カテゴリー

2005/01/15

建築士さんとお出かけ (三人での打ち合わせ編)

 今日は建築士さんと一日行動できたので、木材、薪ストーブの他にもいくつか打ち合わせをしましたよ。

 まず薪ストーブ屋さんに行く前に打ち合わせを兼ねてドトールで休憩。薪ストーブを設置する位置の確認などをしました。

 設置場所候補は3ヶ所。窓側の壁、家の中心側の壁、リビングのど真ん中。

 窓側の壁は、現時点では物理的にあいてないこと、煙突の施工が大変そうなことから却下。リビングのど真ん中は“結構いいかも”と思っていたんですが、建築士さんの「う?ん。冬はいいけど夏に邪魔になりそう。それも大きいものを動かしたりする時とかに」の一言で“そうか・・・そうかも”(←単純)と却下。

 結局一番有力候補だった“家の中心側の壁”に決定したのでした。

 そして薪ストーブ屋さんでの打ち合わせが終了後もまだまだ打ち合わせは続きます。、黒磯に戻って【1988 CAFE SHOZO】で窓についての打ち合わせをしました。

 窓は全部ペアガラスの樹脂サッシを使う予定です。カネカの【エクセルウインド】、【シャノン】、【ミルガード】などたくさんのメーカーがありますが、入手しやすさ、価格、デザインなどから、私達は【エクセルウインド】を選びました。

 ウチの建築士さん、すっきりしたデザインがお好きなようで私達と好みが似ています(と勝手に思ってます)。

 おまけに壁が嫌いで窓が大好きという2×4の敵のような人(2×4工法は壁で家を支えているのでなるべく開口部を大きくしないのが基本)です。で、窓については、いつもmosと闘っているんです(笑)。私達にかなり不利だと思うのは、実は私達も壁が嫌いで窓が好きな事です(笑)。

 今日は朝から打ち合わせのオンパレードだったので、かなり疲れて頭も回りません。一つ一つの窓について検討しているうちにどんどん建築士さんペース。私の左に建築士さん、右側にmosの戦いでしたが、完全にmosが負けてました(笑)。

 ひとつひとつのサイズとタイプを決めて設計図に書き入れる。これを元に再度図面を作って見積もりを取ってもらう予定です。建築士さんが探してくれた工務店さんでは定価の7.5掛けでしかはいらないそう。少し高めなので、もう1件別の工務店をあたってくれています。

 以前【建材市場】で聞いたところ、定価の6掛け(網戸は7掛け)とのことだったので、いざとなったら建材市場で買った方がよいのかも。

 完敗のmosさんの横で時々口を出す私。最後にリビングの窓を1ヶ所だけ掃き出し窓から腰窓に変更してもらいました。このままじゃ家具を置く場所がなくなっちゃいそうなんです。これは深刻な問題ですよね(笑)。

 ヨメ頑張りました!なんとか一勝できました。よかったよ?。

2004/12/16

確認申請が通りました

041216-1-1
 昨日、帰宅後に建築士さんとの打ち合わせがありました。

 疲れた体にむち打っても明日に延ばさなかった訳、それは今日の打ち合わせでとても嬉しい報告がいただけるから。

 昨日お電話をいただいて知ってはいたんですが、確認申請がやっと通りました?。長かった?。

 このファイルは本来ならば施工業者さんが保管しているもの。ウチは私たちが保管します。看板も作らなきゃ。本当に嬉しい。疲れも吹っ飛ぶ感じです。



041216-1-2
 中にはこんな感じで、いろんな書類がはさんであります。

 建築士さんは「遅れて申し訳ない」としきりにあやまっておられましたが、ひとつひとつきちんとしてもらっているので、全然文句はありません。

 一通り説明が終わってから、細かな聞きたかったことを何点か確認し、最後に例の件をカミングアウトしました。

mos 「建築士さん、あのぅ・・・・」建築士さん 「なんですか?」mos 「暖房について考えたんですが・・・」建築士さん 「ハイ」mos 「いえね、この人(pin)が前から欲しい欲しいっていうので、薪ストーブを入れようかと思うのですが」pin (うお?私のせいかよ。っていうかだめ出しされたらどうしよう・・・かみさまぁ?)建築士さん「いいらしいですよね?。入れてみたかったんですよ」mos&pin 「・・・そうですよね。やっぱあんまr・・・えっ?今なんて言いました?」建築士さん 「いいですね。じつは最近行った現場の施主さんの自宅に入っているらしくて、しきりに“いいよ?いいよ?”と自慢されてます。付けたり消したりが多い家にはあまり向かないらしいんですけど、じんわり暖かくてすごくいいらしいです」
 よかった?。クリア!その後は設置場所や、どんな種類があるかなどいろいろお話ししましたよ。本当に安心しました。ストーブについてはこれでどんどん進めていけます。

