カテゴリー

2009/03/03

久しぶりに自宅で作業

タイトル通り、久々に自宅の作業をしました。

午後からだったので、たくさんではないですが、ずっと放置していたキッチン(毎日使っているので、手をつけづらいのです)の天井あたりをちまちまと頑張りました。
090303-1-1.jpg
こちらは、ゲストルームの吹き抜けの下。

実は1年ほど前に、コーナービードを両面テープでとりつけ、メッシュテープまで貼ってありました。
しかし、長期間そのままにしていたため、一つ…また一つと落下してきていたのでした(苦笑)。

以前の記事を見てコメントいただいたように、釘でとめる方法でもう一度やり直してみました。

いいです!しっかりすっきり固定できました。
釘か?、言われてみればそうだなーと納得。なぜかその頃はビスしか頭になく、“ビスじゃぁ頭出過ぎるし…”と困っていたのでした。アドバイスありがとうございました!


090303-1-2.jpg
メッシュテープを貼り、パテ塗り。

ここ、ひとつひとつのマスが狭いのでやりづらいです…。
パテ自体が久々なのもあって、結構苦戦。結局2マスちょっとしか進みませんでした。


090303-1-3.jpg
mosは照明と、IHクッキングヒーター、オーブンなどの配線。

キッチン近くを以前配線していた頃は、照明の位置はおろか、調理機器の配置なども具体的には決まっていなかったので、細かくはしていなかったのです。

キッチンはワークスペースなので、吹き抜けを挟んだ反対側のリビングと比べて、照明の密度が高くなっています。

この配線、いちいちものをどかさないと出来ないので、予想以上に大変でした。
石膏ボードを貼るときが思いやられます…。

2008/05/04

ペンキ仕上げは大変です

080504-1-1.jpg
寝室の内装を始める前に、隣のウォークインクロゼットを仕上げることにしました。

寝室→ウォークインクロゼットの順番に仕上げると、クロゼットに積んである衣装ケースを移動する際、移動先が完成後のフローリングだとかなり気を遣う必要がありそう。それに移動中に壁の漆喰をガリッなんて哀しいこともおこりそうな気もするし…。

まずはじめに、荷物の運び出しやら整理やら(直接関係ない? 笑)。これで既に数日かかっています。

荷物がなくなったら、途中まで終わっていたパテの続きとサンディング、シーラー塗り、マスキングなど。書けばあっけないんですが、ペンキ仕上げなのでそれなりに大変です。
パテとサンディングはかなり丁寧にしないと、仕上がりが今ひとつ…になってしまうのですが、なにせ隣にはコンピューターが数台(この2部屋の間には今のところドアがありません…)。調べ物や、Blog書きもこの部屋でしているので、ほこりだらけにするわけにはいきません。

仕方なくサンディング時には出入り口に薄いベニヤを立てかけ、それでも開いている部分にはいらない布をはりつけました。
その中でヘロヘロになりながらmosさんがサンダーで格闘。暑いわ、けむいわで大変でした。お疲れ様。

我が家の内装、いろいろな壁がありますが。下処理の大変さではペンキ仕上げがピカイチですね。



2007/12/16

ゲストルームの窓周り

071216-1-1.jpg
この写真の状態で放置されて久しいゲストルームの窓2つ。

次はこの部屋のフローリングを貼る予定なので、その前にどうにかしないと。…というわけで、石膏ボード貼りをしました。

せっかくきれいになったフローリングの上に石膏ボードの粉が舞うのはちょっと…ですもんね。


071216-1-2.jpg
小さな場所ですが、石膏ボードをただ貼るだけではすまないので、それなりに時間はかかります。

まず、窓のツバ部分と同じくらいの厚みの合板を手前にとりつけ石膏ボードを貼る部分を面一にし、それから石膏ボードを貼ります。

出隅の部分にコーナービードを取り付け、メッシュテープを貼り、パテ処理2回。

それなりに面倒だけど、きちんとしないと仕上がりがメチャメチャになってしまうので、頑張って私なりに丁寧に作業しました。

これで、心おきなく(?)フローリング作業にかかれます。年末までにどこまで出来るかな。



2007/10/07

リビングの石膏ボード貼り

071007-1-1.jpg
今日はお義父さん、お義母さんがお手伝いに来てくださいました。

お義父さんには、石膏ボード貼り&メッシュテープ貼り、お義母さんにはパテ塗りをしていただき、あっという間にリビングの風景が変身。


071007-1-2.jpg
昨日、自家製テープでパイプの周囲を処理した部分も無事に石膏ボードを貼り終えました。

以前にも何度か書きましたが、私たちこの石膏ボードという建材が大嫌い!加工も面倒だし、扱いづらいし…。

大変だったけど、進んだ(=残り枚数が少なくなった)のでうれしいです。


071007-1-3.jpg
ゲストルームにある吹き抜け部分、どう処理しようかと考えていたのですがTJIがそのままなのも、ナンなので、隠すことに。

とりあえずサイドに石膏ボードを貼り始めました。


071007-1-4.jpg
インターホンと照明のスイッチの下には、寝室にも設置したNATIONAL(松下電工)のフットライト(LBJ70980)が登場。

いざという時に迷わず手に取れるようにと思い、高めの位置に設置しました。どうでしょう?

