カテゴリー

2008/09/22

ようやくカバー

080922-1-1.jpg
R階にたくさん積みあげられたコレ、何でしょーか?

コタエはデッキパネルです。

我が家の屋上は南向きでとっても日当たりがいいのです。それはとてもウレシイのですが、FRPの劣化が心配…。

以前から何か保護するモノを敷こうと思いつつ、なかなかよい材料に出会えずにそのままとなっておりました。
今回見つけたのはプラスッドという商品。木粉と樹脂の複合素材です。詳しくはコチラ

我が家の場合、屋上に降った雨がそのまま壁に流れて行きます。そのために塗装した木材やハードウッドは色が流れて、壁につきそうで使いづらかったのです。



080922-1-2.jpg
製品の表と裏。

リブなし、450mm角のもの(もうこの商品は作らないそうで、残りほとんどを買い占めました 笑)です。
もう少しダークな色のものにしようかと悩んだのですが、そちらは数が足りなかったので結局少し明るめのチェリーミディアムをチョイス。



080922-1-3.jpg
てすりの内側部分をカバーするように敷きました。
ジョイントタイプなので、作業自体はとっても簡単。モノの片付けやお掃除などの下準備の方に時間がかかったくらいです。

広い面積なので、明るいこの色でよかったかも。

いままでより優しい印象の場所になったなーと思います。
お花や野菜も似合いそうな雰囲気ですね。


2006/11/23

晴れ姿

昨日完成した単管手すり、天気も良いので外から撮影してみました。

061123-1-1.jpg
暖かな小春日和。青い空に、紅葉が映えますね。

手すりがついたら、かなりかっちりした印象になりました。



061123-1-2.jpg
別の角度から。

この手すり、材料は今まで仮設などに使ってきた単管パイプのリユースです。総工費は単管パイプを入れて約3万5千円?4万円。新たに購入した物だけだと2万円くらい。

ちなみに、ステンレスのものの見積もりは今より小さなもので38万円でした。1/10位の価格です。うーん、嬉しい。



061123-1-3.jpg
外側だけ見ていると、もう完成したかのようですね。

でも内部はまだまだ。寒い日がつづくけど、気長にがんばっていきまーす。


2006/11/22

単管手すりが出来た

061122-1-1.jpg
mosさん、今日も一人で単管手すり作業です。

これは東側の角。
前日にここまで終わってました。

写真左側の短い横棒は、外壁にネジで固定する予定。全ての手すりを取り付けて位置調整してからですが。



061122-1-2.jpg
横棒を2本とりつけたら、かっちりした雰囲気になりました。



061122-1-3.jpg
コチラは、西側。上段の横棒は4mのパイプ。一人でぶんまわしながらの作業は相当大変だったようです。



061122-1-4.jpg
全体図。
今までと違ってがっちり安心感のある場所になりました。

縦棒の一番下の部分は、FRPを傷つけてしまわないよう少し浮かせた状態で、ステンレスのボルトで固定してあります。パッと見分からないと思いますが、細かな部分がいろいろ工夫されているんです。

本人にコメントを求めたところ、『疲れた』の一言でした(笑)。
位置調整がかなり大変だったようです。材料も重いし、硬くてまっすぐなものなので思うように言う事聞かないしね。

亜鉛のスプレー塗料で塗ってありますが、組む時にやっぱりキズがついてしまいます。近いうちにもう1度塗る予定です。

わが家の単管手すり、知らない人が見たら単管パイプには見えませんよね。ちょっと自慢。

塗装したことももちろんよかったけど、パイプを組み立てるために使用した金物のデザインも単管っぽくない雰囲気に一役買っていると思います。

わが家では足場パイプ.comさんのかん太という金物を使いました。

こういう金具が使えると、パイプ工作の幅が広がる感じがしますね?。ご興味のある方、是非見てみて下さい。


2006/11/16

単管手すり

061116-1-1.jpg
昨日加工していた単管パイプ、屋上の手すりになる予定です。

これは、北東の角の部分。亜鉛スプレーで塗装してあるので、いつもの単管パイプよりはマットな感じ。
この部分の高さは約92.5cmです。

上から50cm位のところにも横棒を1本走らせる予定です。



061116-1-2.jpg
3本並べてみました。床が1/50勾配になっているので、たっている部分のパイプの長さがそれにあわせて少しずつ変わっています。



061116-1-3.jpg
右の方に写っているのは、現在使っている仮の手すり。元々の単管パイプの色です。塗装後のものとは結構違いますね。

現在は諸事情でmos1人で組立をやっているのですが、これが結構困難。なんとかして、2人で作業したいトコロです。


2006/11/15

単管パイプ加工

mosさん、ここ数日は久々に単管パイプの加工をしています。

何になるのかは内緒ですが、分かる人には分かっちゃいますね(笑)。

061115-1-1.jpg
単管パイプの切断には、相変わらず【パイプカッター】という道具を使っています。
これ、一応単管パイプも切れるサイズなんだけど、実用的かと言われると『?』な感じ。

