カテゴリー

2009/12/30

あとは枠!(+細かいとこちょっと)

091230-1-1.jpg
リビングの壁、貼り終わりました! そして、廻り縁も取り付け完了?。

道具類がごちゃごちゃ置いてあるので、写真だけではピンとこないと思いますが、結構広い割には落ち着く感じに仕上がりました。


091230-1-2.jpg
残す大きな作業は、枠の取り付け。コレは意外に時間がかかる作業なので、リビング完成!と言えるまでにはもう少しかかりそうです。

それでも、1つ何かが終わると、少し進んだ気がするし、材料が減って動きやすくなったりして、ウレシイ気分です。


091230-1-3.jpg
さてさて次行こう!と枠の作業に移りたいトコロですが、その前に貼り終わった壁&廻り縁にいつものメルドスを塗るのが先。

枠を取り付ける前なら、必要なマスキングは天井の際と床の際の部分だけ。出来るだけ、必要な工程が少ない方が楽ですもんね。
…と、言うわけで、ワタクシがマスキング&ふき取り係。mosがメルドスを塗る係で頑張ってます。

楽勝?!と思っていたのに、意外に面積が広くて体力を使ってます(笑)。


2009/12/23

リビングの壁、もう少し!

091223-1-1.jpg
粗大ゴミの回収が終わったので、とりあえずトイレは中断。はりかけのリビングの壁を再開しました。

水平に気をつけつつ、入隅のトコロの段がずれないように。これが結構難しい。
みんなおんなじ羽目板といえども、1枚1枚若干幅が違うし反ってたりもするし。

でも、これがパズルみたいで結構燃える。楽しいです。


091223-1-2.jpg
残りの面積は少なくなってきたのですが、面倒なトコロもそれなりにあるし、残りの材料も少ないため選ばなくてはいけないしで、もう少し時間がかかりそうです。

この羽目板、Bグレードの比較的安価なものなので、節や色など実に様々で欠点も多いです。それでも必要な長さによってはうまく欠点部分を避けて使うことができるのですよ。

材料をできるだけ無駄なく使い、キレイな部屋が出来た時の達成感はなんともいえない幸せなキモチです。

あと少し! 頑張ろう?。


2009/12/19

常連さん

091219-1-1.jpg
一番の常連さん、シジュウカラ。木の上でヒマワリの種が追加されるのを待っている(?)ところです。

最近は、遠くに逃げてしまうことが少なくなくなりました(慣れてきた?)。


091219-1-2.jpg
ピーナッツリースもお気に入り。

去年の冬は見向きもしなかったのに、不思議だなー。


091219-1-3.jpg
キッチンの窓から。

種をくわえたらすぐに木にもどって食べるコトが多いので、フィーダーに長居することは少ないのですが、なぜだか今日はのんびり。

水と種の間を行ったり来たりしていました。

最近はバードフィーダー付近にお客さまが多いので、キッチンからなかなか離れられない私です…。


2009/12/18

いよいよトイレに着手?

今日は、待ちに待った約束が終わり、ちょっと…いや、かなりスッキリ!

いえそんな大げさなものではないのですが、粗大ゴミの回収の日だったのです。

2tトラック1台で回収に来てくれるので、壊れたイス、以前使っていたベッドの部品などなど、チャッカリ我が家のものも便乗させていただきましたが、メインはなんといっても22.5畳分のタタミ!積み込むお兄さんも、それなりに大変そうでした。

そしてタタミの他には、温水洗浄便座を。

最近はリビングの作業をしているのですが、昨日はそれを中断。粗大ゴミを取り外すべく、トイレに手をつけました!

この家の便座、古いものだし、もちろんマニュアルなんてありません。
とりあえずmosがネットをさまよい、温水洗浄便座の取り付け方のページを発見。この逆にすれば外れるかも?というコトで、PDFをダウンロードし印刷して持参しました。

半坪もない(多分0.35坪くらい)狭い空間。2人で参考書を片手に“あーでもないこーでもない”と手探りしてみましたが、ココのボルトを!とかココのボタンを押せば!というトコロは発見出来ず…。

…悩むこと数分…。困った?とmosが悩んでいるヨコで、いきなり私が無理やり『バキッ』と力任せに外しました。ウンなんとかなるもんだね!(こんな行動に出る私はO型…)

かくして無事に温水洗浄便座は、粗大ゴミとして旅立って行きました。めでたしめだたし。

…まだ、便器本体という大物が待ってるんですけどね(苦笑)。まぁ、それは、もう少し先に…。

2009/12/16

にぎわってます

091216-1-1.jpg
今年も冬季限定の野鳥レストランを開いています。

1ヶ月ちょっとたち、常連さんもちらほらいらっしゃるように。

この方はシメ、ちょっと困った常連さんです。

本人(本鳥?)に悪気はないと思うのですが、いつもの シジュウカラさん達よりもちょっと体格がよいので、用意したひまわりの種をたくさん食べてしまうんです。


091216-1-2.jpg
あらら?こっちのフィーダーもですか…

困るな?と思ったけど、種の取り出し口が小さいのでここからはうまく出せないみたい。ヨカッタ。


091216-1-3.jpg
今日は珍しくツグミさんもいました。かわいいですね。

フィーダーに近づいた姿は見たことないなぁ。


091216-1-4.jpg
キジバトさんも、常連さんなのですが、もっぱら地上派。いつも水を飲んだり、落ちているどんぐりをつついたりしています。

大きいけど、動きものんびりしてて平和な感じですね?。

…と、こんな感じで冬は裏庭の野鳥観察を楽しんでいます。のんびり眺めたり、うわーっカワイイね!といいつつ写真を撮ったり。
このBlogにも若干(?)野鳥ネタが増えると思いますが、お付き合いいただけたらウレシイです?。


2009/12/13

床はりサクサク

091213-1-1.jpg
先日の予告通り、フローリング貼りをしました。

懸案事項の天井が終わったところで、いっそもう一つの懸案事項のトイレ?とも思いましたが、やっぱりフローリングにしたのでした。面倒そうなトイレを避けるキモチと(多分私だけですが 笑)、材料が減った方が作業スペースも広がるかも?という理由からです。

リビングも、寝室と同じ合板フローリングなので手順はバッチリ。しかも、前半戦は障害物もないのでサクサクです!