 今年の冬も終わってないのに、もう来年の冬が楽しみです?。早めに軽井沢に見積もりをお願いしようっと。

 確認申請も通ったし、ここで一区切りということで、今日は建築士さんに設計・監理料をお支払いしました。お友達価格でかなり安くしてもらっていますので金額は内緒。この金額でこんなに頑張って頂いて、本当に建築士さんには感謝しています。



2004/12/06

木拾い

041206-1-1
 今日のmos。この前いただいた図面から木拾いの最中です。

 木拾いとは、 図面を見ながら、材木の種類やサイズを計算しそれぞれ必要な量を割り出すことです。決して薪拾いではありません。

 足し算したり引き算したりしながら木のサイズを割り出し、種類を確認し、エクセルに打ち込んでます。とても面倒らしいです。

 終わったところは赤のボールペンで消していっているようですが、膨大な作業です。時々ヘンな歌を歌ったり、踊ったりします。足し算してみて『現在、木材の量は全部で何メートルになりました!』などと叫んでみたりもします。

 ・・・・・かなり大変な作業のようです。



2004/12/02

建築士さんと打ち合わせ

 夕方から建築士さんとの打ち合わせ。

 建築士さんからは、建築確認申請を提出しなおすにあたって、変更した部分の説明をしてくださいました。

 説明は短時間で終わったので、その後、施工書のコピーを見ながらカーポートの設置について相談しました。

 【ジョイフル本田 宇都宮店】のオープニングセールでGETした、2台分のカーポート。配送だけ依頼しましたが、施工は自分達でする予定。約束どおり(?)建築士さんにも手伝ってもらいますよー。

 基礎屋さんに頼んでコンクリートを打ってもらうべきか散々悩んだのですが、お金もかかるし、とりあえず最初は割栗と砂利を敷いておいて、家が完成して落ち着いた頃にコンクリートを入れればいいや。という結論になりました。

 その頃にはある程度地面も固まってると思われるので、上層の砂利ををよけて鉄筋敷いて手練のコンクリートを打てばよいとのこと。

 『ピンコロを適当な感覚でおいて、その上に鉄筋を載せた状態で流せばコンクリートがきっちり入りやすいですよ』と教えていただき、『そうかー、なるほど』と感心しました。言われれば、へーと思うんだけど中々思いつかないんだよなぁ。

 カーポート&物置の配送予定日は13日。スグには無理だけど早めに組み立てられたらうれしいなぁ。

2004/11/30

床伏図・縦枠図が届いた

 建築士さん、構造屋さんと打ち合わせしてきたとのことで、床伏図・縦枠図(※1)のコピーをいただきました。これで木拾い(※2)に入れます。

 図の細かな説明を受けたあとは、決定したシステムバス・トイレの機種を伝え、カタログと設計図を見ながら、サイズが大丈夫かどうか確認してもらいました。標準の天井は今人気のドーム型だったのですが、サイズ的に無理とのことだったので平天井に変更することにしました。ドームには全くこだわりがないので、定価で10,500円安くなることの方が嬉しいです。

 その後はショールームを見てきた感想や、トイレのデザインのこと、水周りの小物の調達場所のことなどで盛り上がりました。

 肝心の確認申請ですが、小さなことで今回は通らなかったので、もう少し時間がかかるようです。来週中にはなんとかなると思います。

※1 床伏せ図-各階の床組みを上から見た図。縦枠図-2×4工法の壁の設計図みたいなもの。2×4工法は枠組み壁工法ともいわれ、2×4材などでつくったフレームに合板をはった壁で家を支えます。※2 図面を見ながら、材木の種類やサイズを計算しそれぞれ必要な量を割り出すこと。

2004/11/12

今日は忙しかったー (建築士さんへ報告編)

