カテゴリー

2006/11/25

毎月恒例?

3日間、お義父さん&お義姉さんが来那須中。

昨日お昼頃に到着。お昼は豪華に湯葉料理にご案内しました。

那須街道沿いにある、【豆寿屋】というお店。さしみ湯葉、サラダ、煮物などいろいろのったお膳、とっても美味しかったです。
ご案内するだけしておいて、ちゃっかりご馳走になってしまいました。ありがとうございました?。

そして今日のお昼は、【イタリア食堂 Via Lattea】。ここはわが家が外食する時に一番よく行くお店。美味しいうえに、ランチはとり放題前菜がついてかなりお得。マスターも気取らなくて感じの良い方だし、何度いってもまた来ようと思うんですよ。

あ、食べてばかりじゃありませんよ(笑)。

昨日は、伯父の別荘でゆっくりさせて頂きましたが、今日は作業。mosは、2階トイレの石膏ボード貼りの続き、お義父さんはR階天井のパテ塗りをしてくださいました。

午前中、用事ででかけていた私は昼食から合流。午後は早めに作成したい薪小屋の位置を検討したり、石膏ボードのビス打ちをしたりしておりました。

明日は、約2年間も放置してあった敷地の角に積み上がっている松の木を片づける予定(ちょっとコワイ)。

晴れたら新人ジェイソンのチェンソー練習ということです(笑)。

2006/11/04

塗る削る

今日は二手に分かれて作業。

只今。やらなければならない事がたくさんあるので作業は選び放題(泣)。毎日なにからやるべきか考えてたりします。

061104-1-1.jpg
mosは2階の寝室&ゲストルームのパテ塗り。

私には届かないところもあるので、今日はmosがやってくれました。そこで悲しい事実が判明。mosのパテ塗り、私のパテ塗り作業の5倍速くらいの早さです。

別に手を抜いてるワケでもないのに、早いですよ。なんで?なんで?・・・ちゅーか今までの私の立場は・・・

天井と壁の境目などの部分は、秘技!指塗りが炸裂していました。



061104-1-2.jpg
私は1階のトイレにおこもり。近々ここに断熱材を詰めて石膏ボード貼りをするので、その準備です。

転び止めとスタッド、数本重ねて使っているスタッドなどの部分に凸凹の部分が沢山あるので、なるべく平らになるよう手鉋で削りました。

大きな声では言えないけど、プロが見たら顔をしかめるような強引な削りかも(汗)。

最初は電気カンナも使っていたんですが、この重さのもので壁を削るのが難しく断念しました。

もひとつ小さな声で言わせて頂ければ、今までは壁を張りながら見つけたところを削ってたんです。・・・と言う事は、壁を張る前に見つけられなかった部分も沢山あるわけで・・・。

ドライウォールに夢を馳せていたんですが、今まで貼った石膏ボードの部分は全部塗り壁に決めました。っていうか、下地の問題でペンキは無理です。

1階だけはペンキ使ってみたいよね。という事で、頑張って下地調整しています。
トイレだけでヘロヘロです。まだまだ先は長いですねー。


2006/09/04

2階照明用配線

今日は二手に分かれて作業。

mosは2階の照明の配線を、私は2階細長窓の2度目のパテ塗りをしました。
音楽をかけながら黙々と作業。なにも音が無い静かな状況よりはなんとなく作業が進むので音楽を流している時が多いです。

私のパテ塗り、途中きりの良いところまできたので、気分転換に違う仕事を!と2階の一番右の細長窓のマスキングをやり直しはじめました。そこでがびーんなモノを発見。木の窓枠と石膏ボードの間(この写真ではまだ貼ってないんですが、左右に貼ったボードと向こうにある窓枠との間)に隙間のあるところが!

そりゃそーですよね。こんな細いところ、そんなにキレイにはいきませんもの。もちろんここもパテ埋めが必要です・・・(T_T)

アイスクリームスプーン、コーキングヘラなどを使って埋めてみましたが、中々うまくいきません。だんだん慣れてはきましたが・・・。

パテ塗り、まだまだ家全体の1/10も終わってないですね。ふー。

mosは2階の照明半分位と外照明の2階の分の配線が終わったようです。

実は外照明の配線は一旦終わっていたのですが、取り付ける位置を変更したため、配線し直しが必要になったのでした。

夕方遅くまでかかって暗くなってきたので、テストもかねてライトオン。写真を撮るのを忘れてしまいましたが、中々いい感じに照らしてくれてました。こういうのを見ると、パテ塗りの地味な作業疲れも吹っ飛びます。ベランダやデッキがないと若干マヌケな感じもしますが、それはそれ。しばらくしたら外観がまた変化すると思うと楽しいですね。

2006/09/01

温室をつくろう!

