カテゴリー

2009/10/03

白天井

091003-1-1.jpg
青天井 の次は白天井。

リビングの次は、6畳の寝室の天井の作業です。この部屋の上には、同じく6畳の部屋があるので、『外の気温が直に』というコトはありません。でも、天井の上はスースーと外からの空気が入ってきています。

なので、念のためここも断熱材を。スタイロフォームほどの性能は必要ないので、発泡スチロールを使いました。


091003-1-2.jpg
発泡スチロールは柔らかな分、スタイロよりも詰めやすいそうで、サクサクとすすみました。


091003-1-3.jpg
少し時間が余ったので、久々に脱衣室。
1ヶ月ちょい前にあと少しのトコロまで来ていました。

その後、不足分の窓枠や幅木やドア枠の切り出し・塗装など、少しずつ準備していたのです。

まずは窓枠の取り付け。

ちょっと色が違うけど、ほとんどわかりませんね。


091003-1-4.jpg
それから、幅木。

こういうトコロが入ると、作業中から『完成した部屋』って感じに変化してきますね。
実際はお風呂のドアのドア枠がまだなのですが。

こちらも、パーツ準備中。大物はいろいろ難しいですね。


2009/10/01

青天井

091001-1-1.jpg
なんの相場も上がってませんが(笑)、この家の天井は青くなりました。

採寸→pin、 カット&はめこみ→mosという、ちょっと(イヤだいぶ)不公平な役割分担で頑張りました!


091001-1-2.jpg
あ、この部分だけは、pinがカットして詰めましたよ。
…ボロボロですか?

合板サイズで配置した野縁とはちょっとずれた位置に、照明の受け(ビスを打って固定するための木材)が必要なのでこのような状況になっています。


091001-1-3.jpg
外に面していない部分の壁にも、発泡スチロールの端材を詰めてみました。
廊下の寒さが少し防げたらよいな?という気持ちと、捨てるの(リサイクルに出すんですけどね)大変だな?という気持ち(←こっちがメインか!?)から思いつきました。


091001-1-4.jpg
今日はこんなお客さまも。

あまりに気持ち良さそうなので、到着してしばらくは静かな作業をして寝かせておいてあげましたが、電動工具の音が始まったら、ものすごいスピードでどこかに去っていきました。

このネコさんは、常連さん。私たちがいない日はゆっくりしているみたいです。