091213-1-2.jpg
掘りゴタツの周囲はこんな加工が必要な場所も。
ちょっとだけ面倒ですね(いや、私はそ?でもないんですがね)。


091213-1-3.jpg
そんなこんなで、サクサクここまでやってきました。
他の細々したことも合間にやってるので、実際の日数は3日ですが、正味2日弱といったところ。なんども書くけど、やっぱり合板フローリングは早いですね(驚)。

3日目は最後の列の面倒なトコロを残してあっただけなので、貼り終えたらすぐに壁の作業に突入しました!


091213-1-4.jpg
どんどん出来てくる感じがあって、やっぱり大きな面は楽しいです。材料もどんどん減ってくるので作業スペースも広くなってくるし。

羽目板の色、模様、残量などを気にしながら、配分に頭を悩ませているmosだって楽しいと言ってるぐらいですから、なんてったって楽しいのです。

2009/12/10

早く終わらせたい

091210-1-1.jpg
メルドスを塗装しておいたリビングの天井板をようやく張り始めました。

相変わらずmosさんが天井、私が地上で接着剤塗りという役割分担で頑張っています。

そして、相変わらずコニシ 速乾ボンドは、溶剤臭が強くてクラクラします。ちょっとだけいいマスク(活性炭入り)にお世話になり、なんとか作業をしています。コレをよく使う職人さんって大変だわー。


091210-1-2.jpg
3日がかりで完成。

脚立の昇り降りばかりだし、上ばかり向いてて首が痛いし…いやいや、そんなことは吹っ飛んでしまいそうなくらいの溶剤臭。時間的には2日くらいで行けそうなのですが、やっぱり人間には限界が…というワケで3日がかりです

終わってみれば、目透かし天井はやっぱりスッキリしてていいですね?。頑張ったカイがありました。
シナベニヤもキレイだし。ホワイトオイルを縫った椛ベニヤで妥協しなくてヨカッタです。


091210-1-3.jpg
天井貼り3日目は早い時間に終わったので、続けて窓枠のサンディングとメルドス塗りを。

窓枠は見切りで隠れてしまう部分も多いので、メルドスはそれ以外の場所だけ塗りました。

さて、天井の次は床に行きますよー。

2009/12/02

収納棚設置

091202-1-1.jpg
トイレの入り口に向かって右側のこのスペース、もとは洗面台が設置されておりました。

洗面台は脱衣室に引っ越したので、ここはもぬけのカラ。このままにしておくのはモッタイナイので、収納スペースとして使うことにしました。


091202-1-2.jpg
まず最初にいくつかの電気工事。

写真右側の玄関の靴箱の上あたりに、コンセントを増設。ここには電話のモジュラージャックがあるのですが、コンセントは無し。昔の電話って電気いらなかったですもんねぇ(いつの話?)。

1枚目の写真の上の方に写っている黄緑色の線(もとは洗面台の電気供給用)から引っ張ってきます。
これまでモジュラージャックがひとつだけだったスペースが、コンセント2口とモジュラージャック1つに変身する予定。電話機のコトだけ考えるとコンセント1口でも大丈夫なのですが、なんてったってコンセントの少な?い家なので念のため、2口に…ということになりました。


091202-1-3.jpg
そしてさらに、こちら側にも増設。これは先程のモジュラージャックのところのコンセントからつながっています。


091202-1-4.jpg
電気工事のメドがついたので、次に棚受けレールを4本設置。
レール自体の垂直、4本の高さを同じにすることなどに気を使いますが、設置自体はビスで止めるだけなので簡単。

棚受け金具の位置を変えれば、いつでも必要な棚の高さにできるので優れものだと思います。


091202-1-5.jpg
棚板を乗せてみました。しばらくは私たちの道具や材料を置かせてもらうので、一段一段は高さを高めにとってあります。

棚板はラワンランバー。アトム 竹炭塗料 銀杏色を塗って仕上げたもの。

この塗料、以前激安コーナーで見かけて確保しておいたのですが、いい色だけど、我が家では使うところがない…と若干困っておりました。日の目を見せてあげられてヨカッタです。この場所にはなかなかマッチしてるしね。


091202-1-6.jpg
モジュラージャックのトコロのコンセントに引っ張ってくる電線は、モールで処理しています。

途中90度に曲がるところや入隅があるので、専用のパーツ(?)を購入して仕上げようと思っていたのですが、ホームセンターで端が45度にカットしていあるパーツを発見。これくらいなら、自分で出来そう?とモールだけ購入し、角度切りをして仕上げました。

なかなかキレイに仕上がってますよね。

床を張って、入り口をなんとかすれば(なんとか?)完成なのですが、その作業は後ほどにして、次に進みますー。