カテゴリー

2006/07/25

南壁の照明取り付け

今日は昨日叩いて作ったガルバリウムを、笠木に固定してから(出来が悪いのであっさり流す 笑)、南壁にスポットタイプの屋外用照明を取り付けました。

060725-1-1.jpg
取り付け位置にさんざん悩みましたが、結局1階2階の両端に。もう2台あるとバランスよく配置出来るかな?とも思いましたが、明るさ的にはこれ位で充分。

今は少しのっぺりした感じですが、ゆくゆくはこの面にウッドデッキとベランダを作る予定なので、少し雰囲気が変わると思います。



060725-1-2.jpg
近くで見るとこんな感じ。

採用したのは松下電工のエクステリア照明器具“LW84017B”です。

決定するまでには例によってかなりの時間がかかってます。
マリンライトとかいいんじゃなーい?と思った事もありましたが、あまり主張のない飽きがこないものがよいかなーと考え、スポットに落ち着きました。

コレを使うのはもう少し先になりそうです。


2006/07/24

久々の板金

我が家の凹部分にある4本の笠木。防水をどうするかさんざん悩んで、結局自分達でガルバリウムを巻きました。

いえ、実はまだ終わっていません。・・・・玄関の前の笠木が1本巻かないままになっています。屋上のFRPには直接関係無い部分だったし、『玄関前だからできるだけキレイに作りたいなー。一番最後にしよう』と考えていたのですが、他の部分の忙しさにかまけてそのまんま。

このままでは外壁を貼る事が出来ないので、ようやく重い腰を上げて久々の板金作業をスタートしました。

ウレタンハンマーで叩きまくりましたが、中々思うようには折れ曲がってくれないですね。きれいな出来からはほど遠いです。玄関前なのに(泣)。

教訓:慣れない事は手が覚えているウチに全部作業してしまいましょう・・・・

2006/05/17

今日は外壁

 昨日から設備屋さんが配管工事に入ってくれてます。

 現場に着いてスグになんとか掃除や片づけをしたのですが、昨日の疲れが抜けないのでそれ以降は一日中スローペース。

 3人で色々仕事しているのを横目に、魂が抜けた雰囲気で現場をウロウロしていたのでした。

 今日は、設備屋さんの他に防水屋さんも入ってくれてます。複数の業者さんが同じ日に入ってくれる事は、我が家ではものスゴク珍しい事。なんだか建築現場みたいな雰囲気なのでした(笑)。

 大勢が右往左往しているので、室内で作業していても邪魔になりそう。早めに貼ってしまいたい部分もあるし、私達は外壁貼りを中心に作業しました。

060517-1-1
 西側の凹の部分のサイディング貼りの続きをするためには、笠木をガルバリウムで巻く作業もしなくてはなりません。

 そのため、私はとりあえずガルバリウムの加工。その間mosはお風呂の換気扇外側のフードとりつけ。

 以前この記事へのコメントで、フードに寄っては、下地はいらないかも・・・という話を聞き、フード到着を待ちわびていました(あの時既に、取り付け方不明のまま注文済みでした 笑)。

