カテゴリー

2009/06/30

見た目以上に手間かかってます

090630-1-1.jpg
羽目板貼りが終わった2階の元和室。
写真だけ見るとほぼ終了っぽいのですが、まだまだ残っているところが。

というわけで、結構汚れている、窓枠をリメイクします!

この部分、以前は和室だったので障子が入っていたのですが、洋室に変わったので障子をとっぱらってカーテンにすることにしました。

となると、この溝が邪魔…。


090630-1-2.jpg
まずは、溝に消えていただきましょう!

ちちんぷいぷい…じゃなくて、サイズにあった2mm厚の合板を木工用ボンドとフィニッシュネイルで溝に貼り付け。その上からもう一度2mm合板を貼ります。


090630-1-3.jpg
上の溝にもちろん消えていただきます。
下よりも深さがあるので、20mmの合板を使用。


090630-1-4.jpg
埋まった溝はこんな風。

その後は左側にタテの見切りを入れました。

先日貼った羽目板と既存の窓枠との間には段差があるので、この見切りの裏側は羽目板の厚み分欠きこんであります(写真撮ればよかった?)。


090630-1-5.jpg
3方に(どの窓も一方は柱なので)見切りを取り付けた後、さらに上から5mm合板を貼りました。

だいぶきれいになってきましたね。


090630-1-6.jpg
4方に5mm合板を貼ったら、完成!じゃなくて下地(ほぼ)完成!です。

ちなみに、全部貼り終わった後、ランダムアクションサンダーで面一にし、マルチサンダーで角を落としました。これも次なる作業のため…。

遠目にはこのままいけそうな感じもするのですが、やっぱりこのままには出来ません。

次回は柱部分もカバーして(なんのことやらわかりませんよね?)、仕上げ作業にGO!なのです。

2009/06/27

いろんなトビラ

090627-1-1.jpg
リフォーム中の家で一番広い、リビング予定部屋にたくさんのフスマを集結させました。

かなり使用感がある物ばかりなので、とりあえずきれいにしなくてはなりません。
しかも、この家は全て洋室にするので縁が黒いこのままのフスマではちょっと使いづらいのです。

そこで、襖紙の張り替えだけでなく、枠も塗装し直すことにしました。

この作業、広い場所でないと…ということで、リビング集結なワケです。

塗装がのりやすいよう黒い縁部分をサンディングしています。


090627-1-2.jpg
そして、こちらは本日届いた網戸。この家、なぜか網戸が1枚も無かったのです…。

窓を開けて作業していると、虫さんいらっしゃ?いな状態。この前はスズメバチもおいでになったので、いい加減なんとかしようと安いお店を探し、購入しました。
ホームセンターより1割くらい安かったのですが、注文の仕方がやや難しい。サイズをカットしてもらうので、間違えないように気をつけて頼む必要があります。

しかし、網戸って高いですよね?。1枚1枚は、まぁそんなもんか…って感じなのですが、枚数多いですからかなりの出費です。
実は、これ2度目の注文で(前回は最低限のトコロにして様子をみたので)、しかもまだ全部の窓はカバー出来ていません。
うぅぅ、枠だけでも残っていたら網の張り替えで済んだのになぁ。



2009/06/22

2階元和室、羽目板終了?

090622-1-1.jpg
今日も若干暑さがやわらぎました。

ギリギリ2階で作業出来そう…ということで、羽目板貼りの続きを。この前は南側を貼ったので、今日は西側です。

手順は前回と同じなので、今日は詳細はナシ。

窓の下が終わった時点で、とりあえず中間記念にパチリ。


090622-1-2.jpg
2回目ということもあり、サクサク進みました。

あとは、窓周囲の見切りと回り縁(襖の張り直しとかもあるけど)。もう少しだ!

