カテゴリー

2012/05/26

ホネホネ


ようやく準備作業が終わり、いよいよテラス屋根の設置作業スタートです!

まずは屋根の垂木掛けの設置から。裏にある家本体のスタッドの位置を計算で割り出し、その場所に下穴を根太掛けとサイディングの両方に開けてから、コーチボルトを打ち込んでいきます。設置位置の割り出しは前日やっておきました。



サイデイングの端ぎりぎりいっぱいまで取り付けます。

昨日役物をカットした場所、バッチリ合いました(^-^)v

移設後のスポットライトもちょうどいい位置になったようで一安心です。



テラス屋根もベランダと同じように真ん中と両端の3つのセットで構成されているため、根太掛けも3分割されています。本来なら3つとも取り付けてしまう所ですが、2つ目まで設置完了したところでベランダの手すりの上につく桁を組み立ててみました。

最後に取り付ける1本はそのままの状態では長すぎてサイズオーバーになってしまうため、現物合わせで正確に測ってカットしなくてはなりません。どうせカット作業をするのなら桁部分も一緒に測ってカットしちゃった方が楽かなーと。



桁は手すりから延長した柱の上に取り付けているのですが、延長部分が2本のビスで止まっているだけなので、結構ぐらぐらします。

ぐらぐらする柱の上に取り付けた桁もちょっとぐらぐら。なので、一番奥の一箇所だけ垂木を取り付けて固定しておきました。これで結構安定したので、多少の強風が吹いても大丈夫かな? ということでこの日はここで終了。



そして今日、根太掛け&桁のカットから作業開始しました。
かなり大きな代物でベランダ上では取り回しが難しいため、地上でカットしてからベランダに持って来ました。

無心の作業により途中の写真を撮り忘れ(汗)

カットした垂木掛け&桁なんてとっくに取り付けて、垂木&中骨までほぼ取り付け終わったところの写真になっちゃっていますねー。



反対側の端の部分です。

こちら側は半端なサイズの場所ができるため、一番最後の屋根材の取り付けの時に面倒な事になりそうな予感…。とりあえず今は気にしないことにしよう…。

このあとは屋根材を取り付ける手順になるのですが、いろいろ考えテラス屋根の上に屋上からの雨水を受ける雨樋を設置しよう!ということが急遽決定。

屋根材を取り付けてからだとその上にアクセス出来なくなってしまうので、取り付けるなら屋根材を付ける前しか無いんじゃないかということになリまして。

ということで、注文してある雨樋が届き次第設置作業をする予定。ホームセンターではウチの外壁に合う色の樋が売っていなかったので、客注でお願いしました。早くこないかなー。


2012/05/24

屋根のためのまわり道


前回までの作業で、とりあえず2階のベランダ部分はほぼ完成!

でもまだまだ足りないものがあります。それはテラス屋根。屋根がないとね。ベランダだもんね。

取り付けにあたって説明書をまじまじと眺めたところ(相変わらず理解しづらい説明書…)、問題判明! 屋根を設置する部分とすでに設置してあった2階のスポットライトの位置がかぶってました。(T_T)

1階のスポットライトはうまく引っかからずにすんだのですが…さすがに二回はうまくいかないか。

ということで、まずはこの照明の移設作業から開始します。

実はですね、移設を決意する前に、このままににして屋根の角度を変えてみる?とか、もう外しちゃう?とかいう意見交換もなされました。が、角度を変えるのは色々と問題もありそうだったし、外すコトに関してはこの家のワガママなくせに自分でやらないおくさまがNO!と言いまして、結局『移設決定!』となったワケなのです。



そのまま単純に移設できれば簡単なのですが、配線はサイディングの内側を通さないとテラス屋根と干渉してしまうため、移設位置までのサイディングをくりぬいて、ケーブルを延長してから中に埋め込まないとなりません。

ということで新兵器を購入。他にもいろいろ使えそうなので思い切って買っちゃいました。



早速新兵器登場!

VVF+延長コネクタが入れられるだけの幅で金属サイディングの表面を切り出していきます。

最初はフツーの切断砥石で切ってたんですが、あれよあれよという間に砥石がちびて行くのです。1本のスリットを入れるために1つの砥石では全く足りない!家に在庫しているものだけでは、全ての作業が終わらないかも?な事態となりました。そこで試しにダイアモンドカッターの刃を取り付けてみたところ、これがとってもGOOD!さすが、ダイアモンド!

表面が終わったら、金属サイディングの内側に貼られている断熱材(ウレタン)をカッターで切り抜き、ケーブルを収めるスペースを作ります。



サイディングを切り出し終わってから、VVFを延長して延長コネクタ部分に自己融着テープで防水処理をしたところ。

この場所は大部分がテラス屋根より下になるので、雨に当たることはあまり無いのですが、念の為にケーブルやコネクタごと変性シリコンコーキングで埋め、さらに切り出した元のサイディングの表面部分だけを載せて密閉します。



サイディングの表面部分をそーっとかぶせて延長完了。

反対側にももう一個スポットライトがあるので、同じように処理します。この移設処理だけで一日近くかかっちゃいました。しかも作業の終わり際にスコールのような雨が降り出して大慌てで撤収することになったし…。

屋根そのものの作業はまだ先です。



次の日、まず屋根の最初の部品である垂木掛けを取り付ける位置をマーキングしたあと、出っ張っているサイデイングの役物をぶつかる部分だけ正確にカットします。

この作業、役物の形が結構複雑なので、意外とやっかいです。
しかもカットする位置を間違えても代わりの役物は無い!結構緊張します…。



カットしたところ。

全部で4か所カットしました。



カットが終わったところで、いままでずっと南側で雨と紫外線にやられていた窓のコーキングの打ち直しをしておきました。

大きな窓が3つもあるので、この作業も時間食い。ただ、コーキングをするといっても、お掃除・マスキングからスタートだし。

ここで本日の作業は終了!