 で、後日届いたものを確認したところ、下地がいらないタイプでした。よかったー。

 ・・・と言うわけで、爪&コーキングで固定です。



060517-1-2
 今日の成果はこれ位。

 ちょっとしか進んでないように見えるかもしれませんが、笠木にガルバリウムを巻く作業は、結構時間がかかるんですよ。笠木と外壁の取り合いにも悩んだし。

 とりあえず一番上まで胴縁も貼ったし、ヨシとしましょう。



2006/05/06

笠木の外観

060506-1-1
 昨日なんとかした笠木のガルバリウム、下から見るとこんな感じです。

 下側の黒いテープが見えている面は、ケイカル板かなにかを貼る予定です。



2006/05/05

笠木のガルバリウム巻き

060505-1-1
 昨日、さんざん叩いて完成させた笠木の上からかぶせる部分です。

 なんとか出来ましたが、測って作ったもののちゃんと入るか心配。



060505-1-2
 さぁとりつけです。

 まず手前から。見づらいかもしれませんが、少し波打ってますね。とりつけも難しいです。

 両面テープで仮固定して、なるべくベコベコさせないよう、中央から両端に逃がすようにステンレス釘で固定しました。

 余談ですが、この取り付けのために自作足場の足場板の幅を狭めました。笠木とスレスレのところに板が着いていたのですが、再度に貼るガルバリウムを少し下端より長くするので引っかかってしまうんです。

 mosが一人で頑張ってくれたんですが、空中で大きなOSB合板を振り回すのは大変だったみたいです。



060505-1-3
 向こう側のガルバリウムも同じ要領で貼って、最後に天面のガルバリウムをかぶせました。

 心配していたサイズの問題も、きれいにはまり一安心。



060505-1-4
 かぶせた部分のアップです。こんな風になりました。

 多少波打っているのはご愛敬。防水工事が終わったら、釘の上にコーキングをする予定。

 実はこの笠木、東西の2本ずつ、トータル4本あります。

 防水工事に関連するのはとりあえず東西1本ずつなので、今日はそれしかしていませんが、そのうちもう2本も巻かなくちゃいけないのね・・・・ストレス溜めておかなくちゃ(笑)。



2006/05/04

板金リベンジ

060504-1-1
 昨日さんざん悩んだ笠木部分の板金。

 いろいろ考えた末に、1枚で巻くのをやめ3枚に分割する事にしました。

 前後に1枚ずつ貼った後に、上から両端を折った物をかぶせるという構造。これなら水の問題もクリア出来る上にちゃんと自分で出来ます。若干仕事量は増えますが、折り幅か狭いものは問題なく折れる事が実証済み。がんばりまーす。

 ・・・というワケで、今日の最初の作業はまたまたガルバリウムのカット。また切り粉をとばしまくりながら頑張ります。顔や腕にバシバシ飛んで来ます。飛ぶ量も半端じゃなく、金属サイディングの3倍位。良い子はマネせず金切りバサミの良い物を購入しましょう。

 写真はカット後。上にテープがついたままおいてあるのは、昨日私が悩みつつ叩いてボコボコにしたガルバリウムです。



060504-1-2
 昨日は、自分から見える方向にマスキングテープを貼って線を引いたのですが、透けている素材ではないので、今ひとつ合わせづらい。長尺ものなので少しずつずらす際に位置合わせをしなくてはならないので作業しづらかったです。

 その反省を生かして今日は裏側に二重にテープを貼ってみました。台にしている木材とは手触り&目で見て合わせているので、この方がやりやすかったです。



060504-1-3
 昨日と同じく90度まで折り曲げた後はひっくり返してまた叩きます。



060504-1-4
 1ヶ所終了。

 これは上からかぶせる部分になるので、もうひとつの端っこも折り曲げなくてはなりません。

 だいぶこの作業に慣れてきました。ちょっと疲れるけど、楽しいので頑張るとします。



2006/05/03

板金でびゅー

 一昨日の記事にも書きましたが、屋上の防水屋さんが5/6から入ってくれる予定になり、それまでに東西の笠木の部分をなんとかしなくてはなりません。

 板金屋さんも今からじゃぁどうにもならなさそうなので、自分で頑張る事にしました。

 このブログにリンクさせて頂いている、【DIY 日曜大工で家を作る】のキリギリスさんが、以前水切りを自作をされていたのを思い出し、出来るかも?と思った次第です。

 でも、スタートの作業から思い切りつまずきました。あのぐるぐる巻きされている、共板を必要なサイズに切り出そうとしたものの、ウチの金切りバサミは刃が真っ直ぐなのでどんどん曲がっていってしまいます。真っ直ぐなのに曲がっていくってヘンな話ですが、切ったガルバリウムがハサミの金具部分にあたってしまうので邪魔になってしまうのです。