もう取り付けても大丈夫そうなので、先日ペイントしたペンダントライトを取り付けました。


090622-1-3.jpg
今までbeforeの写真が無かったので、公開!
どうでしょう?
自分達はだいぶ良くなったよね?。と自画自賛しています。


2009/06/20

2階元和室の羽目板貼り

090620-1-1.jpg
以前リアテックきれいにした、クローゼットの扉と引き出しを元の位置にもどしました。

取っ手も付け替えて新品同様。ずいぶんきれいになりました。


090620-1-2.jpg
フローリング貼りも無事に終了したので、今日は2階元和室の南側の壁を貼ります。

2700mmの幅、我が家にある材料では1枚では貼れません(羽目板を購入したとき4000mmのものを2000mmにカットして送ってもらいました。その方が送料が安かったので…)。
900mmと1800mmのものを継ぎ目が交互になるように使います。

一番下の段は、フローリングとの間に隙間が出来ないよう慎重に。その後は、水準器と相談しながら貼り進めて行きます。


090620-1-3.jpg
窓の脇の部分は一枚もので。

これは、かなりのスピードアップ(ちょうど立って出来る高さだし。楽!)。
サクサク進みます。


090620-1-4.jpg
とりあえず、南面完成。

窓の上下や、天井際の最終段など幅を細く加工しなければならない部分が多く、加工担当のmosは木くずまみれで頑張っていました。

次回(の涼しい日 笑)は、西側の壁貼りに続きます。


2009/06/17

こりゃ早い

090617-1-1.jpg
1階に続けて2階の元和室の9mm合板の増し貼りです。
4畳半だからサクサクと書きたいところですが、合板の上げ下ろし(2階で計って、1階でカットして、2階ではめてみて…の繰り返し)は体力的には大変。それでも時間的にはサクサクでしたが。


090617-1-2.jpg
合板張り終わって、少し休憩。

“いや?、暑いし疲れたね?”
“今日は早めに帰る? ”
“いや?、でもそれは罪悪感があるなぁ”
“んじゃ、途中まででもフローリング貼ってみるか”

のような会話がなされ、フローリング貼りスタート!
何を隠そう広い面積では初めての合板フローリングです。今まで合板フローリングはトイレに貼ったくらいなんだよね…。

クローゼットの前や押し入れの前は、このフローリングで終了。見切りをつけることが出来ないので、そちらを優先にして慎重に隙間のないように貼っていきます。


090617-1-3.jpg
それにしても、合板フローリングって楽!これこそサクサク進みます。
あっという間に半分経過。そのまま続けて4畳半すべて終了しました。

こりゃ大工さんが無垢フローリングをいやがるわけだ。

早めに切り上げて帰らないでよかった?。2階元和室、フローリング終了!


2009/06/16

ぎりぎりセーフ

土日と雨の日を避けて9mm合板を22枚購入してまいりました。

昨日も、午後からは雨の予報。午前中にお店につくなり、レンタルトラックが全部残っているのを確認し、ちょっと安心。
せっかくだから合板の他にも回り縁用に4000mmのサンギも購入しよう!と材を選んだりしていたら、軽トラ最後の1台でした…。ぎりぎりセーフ。
090616-1-1.jpg
天気を気にして慌てて家の中につっこんだ22枚の合板、邪魔で邪魔で。
…ならば使ってしまおう!ということで、今日は1階リビングの増し貼りをしました。

全面に木工用ボンドを広げ、その上に9mm合板を乗せ、釘で固定。せっかくの増し貼りなので、合板の切れ目は下に貼った合板とはずらしています。

そうそう、なぜ増し貼りの合板は6mmじゃなくて9mmを使ったの?と不思議に思います?

1. もともと12mmのフローリングを貼っても少し余裕があるようにしてあったので3mm増えてもなんとか大丈夫なこと。
2. 12mmの合板だけだと若干ふわふわする感じのトコロもあったので、6mmではなく9mmを使って剛性をあげたかったこと。
3. 6mm合板(売っているのは5.5mmが一般的)はなんだか高価なこと。

などの理由から9mm合板をチョイスしたのでした。


090616-1-2.jpg
買い物をしてからだったので、やっぱり1日目で全部終わらせることは出来ませんでした。

半分ちょっと来たかな。初日の終わりはこんな感じです。
特に変わったように見えないかもしれませんね?。よく見ると掘りごたつ箱の手前の部分はまだ貼ってないんですよ。


090616-1-3.jpg
2日目は掘りごたつ箱のような、障害物もなく楽ちんな部分が多い!
mosが掃除機をかけてボンドを塗り、カットした(もちろんカットもmosです)合板をセット。私はひたすら釘を打つ。という分業で(なんだか私の作業が少ない?)どんどん貼っていきました。