ものすごく力がいりますね。時間もかかるし。

とはいえ、高速切断機は結構高価なので、『買おう!』と簡単には言えません。ホームセンターでレンタルしているところもあるんですが、1日じゃ済まないのでちょっと面倒。特価品を見つけなくちゃなぁ。



061115-1-2.jpg
この道具、すぐ刃がボロボロになっちゃうんですよ。ま、単管パイプを沢山切るなんて、設定に無いんでしょうけどね。

ようやく替刃を購入してきて交換しました。
左の2つが使っていたもの。本来は一番右のものみたいに、黒かったんですよ。あらあら。



061115-1-3.jpg
次は、穴あけ。

ボール盤を使って慎重に真っ直ぐ開けています。
パワーが限界らしく、結構止まっちゃいます。困難だ・・・・。



061115-1-4.jpg
穴あけ後は多少キズがついたりするし、穴を開けたところにも塗装をしたいので再塗装しています。

理想を言えば、“カットして穴あけして塗装”という順番で作業すれば効率がいいんですけどね。
早めに塗装して乾かす時間が欲しい?と思ってしまったので、こうなってしまいました。最後の数本は、効率のよい方法で作業しています。

さて、これは何になるんでしょうか(もうわかる?)。お楽しみに?。



2006/05/21

屋上端っこのLアングル

060521-2-1
 一昨日、今日と防水屋さんが、屋上の端っこのLアングルの取り付けとコーキングに来てくれました。

 防水屋さんの工事はこれで終了です。

 下から見上げるとこんな感じ。分かりづらいと思うけど、グレーの板よりもアルミアングルが少し長くなっています。

 この部分が外壁の一番上の部分に少しかぶさるような構造です。



060521-2-2
 南西のコーナーから。

 中々かっこいいかも?足場からじゃないと撮れないアングルなので、記念にパチリ。

 ところで、アングルの所に見えるコーキング、結構スゴイですねぇ(笑)。

 屋上から見ると、アングルとFRPの隙間や、アングルを打ったネジの上にもコーキングがあるんだけど、これが結構スゴイんです。もしかしてウチの方がうまい?というレベル。ちょっと笑えます。きちっとした手順で一生懸命やってくれていたんですけどね。普段はあんまりコーキングなんてしないでしょうしねー。



2006/05/17

今日は外壁

 昨日から設備屋さんが配管工事に入ってくれてます。

 現場に着いてスグになんとか掃除や片づけをしたのですが、昨日の疲れが抜けないのでそれ以降は一日中スローペース。

 3人で色々仕事しているのを横目に、魂が抜けた雰囲気で現場をウロウロしていたのでした。

 今日は、設備屋さんの他に防水屋さんも入ってくれてます。複数の業者さんが同じ日に入ってくれる事は、我が家ではものスゴク珍しい事。なんだか建築現場みたいな雰囲気なのでした(笑)。

 大勢が右往左往しているので、室内で作業していても邪魔になりそう。早めに貼ってしまいたい部分もあるし、私達は外壁貼りを中心に作業しました。

060517-1-1
 西側の凹の部分のサイディング貼りの続きをするためには、笠木をガルバリウムで巻く作業もしなくてはなりません。

 そのため、私はとりあえずガルバリウムの加工。その間mosはお風呂の換気扇外側のフードとりつけ。

 以前この記事へのコメントで、フードに寄っては、下地はいらないかも・・・という話を聞き、フード到着を待ちわびていました(あの時既に、取り付け方不明のまま注文済みでした 笑)。