 先が曲がったタイプのものを買ってくる事も検討したのですが、余計な出費になってしまう上に時間ももったいない。いろいろ考えた末に丸ノコでカットしました。

 コレ、結構(かなり?)困難な作業です。今から金切りバサミを購入する方には先の曲がったタイプをおススメします。

060503-1-1
 折り曲げる場所にどうやって線を引こうか考え、とりあえずマスキングテープを使ってみました。

 角のきっちり出た木材(金属のものがあったらサイコーなんですがあいにく無かったので)に曲げる部分を当て、ひたすらウレタンハンマーで叩きました。

 前出の【DIY 日曜大工で家を作る】さんの掲示板で“一気に90度曲げようとするとラインが波打ってしまい失敗します。コツは、全体に角度を少しずつ曲げていくこと。”と教えて頂いたので、それに乗っ取って少しずつ慎重に叩きました。

 確かに、慎重に頑張っても多少の波打ちはあったので叩きすぎるとなんだか伸びちゃったみたいに波打つ感じになりそうです。<

060503-1-2
 90度くらいになるまで叩いたら、裏返してまた少しずつトントン。

 なんとか折り返しが出来ました。多少(結構?)波打ってますが、表から見たらほとんどわかりません。初めてと思えば上出来かな?



060503-1-3
 難しそうだったけどなんとか出来たじゃん。こりゃぁなんとかなりそうだね。

 と楽観的な私が喜んでいたのもつかの間、大きな困難にぶち当たりました。よく考えれば、もっと早くから想像できた自体だったかもしれませんが。

 1枚板で巻くためには、写真のガルバリウムの真ん中当たりに2本マスキングテープが貼ってある部分で折り曲げたいんです。

 出来ないよー(涙)。叩く部分が広すぎます。こんなに広いとどこを叩いても、どーにもならない上に、凹みや波打ちができるばかり・・・

 途方に暮れました。

 とりあえず今はどうしようもないので、新たな作戦を考えて再チャレンジ!という事にし、今日は終了です。

 初板金は敗北感でいっぱい。



060503-1-4
 私がガルバリウムを叩きまくっている間、mosは外で外壁貼り。

 換気扇の排気口の穴明けや、笠木の板金巻きなどを先にしたい部分があるため、それに差し支えないトコロまで張り上げた後は、サイズが分かっている部分の切り出しをしていました。

 金属サイディングのカットは、金属の切り粉がバシバシ飛んでくるので万全な装備が必要です。この切り粉、ちゃんと払っておかないともらい錆の原因になるので注意が必要です。

 もらい錆とは、非常にサビにくいと言われている金属に鉄分がくっついてサビる事です。参照ページはコチラ。キッチンや浴槽で問題になる事が多いので、ステンレスの事例になってます。

 今日のところはこれ位。家に帰ったら、笠木の板金づくりの作戦を考えなくちゃ。



2006/03/06

北壁ガルバリウム張り終了

060306-1-1
 昨日の疲れもあり(朝早くから宇都宮へ行きジョイフル本田ウロウロ&ナショナルのショールーム)、10時前に現場に到着すると板金屋さんは既に、屋根周囲の役物にとりかかっていました。

 早いですねー。

 と言うわけで、北側のガルバリウムの外壁は完成です(コーキング作業は残っていますが)。



060306-1-2
 正面から見たところ。

 相変わらずブルーシートがちらっと写っていますが、かなり“家”って感じになった気がします。

 どうでしょう?