パテ塗りも進んだし、次は天井の羽目板貼りをしようかな?段取りを考えて作業しないと、かえって面倒になってしまうことも多いので、よく考えてみないとですね。


2007/07/08

ゲストルーム&吹き抜け部分の天井貼り終了

070708-1-1.jpg
一昨日少しだけ残っていたゲストルームの天井、本日無事に終了しました。

残っていた部分は少しだったんですが、工具棚やいろいろなモノに阻まれたり、最後の1枚が中々はまらなかったりとそれなりに大変でした。


070708-1-2.jpg
一昨日の記事の最後のあたりにわかりにくい説明を書きましたが、ゲストルームと吹き抜け部分との間の壁はこの写真の右側の部分だけなんです。

なので、この壁より左側の部分は羽目板をつなげて貼ってあり、右側の部分は吹き抜けとゲストルームの天井を別々に貼ってあります(当たり前か…)。


070708-1-3.jpg
私はこの作業の他に、パテ塗りもしました。

こんな感じ。足場の下の段からしか届かない部分はまだなんです。あがりにくい場所なので、ついついおっくうになっちゃって。おいおいやらないとな…。


2007/03/02

あぁぁ?スッキリ

昨日に引き続き、2階の内装を頑張ってます。

今日の目標は、フリースペースやトイレなどあちこちに置いてある、衣装ケースやダンボールを本来の位置に戻す事。

すなわち、納戸とクローゼットを決めた部分まで仕上げ、荷物の移動もするんです。

ん?、大きな目標だ・・・

070302-1-1.jpg
こちらの写真は、フリースペースの天井部分。

ここはそのまま仕上げると、とてもフクザツな納まりになってしまうのです。
いろいろ考えた結果、一番シンプルかつ楽に納められる方法は天井の高さを下げる事だという結論になりました。

どうせ下げるのなら・・・という事で、電気も根太に穴を開けずに配線しています。

写真は、まずはじめに2階からR階へ煙突が通る部分を下げたところです。



070302-1-2.jpg
こんな感じで下地を作っています。

受け材は2×4材。両側を金物で、中央辺りを上の根太と短いツーバイ材で繋いでます。

この写真ではわからないですが、数mm真ん中を高めにしてみました。

天井の石膏ボード、真っ平らに貼ると目の錯覚で真ん中辺りが垂れて見えると言われています。今まで貼った部屋は、真っ平らにしちゃったけどね(笑)。



070302-1-3.jpg
今日の主役のひとつ、納戸です。

パテ塗り3回(目地パテ2回、仕上げパテ1回)終了しているので、今日はサンディングからです。

オービタルサンダーでブンブンサンディングしていたら、あっという間に周りは真っ白。ものすごい粉塵です。体に悪そうです。ホント。

いつまでたっても、もうもうとしたケムリがおさまらないなーと思っていたら、自分の眼鏡に粉が積もってました(笑)。

パテ塗りは塗る事よりも、このサンディングが大変なような気がします。

酷使しすぎて、サンダーがとうとう壊れました・・・(泣)。



070302-1-4.jpg
いきなりですが、納戸のAfterです。

サンディング後にシーラーを塗り、【アサヒペン インテリアカラー キッチン&サニタリー】のシルキーバニラをペイントしました。
このペンキ、元はと言えばトイレの壁にペイントしようと近所のホームセンターで購入した物です。トイレはペンキ仕上げにしない事にしたので、余っちゃうし・・・防カビ効果も優れているということなので、納戸にピッタリ(?)と、使う事にしました。

1度塗りの時には『なんじゃ、こりゃぁ。ひどいなぁ?』と、ため息が出るほど汚い仕上がりだったのですが、塗り重ねると『いいわー、なんだか重厚感ある?(←げんきんなヤツです)』と思える、落ち着いた雰囲気になりました。

気になるパテ跡も、知っているから分かるけど、思ったほどには目立ちません。

サンディングしていた時は、『あぁ?。もう無理。もう絶対にペンキ仕上げはしないぞ!』と固く誓っていたのに、この結果を見ると、納戸やクローゼットはペンキ仕上げでいきましょう!という気持ちになりました。

仕上がりの雰囲気もそうなんですが、粗忽者の私が荷物の出し入れなどを頻繁にする事を考えると、塗り壁だと“ガリっとやっちゃった?(泣)”という事になりかねない気もしますしね。

とりあえず、窓周囲の枠は落ち着いてから入れるとして、これで納戸に荷物を詰め込むことにしました。



070302-1-5.jpg
コチラは、ウォークインクローゼットです。

写真で見ると、納戸と区別がつきませんね。窓の位置が違うくらいかな?