 今日の締めくくりは、建築士さんとの打ち合わせ(というか、浄化槽の申請用紙を取りに来ただけなのに引き止めてしまいました)。

 いつも、1つくらいお話しするのを忘れてしまうので、今日は話したいことをメモしておきました。

 以下伝えた内容。

【パーフェクトバリア】について問い合わせた結果 100mmを押し込めることが可能なこと、価格的にも思ったより高くないので、使って見たいと思っていることなどを報告。建築士さんからは実際は何掛けくらいで購入できるのか確認した方が良いこと、施工は本当にラクである事などお話がありました。

【蓄熱暖房器】を導入する場合、床補強が必要なこと やはりグランドピアノクラスの重量物では大掛かりな床補強が必要なようで、早めに場所を確定する必要があるようです。

水道はやはり敷地内に引かれてなかったこと せっかくなので、設備屋さんとも相談して、取り出し位置の調整をしてもらうようにお話してみることにしました。

木材の調達について プレカットしてくれるところを東北の方で1件見つけたとのことです。ただ、そこは【TJIジョイスト】という構造材は取り扱ってないので、これについては別途探さなければなりません。

 余談ですが、ウチのリビングは天井を貼らない予定なので、2階の根太が丸見えになります。

 ただ1つ問題なのは、2階の根太は構造上2×10材を2本あわせて使わなければなりません。最初はいいけど、だんだんそりが出てきたときなどあんまり見栄えがよくないかも。なので2×10材2本の変わりに、TJIジョイストという集積材の補強板(ウェブ)の上下にムク材の支え角材(フランジ)を組み合わせたラーメン構造の補強材を使いたいと考えているのです。

基礎屋さん決定 見積もりは2件もらっていました。建築士さんの知っている業者さんと、直接は知らないけど知り合いの工務店に「値段はさておいて、きちんと仕事をしてくれる人」と頼んで紹介してもらった業者さん。伐採・伐根まで込みでやってくれること、現場と基礎屋さんの自宅が近いことなどから、建築士さんの知っている業者さんにお願いすることにしました。

 今日のところはこんな感じ。来週中ごろまでには、確認申請書を提出出来そうとのことで、嬉しいです。

 建築士さん、いつも引き止めてごめんなさい。はぁ?長い一日がやっと終わったよ。

2004/11/11

建築士さん&設備屋さんと打ち合わせ

 今日も夕方から打ち合わせ。新潟で、住宅相談のボランティア中にインタビューを受け、テレビデビューを果たした建築士さんの他に設備屋さんも一緒です。

 実はこの打ち合わせ、先週末にする予定だったんですが、設備屋さんの体調が悪く今日に延期になりました。今日はお元気そう。よかったです。

 話した内容はだいたいこんなところ。

浄化槽やSRSの設置位置の確認 以前から建築士さんと話していた位置を一緒に確認してもらいました。

 確認申請と一緒に提出する書類の用紙は、通常は工務店さんが用意しているらしいです。今回は施主である私達で用意して欲しいとの事。大田原にある【栃木県浄化槽協会:大田原支部】で購入できると言うことなので、早速明日買いに行こうと思います。

給湯器について 大体の設置場所はお風呂の裏側。道路側からは見えない場所になります。

 給湯器&タンク(最近はこの2つが1つになっているらしいです)については、設備屋さんにお願いするのではなく、【東京電力】に相談して、給湯器の種類などを決め持ってきてもらうように手配するそうです。

 これも、明日電話してみて必要であれば、行ってみることにします。蓄熱暖房器についても一緒に相談してみなくては。

水道の引き込みについて 土地を購入したときに環境整備負担金として73万5千円(高!)を支払っています。
 でも、ウチの土地には給水口がいまだにないんですよ。

 前に自治会に聞いた時には「家を建てることになったら自分で引く」とおっしゃっていました。『??』と思っていましたが、やっぱりヘンです。今の状態だと、設備屋さんに新しく工事費を払って、引いてもらわねばなりません。どう考えてもおかしい。高いお金払ってるんだから、ちゃんとやってよ?>自治会&不動産屋

 明日、不動産屋さんの担当者に電話して確認するつもり。

キッチンについて キッチンの水栓の位置や食洗器の設置場所、配管方法についてもきちんと知りたいということで、後日報告することにしました。

 ワークトップはステンレスで作ってもらって下の部分は木を使って自作と考えていることをお話しすると、食洗器の種類・大きさなども決めてから依頼した方がよいとアドバイスを受けました。

