カテゴリー

2010/05/31

じゃじゃーん!

100531-1-1.jpg
ものすごい数のシナランバー…。

この1週間くらいはこの方々と戦っておりました。切り出し、木口テープ貼り、サンディング、メルドス塗りなどなど。

作業自体は単純ですが、チマチマ面倒な上に数も多い。置き場所確保にも一苦労。


100531-1-2.jpg
今日はひたすら組み立て作業をしました。

じゃじゃーん!とタワーが出来ました。このハコ達はこれから作るものの一部。形が見えてきたらまた楽しくなってきました。

さて、何が出来てくるんでしょうねー。


2010/05/18

玄関リニューアル!

100518-1-1.jpg
昨日ドアを交換してもらったpin母家の玄関、実はまだまだ続きがあるのです。

出来るだけコストを抑えるためテレビドアホンの移設などは私たちがすることにしていたのですが、昨日業者さんのドア交換が終わったのが18時近く。

さすがにそれから作業するのは時間が足りないので、状況確認をしたり必要なものを考えたり調達したりして、今日の午前中の作業に備えたのでした。

昨日のドア交換が終わるまでは、“取り付けの邪魔になるので外しておいて終わったらまた元の位置にもどす”のだと思っていたのですが、な・なんと新しいドアがものすごーく出っ張っていて、元の位置は半分以上枠とかぶってしまうため、もどせなくなってしまいました…。

仕方がないので移設。

ケーブルをそのまま露出させておくわけにもいかないしな?と昨日の帰りにホームセンターを物色。屋外なので、普通の樹脂製モールではパリパリに劣化してしまいそう…と金属製のモールを購入してきました。

元々のドアホンがあったあたりははそのままコーキングせずに残しておいてもらったので、バックアップ材を詰めてコーキングをしなくちゃだし…。


100518-1-2.jpg
こういう経路で移設します。
元々ついていた位置だと、角度調整を頑張ってしてもカメラ機能が活かせきれない感があったのですが、このくらいずれせば、来客のお顔もバッチリです。不幸中の幸いかも。

モルタル吹付けの外壁なので固定方法をなやんだのですが、シンプルにビス止めすることにしました。もちろんコンクリート用プラグ使用です。


100518-1-3.jpg
テレビドアホンの移設がメインとはいえ、それだけの作業ではありません。

一番上の玄関灯は、あまりにもドア側に寄ってしまいコーキングも出来ない状態(まぁ、見た目もあんまりだし)。そこで出来るだけ左にずらし、コーキングもしてみました。
自作の表札(なかなかよく出来たんだけど、個人情報がバッチリなのでお見せできないのが残念です)の位置もずらしたりと細々作業しました。

などと書いていますが、実はワタクシ、mosを母の家に残して午前中は染色教室に行っておりまして、すべてmosのお仕事なのですm(u_u)m

いつもながらどーもありがとう!


100518-1-4.jpg
えー、そろそろ思い出せなくなってきた、元々の顔。
写真を発掘してみましたよ。


100518-1-5.jpg
リニューアル後のお家の顔。

スッキリしましたねー。pin母も喜んでおりました。
よかったよかった。



2010/05/17

コチラの顔(?)も

100517-2-1.jpg
職人さん達が頑張っている間、実は私たちも頑張っておりました。ひたすら観察していてわけではありませんですのよ。オホホホホ。

なにを頑張っていたかと言うと…コレです!
リフォームが終了したはずの物置の出入口にしているサッシ。
完成した物置に喜びつつも、なんかちょっと違う気が…。と、ボンヤリと思っていたのです。


100517-2-2.jpg
まずは、出入口と窓のアルミサッシを外しブルーシートの上にごろーんと並べました。

汚れを掃除したあとにペイントうすめ液で脱脂し、新聞紙とマスキングテープで養生。

そう!これからこの枠を塗装しまーす。


100517-2-3.jpg
もちろん枠も塗装します。アルミは普通のラッカースプレーでは食いつきが悪く剥がれやすいと言われているので(ミッチャクロンなどのプライマーを使えば別ですが)今回はカラーアルミスプレーを用意しました。

