カテゴリー

2008/08/31

足りないモノ

080831-1-1.jpg
寝室お引っ越しの仕上げに、mosが大きなモノを作り始めました。
こちらのパーツは、ストックのツーバイ材と、今まで作ったものの端材で出来ています。

さて、何になるのでしょうか?(…ってスクロールすればわかっちゃうけど 笑)。



080831-1-2.jpg
まずは半分合体!

接地部分にはカグスベールを貼ってあります。いつもながら、細かな配慮がスバラシイ。



080831-1-3.jpg
更にドン。

魚の開きっぽいですね。幅は1400mm、長さは2000mm位です。



080831-1-4.jpg
この上に、2×4材で床根太のようなものを作って固定。その上から9mmの合板を貼りました。

強度をとるために、所々に金物を入れています。
この金物、東京に住んでいたころ使っていたmos作机に使用していたもの。解体したときに『いつか使えるかも?』と保管しておきました。その『いつか』がやってきたワケです。

この写真で、もうわかってしまいそうですが、ベッドを作成しております。



080831-1-5.jpg
そしてそして…一番下の方にキラリンと光って見えるのはスライドレール!
いろいろ考えた末に、ベッドの下は引き出し収納にすることにしました(一つ上の写真にも引き出しが写ってますね)。

今まで使っていたローベッド、ローとは言え下に隙間があるのでホコリがものすごかったのです。
閉じてしまえば、収納も増えるし、ホコリはたまらないしで一石二鳥!というプランです。

通気の面では問題ありかもですが、たまに干してあげればよいかなと。



080831-1-6.jpg
合板やツーバイ材のままでは味気ないので、レッドパインの羽目板でお化粧。

今回は見た目を重視して、幅広で目地の狭いものを選びました。いつもより厚い12mmのA品です(我が家はB品を買うことが多いのです )。

幅がひろいおかげでうるさくならず、シンプルな感じになったかな?



080831-1-7.jpg
ヘッドボードをとりつけ、マットレスを置いて無事に完成。
収納との関係で、少し高めのベッドになりました。落ちるとこわいけど(笑)、起き上がるときは意外と楽だったりします。
ちょっとだけ引き出しの取っ手が出っ張っていますが、ぶつけたりすることはあまり無さそう。問題があったら、そのときに考えようと思います。

ヘッドボードについては取り付けるか、取り付けるならどんなデザインにするかなど悩みましたが、シンプルな形に決めました。
天板候補 も在庫していることだし、近々mosさんにナイトテーブルをお願いすることにします。


2008/08/18

お引っ越し中

080818-1-1.jpg
寝室が完成したので、養生を剥がしてお掃除してコンピュータ一式のお引っ越しをスタートしました。

ワークデスクの手前に敷いてあるのは、サンワカンパニーのアウトレットセールで購入した、タイルカーペット。店舗などで使う、重歩行用のものですが1枚100円くらいだったので、あるだけ買い占め。…と言っても、元々の数が少ないので(だから安いんだよね)一部屋全部敷くほどの量はありませんが。

ワークデスクの前ではキャスター付きの椅子を使う予定なので、フローリングがボコボコにならないようにセッティング。
以前住んでいた東京の家で、痛い目を見たので(合板フローリングがボロボロ剥がれてきました…)今回はその轍を踏まないよう対策しました。

タイルカーペットは好きな大きさにカットできるのが良いところ。写真の一列に加え、もう一列、それからをおくところにも敷く予定です。

足元には9口コンセント(!)。写っていませんが、左のブースの足元にも同じものが設置されています。
9口って多そうに感じるけど、これでも足りなくなりそうな予感…(苦笑)。



080818-1-2.jpg
ワークデスクの前にも窓がありますが、左手にも掃き出し窓が。

かなり明るい空間です。壁の漆喰の白さも明るさを手伝っているかもしれません。



080818-1-3.jpg
プリンタとルータとハブと無線LANの基地局とNASとUPSが無事に入居されました。

以前の写真では、開き戸がついていませんでしたね?。
今はちゃんとついていますが、実は紆余曲折ありました。

スライド丁番を使う予定だったんですが、取り付けてみたところプリンタが載ってる棚板が前に出てこない!せっかく引き出して使えるようにスライドレールを取り付けたのに…。引き出せなければコピーもインクの交換も出来ないし…。ががーん。