その他 建築士さんに、少し前に見つけて気になっていた断熱材【パーフェクトバリア】の性能について尋ねてみました。

 この断熱材はペットボトルのリサイクル品。カッターで切って詰めていくことが出来、施工が比較的ラクな上にグラスウールのように粉塵が飛散しないというものです。

 エコなこともそうですが、“施工がラク”がとても気になっていたところ。でも、性能が今ひとつだったり、コストがが大幅にアップしてしまってはお話になりません。なので、もし使ったことがあればと思って質問したワケです。

 1件使ったことがあるそうですが、もともと古い建物の改修で使ったものの、現在も隙間風ビュービューらしく断熱性についてはなんともいえないとの事。でも、施工はラク。価格は細かくは覚えてないが、4年位前はまだ高かったとのことです。価格によっては考えてみる価値がありそうです。

 どなたか「うちパーフェクトバリア使ったよー」と言う方がいらっしゃったら、感想を聞かせていただけたら嬉しいです。

 今日の打ち合わせはこれで終了。明日からは忙しくなりそうです。

2004/11/05

建築士さんと電気屋さんと打ち合わせ

 夕方から打ち合わせ。今日は建築士さんだけでなく、電気屋さんも一緒です。

 mosは第2種電気工事士の免許を持っているので(バリバリのペーパーライセンスですが)、宅内の電気工事は自分でするつもり。仮設・本設の電気のことや、どこまでお願いするかを話し合いました。

 まず仮設電柱を立てる場所を確認。・・・とここまではスムーズですが、そっからが大変。私達も、しなくてはならない事やお願いしなければならない事の全貌がつかめてないので、ひとつひとつの理解し確認することが大変です。
電気屋さん 「え?っと、本設の時はどこから電線を引きますか?埋設にします?mos&pin 「う?ん・・・」電気屋さん 「電柱と電柱の間でも、電線を直角に分岐させて、ポールを立てずに直接引き込むことも出来ますよ。」mos&pin 「そうですか。邪魔になるようなことはないですか?」電気屋さん 「2階の高さくらいの場所から引き込むのでそれは大丈夫だと思います」mos&pin 「じゃあ、それでお願いします。」 こんな調子でひとつひとつ細かく確認&説明。

 「分電盤から先はお客さんがやられるってことは・・・温水器はどうします?」とか「アンテナはどうします?」などと聞いてくれます。

 その他、こちらからはアレスタ(避雷器)をつけることは有効か、コストはどれくらいかなど質問しました。コストは調べてから後日お返事をいただけるようです。

 有効かどうかですが、もちろん電話線から侵入して来る雷や、直撃雷は防げませんが、誘導雷が防げるだけでも少しは違うとのこと。今まで設置したお客さんが数件あるが、今のところはトラブルは無いそう。

 いつもより大変なお客さんだったのかも。ゴメンナサイね?。

 とりあえず、今日のお話を元におおまかな見積もりを出してくださることになりました。

 この電気屋さん、お話ついでに「いや?自分で作るなんてすごいですね?」と言ってくださいました。

 が、すかさずpinは切り返します。「いや?、本当にすごいと言えるのは完成してからですね。今はまだ計画だけなので」

 そうなんですよ。みなさん、スゴイね?とか言ってくれるんですが、本番はこれからです。完成の暁にはたくさん褒めてくださいねー。

 帰りがけ、建築士さんに昨日【S商店】に行ってNさんとお話したこと優しそうだったことを伝えました。建築士さんは「あぁ見えて結構きびしいんですよ」と笑ってました。

2004/11/03

建築士さんと打ち合わせ

 夕方から建築士さんと打ち合わせ。

1.足場の図面をもらった

 工期が1?2ヶ月だとレンタルが多いようですが、ウチはそんな期間じゃ到底終わらなそう・・というか、絶対終わらないです。レンタルはかえって高くつきそうなので、購入しなくてはならないかもしれません。図面とともに部品の数を拾ってくれた表もいただいたので、中古資材の販売をしている会社に見積もってもらおうと思います。建築士さんも、知り合いにあたって見てくれるそうです。

