カテゴリー

2011/10/29

パイプ倉庫工房

111029-1-1.jpg
春に床板を作り、工具のお引越しをしておいた臨時工房、本格的に稼働中です。

少し前まで、ベランダの材料などがギューギューはいっていたのですが(本来ならベランダが出来てなくなるはずだった…)。それを家の中に移動して使えるようになりました。

スペースも狭く難点は多いですが、それでも青空工房の時と比べるとかなりイイです。


111029-1-2.jpg
中の配置はこんな感じ。

セメントとか、ベランダのデッキ材(大きすぎて移動できなかった)とかがなければ、もう少し広くなりそうですねぇ。

コンセントも照明もちゃーんと完備していますよ。
あとは換気扇とかあったらなぁ…。



*11月4日(金)から6日(日)の3日間、三桝屋大田原店の「ハンドメイド雑貨展」に出店させていただきます。
パイプ倉庫工房内で制作したものももちろん持って行きます!お近くの方、ご都合よろしければ遊びにいらしてください。

2011/10/26

< 楽しく 美味しい 秋のいち日マーケット >終了

111026-1-1.jpg
出店のお知らせをしていました、ご近所のパン屋さんCroceさんのイベントが無事に終了しました。

お越しいただいた方、ありがとうございました。

イベントのタイトル通り、楽しく美味しいいち日でした! おやき(しかも4種類!)、ミネストローネ、マーボー丼に、お味噌汁、おにぎりコーヒーなどなどちびちびと食べ続け、帰る頃にはお腹がいっぱい!(何しに行ったの?笑)


111026-1-2.jpg
20店近くの出店者がおられました。
写真に写っている奥のお庭にもお店があったし、いつもパンを販売しているところではこけ玉のワークショップや、スカルプマッサージも!

ワタクシは天宮農園さんと成澤菜園さんの間に陣取り、販売させていただきました。

後ろがライブ会場だったので、午前も午後も『eastern bloom』さんの心地良い音楽を聴くことが出来るサイコーな場所と気づいたのは後からのこと。普段の行いがいいのかも?(笑)


111026-1-3.jpg
相変わらず、センスの無いディスプレイです…。

寒い一日だったせいか、心配していたニットの小物も沢山購入していただきました。その場で身につけてくださる方が多いんですが、みんな似合うものをチョイスしていかれるのが本当に不思議。

自分で編んだのに、あらためてかわいいなーと思ったり(笑)。やっぱり、並べてる時よりも身につけてもらっている方がイキイキしてくるんですね。

そして、11月4日、5日、6日の3日間、みますや大田原店さんで行われる『ハンドメイド作品展』にも参加させていただくことになりました。

mosさんは引き続き、木箱、ゴミ箱を量産中。私ももう少し編まないとなぁ…と焦っているところです。

ご興味有る方、遊びにいらしてくださいね。詳しいことがわかりましたら、また告知させていただきます。

家づくり以外のことでちょっとバタバタな秋だなぁ。

2011/10/17

外構中断中

111017-1-1.jpg
乱形石貼りは一旦お休みして、木工その他の作業をしております。

今年も(実は3度目なのです)、ご近所のパン屋さんCroce クローチェさんのバザーに出店させていただくことになりました。

木のこものは少し在庫を持っていたのですが、春のガレージセールめぐり/2011でたくさんお買い求めいただき(ありがとうございます!)、ほぼ無くなってしまいました。
なので、いろいろ作っているというワケです。


111017-1-2.jpg
こちらはもち手あな付きの木箱。今までは桂の木で作成しておりましたが、今回は桐です。

ワンサイズしか無かったのですが、今回は大中小の3サイズ展開になりました。

1つ作るのも、沢山作るのも手間はあんまり変わらないので量産しています。とても今回だけでは売り切れる量ではありませんね(笑)。


111017-1-3.jpg
私は、編み物こものを量産中。飽きっぽいので(笑)、みんな一点物です。

市販の糸も紡いだ糸も、どちらも使用しています。


111017-1-4.jpg
木工といえば、木屑。せっせとエコセコ薪をつくっています。

今回からは容器として牛乳パックを導入。
『エコセコ 』という記事を書いたときにコメントで教えていただいたのです。ありがたやー。早速実践しております。
ゴミもでなくていい感じ。

しかし、この半年くらいで色んなモノ飲んでるなぁ。



ご興味有る方はぜひ遊びに来てください!木工品と編み物を並べてpinがお店番していますので声をかけてくださいね。

< 楽しく 美味しい 秋のいち日マーケット >

日時:10月26日(水)10:30-15:00(雨天決行)
場所:Croce クローチェアクセス

手芸品、手作り石けん、布ナプキン、人形、野菜、雑貨、編み物、草花、フェルト作品
カレー、パン、菓子などなど。
天宮農園さん、成澤菜園さん、クチーナ・ハセガワさん、Powwow(パウワウ)さんも参加。何が出るかはお楽しみです!