…という経緯で、結局普通の丁番を取り付けたのでした(泣)。

両サイドに開いている穴は、換気口。両サイドに4つずつ開けてあって、中にこもった熱を排出するのに一役買ってくれています。
換気以外にも、中の機械のケーブルを通すのにも便利です。

こういうモノ達が、一所にまとまってくれると管理もしやすいし見た目にもすっきり。換気口があるとはいえ、ホコリからもある程度は守れます。中々よい設計だな?と自画自賛しています。


2008/08/14

寝室、一歩前進

080814-1-1.jpg
寝室も少しずつですが完成に近づいております。

作り付けのワークデスク完成したので、今度は大仕事のタナクリーム塗り。職人mosの出番です(私は養生係です)。

これまで塗った場所に比べると比較的閉じた空間なので、今回は除湿器を出動させてみました。
まだまだ暑い上に、タナクリームを塗るとムシムシ湿気もUp!なのですよ。



080814-1-2.jpg
寝室はゲストルームと同じ広さですが、塗る面積はこっちの方が多い。しかも、細?いトコロとかチリとか多いので、時間がかかります。

吹き抜けに面した壁。広い面積をダーッと塗れそうに見えますが、2つの窓のおかげで面倒なチリがあったりします…。



080814-1-3.jpg
やはり夜までかかりました。

もう何度も見ているのに、石膏ボードから漆喰壁への変身には気持ちが踊ります。家らしくなるのももちろんですが、この明るさと清潔感。いいですね?。

そうそう、除湿器はとっても活躍してくれました。気温は下がらないけど(むしろあがる?)さらっとした空気で(いつもよりは)気分良くお仕事出来たようです。

養生をはいで、お掃除したら
コンピュータ一式のお引っ越しだな。

2008/08/07

ゴミ箱欲しい

080807-1-1.jpg
寝室のワークデスクが一段落したところで、ワタクシ気になっていたモノをmosにオーダーさせていただきました。

それはゴミ箱。

どこかのネットショップで実用的かつカッコイイ(pin基準ね)ゴミ箱を売っていたのです。が、さすがカッコイイゴミ箱、お値段もカッコイイ…。

で、どーするかというと、近くにいる人にオーダーするのです(笑)。

mosも価格を見て(笑)、作ってみる気になった様子(^_^)v

制作が決定してからは、ネットを徘徊してよさげな材料を探したり、サイズの検討をしたりといそがしそうでした。

本体部分はシナNEOランバーの9mmを使用しました。

こういうものは、狂いが無くて薄くて丈夫な合板でないと難しいですね。



080807-1-2.jpg
斜め上から見たトコロ。どこがカッコイイかわかんないって?これだけだとそーですよね。

四隅は留め。すべて、接着剤で固定されています。



080807-1-3.jpg
必要サイズに切り出したシナNEOランバータイトボンド 3を塗布してベルトクランプでがっちり固定。

30分間固定したあと、クランプを外して24時間そのまま。これでOK。

はみ出してしまったボンドは24時間後にはカチカチに固まっているので、サンディングで落とすことが出来ます。はみ出さないにこしたことはないんだけど、結構水っぽいボンドなので難しいです。

ところで、この写真の箱は上の写真のものとちょっとサイズが違いますよね。それはなぜかと言いますと…。



080807-1-4.jpg
こういうことです。

下の箱の部分と上のカバーの部分の2つのパーツから出来ているゴミ箱なのです。

下の箱にレジ袋をセットし、上のカバーをかけるとレジ袋の端っこが見えない仕組み。
良くできてますよね?。

天板表面はオールシナベニアの1.6mmを使い、内側から端材できれいに補強。

水性ユカ用ニス 半ツヤで塗装しました。

下の箱に使ったのはアサヒペン水性スーパーコート オータムブラウン。落ち着いた色で、上のカバーとのコントラストもよい感じ。

どっかのネットショップで見かけた製品にはこういう色のものはなかったのですが、私的にはかなり好みな感じに仕上がりました。



080807-1-5.jpg
1個だけ作るのも、たくさん作るのも手間はたいして変わらないので量産中。
家中のいろんな場所で使おうと、頑張っています。

実験的に1個だけ下の箱もニスにしてみたんだけど、これも中々すっきりしててよいかな?

写真はとってないけど、下の箱の底の4隅にはある工夫が。
床を傷つけないためにカグスベールが三角に切って貼ってあるんですよ。フローリング仕上げの部屋がほとんどな我が家への配慮。
我が家の巨匠、細かな配慮が光ってます(笑)。