2006/03/04

北側壁ガルバリウム張り 2日目

060304-1-1
 昨日に引き続き、板金屋さんが北側の壁のガルバリウムを張ってくれています。

 壁に張る事は余り無い上に、上から下まで一枚もののガルバリウムを縦方向で扱うのは結構大変なようですが、コツをつかんだようで確実にスピードアップ。さすがプロ!って感じです。

 お昼前にはもうここまで進んでいました。



060304-1-2
 壁の一番上の部分の細工をしている職人さん。

 ピンボケ写真だったので、そのまま掲載しました(笑)。渋いですねー。

 今までいろいろな職人さんにお会いしましたが、板金屋さんが一番“職人”っていう雰囲気を漂わせてる気がします。

 なんつーか、最初の一言が恐くて話しかけづらい感じ。話してしまえばどーってことは無いんですけどね。



060304-1-3
 今日は屋根の板金工事には入りませんでしたが、一部端っこの役物の取り付けをしていました。



060304-1-4
 今日はここまでで終了。

 壁面はもうすぐ終わりですねー。さすがです。



060304-1-5
 あと3列ってとこでしょうか。

 月曜日にはいよいよ屋根の板金工事もスタートしそうです。



2006/03/03

板金屋さんの作業スタート

 私達も今日知ったんですが(笑)、今日から北側の壁と屋根のガルバリウム張りのために板金屋さんが作業に入ってくれました。

 実は、昨日一昨日と2連休していたんですが、その間現場に忘れっぱなしにしていた携帯に何度か連絡をくれていた模様。

 連絡が付かないため、最後はFAXでお知らせが来ました(笑)。

 見た途端にぼーっとしていた頭がフル回転。あせって現場に向かいました。

060303-1-1
 現場は既に作業中。

 げげっ、既に窓周囲の役物も取付中だー。焦ります。

 実はこの写真でもわかるように、アスファルトフェルトを張ってから窓周囲コーキングをしたのですが、そのコーキング部分が盛り上がってしまい役物がうまく施工出来ないと思うので、はがしておくようにお願いされていたんです(汗)。

 ここしばらく天気が不安定だったので、板金屋さんの作業予定が決まったら、ぎりぎりにはがそうと考えていたのでした。

 ちょうど職人さんがコーキングをカッターで削り中・・・あぁ・・・

 『ごめんなさい』と声をかけると「大丈夫だよー」と笑顔で言ってくださったので、ホッとしました。余計な仕事を増やしちゃってすみませんでした。



060303-1-2
 壁の両端と下端の役物はこんな風に取り付けてありました。

 なんだかシャープでカッコイイですねー。



060303-1-3
 窓周囲の役物はこんな風。

 コレがつくだけで、以前とは雰囲気が変わってきましたね。



060303-1-4
 板金屋さんの作業中、私達は屋上作業をしていましたが、声や音は聞こえるので、見たい気持ちがうずうず。

 結局、時々抜けだして眺めに行ったりしました。

 役物の取り付けや仮留めが終わり、いよいよ待望の1枚目。

 普段は屋根葺きが多いようなので、縦方向に張るのは大変そう。全員が縦一列に並んで声を掛け合って作業しておられました。



060303-1-5
 今日のところは、ここまで。

 窓周囲の水仕舞いは、基本的な方法は考えてあったようですが、更に現物と合わせながら一番水に強い構造を工夫して下さっているよう。頼もしいです。

 窓の上につける水切り役物は『やっぱりもう少し改良してきたいんだけど、いい?』と相談があり、工場にお持ち帰りになりました。



060303-1-6
 実は『アスファルトフェルトの時も真っ黒だったから、そんなにイメージは変わらないだろう』と考えていたんですが、全然変わりまね。びっくりです。

 いいわーガルバリウム。満足満足。

 この上に何かを施工する事はなく、これが完成形って事にもかなり感動します。今まで、やってもやっても“終わり”にたどり着けなかったので・・・



060303-1-7
 縦ハゼってこんな感じなんですね。

 中々タイミング良く見に行けないけど、一度金属板の加工も見てみたいです。音だけ聞こえて思わせぶりなんですよ、これが(笑)。