『草・木・いろいろ さえ木』さんのこけ玉づくりのワークショップもありますが、要予約ですのでご希望の方はクローチェさんにお問い合わせ下さい。

ウズーキ演奏と歌のライブ(11:00-12:00、13:00-1400)もありますよ!

2011/10/08

粉塵スゴイ

111008-1-1.jpg
乱形石貼り、続いています。

この作業の一番の難点は石の粉。作業時も息苦しくてツライ上に、あちこちに白い粉が積もってしまいます。
あまりの石粉の多さに辟易して、色々調べ防塵カバーというグッズを発見。早速購入しました。

この防塵カバー、取り付けられる機種が限定されているため、仕方なく対応機種の中で一番安い部類のディスクグラインダも同時に購入。わが家に2台目の(以前壊れた物も入れれば3台目…)のディスクグラインダがやって来ました。
まだまだ外構作業はたくさんあるので活躍してくれることでしょう。

それから、もうひとつの難点は大きな音。切る作業がほとんどだから使っている時間が長いしね。

音に対しての対策としてはチェンソー用のイヤーマフを着けて作業しています。粉じんには防じんメガネ・防じんマスクも装着!

ここまで対策をとっても、石のカットは結構苦しい作業です。


111008-1-2.jpg
さて、早速NEWディスクグラインダと防塵カバーを使ってみました。

完全に石材に密着できれば結構ホコリを取ってくれますが、そうするとケガキ線が全然見えないので、少し浮かせて隙間から位置を確認しています。この場合のホコリ除去率は7割位といったところ。それでも無いよりはだいぶマシな感じです。

そういえば、ディスクグラインダを変えたせいか、騒音の質が少し変わりました。前より高音成分が減って頭の芯に響くような感じが少し減ったような…。
これは予測していなかったけど、結構嬉しい変化です。


111008-1-3.jpg
乱形石の中に1つだけ意図的な模様を忍ばせたら面白いかも?ということになり、どんな模様にしようかと考えた末、大好きな小鳥のモチーフをつくることに。

小鳥と決めたまでは良かったのですが、いいデザインが浮かばない(泣)。

あっちのイラスト、こっちの写真…と小鳥の画像を沢山見て、石で表現出来るくらいにシンプルにしてみました。

元々デザインセンスのない私。紙に書いてあるヘタクソスケッチが苦労を物語っています。


111008-1-4.jpg
こんなん出来ました。

いいー!かわいいー!と自画自賛。

目立ちすぎて浮いてしまわないよう、でもわかんなかったら意味ないしねぇ。どこに貼ろうか、慎重に検討しています。

見つけた人がクスって笑顔になってくれるかな?今から楽しみです。


2011/10/01

いよいよ最終仕上げスタート

アプローチの作業、いよいよ最終仕上げにはいりました。

ここは、乱形石(ジュラストーン)を貼っていきます。使用するのはサンワカンパニーのガーデナスタンブ
ル ホワイトという乱形石


ワタクシずーっと前から乱形石の仕上げに憧れておりまして、機会があればmosに向かって『乱形石、乱形石…』と念仏のように唱えていたのです。

大変そう…と敬遠気味だったmosもとうとうあきらめ、アプローチを乱形石貼りにすることに。その決定が実に3年くらい前。2008年の12月に購入した乱形石はずっと我が家の庭先で眠っておりました(笑)。

ようやくココにとりかかる事になり、改めて必要量を計算したら『少し足りないかも?』とのこと。
調べてみたら、まだ販売していたので少し買い足しました。

我が家が購入する材料は、アウトレット品、B品などが多く、逃したら買い足しは無理!というものがほとんどなのですが、この乱形石は珍しく通常価格で購入したモノ。清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで(大げさ?)購入したものですが、買い足し出来ることには感動しました!