全部貼り終えたら、なんだかすっきり。いや、作業のためにものをどかしたりもしたのですっきりした部分もありますが。

購入してきた合板も半分に減ったので、材料置き場もすっきり。
合板減らしのためにも、次回は続けて2階の元和室の増し貼りをする予定です。


2009/06/13

ツイてない日

090613-1-1.jpg
2階の元和室。天井の塗装も済んだので、いよいよフローリング!と思い、フローリング材を1階から運んでみました。

で、気づいてしまったコトが…。コレ、薄い。
mosも『あれ??これって6mmだったっけ?12mmのつもりだったー!』とあれれ?な発言。
購入してから、パッケージを開け整理したりしてたのにねぇ。2人とも気づきませんでした(アホ)。

ずっとボーゼンとしているわけにもいかないので、対策会議。敷居までの現在の高さをはかり、9mm合板を増し張りすることにしました。ううぅ仕事が増えました(泣)。

近所のホームセンターで9mm合板を購入せねばなりませんが、今日は土曜日な上に天気も怪しい…。軽トラ借りるには条件悪いので、後日にすることに。


090613-1-2.jpg
一気にテンションがさがりましたが、せっかく来たので何かせねば…と思ったり。

そこで気分転換に、少し前に購入した簡易ドアクローザーを取り付けてみることにしました。

2階の洋室とキッチンの入り口のドアが、結構勢いよくバタン!と閉まることが気になっていて、何かのついでにホームセンターでドアクローザーを探してみた時発見したもの。価格がヤケに安いので、大丈夫かな??という気持ちもあり1個だけ購入してみたのでした。

今日取り付けたのは、2階の洋室。

いや、コレホントに簡易です。あきれるほど簡易。
速度調整が出来ると書いてあるのですが、うまく調整できないし(ゆっくりなるにはなるんですが、なんだかな…な感じなのです)。

穴開けちゃったからこのまま使うけど、こんなにハズレな商品も久しぶり。
リンク先のレビューもボロボロでした。通販で見たら絶対買わなかったな(笑)。

…というわけで、気分転換の願いもむなしく終了?。
ツイてない日はおとなしくしとけってコトですね…。


2009/06/10

2階羽目板塗装

今日は、比較的涼しめなので2階で羽目板を張り終わった部分を塗装することに。
090610-1-1.jpg
柱や窓枠、押し入れ周辺を、一昨日サンディングしたので、そのあたりもまとめてメルドスを塗りました。

