カテゴリー

2010/03/27

脱!コンクリートブロック!

100327-1-1.jpg
pin母家の物置、屋根張りはまだ終わっていませんが、今日はの壁の作業をします!

昨日、壁の清掃と周囲の養生をした後、シーラー(今回はA.S.エコシーラー)塗りまで終わらせたので、今日は本番のジョリパットに挑戦です。


100327-1-2.jpg
自宅の内装にタナクリームを使っているので、壁塗り自体は経験ありですが、ジョリパットは初めて。

さてさてどーなるでしょうか?


100327-1-3.jpg
早速1回目の塗りをスタート!

ネットで勉強したところ、ジョリパットは比較的短時間で表面が乾くので、深追いは禁。ささっとうまく伸ばしていくのがコツっぽい。

大丈夫かな??と心配でしたが、ひと塗りしてみたら、スーッと伸びてなかなか塗り易い!ちょっとタナクリームより柔らかいからかな?

身長が低いワタクシは下の方を中心に頑張ってみました!


100327-1-4.jpg
1度目の塗り、終了?。こんな雰囲気になりました。

今回選んだ色は、うっすらオレンジのJP-2028。真っ白もキレイかな?と思ったのですが、屋外なので汚れがあまり目立たないよう少し色が入ったものを選びました。
屋根の色とも相性バッチリでいい感じです。

まだ薄塗りなのでコンクリートブロック同士の境目がハッキリ見えてますね。仕上げ後は消えてしまうとまではいかないものの、もう少し目立たなくなると思います。

無理な体制も多いのですでに筋肉痛が始まってますが、明日仕上げるのが楽しみです。頑張るぞーっと。

2010/03/23

次のターゲット

100323-1-1.jpg
縁側が完成したので(小さな階段はつけようと思っているのですが…)作業は次のターゲットに。

このどう見ても物置です!という雰囲気の物置をもう少しキレイに!という計画。ものすごく汚れているわけでも無いので、そのままでもイイっちゃーいいんですが、この物置はリビングに座ると、視界にどどーんと入ってくるのです。

ん?上の方で何かしている人が……


100323-1-2.jpg
…と思ったら、pinさん屋根の上で頑張ってますね?。
久々の高いところなので、登る前はドキドキしたのですが大丈夫でした。

まずは屋根の張り替えから!という計画なので、古い屋根材を剥がし始めました。まずは棟包みから。地道に釘を抜いていくのみで、とりたてて高度な技術はいりません。まさにpinにうってつけな作業です。


100323-1-3.jpg
棟包みの撤去が終わったら、次は波板を。

こちらも傘釘をひたすら抜いていくだけ!どんどん抜いて1枚目の波板を外したら…あら、ビックリ!下からミラーマットが出てきました。

波板の下にミラーマットって聞いたことないけど…? 丁寧なのか?手抜きなのか?うーん。
20年位前の建物と考えると、たぶん丁寧だったんだと思うことにしよう。そうしよう。

驚いたことに、このミラーマット、全くきれいなままでした。劣化してボロボロ…ってなトコロは1ヶ所も無かったです。意外とすごいのかも?


100323-1-4.jpg
全部撤去し、お掃除した後はルーフィング貼り。

我が家の倉庫から、余っていたゴムアスをどどーんと大放出!…ってほどの量は無かったので、後日購入してきます!

在庫品ですから、パッチワークみたいになっていますね。


100323-1-5.jpg
ゴムアスが尽きたところで、屋根材も張り始めました。

今回は【Onduline】のメタリンタイルです。色は茶色を選びました。

専用釘で固定していきます。


100323-1-6.jpg
今日のところは、ここまで。

青色の波板の時と比べて、可愛らしい雰囲気になってきました。
50年の耐久性がある上に、メンテナンスフリーなのがウレシイです。ウチもコレにすればよかったかな?(違)。


2010/03/20

New縁側、完成!

100320-1-1.jpg
モルタルを打設してから6日。充分固まったようなので、今日は続きの作業をします。

まずは型枠はずしから。


100320-1-2.jpg
薄い枠なので、綺麗に外すことができました。

続けて、この前ナンバーをつけた束柱を間違えないように固定。


100320-1-3.jpg
型枠を外した部分のアップ。

若干薄めだけど、沓石は10ヶ所あるし、ま、大丈夫でしょう。


100320-1-4.jpg
束柱と沓石の間に水が溜まるのがイヤだなぁと思い、少しでも浮かせるために何か挟むものをホームセンターで探索。
気休めかもしれませんがこんなものを取り付けてみました。

さて、コレはナンでしょう?

…コタエは、キソパッキンの調整板でした?。若干大きかったので、半分に切って使用。

さて効果の程は?


