カテゴリー

2012/04/12

ひとまず安心


昨日は午後から雨の予報。

pinは出かける用事があったので、mosさん1人で朝8時から頑張ってなんとか向こう側のブロックの床板と、関連する細々した部分をやっつけてくれました。

一昨日作業をした時のまま、工具類は2階に置いておいたので、準備に時間をさくことなくスタートできました。午後からというか、午前中には降り出しそうな空だったので急いでお仕事開始です。最後の方は小雨が降ってきたそうですが、なんとか一段落したそうです。

あ、もちろん前回の手すりの笠木もちゃんと設置してありましたよ。

昨日とはうってかわって、今日は良いお天気。いよいよ柱の根元にコンクリート打ちをします。

早速!と行きたいところですが、その前に柱の垂直や高さなどを調整しなくてはなりません。

前回はとにかく根太の位置を合わせて床板を付けるので精一杯でしたので、柱の位置が少しずれてしまっている可能性が…。

それに、柱はグリ石の上に置いてあるだけ。これまで上に乗ったりゆらしたりして作業していたので、高さも変わってしまっている可能性大です(T_T)

ということで調整作業ですが、予想通り作業は難航。

水平方向の位置はともかく、高さを上げるには持ち上げて下に石を入れるしかないわけで、これが超々重たいのです。ひーこらひーこら全力を出してなんとかミッションクリア。既にここまでで体力を使い果たした感じ…。



あぁ休みたい…でも、今日の目標はコンクリート!

休む間もなく、せっかく合わせた柱の位置がずれないうちにとコンクリート練り作業へ突入です!

砂利40kg+砂30kg+セメント12kg+水で、だいたいこのミキサーが練れる最大値くらい。

よく空練りしてから水を注いで、100kgほどのコンクリートが完成。ネコ車に移して柱の周りにどぼどぼと注ぎます。

これを一つの柱につき2.5回、4か所で10回作成しました。全部で1トン! 手練りでやることを考えたら…。ほんとミキサーに感謝です。



なんとか4か所に投入終了。
11時から始めて終わったのは午後の4時。すでにへろへろです。

あー、でもでも、使った道具はすぐに洗わないとコンクリートが固まって落ちなくなってしまうんです。
最後の気力を振り絞って片付けて撤収しました(T_T)

明日くらいにはだいたい固まってくるかな。これで柱も安定すると思うので一安心です。

次は、ベランダに屋根を付ける作業に移る予定。早く完成させたいなあ。


2012/04/10

ベランダ、四苦八苦


今日は天気もまずまずなので、ベランダ作業の続き。

前回の作業のあと、台風並みの嵐になるという天気予報だったので、慌てて床板を外して紐でしばって固定しました。

なので、beforeはこの状態です。

まずは紐をほどき、床板を並べる作業スタート!

この状態で床部分がちゃんとした長方形になるように直角を出していくのですが、これが意外と難しい。こっちを直せばあっちが狂う…という感じで、いくらやってもうまくいきません。

ただ動かすことを続けていても仕方がないので、理由をよーく考えます。で、もしかして…と調べてみると、根太の取り付け位置が数mm程度ずれていることが判明しました。

これじゃぁ、キチンとなるわけないなー…と、もう一度正確な位置に直しながら測定してみるものの、なんだか合わない。

あれ?あれれ?といろんな部分を測りまくって見た結果、なんと!壁側の根太受けの長さと、柱側の桁の長さが40mm程度違うことが判明しました。どーりでねぇ。これでは絶対に長方形にはなりません。

うまくいかない理由は判明したものの、なぜ40mmも違っているのかは謎のまま。説明書を見ても取り付け方を間違えているような箇所は見つからず、途方にくれる私達。

購入後1年近く経っているため、メーカーに問い合わせることもしづらいし。2人でいろいろ解決策を出しあい、真ん中の2間(3.6m)のブロックを優先して完全な長方形にし、20mmずつ両側の1.5間(2.7m)のブロックに吸収させることにしました。

具体的に言うとですね、両端にある妻梁の壁側の取り付けを10mm外に出し、残り10mm分だけは妻梁を僅かに斜めに取り付けることで見ても分からない程度にごまかしました。ふぅぅ。40mmって建築関係の寸法としてはかなり大きいのですよ。なんとかごまかせて良かったわー。

このごまかし作業のため、またまた全ての根太の位置がわずかに変わることに。仕方なく再度位置を移動させました。この移動がねー…。書けば簡単なんだけど、単管足場の上で2人組でメジャーで測りながらボルトを緩めて閉めてのくりかえし。結構大変です。ここまでで既に3時間くらい消費してしまいました(T_T)



さて、根太の位置も何とかしたことだし、気を取り直して次の作業に。

次は床板を実測した長さになるようにスライドソーでカットします。

お外でカットして2階にあげるといういことも考えましたが、12枚の床板となると上げ下ろしが大変。

なので、ベランダそのものの場所で切ることにしました!…がっ。最初の4枚(1ブロック奥行き方向で4枚の板があります)はどーしてもベランダで切ることは無理なのです。だって、この4枚を並べないことには床板が無いから。