周囲の養生は結構大変でしたよー。なんてったってジョリパットを塗って仕上げた後ですから(苦笑)。

もちろん先にサッシを塗った方が、養生楽だし、多少なら周囲に色がついてしまってもリカバリーできるし、メリット大ですよ。我が家は最初は全く予定してなかったもので(笑)。


100517-2-4.jpg
最初に練習もかねて窓の枠を塗ってみました。

アルミのシルバーよりも、茶色の方が、周囲の薄オレンジ色と合いますね?。


100517-2-5.jpg
今日は、陽射しが強くて暑ーい!トーストされる食パンのような気分です。チリチリチリチリ…。

でも、おかげさまで良く乾きました。スプレータイプなのも功を奏して、夕方までかかって3回塗り終了しました。

こんな感じになりました?。どーでしょう?

やっぱりシルバーから変えてよかった。リビングに座るとこの物置が窓のむこうにドドーンと見えるのですが、しっくり全体が落ち着いた感じがします。


100517-2-6.jpg
少し角度を変えるとこんな感じ。

実は、窓も出入口も外から見える面しか塗っていません。内側から見たら、もとのシルバー(笑)。
トータル4缶のスプレーを使用しました。
枠にも結構な量の塗料を使ったし。コストがどんどんアップしちゃうので必要な方だけにしました。

すでに一度“終了?”と書きましたが、今度こそ、ホントに終わり。物置リフォーム終了です。


2010/05/17

家の顔だしね

100517-1-1.jpg
今日は自宅ではなくpin母の家に来ています。

今日の主役は職人さん。家の顔、玄関ドアをお願いしたのです。

この家、いろいろリフォームしてキレイにしたのですが、玄関ドアには手をつけていませんでした。

塗装程度ではキレイにならなそう…かといって、リフォーム用のドアを入手することも困難だし、第一施工がキビシイ(住んでるから、1日で終わらせないとですもんね)。

他がキレイになっただけに、母も気になっていたようで相談をうけたので、思い切って業者さんにお願いしてみました。

いろいろ考えたのですが、【トステムオンライン】さんに、見積りを依頼しお願いすることにしました。

…てなワケで、約束の時間少し過ぎ(笑)にトラックにいろいろ乗っけて職人さん登場!


100517-1-2.jpg
いろいろ見たり、写真を撮ったりしたかったのですが、あんまり覗くのも邪魔になるかなーと自重(してた、多分)。

まずは解体から。2人がかりなので、どんどん進みます。
枠部分をディスクグラインダーでカットすることも多く、結構ニオイがすごい…。
1日家をあけるから寂しいかも?…と、キスケ(コザクラインコ)を連れてきたのをちょっと後悔しました。


100517-1-3.jpg
午前中から新しい枠を組み始め、『うわー…はやっ!』と思っていたら、本体の吊り込みがスタート。


100517-1-4.jpg
お昼休み中に、撮影?。
あっという間だね!あとほんの少しじゃん。すごーく早い時間に帰っちゃうかも?

…と言う考えは甘かったのでした。この後の調整、コーキング、その他が大変だった模様。
結局、17時過ぎまで黙々と作業は続き、鍵を渡し使い方を説明したあと、帰って行きました。
お疲れ様です…。

そーなのね、そーなのね、あそこからが長いのね。結構おどろいた1日なのでした。

本日の完成写真は撮っていませんが、明日私たちがインターホンの移設などをした後、全部きれいになったら撮ってこようと思います。


2010/05/10

トイレの上の方の作業

100510-1-1.jpg
キッチンブリッジに続き、今日は1階トイレの天井に羽目板を。

ここも、狭い場所なので楽勝?と言いたいところなのですが、なんせ、トイレ。トイレ本体をさけつつ脚立を設置せねばならないので、結構無理な体勢が…。からだがカタイのでツライです。そうは言ってもpinに繊細なカットは不可能なので、やっぱり張る係をするしかないなぁ。