100320-1-5.jpg
写真を撮る余裕が無いままどんどんすすめました。

床板(? 一番てっぺんにのっかる部材)の固定は、幕板からビスを斜め打ち。表面からダイレクトに下に向かって打つ方法もあったのですが、見た目がちょっと…ということでやめました。

あらかじめ、ドリルで下穴開けなくちゃだし、第一打ちにくいしで面倒ですが、後を考えたら一時のことですもんね。

真ん中辺りの床板の木口が白いのは、カットしたから。雨戸の戸袋の分だけ短くしました。
カットした方を手前側に固定して、後で、塗装し直します?。


100320-1-6.jpg
地道な作業の結果、完成?。あ、木口塗らなくちゃ(笑)。


100320-1-7.jpg
こんどこそ、完成!

奥行きは減ったけど、横に長い分“縁側!”って感じです。上に屋根もついているので、ちょっとの雨くらいなら大丈夫。


100320-1-8.jpg
我が家の愛鳥キスケも気持ちよさそうに日光浴。

pin母家での作業の時は、出張してきて(連れてこられて?)現場監督という重要なお仕事をまかされているのです。

この縁側は合格みたいですね(笑)。

2010/03/14

New縁側、組み立て・設置スタート

100314-1-1.jpg
今日も、pin母宅の縁側の作業。

今回の縁側は木工ランド方式を少し簡略化した方法で作成するので、まずは根太パネルの作成から。あまり大きなものではないので、地面に寝かせることなく作業。

細長?い、パネルが出来ました。


100314-1-2.jpg
端材を脚にして、予定の場所に仮設置。

正面から見るとこんな感じ。元々あったものよりも奥行きが減った分、横に長くなった感じです。


100314-1-3.jpg
これくらい長いと、どっちの掃き出し窓からも出入が出来ますね。

それぞれの位置に、束柱をあてて見ながら沓石の位置決めをしました。

その後、


100314-1-4.jpg
位置決めが終わった、沓石の周囲になにやら薄い枠が…。

実は、これ型枠です。
コンクリートの上とはいえ、そのまま沓石をおいただけではちょっと不安なので、周囲をモルタルで固める事にしました。


100314-1-5.jpg
モルタル担当はmos。

元々あったコンクリート部分は水はけのために、傾斜しているので、まっすぐ立つように調整しながらです。
頑張れ?。


100314-1-6.jpg
すべてにモルタルを入れた後、束柱の必要な長さを測定し長いものから切り出し。
pinは、カット後の木口に塗装し位置がわからなくならないようにナンバーをつけました。

しばらく養生してモルタルがOKになったら、続きの作業をする予定。
大変だけど、どんどん形になっていくのは楽しいなぁ。


2010/03/12

納戸周囲と縁側パーツ、塗装中

100312-1-1.jpg
今日も晴れ。pin母家で、納戸周囲とNew縁側のパーツの塗装作業をしました。今回の塗装には水性ウッディガードを使用しています。

縁側のパーツは結構細かくて量が多いです。写真に写っているのは1/3弱位かな。


100312-1-2.jpg
納戸の破風や鼻隠しも、グレーになってきているので塗装。元々は無塗装だったみたいです。

ドアと窓の周囲など、木部は全部塗装する予定。


100312-1-3.jpg
脚立の乗り降りが若干疲れますが、順調に塗り進めています。
塗る前と後、写真だと違いがわかりづらいですね。


100312-1-4.jpg
納戸周りを順調に塗り進めつつ、はっと気づく…。コッチ側の破風は無理だ。

あんまり気にして見ていなかったけど、この納戸ってものすごく境界ギリギリに立ててあるのねー。
今更どうにも出来ないけど、かなり驚いたわー。


2010/03/09

材料も減るし

100309-1-1.jpg
今日は自宅。キッチンの天井を貼りました。

石膏ボード貼りって結構久しぶりな気がするなぁ…(この前貼りなおしはしたけどね)。

やっぱり天井はきついデスねー。

障害物も多いし、2人でやっても大変なので(一人で貼る人、スゴイですねぇ)サポートリフターくんにもお手伝いしてもらっています。長年一緒にがんばってきて、レバーの調子が若干悪くなってしまっっていますが、まだまだ現役!


100309-1-2.jpg
体力的には大変ですが、1枚の面積が大きいので進み方は早い!

あっという間(?)にあと2枚というところまで来ました。

それにしても、下のほうにごちゃごちゃといろんなモノが…。仮キッチンですからねー。貼っている時間よりも、モノの移動の時間が長かったりして。

家が出来てくることもちろんうれしいんだけど、大きな材料が減るのもすっきりしてうれしい気分だったりします。


100309-1-3.jpg
mosがさんざん検討してくれた、ダウンライトの位置もバッチリです。

手前の方の丸が緑色なのは、以前間違って(だっけ?計画変更かも?)あけた部分。この上から、羽目板で仕上げるので、見えなくなっちゃいます。

とか言いつつ、この後に今回切り出した丸い石膏ボードで埋めておきました。イヤ、深い意味はないんですけどね。
なんとなく、気分です。ゴミも減るしね(笑)。