カテゴリー

2005/10/03

糸ノコmosさん

051003-1-1
 今日は私にお休みをプレゼントしてもらったので、現場はmosさん一人です。

 転び止めの設置を黙々黙々と頑張ってきてくれました。

 こんな感じです。前の写真とあまり変わらなく見えちゃうかなー?地道な作業です



051003-1-2
 昨日、量産した転び止めが無くなってしまいました。

 左はmosが糸ノコワークで作成したもの。右の角がとれていないものは、次回のワタクシのお仕事。

 明日は月に一度の紡ぎのレッスンなので、またまた東京。作業はお休みです。

 明後日気合いを入れて頑張ります。



2005/10/02

フリースペースの根太も出来た!

051002-2-1
 私が転び止めを量産している間(&遊びに行っている間)、mosはフリースペースの根太張りを黙々と頑張っていました。

 で、今日の夕方に完成。

 写真の部分は、相手がLVLなので金物を使って取り付けています。



051002-2-2
 ブリッジから見た図。

 ・・・散らかってますね(^^;)



051002-2-3
 寝室のクローゼットから見た図。

 あとは転び止めを入れて完了なんですが、これが結構時間がかかるんですよ・・・

 あと何日くらいで終わるかなぁ?



2005/10/02

転び止め量産中

051002-1-1
 今日の午後からは、転び止めの量産です(ちなみに午前中は一人で遊びに行ってきました)。

 黙々黙々。

 結構きれいにできたかな?



2005/10/01

部屋のすみっこで内職

051001-2-1
 TJIの断面は凸凹です。なので、転び止めも凸凹にせねばなりません。

 またまた2階床の根太を張った時と同じく糸ノコワークを始めました。

 2階の隅っこで気分は内職。黙々です。



051001-2-2
 前回は型紙を作成しましたが、今回は必要な長さの転び止めに、端材をあてて型を取りました。

 ウデが少しあがったのか、それともまぐれか結構いい感じではまっていきます。

 前回は余裕をとりすぎて、少しゆるめだったんですよ。これ位ぴったりだと気分いいなぁ。

 まだまだ相当数切り出さなければならないみたい。当分内職は続きます。



2005/10/01

今日は曇

051001-1-1
 今日の降水確率は終日10%。

 西側(ゲストルーム側)の側根太・端根太、根太張り決行です。

 先日の作業でなんとなくですが、要領を得ていたので少しスピードが上がったような気がします。

 初めは端根太・側根太を張って、2ヶ所ある2×10の2枚合わせの部分を入れたら(これは端根太の外から釘打ちしなければならないので)ブルーシートを閉じてしまおうと考えていたのですがサクサク進んだので、ブルーシートを開けたままで全部張り終わるまでやってしまうことにしました。



051001-1-2
 出来ました?。

 2階の根太として張ったTJIはあらわしになりますが、ココは天井を貼る予定です。



051001-1-3
 下から見上げるとこんな感じ。

 ちょっと家っぽく(箱っぽく?)なってきたかな?この上に合板を張ったら、もっとそういう気分になれそうですね。



2005/09/29

晴れた!

050929-1-1
 今日は晴れ。

 昨日の予告通り、ブルーシートを開けて側根太や端根太を張るべく早起きしました(出来た!)。

 少し風があったので全部をオープンするのはやめ、片側ずつはずして作業しました。

 東側(寝室のあたり)の根太張り完了。高所なので微妙な調整がしづらいです。



050929-1-2
 スタートした時は、側根太・端根太を全部張ってしまおうと思ったのですが、風もそこそこ吹いているし根太を入れる時にまたブルーシートを開けなければならないのが手間だし・・・ということで、予定変更。

 寝室上の根太を全て張ってしまってブルーシートを閉じ、次回は西側のゲストルームの部分のシートを外し、側根太・端根太とその他の根太をはってしまうことにしました。

 TJI35と2×10の2枚合わせを張りました。



050929-1-3
 反対から見るとこんな感じ。

 釘でしっかり固定されていますが、まだ転び止めが入っていないので、不安定に見えますね。



050929-1-4
 初めは寝室の上だけ・・・と思っていたのですが、出来るところはやってしまおうと言う事で、吹き抜けの上にも2本張りました。

 mosが足場の上から、私が室内に脚立を立てて支える格好でうまく出来ました。

 次回は西側です。高所での作業は少し憂鬱ですが、始めると結果が分かりやすく、『頑張った?』感がありますね。

 壁だけ立っている時よりも、丈夫になって安心感があるように思います。



2005/09/28

根太根太根太?