屋根はまだかー。

2012/05/16

初めての樋

ベランダ部分は後は樋を付ければ完成!なはずなのですが、悩ましい部分がいろいろ。そんなこんなで設置が今日まで延びてしまいました。

説明書は相変わらず最小限しか書かれていないので、意図を汲んで理解しないといけない。
何度も何度も読み返して理解した(つもり)結果、どうも樋のパーツが足りないらしい(!)という悲しい状況が判明(T_T) どうにかやりくりして部品を節約しないといけない事態に…。

説明書によると、ウチの場合は4本の柱それぞれに縦樋を設置するらしいです。でも、真ん中の2本の柱に縦樋を設置すると、あとで設置予定のデッキ部分にダイレクトに水が落ちてしまうという問題が。できれば縦樋は排水しやすい両端だけに設置したい!

というワケで、真ん中の2本の柱に設置される縦樋に流す予定だった雨水は、上手く連結して近い方の端にある縦樋に合流させるように勝手に設計を変更。これで縦樋のパーツも節約できるしね。

これでバッチリ!と思っていたのですが調べたところ、このベランダに付属していた樋は外径42mm(内径40mm)という最も細い規格のよう。なので、合流させるY字やT字のコネクタが存在しないことが判明。そりゃそーかもね。

さてどーしよう。いっそ全部の樋を大きいサイズに交換しちゃう?とも考えましたが、購入物が多くて高額になる上にせっかくある樋の部品がもったいない。

私はこのあたりで「もーわかりませーん!」と投げ出したくなりましたが、何回も近くのホームセンターに通い、mosさんが売られている部品をチェックして複雑な条件のパズルをしてましたよ。そしてなんとかなりそうな答えを見つけたような気がしたので、ようやく作業スタート!なのです。


まず、横に走る樋の事からスタート。

普通の軒樋を使おうと思ったのですが、固定する金具が見つからなくて断念しました。

今回は上から吊るす必要があるのですが、よーく考えたら樋なんだから上から流れてくる雨を受け止めるのが仕事。だから上から吊るってあんまり無いことなのかもしれませんね…。

どうしようか考え、根太から吊ることができそうな金具(本来は柱に取り付けるための金具)がある縦樋を使うことに。普通の丸樋だとベランダ付属の細い樋と接続が難しいため、角樋を使うことにしました。

角樋を横に使い、両端にエルボを付けて上向きにし、そこに妻梁と連結根太からくる雨水を受けるようにする作戦です。ただ、エルボが105°タイプのものしかホームセンターに置いていなかったため(ラインナップには92°タイプのもあるようです)、片方を75°にカットした短い角樋を取り付けて上端が水平になるようにしました。



横に這わす縦樋の両端にさきほど作ったエルボを取り付けてから、穴を開けます。この穴は42mmの丸樋を接続するためもの。開けたトコロに丸樋接続アタッチメントを取り付けて接続しようという考え。アタッチメントは、ベランダ付属の樋セットに付いていたものを流用します。



連結根太の底の雨を排出するようになっている穴にも、アタッチメント(短く切った丸樋を付けて長さを延長してあります)をとりつけ。近くに角樋吊り金具をドリルビスで固定しました。



いくつかの根太に角樋吊り金具を取り付け、角樋を設置。

少し出来てきたように見てるけど、まだまだ先は長いのだー。



角樋に開けた穴のトコロに予定通り、丸樋接続アタッチメントを取り付け、42mm丸ドレンエルボ普通のエルボ(このへんはベランダ樋セットに付属していたもの)を使って柱に沿うように調整。ベランダ付属の丸樋を柱に固定してようやく片側完成!



続けて、手前側も同じように設置しました。

一番手前の柱のところには、スズメさん一家のおうちがあるため、できるだけ短時間で作業を完了させるよう頑張りました。



樋の設置完了後に、1年近くも設置されていた単管足場を解体しました。

次の作業はベランダの屋根部分の設置なので、基本的にベランダ上での作業になる予定。ベランダ屋根にも樋があるため、また縦樋を取り付ける作業が出てくるのですが、そのくらいなら脚立で対応できそうです。

久しぶりにすっきりしました。これでやっと勝手口のドアが開けられます。

ちなみに、解体された単管パイプさん達はあまり休むヒマはありません。次のお仕事の予定がすでにいくつも入っています。というか、本数足りないかも…。


2012/05/07

同居人


将来は換気口にするために開けてあるこの穴。ココに春らしいお客さんがやって来ました。

ベランダづくりのための単管足場にとまってキョロキョロ用心中。このスズメさんがわが家の新しい同居人です。



巣の中には既に数羽のヒナが元気にピヨピヨ。
両親はせっせとエサを運んでます。

ここまで近づいてもまだキョロキョロ用心することもあります。…あ、もしかして私を用心してるのか。



スポッ。

親が中に入った途端、私!ボク!の大合唱。ピヨピヨボリュームMAXです(笑)。

この穴、リビングにつながっているので毎日リビングでカワイイ声を聞かせてもらってます。

あと1週間くらいは楽しめるかな?
中の姿を想像し、ニヤニヤしてしまう私です。