ここ数日、寒い日が続いています。
もうこのまま秋、そしてスグに冬に突入?って感じ?とちょっと不安に。

ちょっと遅い時期に種まきした、緑綿が弾けるところまでいけるか心配です。
mosに「大丈夫かなー?」と相談したところ『温室を作ればいいんじゃない?』との返事。・・・と言うわけで、“温室を作ろう!計画”がスタートしました。

例によって(笑)、材料は家にあるものがほとんど。買った物といえば、温室用のビニールシートくらいです。一応“仮”のものなので、これでOK。

私が2階北側の細長窓周囲をパテ塗りしている間、mosは材料の切り出し。

その後温室を設置する部分の上に(しばらくアクセス出来なくなるので)ケイカルを貼りました。

ココまで終わって、いよいよ組立です。そうそう、設置場所はなんとR階です。

060901-1-1.jpg
今回はなんちゃって2×4工法で作る予定。なので、とりあえず床を作成。
90mm角の土台は、システムバスが入る前に浴室を仮塞ぎしていた時の土台です。



060901-1-2.jpg
土台の上にこれまた再利用のOSB合板を。
ちょっと見、水が抜けなそうかな?とおもったのですが、再利用の材料達はあちこち反っていたりでその心配は無いようです。



060901-1-3.jpg
左右に壁(枠?)を取り付け間を繋ぎました。そしてその上から垂木も設置。

ちょっと曲がって見えますか?ご名答?。
実は、屋上は雨が流れるようにわずかな勾配がついています。その角度に沿って立っているので曲がって見えますよね。

この辺で時間切れ。続きはまた明日です。

どんなモノが出来るか楽しみです。


2006/08/28

助っ人最終日

強力助っ人、お義父さんとお義母さん3日目。今日は最終日です。

昨日からの続きでパテ塗りや石膏ボード貼りをしました。
お義母さんは、昨日の続きであちこちパテ塗り。・・・絶対私より上手いと思う。

060828-1-1.jpg
そして男性陣+私はまずはじめに天井の石膏ボード、最後の1枚を貼りました。
その後、mosは材料の切り出し、お義父さんと私は西側の壁(写真に写っている壁です)に気密シートを貼ったり、切り出された石膏ボードを貼ったりしました。

同じ作業が続いていたので、お2人とも段取りを分かって下さり、私達が居ないところでも細かな事が少しずつ進んでいたりする事もありました。
とても助かりました。



060828-1-2.jpg
東側の壁の石膏ボードはあと1枚。
中々上辺の部分が合いません。細かな調整が続きます。・・・あ、でも南側(写真右側)の壁の気密シートを先にはらないといけないんだった。根本的に間違ってました(笑)。



060828-1-3.jpg
R階で出来る部分が終わってしまったので、リビングの上の吹き抜けのボード貼りもスタート。

この部分は内部壁なので気密シートなどの下処理が必要ないのが楽です。

内部足場の上段と下段にお義父さんと私が乗り、mosが切った石膏ボードを貼るという手順でやったのですが、狭い場所での作業なので思ったよりもはかどりませんでした。

でも、ここが石膏ボードで閉じられていくとぐっと部屋っぽくなりますねー。



今回も3日間フル稼働でお手伝いして下さったお義父さんとお義母さん。ありがとうございました。

2006/08/27

助っ人2日目

今日も、お義父さんお義母さんがお手伝いに来て下さいました。

060827-1-1.jpg
お義母さんには、石膏ボードのパテ処理を依頼。練習に継ぎ目を1本塗ってもらった後は、北側の細長窓の周囲にトライ。
初めてなのに頑張って頂いてます。

ちなみにこれまでは【メーコー株式会社】“スーパーパテ”という商品を使っていました。軽くてのびが良くて使いやすかったのですが、結構高価。これからも結構な量を使用する事を考えると、もう少し価格を抑えたい・・・という事で、今回からは同じメーコー株式会社の“目地パテ”を使う事にしました。

一斗缶で購入したので使う分だけ缶から出してみたのですが、ボソボソして使いにくそうな印象。なんとなく不安がよぎりました。しかし、横で見ているとお義母さんはすいすい塗っていらっしゃる。気になってちょっと私も使ってみたら、塗っているウチにだんだんなめらかになってきて意外と使いやすい事が判明しました。