仕方が無いので、2階のフリースペースでカット!2階がだいたい完成してからというもの、ココでこういうタイプの作業は初めてです。



次に1.5間と2間のブロックにそれぞれ床板を仮置し、根太に向かってビス止めする位置をマーキング。

位置は実測で合わせるしかないので、足場の上で1人が根太の正確な位置を測定し2階に伝えるという段取りです。

床板と床板の間の隙間部分には、説明書によるとあとからカバーをかぶせるらしいです。



下穴をドリルで開けてからビスで床板を固定し、ビスを隠すカバーを設置。

まずは真ん中のブロックの床板を全て固定。これで床板が筋交いのような役目を果たすので、やっと平行四辺形にひしゃげる心配が少なくなりました。



真ん中のブロックの形が固定されたので、仮置きしてある手前側のブロックの床板も同様にビスで止めていきます。

一番奥のブロックは、時間切れで床板のカットもできませんでした。



そうそう、、前回一か所だけ設置できなかった、手すりの笠木の欠き込みもしましたよ!

この欠き込みが無かったため、ボルトでL字金具が止められない状態だったのです。



欠き込んだ後でL字金具を付けてみるとピッタリ。近々この笠木も取り付けないとな。



桜はもうしばらく咲きそうにありませんが、我が家の梅はやっと一輪咲き始めました。うれしい気分。

やっと春が来るのかな。


2012/04/03

スナメリ食堂

2月のはじめに改装のお手伝いに行ってきた、熱海のお友達のお店が3/30に無事オープンしました!


あの時は、こんな状況だったけど…



こんなにステキに生まれ変わりましたよ!



室内から入口方向はこんな。
あれからコツコツ頑張ってココまで来たってすごいなー。

お近くの方もそうでない方も、そぼくで美味しいお料理とほっこりした時間を味わいにおでかけ下さい。
工具を包丁に持ち替えた店主が、みなさまを笑顔でお迎えしてくれると思います。



スナメリ食堂
営業日・営業時間:月-金曜日(土日・祝日はお休み)11:00-16:00ラストオーダー
*営業日、営業時間については変更する場合がございます。電話、ホームページにてご確認の上、お越しください。
住所:〒413-0022 熱海市昭和町22-22 小松ビル101
電話・ファックス:0557-35-9488

*FBのアカウントをお持ちの方はこちらもどうぞ。【スナメリ食堂

2012/04/02

ベランダ、少し前進

前回から2週間弱で再び助っ人登場!
頑張ってベランダ組立作業の続きを行いました。

今日のスタートは恒例の穴掘りから。

どこを掘っても大きな石がゴロゴロ埋まっているので一苦労です。



一本目の柱を立てて前回組んだ部分と桁で接続して一段落。
休憩する?とおもいきや、続けて4本目の柱用に最後の穴掘りをしました。
柱を設置する前に反対側の妻梁を設置中。
今日も助っ人さん、大活躍です。



柱と桁を組み立てたら、一定間隔ごとに根太を設置します。

この根太は、ボルトで固定します。もちろんワッシャー、バネ座金、ナットなども必要になります。不安定な足場の上で上を見上げつつ、細かいパーツを扱う…。これが結構たいへん。落っことしたら地面と同化して探すのが大変だし、神経使いますねー。



根太まで完成の図。

ここでお昼休憩。食後にお茶を飲みながら、午後からの作業の作戦会議もしましたよ。




柱の足元にコンクリートを打つか(説明書には最後にコンクリート打ちって書いてあるけど)、それともそれは後にして上へ上へと進むか。どっちのメリット・デメリットも考えましたが、今回はとりあえず上に行くことに。

コンクリートを打つ前にはキチンと垂直水平を出しておきたいところ。
付属の床板を仮に設置してみたら、家と根太が垂直になっているかわかるかも?という気持ちもありのっけてみました。

やっぱり少し狂っているトコロがあるので、後日調整する予定。

手すりは今日設置してしまおうと思っているので、仮置きの床板の上に上げました。



手すり部分を組立て中。

手すりのパーツを桁にネジで固定してから、上に笠木をかぶせて固定。
説明書は相変わらずシンプルでわかりづらいので、目を皿のようにしてながめてから少し考えないといけない感じです。

アルミのベランダ、今までにも何度か遭遇したことがあります。こういうふうに組み立てられていたのね。ということが作ってみてよーくわかりました。



朝9時過ぎから日没寸前まで頑張って手すりをほぼ組み終えました。

手すりの最後の一箇所、笠木に本来はされている欠き込みがされていなかったので、設置出来ず(T_T) 何とか自分で加工することができそうなので、今度時間を見てやる予定です。

先程も書きましたが、説明書には全て組立て終わってからコンクリートを流しこむように書かれていてそのとおりに作業しているので、柱は穴の中に置いてあるだけです。

床も置いてあるだけでビスはまだ一本も打っていません。明日はなんだか台風並みの暴風が吹くとのこと(T_T) 早起きして床板を一度外して飛んでいかないようにする予定です。

まだまだ完成には遠いけど、外観はだいぶ出来てきたなーと少し離れたところからながめてちょっと感動。



そうそう、余談ですが、前回立てた柱の中に雨樋の部品が埋め込まれてしまっていたということが途中で判明。

仕方が無いので、一度柱を外して中の雨樋を取り出し、また組み立てるという悲しい出来事もありました。これで1時間くらい時間を使っちゃいました…。

でも、今の段階で気づいて良かったのかも。もっと遅かったら…ひえー。