050928-1-1
 今日は目に見える変化はあまりない、地道な作業でした。

 壁起こしの時にクレーンであげてもらったLVLの根太の周辺の部分に2×10の根太を入れました。

 赤矢印の部分ですよ。お見逃し無く(笑)。



050928-1-2
 昨日張った、トイレの上あたりの根太の転び止めを入れたり、添え木を取り付けたり・・・

 場所が狭い事や、かき込みを入れなければならない部分がある事やいろいろで、見た目よりは結構時間がかかります。



050928-1-3
 近々天気の良い日に、ブルーシートを開けて側根太・端根太を張ろうと考えているので、その準備。

 2×10材を必要な長さに切って、あげる位置にセッティングしました。長いわ重いわで取り回しが大変。



050928-1-4
 あちこちぶつけながらも、なんとか全部終了です。

 明日早起き出来たら、決行です。

 出来たらじゃなくて、しなくちゃ!・・・ですね。



2005/09/27

R階根太張りスタート

050927-1-1
 今日はR階の床根太張りをスタートさせました。

 なんとなく風邪っぽいような睡眠不足のようなで、だるだる?だったためか現場についたのもお昼前頃。

 だるだる作業になってしまいました・・・反省。

 根太張り、どこからスタートさせようかと考えたのですが、ブルーシートをはがさなくても何とかなる北側の方からにしました。

 トイレの上部分です。

 手前の方は側根太(?)部分は添え木が必要。そうすると3枚合わせになってしまい頭つなぎよりも幅が広くはみ出してしまいます。そのため金物で受ける形になっています。

 2階の根太を張った時、ここと同じ箇所は根太を設置しながら金物をとりつけたため大変だったのですが、今回はちゃんと学習しましたよ。地上で金物をとりつけてから、受ける側の根太を設置しました。根太を金物にはめ込むのが少し大変ですが、それ以外は快調に作業出来ました。

 明日は早起きできるかな・・・早起きして早く現場に行くと、良い感じでサクサク作業が出来るんですよ。

 全ては私の寝起きにかかっているのだ・・・はぁ。



2005/09/14

怒濤の4日間終わる

 日曜日には壁起こしの準備で、一日中木材を切ったり運んだり。

 月曜日は朝から夕方までびっちり壁起こし。

 火曜日にはどうやって仮屋根をかけるか悩み、単管パイプと大格闘。

 そして今日やっと仮屋根をかけ終わりました。

 気力と体力を使い果たしました・・・沢山の人の親切が嬉しく、大きくなった作りかけの家にも感無量です。

 でも、それだけでは済まず、養生までしなければならないのが辛いところ。今回は高さもアップしているし、吹き抜けが多く立つ場所が無いので困難度はかなり上がっていました。

 正直何度もこのまま投げ出して逃げ出したいと思いました。

 なんとか終わらせて帰ってこられて、今日はゆっくり眠れそうです。

 そうそう、この場をお借りして・・・

 建築士さん、クレーン屋さんの I さん、設備屋さんのおにーさん、ありがとうございました!

2005/09/13

壁起こしから一夜あけて

050913-1-1
 昨日の疲れをひきずりつつ、今日も早朝から現場にやって来ました。

 作業にどれ位時間がかかるか想像もつかないと言う事もありますが、全く無防備な現場になっているので物が無くなったりしないかという不安もあって早朝の出勤です。

 あーこうして見ると、大きくなりました。感慨もひとしおです。

 これから待っている作業の事を考えると憂鬱ではありますが。



050913-1-2
 昨日写真を撮るのを忘れていた、LVLの根太。

 これは玄関の上の部分です。この根太にかけたスリングの片方は手の届かないところに行ってしまい、外すのがかなり困難だったワケです。



050913-1-3
 逆方向から。

 今日も天気がいいですね。



050913-1-4
 これも玄関の上。

 FIX窓(はめ殺しの窓)を入れる予定です。



050913-1-5
 脚立が置いてあるのは、2階のトイレになる部分。

 左の方の四角い枠。左側に立っている2×4材は仮の支えです。本来はこの下にも壁がはいる予定。

 この部分の頭つなぎを入れておかないと、上端合わせのLVLを乗せる事が出来ないので、仮の材で支えて頭つなぎを入れました。

 そういえば、この記事でも書いたように、今回は壁起こしの前に、作った壁に頭つなぎまで取り付けてしまってありました。

 どうなるかドキドキだったのですが、見事に吉!クレーンに吊られる時も壁がミシミシ言わないし、壁の設置位置もきちっと決まるしいい感じでしたよ。人力でおこす時は無理かもしれませんが、クレーンで起こす場合はこの方法もよいかもです。