111001-1-1.jpg
さて、いよいよ作業スタート。

初めてのことで、レイアウトに悩みそうだったので、ネットで石の配置の参考になりそうな写真をいくつか拝借して印刷し、用意しておきました。

とりあえずある程度の面積に石を仮置きします。イキナリ貼っていくわけではありません。最初は玄関側の端っこに、直線が出ている石を利用して周囲が一直線になるように配置してみました。


111001-1-2.jpg
石をある程度目地を揃えてきっちり置いていくためには、購入したままの形では不可能。ある程度あいそうな石をチョイスし欲しい形になるようにカットしなくてはなりません。

なので、石切り作業。ディスクグラインダーにタイルを加工した時よりも安いダイヤモンドカッターを装着してカット。タイル加工の時のは薄手の刃を使っていたのですが、今回は厚手の刃。切りしろが多くなっちゃうし精度も落ちるけど、何しろ切る量が多いので高いものは使ってられません…。そこまでの精度もいらないしね。

今回使用している石は、妙に四角い形のものが多いので、自然な割れっぽくなるように形を調整する必要も出てきました。


111001-1-3.jpg
少しずつ仮置きの面積が増えてきました。結構ソレっぽくなってきたかな?

この作業、見た目よりかなり大変です。予想をはるかに上回る時間の経過に結構ビックリ。


111001-1-4.jpg
ある程度まで仮置きの石ができたら石を貼り付けます。

モルタルの上に乱形石を置き、ショックレスハンマーで圧着。目地幅は5mmぐらいにしてみました。

もちろん水平器を使って、左右の水平と前後の水勾配を調整。ココに関しては小さな水平器で1枚の石を測り、大きなモノで全体を測るという風に2種類の水平器を使っています。

下地のモルタルの時の配合はセメント:砂=1:3でしたが、今回は貼り付け用で接着力がいるため、セメント:砂=1:2で練りました。

ちなみに、我が家はモルタルで施工していますが、バサモルを敷いた上にノロで接着…という方法もあります。今回の施工のためにネットでいろいろ調べてみたところ、バサモル派とモルタル派が半分ずつ位の印象でした。

それから仮置きの面積ですが、自分たちでやってみた印象ではこの位が精一杯でしたねー。どの石をどこに置くのかわからなくなっちゃうもん。写真に撮っておいたって、写真と同じ石を見付け出すことが難しいし、番号を振っておくのも現実的でないし…。結局そのままのレイアウトでちょっとずらしておくしか無いかなーと思いました(バサモル+ノロでの施工の場合はまた違うかもしれませんが)。ウチみたいに単一色でなく、何色か混じっているものならもう少し楽なのかもしれませんが。


111001-1-5.jpg
1日目終了。これでも、丸1日作業したんですよ…。

初めての事で手探りだっていうことも影響しているとは思いますが、いやー時間がかかる。ビックリです。

目地詰めはまた明日。


111001-1-6.jpg
2日目、mosは昨日と同じ作業を黙々と。pinは1日目にできた分まで目地詰めをしましたよ。

目地材をぎゅぎゅっと詰めてツライチ位にしてみたのですが、詰める前よりも目地が広く見える感じです。石が丸みのあるタイプのものなので、上端のR部分にも目地材が入ってしまい広くなってしまった模様。なんとなくそうなりそうな気はしてたんですけどね。

この石は比較的つるつるしているので、塗り目地で行きました。拭きとりはキッチンスポンジを使用したので、結構大変でした。近々大きなスポンジを購入してこようと思います!


111001-1-7.jpg
3日目終了。目地詰めは2日目にできた分まで。

やっと玄関ポーチの反対側の端まで到達しました!

玄関ポーチの幅は約2.4m、貼っている部分の道幅は約0.9mなので、2平米強に3日かかったことになります…。

今日貼ったところは水拭きのあと乾ききっていないので、石材が少し濃い色になっています。


111001-1-8.jpg
反対方向から。

目地には近所のホームセンターで売っていたNSメヂセメント 灰色を使いました。乾いた色を見ると、ライトグレーくらいの薄めの灰色です。



111001-1-9.jpg
ここまでで切り落とした端材。四角い石材の角部分を切り落としたものが多いです。

コナもものすごいし、石の破片も飛びまくるし、防じんマスクして万全の格好で作業していますが、健康には悪そうな雰囲気ですねぇ。

段々と出来ていくアプローチを見て、私は喜んでいるのですが、mosは『絶対にもうやらない…』と言っておりました(笑)。