2.伐採・抜根の見積もりをもらった

 A興業さん。伐採・伐根で189,000円。結構頑張ってくれたらしいがやや高めとのこと(もともと高めの会社なのか?)。とりあえず、他の基礎屋さんにも“伐採・伐根込み”の料金を見積もってもらっているので、参考までにという感じ。

3.設備屋さんの見積もりをもらった

 B産業さん。合計の見積り額は2,291,299円。
 内訳は・・・

  (1) 給水設備工事 275,750円
  (2) 排水設備工事 78,2840円
  (3) 給湯設備工事 301,120円
  (4) 衛生器具設備工事 537,480円
  (5) 諸経費 285,000円
  (6) 消費税 109,109円

 と言った感じ。

 衛生器具とは、洗面ボールや便器、水栓など。コレに関しては自分達で頑張って探す予定なので、もう少し減らせるかも。あと、変わってくるのは給湯設備のあたりかな?

 給湯や暖房のことをもう少し調べてみて考えなくては。なかなか実際に導入した人のお話を見つけることが出来なくて難しい。誰か、寒い地域の方でリフォームや新築した方いらっしゃいませんかー? 暖房について聞かせてください。生の声プリーズ。

 「はっきり言ってB産業さんは他より少し値段が高めなんですけど、仕事はきちんとしています。4年間ここで仕事をしてて一番信頼しているので、とりあえず見積もってもらいました。予算の関係もあると思うので、もう少し安いところを探すということであれば、それでも全然かまいませんよ。」と建築士さん。

 それならば・・・とお願いすることにしました。自分で出来ないところはしっかりした人にやって欲しいし。

 もちろん最終的な判断は施主である私達ですが、建築士さんを信じてついていきます?。

 3点話し終わった後は、雑談&質問タイム
mos 「そういえば、ユニットバスはどこのものにしようかな?。工務店さんによると思うけど、引き率のいいメーカーさんはどこですかね??」建築士さん 「やっぱ【TOTO】とか【INAX】とかは数も出てるから工務店によると思うけど、4掛け?5掛けくらいで工務店に入ることが多いと思いますよ。でもあんまり一番にはすすめませんねー」pin 「それはどうしてですか?」建築士さん 「たとえば人造大理石の質感や、造作物の出来みたいなものかなぁ。でも、見比べなければ気がつかない程度のことですけどね」mos 「なるほどー。【魔法びん浴槽】はどうなんでしょうかねー。」建築士さん 「あ。それは僕も気になっていたんですよー。どうなんですかねぇ。6時間は無理でしょうけど、どのヘンまでいけるんでしょうかねー」
 むー。まだ販売されたばかりの商品なので、ウワサもあまり聞かないようです。この際ウチが、人柱・・・うーん。悩むなぁ。

 キシラモンについては、塗装屋さんならいつでも手に入るそう。そのほかに、塗料店の場所を地図を書いて(ついでに金物屋さんも)教えてもらいました。とりあえず明日いってみよう。

2004/08/03

地盤調査について考える

 8/9?/12に那須に行く事が決定。伯父さんの別荘もお借りすることが出来ました(実は、伯父の別荘によく遊びに行っていて那須が大好きになったんです)。

 その他、建築士さんからメールの返信をいただき、プラン、敷地図、住所等を持ってきて欲しいこと、図面よりも先に地盤調査をした方がよいことなどが書いてありました。

 地盤調査については、どうしようかと考えていたところです。

 調べたところ、

【地盤調査書の見方】より

 平成12年に改正された建築基準法では、地盤の強さ(地耐力)によってべた基礎にするか、布基礎でよいかなどが規定されています。
 また、杭工事が必要であるかなどの地盤補強の検討の目安も規定されています。
 地盤調査をしなさいとは書かれていないものの、地盤調査をしない限り土の持つ地耐力は判りませんので、地盤調査は法律上、義務づけられていると考えて差し支えありません。

 との記述が・・・

 う?ん。“黒”ではなく、限りなく黒に近いグレーな感じ。どうしようかなぁ・・・【スウェーデン式サウンディング試験】という方法で受けて、5?10万円(測定箇所数による)。

 とりあえず、近くの土地の結果を見せてもらってから考えようかな(隣が大丈夫でも、自分の土地は軟弱地盤ということがあることは承知していますが)。