 で、後日届いたものを確認したところ、下地がいらないタイプでした。よかったー。

 ・・・と言うわけで、爪&コーキングで固定です。



060517-1-2
 今日の成果はこれ位。

 ちょっとしか進んでないように見えるかもしれませんが、笠木にガルバリウムを巻く作業は、結構時間がかかるんですよ。笠木と外壁の取り合いにも悩んだし。

 とりあえず一番上まで胴縁も貼ったし、ヨシとしましょう。



2006/05/13

さっそく雨ふり

060513-1-1
 昨日ブルーシートを外したばかりなのに、早速雨。

 もう雨が降っても大丈夫なはずなのに、ちょっと心配になったりして(笑)。



060513-1-2
 この静けさが好きだったはずなのに、1年くらい雨が大嫌いでした。

 久々に雨の日の良さに気付かせてもらった1日でした。



2006/05/12

開放・解放

060512-1-1
 防水工事は昨日でトップコートまで終了。

 既に硬化しているので、早速ブルーシートを外しました。

 まずは側面から。



060512-1-2
 次に屋根部分。



060512-1-3
 仮垂木だけになりました。



060512-1-4
 骨組み解体もあと少し。

 外しながら材料をおおまかにまとめています。この仮屋根に使っていた材料はこんなに沢山。強い風に耐えていたせいか、ネジなんてほとんど曲がっています。

 ブルーシートも、ツーバイ材も、単管パイプも、合板の端切れも、ネジも、みんなみんなどうもありがとう。とても感謝しています。あなたたちのおかげであんまり雨に濡れる事無くここまで来る事が出来ました。



060512-1-5
 すっきり、広くなりました。

 1年以上家づくりをしてきて、初めてこの家からブルーシート養生が無くなりました。

 今まで、室内だったこの場所が“屋外”になったのを実感しました。

 ものすごく感動。こんなに嬉しいと思わなかった。今までで一番嬉しいかも。

 風雨の心配から解放されて、開放的な場所が出来ました。毎日せかせかしてて、ちょっと疲れてたけど、この嬉しさでちょっとパワーアップ。月末の引越に向けてがんばるのだ。



060512-1-6
 ブルーシートから解放された後の我が家。

 下から全体像を撮影しました。

 まずは正面。



060512-1-7
 南東から。

 屋根の上に仮の煙突屋根が見えてますね。あそこだけはまだ“仮”だなぁ。

 だいぶ先になると思いますが、デッキやベランダが出来たら、また雰囲気が変わりそうですね。



060512-1-8
 北東から。

 いい感じです?。

 どこから見ても、図面と同じものが建っているのがビックリなんです。同じじゃなかったら困るだろ!って感じですが(笑)。

 今までとは全然違う。本当に家になったんだなーという感じがします。

 今までもこの形で存在してて、シート外しただけなのにね(笑)。



060512-1-9
 仮屋根を撤去した後は、屋上の端のツバ部分の増し張りをしました。

 防水屋さんがこの部分にアルミアングルをとりつけて、ネジの上をコーキングする予定になっているのですが、今のままでは合板1枚なのでネジが効かないため、増し張りが終わらないと出来ないのです。

 まずは、ツバの裏部分にたれている樹脂のカットから。増し張り部分の合板は接着剤とネジで固定しようと考えているのですが、ここを平らにしないとうまく貼れないのです。

 mosがカッターで地道に切り落としてくれましたが、結構硬いし足場の上の方での作業だしで大変でした。



060512-1-10
 私は屋上で、貼り付ける合板の準備。

 一面だけグレーに塗った増し張り用の合板に、ビスを前もって取り付けたり裏に接着剤を塗ったり。



060512-1-11
 準備した合板を既にFRP防水してあるツバの裏から増し張りしました。

 断面はそのまま合板が見えてます。



060512-1-12
 アングルの取り付けは来週の火曜日くらいなので、必要無い場所ではありますが、とりあえず木口にペンキを塗っておきました。



060512-1-13
 このクリームみたいなものは、コーキング材です。

 まだしばらく上の手すりの取り付けが出来ないので、内側の弱い部分に充填しました。

 この上から、養生テープ&布テープで塞ぎました。

 この他に、自分達で笠木に巻いたガルバリウムのコーキングも半分位しました。

 久々によく働いたなぁ?。でも、嬉しさで疲れはいつもの半分位しか感じなかったです。不思議ですねー。



2006/05/11

防水工事5日目

 今日はS3の削り&トップコート塗りをして下さいました。

 暑さと結構強いニオイの中で、1日頑張ってくれた職人さん、どうもありがとうございます。

 若いけど、とてもきちんとした方で、私達もとても気分が良かったです。本当にありがとう。

 通常の作業はここまでで終了。我が家はもう少し続きがあるので、あと1日職人さんが入ってくれます。