こちらはこの時点(まだ納戸のペンキ塗りが終わっていない日中)では『塗り仕上げのつもり』でしたので、ペンキ仕上げの納戸よりは、若干ラフなパテ仕上げ。こちらもサンディングとシーラーまでは終了しました。

余談ですが、もうもうと舞うコナコナ対策に、サーキュレーターを換気扇代わりに置いて見たところ、中々良い感じでした。ふと外を見るとサーキュレーターの先にスジになって白い空気が出て行くのが見えました。うわー。

サーキュレーターさん、どうもありがとう。



070302-1-6.jpg
洋服をかけるための、パイプを取り付けてもらいました。

高さは床から約180cmの位置です。ちょっと高めでしょうか。普通はどれくらいなのかな?
私的には洋服も掛けやすいし、下の空間も有効活用出来そうだし良い感じです。



070302-1-7.jpg
ちなみにパイプを取り付けるための金具に標準でついてきたビスは写真右のもの。

これじゃー、ほとんど効かなそう・・・という事でビスは65mmのコーススレッドに替えました。これでバッチリ。



070302-1-8.jpg
納戸のペンキ塗りも終わり、クローゼットのパイプも取り付け、照明も取り付け、全部終わったら既に19時。普段ならこれで終わりにするところですが、ココまで出来たら片づけるしかー!と言う事で、衣装ケースや布団を運び込み、今まで足場にかけていた(スミマセン・・・)コート類も吊るしました。

ちなみに納戸やクローゼットの照明は、お客様に見える場所ではないので全然こってません。最低限のシンプルな見た目以外は性能と価格重視。汎用性があるのもポイントですー。

フリースペースも広くなったし、クローゼットもまとまったし、あースッキリ。
これで、気分良く寝られるわ?。見た目ががらっと変わるのはやっぱり楽しいです。


2007/03/01

2階の内装頑張ってます

070301-1-1.jpg
夕方、出稼ぎから帰宅。2階に上がるとmosはまだ働いていました。

写真の部分の石膏ボードを貼ってました?。ここの配線も全部済んだので、もう閉じてしまってもよいそうです。

実はこの石膏ボード貼りは、ちょっと前から作業しているそうで、その前はずっとクローゼットのパテ塗りをしていたとの事でした。



070301-1-2.jpg
そうそう、わが家で今まで使ったパテは写真に写っている3種類。

左から、“目地パテ”“スーパーパテ”“仕上げパテ”

全て【パテのトップメーカー メーコー】のものです。

最初はスーパーパテの2.5リットル入りの小さなサイズを5缶ほど購入して(その頃は通販で一斗缶サイズをみかけなかったもので・・)塗ってみました。中付け・上付け兼用タイプで、とても柔らかくて軽くすーっと伸びる感じ。使いやすいなぁ?という感じでした。

ただ、1缶1,764円というお値段には結構ビビってしまいまして、勢いよく厚塗りするには結構勇気がいりました(笑)。

それで、もう少し安く!と調べた結果が左右の2点。

目地パテは、最初に使った時は『なんて塗りにくいんだろう』という印象でした。スーパーパテよりはちょっと固めで若干ザラザラしています。

でも、使っているウチにだんだんコツが分かってきました。小分けしてから練ってつかうと伸びも良くてなかなかよい感じです。深い溝などに詰めるような気持ちで使っていました。メーカーページには『痩せがない』とありましたが、若干ですが痩せはあるように思いました。

そして仕上げパテ。

実は最近初めて使ったのですが、これはもう生クリームのようです(笑)。粒子が細かーい!って感じ。あまりにも軽くて柔らかいので、最初はちょっと厚塗りしたい時に結構悩みました。数カ所やってみてなんとかコツが分かって来ました。このパテはあまり痩せを感じませんでした。

さすが『仕上げ』という名前だけあって、サンディングした後はつるつるでキレイ。これで壁を全部仕上げる?と冗談で話した程です。

という、参考になるようなならないようなレポでした。

写真に写っているスーパーパテは一斗缶だよーと思う方もおられますよね。
実はコレ、宇都宮のジョイフル本田で発見して購入した物。2リットル増量キャンペーン(?)中だったので、14リットル入り。お値段は4千円台半ばでした。