100510-1-2.jpg
そうそう、1枚目の写真の左のほうにちらっとヘンなものが見えますよね。

コレ、お隣のユーティリティスペースの換気扇のダクトなのです。150パイなので、結構デカイ。
我が家のユーティリティスペースは、外部に全く面していないのでお隣の部屋を通して外に持っていかなければならないのです…。
天井裏を通せばウツクシイのだと思いますが、ツーバイフォー工法の我が家は、2階の根太に大穴を開けないと無理なので、天井の下を通ってます。

さすがに露出したままではあんまりなので、もちろんキレイに隠します!

まずは枠を設置。
いろいろ段取りを考え、枠の形にしてから設置。狭いスペースな上に脚立も起きづらいし大変でした。


100510-1-3.jpg
ユーティリティスペース側は、今のところこんな感じになってます。

将来は換気扇のダクトパイプがつながる予定。これももちろん隠します。


100510-1-4.jpg
枠の上から石膏ボードを貼りました。だいぶスッキリ。


100510-1-5.jpg
ここは多分(まだ多分とか言ってる 笑)ペンキ仕上げなので、コーナービードを取り付けた上からグラスファイバーテープ貼り。


100510-1-6.jpg
廻り縁も取り付けたし、上の方はちょっとしっかりしてきた感じ。

天井は近々メルドスで仕上げます。壁はもう少し先かな。


2010/05/07

ブリッジも

100507-1-1.jpg
以前から何で仕上げ用か迷っていた、ブリッジのトコロ。

R階の天井は漆喰だし周囲の壁も漆喰だから、ここも漆喰?とぼんやり考えたりしたこともあったけど、キッチンの天井を貼った勢いで、ここも羽目板にすることにしました。

両端に見えている黒いテープは、漆喰を塗るためにコーナービード を取り付けてあったアトなのです(笑)。


100507-1-2.jpg
小さな面積だし、スタートしたらあっという間!加工が必要なトコロも、このダウンライトの部分だけですから。

大変なことと言えばこのブリッジの下、一部は床で一部は玄関の三和土なので脚立の設置場所が限られることくらいです。


100507-1-3.jpg
と、いうわけで完了?。

あとは、恒例の“端っこは見切りでキレイにね!”作業。


100507-1-4.jpg
周囲を見切って(っていう表現でよいのか?)、こんな風になりました。

個人的には、漆喰がほとんどな中でよいアクセントになったかなー。と大満足。
とはいえ、まだ周囲の壁は石膏ボード色ですが。

他の場所とまとめてメルドス塗りをしまーす。


2010/05/05

紅白

100505-1-1.jpg
石膏ボードを貼り終えたキッチンの天井に、数日かけて羽目板を貼りました。

天井の羽目板貼り作業自体は、ちょっと首が痛くなるくらいであまり大変ではないのですが、今現在進行形で使っている仮キッチンの上ということが大変なのです。
いろいろどかしつつ、“あら?ここかなり汚れてるわー、ちょっとお掃除!”とか、“コレ、もういらないかなぁ?捨てるかどうか考えなくちゃ”とか色々イロイロ、余計な作業や思考が…。

住みながら作業するって、こういうコトですね。無理な体勢もしつつようやく、貼り終えた天井。
スッキリしてうれしい気持ちです。

手前の天井と比べると、とーっても白いですね。

調べたところ、手前の天井を貼り終わったのはなんと3年くらい前でした。
そりゃぁ、紅白になるわな。


100505-1-2.jpg
というワケで、廻り縁まで終了したキッチンの天井でーす。
やっぱ、キレイだなー。

1ヶ所ライトが入ってないのはご愛嬌。


100505-1-3.jpg
ゲストルームの吹き抜けの辺りは、こういう感じに処理しました。奥の石膏ボードのままの部分は、将来タナクリームを塗る予定です。