすべて塗れるだけの量が残っている白が無かったのです。

それなのにグレーはたくさん…。そのままのグレーだとちょっと濃いので思いつきで白を混ぜちゃいました!(性能が落ちることもあるようなので、気になる方はしない方がよいです) 

それにしても、ペンキ塗りの準備をしつつ、塗るペンキにまで考えがおよんでいなかったとは…。

うーん、ダンドリ不足。でも、柔軟な対応が出来たわ?と良く思っておきましょう。結果オーライ(←記入者は典型的O型です)。

ところどころ、ボードの継ぎ目がわかりますが、気になるほどではありません。大変だけど、やっぱりペイント仕上げはいいなぁと思うのでした。



2008/05/04

ペンキ仕上げは大変です

080504-1-1.jpg
寝室の内装を始める前に、隣のウォークインクロゼットを仕上げることにしました。

寝室→ウォークインクロゼットの順番に仕上げると、クロゼットに積んである衣装ケースを移動する際、移動先が完成後のフローリングだとかなり気を遣う必要がありそう。それに移動中に壁の漆喰をガリッなんて哀しいこともおこりそうな気もするし…。

まずはじめに、荷物の運び出しやら整理やら(直接関係ない? 笑)。これで既に数日かかっています。

荷物がなくなったら、途中まで終わっていたパテの続きとサンディング、シーラー塗り、マスキングなど。書けばあっけないんですが、ペンキ仕上げなのでそれなりに大変です。
パテとサンディングはかなり丁寧にしないと、仕上がりが今ひとつ…になってしまうのですが、なにせ隣にはコンピューターが数台(この2部屋の間には今のところドアがありません…)。調べ物や、Blog書きもこの部屋でしているので、ほこりだらけにするわけにはいきません。

仕方なくサンディング時には出入り口に薄いベニヤを立てかけ、それでも開いている部分にはいらない布をはりつけました。
その中でヘロヘロになりながらmosさんがサンダーで格闘。暑いわ、けむいわで大変でした。お疲れ様。

我が家の内装、いろいろな壁がありますが。下処理の大変さではペンキ仕上げがピカイチですね。



2008/05/01

久しぶりのポリカ窓

080501-1-1.jpg
ユーティリティスペースと、玄関ホールの間のFix窓をある程度まで仕上げました。

我が家のユーティリティスペースは、家の中央付近にあり外に面していないです。四方を壁に囲まれて暗い感じだったので、玄関ホールとの間に明かり取りの窓を設置するよう計画してありました。

ガラス部分の材料は何にしようかと考えたのですが、北側の窓を自作した時に使った、ポリカーボネート板(北側の窓とはメーカーが違いますが)を採用。サブロク板をホームセンターで購入し、カッターで切断してはめ込みました。

この写真をよく見ると、ちょっと笑っちゃうことに気づくかもしれません。それは、枠の色。

玄関ホール側は、ナチュラルですが、手前のユーティリティスペース側は茶色。それぞれのお部屋に合わせた結果こんなことになりました。ちょっと面白い感じです。


080501-1-2.jpg
ユーティリティスペース側から全体を見た図。

結構明るいですよね?。向こう側にばっちり螺旋階段が見えますが、目的は明かり取りなので気にしない気にしない。

このスペース、脱衣所もかねているのでお客様がお越しの時のために、簡単に設置できる目隠しが必要かも。ま、しばらくは大丈夫(工事中なので)だと思うのでこのままで行きます。

完成!と書かないのは、ポリカと窓枠の隙間にコーキングをしようと思っているから。
他にもコーキングしたい部分があるので、そのうち時間を見てやろうと思っています。