天井塗りは上を向いてばかりなので多少疲れますが、面積がそれほどでもないので比較的短時間で終了。

全体的に濡れ色になりました。特に柱は以前よりかなり茶色になったような…。

食器洗いや洗車に使うスポンジを使って塗った後、ウエスで余分を拭き取りました。


090610-1-2.jpg
塗装が終わり少し休憩した後は、まだ少し残っている1階の扉軍団のシート貼りを。

実は、扉2枚(3面)に凹みを発見。そのままではシートが貼れないため、昨日木工用パテで埋めておきました。

サンディングして貼る面を平らにしてからスタートです。

パテのサンディング、結構固くて大変でしたが、なんとかmosが3面やっつけてくれました。

これはトイレのドア(廊下側)なんですが、あきらかに故意に傷つけてますよね…。
大きく丸くパテしてある部分は蹴ったみたいで穴あいてたし。

な、何があったんだ?この家。考えるだけでコワイから、早くシート貼って無かったことにしちゃおーっと。

ってことで、なんとか全部のシート貼り、完了しました。
あとはドアハンドルの交換などをして行きます…。涼しい日は2階だから、また暑い日にね。


2009/06/07

ダイノックとリアテック

今日は暑いので、1階で作業。
090607-1-1.jpg
こちらはmosの実家からいただいたペンダントライトの傘。

内側の白い部分が若干黄ばんでいるので、照明点灯時も少し暗くなってしまいます。


090607-1-2.jpg
お掃除しても黄ばみがとれない部分があったので、白いペンキをスプレー。新品みたいになりました。

この照明、2階の元和室に取り付けようと思っています。しかし本体部分が電球1個のものだったので4畳半にはチト暗め。電球型蛍光灯にしてもやはり明るさが足りません。

そこで、本体は元々この家についていた蛍光灯に交換することにしました。古い物なので、若干音がうるさいですが余り使わない部屋なので、よしとします。


090607-1-3.jpg
そして次は、1階のドアたくさんのシート貼り。全部で5枚です。元和室の出入り口は片面が襖になっているので、面で言えば7面になります。

1階のリビングでのシート貼りは、2階でした時よりも、使えるスペースが大きい(12畳ですから)ので楽ちん。頑張りましょう!


090607-1-4.jpg
まずはいつものように、サンディングから。

全体をサンディングした後、ホコリや削りかすを拭き、ダイノック プライマーを周囲や窓周りに塗って前処理します。


090607-1-5.jpg
前回サンゲツ リアテックを使いましたが、今回はスリーエム ダイノックも使うので、2種類のシートを使うことになります。

写真左がダイノック、右がリアテックです。パッと見にはほとんど同じですよね?。というか、じっと見てもほとんど違う気がしません。


090607-1-6.jpg
1枚の引き戸に、ダイノックを貼ってみました。左がbefore、右がafterって感じです(まだ周囲の余分をカットしていませんが)。

ダイノックとリアテックの違いですが、貼ってみて判明。それぞれのシートで質感が違います。接着力はダイノックの方が明らかに高いです(決してリアテックが弱いワケではありませんが)。

接着力が高いのは耐久性もありそうだし良いのですが、裏を返せば貼る作業はかなり緊張します。慣れてくれば大丈夫なのかもしれないですが、今回は結構緊張しながら貼りました。あっ!と思って貼り直そうとするとドアの表面まで一緒に剥がしちゃいそうな気がします。

どちらの製品の接着面にもよく見ると薄い溝がついているのですが、これはエア抜きのためについているようです。

そして、この溝はダイノックの方がはっきりついています(リアテックの溝は最初あることに気がつきませんでした)。そのためか、接着力がものすごく強いにも関わらず、ダイノックのエアを抜くのは楽に感じられました。


090607-1-7.jpg
せっかく、表面がきれいになるのだから、これも替えよう!ということで、引手を購入してきました。元々のものはかなり汚れていたので。


090607-1-8.jpg
完成! すっきりきれいになりました。

まだ、裏面の襖の部分を何とかしなければならないんですけどね。


2009/06/05

天井の羽目板貼り

今日は、2階元和室の天井貼りをしました。
090605-1-1.jpg
この部屋はの天井は、元々プリント合板の天井なので壁紙を貼ることも難しい…。というワケで、天井も羽目板で行きます!

使用する材料は、以前自宅のベッドを作成した余り(この記事、まだ書いてない…)。ちょうどこの部屋の天井分くらいありそうだったのです。

なので、壁の羽目板とは違うもの。厚み12mm幅105mmのアウトレットでないA品です。


090605-1-2.jpg
先日もご紹介した、C7RSHが活躍中。

長い材料を切断するのには、設置する場所が中々ありません。
結局押し入れの方まで追いやられてしまいました。


090605-1-3.jpg
材料の割り付けは、もちろんmosさん。結構大変だったようです。

材料自体の量にあまり余裕が無いのと、釘が打てる位置と、見た目のバランスを考えて配置していました。


090605-1-4.jpg
あと少し!

それにしても、ずいぶん雰囲気が変わりました。


090605-1-5.jpg
なんとか暗くなる前に終えることが出来ました。
壁の羽目板貼りの時と同じように、最終の一列は幅も調整しなければなりません。

長い材の幅を狭くするのは大変なので、ここは幅狭の短い材をたくさん入れました。意外とそのまま見えていても目立たないのですが、回り縁で見えなくなってしまう場所なので全然問題なしです。

近々メルドスを塗って仕上げる予定。濡れ色になるので、今よりも若干色が濃くなると思います。