塗りやすいし、一斗缶なら他のパテと若干高い程度だからいいんじゃない?と言う事で1缶押さえて来たのでした。

本来なら石膏ボード全面をパテ処理したいところですが、それをしたらパテ代だけでいくらになるか!考えると恐ろしいです。

そんな予算はないので、とりあえず目地とビス頭だけ潰してます。それでも、結構な消費量です。ここにある量だけじゃ到底足りそうにありません。恐るべしパテ。

参考までに、メーコーの商品一覧(詳細)ページはコチラです。


2007/02/25

電気配線とパテ塗り続き

今日は室内で別れて作業。

mosは電気配線の続き、私は納戸のサンディングと仕上げパテ塗りをしました。

仕上げパテ、初めて使ったのですが、生クリームみたいです。すすーっとラクに伸びるんです。
現在わが家にあるパテは3種類。みんな塗り心地が違います。そのうち写真に撮ってご紹介します。

出来ればサンディングまでしたかったのですが、パテが乾かなかったので次回に。

R階のフローリング張りも途中なのですが、3/14にお客様がいらっしゃる事になったのでとりあえず2階の納戸&クローゼットを何とかして溢れている物をしまいたいのです。

間に合うか?(笑)?

2007/02/23

お義父さんの好きな事

本日は、なんと日帰りでお義父さんがお手伝いに来て下さいました。

本日の作業予定は薪小屋2号の屋根の取り付け。お義父さん、かなりこの作業がお好きなようなんです。残念ながら少し前から雨が降ってきました。レインコートも持参されていて、『小雨だったらやろうよ』とおっしゃっていたのですが、普通に降っていたので中止させていただきました。お義父さん、ごめんなさいー。

以前にも、blogを見て『屋根のとりつけは手伝いに行くから、とっておいて』と連絡が来た位なんですよ。なんでかわからないけど、この作業がお好きなのねーと思っていました。

今回、mosが『屋根の取り付けの作業が好きなの?』と単刀直入に聞いたところ、『そうなんだよ。好きなんだよねー』ときっぱり。こんなにはっきり『好き』とおっしゃった作業は初めてなので、次回までとっておく事にしました。

070223-1-1.jpg
気を取り直して、今日は納戸とゲストルームのパテ塗り。

納戸には行き場のない荷物が沢山おいてあるので、それをどかすところからスタート。これが結構タイヘンなんですよ。もともと行き場がない物なので、どこに移動させるかが悩みのタネ。

それでもなんとか納戸を空にして、メッシュテープ貼りとパテ塗りをしました。

ここは、“ペンキ仕上げでいっかー”と思っているので、出来るだけ丁寧にパテを塗りました。
とりあえず2度目まで終了。

乾いたらサンディングして、仕上げパテを塗ります。



070223-1-2.jpg
mosは久々に電気配線をしました。

ウォークインクローゼット周囲の配線が終われば、石膏ボードを貼る事が出来る→あちこちに無造作においてある衣装ケースを戻す事が出来る。という考えで、その周辺を重点的に頑張ってます。

寝室のスイッチは、こんな風に並びました。一番右側に見える大きなものはウォークインクローゼットの照明。左側の4つセットのものは、寝室に取り付ける3本のダクトレール+ホールの照明です。

真ん中にも四角いのがついてますよね。なんでしょう?



070223-1-3.jpg
アップにしてみました。

NATIONAL(松下電工)のフットライト(LBJ70980)です。

通常、床面から30cm位の高さに取り付けるようですが、わが家ではスイッチと同じ高さに取り付けてみました。

これ、ライトが下の2口コンセントにささっていて常に充電されており、停電するとライトが点灯し懐中電灯がわりに使えるというスグレモノ。もちろん懐中電灯のスイッチもついてます。

そういう用途であれば、とっさの時に手に取りづらい足元よりも、このくらいの高さの方がよいのでは?と言う事で、この高さになりました。

並んでいると、あんまり違和感ないですよね。

もともとは取り付ける予定が無かったんですが、フットライトを探していた時に発見して良さそうだったので設置してみました。こうやって、変更できるのもセルフビルドの良いところだなーと思います。


2006/12/04

ご無沙汰しております

気がつけば、前回更新から既に一週間。

作業していないワケではないのですが、地味?な作業続きでココまで出来た!という見た目に分かり易い成果は無し。なので、写真も全く撮ってません。

やっていた作業は、主にパテ塗り・シーラー塗り。おまけに石膏ボード貼り数枚(諸事情で今まで貼っていなかったものが、貼れる環境になったので)というトコロかな。

とりあえず、R階の石膏ボードは全て貼り終わりました。

しかし、寒いですね?。ここ数日で冷え込みがぐぐぐ?っと厳しくなりました。昨日の最低気温は-5.7℃(わが家の気温計調べ)。

あまりの寒さに耐えかねて、とうとう食事も寝室でとるようになっています。にわかワンルームマンション(笑)。

橋の向こうの那須町の方では先週末雪もちらついたよう。そろそろスタッドレスに履き替えなくちゃ。