一斗缶2つ購入してますから、ちょっとビビリました。使いにくくなくて良かったー。



その間、mosはR階の東側の三角壁に換気口用の穴を開け、お義父さんは浴室と土間の間の壁の断熱材詰め&ブチルテープ貼り。ちなみに断熱材は、床用の余った物を流用。手芸綿と同じ素材のパーフェクトバリアは、ホント詰めやすいです。細かいものも合成して詰めまくり、ほとんど余りなし。とてもすっきりした気分でした。

テープを貼り気密シートまで貼った時点でmosを呼び、3人でこの部分の石膏ボード貼りをしました。今まで、ユニットバスの裏側が透けて見えている状態だったんですが、これで見えなくなりました。

060827-1-2.jpg
いろいろ細々やっている間に、パテにすっかり慣れたお義母さんは他の場所にも進出。さっき貼った浴室と土間の間の石膏ボードにもメッシュテープを貼りパテ塗りしていてくださいました。

スバラシイです。



060827-1-3.jpg
mosが今日穴を開けた場所は、こんな風になりました。
上の方に、フードがついているのわかりますか?

150Φの穴をあと1ヶ所開けないとなんですが、フードが足りないんです。1個ばかり通販で買うのもなんだし、かといってこれと同じデザインのものは近くのホームセンターじゃ売って無いんですよね・・・

どーしましょ。ま、おいおい考えるか。



今日はこのほかに、R階の天井の石膏ボードを1枚貼りました。
これで、天井はあと1枚。明日には終わりそうです。

細々といろいろ進んだ1日でした。

2006/08/21

コーナービード、パテ塗り

060821-2-1.jpg
石膏ボードの搬入後、私は縦長窓の周囲にとりつけたコーナービードにメッシュテープを貼りました。

これでいいんかな?

どうしても四隅の部分のテープが重なってしまうため、そこだけやや厚めになります。
今回は塗り壁だし、ま、いいか。と言う事で問題先送り(笑)。



060821-2-2.jpg
パテも塗り始めました。

こんな金属の上にちゃんと塗れるのかな?と心配でしたが、意外にちゃんとのってくれました。
これ、コーナーの頂点(折れ目部分って言った方が分かり易いか・・・)の部分が少し丸くなってつるつるしているのですが、その部分にはさすがにきっちりパテ出来ず。タナクリームはちゃんと塗れるのかな?ちょっと心配です。

ま、なんとかなるか(←典型的O型 笑)。


2006/08/19

筋肉痛はこなかった

一昨日した、初めての塗り作業。夕方頃には“もう腕があがりましぇ??ん。肩いたいよ?”と言う位でした。

明日はどうなる事やら・・・と不安な気持ちで眠ったのですが、昨日はほとんど筋肉痛なし。“ま、まさか2日後に出る?”とびびったのですが、それもクリアー。なんだか拍子抜けしています。

まさか、3日後?(笑)

今日の作業。まずは玄関周囲の細かな部分の石膏ボード貼り。石膏ボードの在庫がほとんど無いので、端材で出来る部分しか貼れません。
石膏ボードは随分前から、沢山の量を注文してあるのですが、お盆休みなどいろいろ重なってまだ届いていません。

午前中に建材屋さんに問い合わせてみたら、『休み明けでアップアップで配っているところなんです(泣)。月曜日じゃダメでしょうか?』との事。OKしてあげたいのは山々なんですが、今回は本当に困るので“そこをなんとか”とお願い。結局夕方遅い時間なら・・・と言う事で配達してくれる事になりました。

石膏ボード貼りが終わってからは、私はいつものパテ、mosはタナクリーム2層目。

黙々と夕方遅くまで頑張りましたが、石膏ボードは来ない。仕方ないので、もう1度電話。まだ忙しそう・・・

何度か電話して、“各種10枚づつでいいから持ってきて?”と泣きつき、20時過ぎにようやく届きました。そうそう、一緒にこれも以前から注文していた、【コーナービード】も一緒に届いたので、明日は窓周りの処理も出来そうです。

真っ暗な中で20枚の石膏ボード運び。配達の人、本当にご苦労様でした。

*コーナービーと書いてあるサイトも多いですが、corner beadなので、ビーです。
ちなみに吉野石膏さんから商品を購入したのですが、箱にはちゃんとビードと書いてあったのに、サイトではビートと表記されています・・・。まだまだメジャーな商品ではないのかしらん?

2006/08/15

準備は続く

本日もパテ塗り作業しましたよ?。

その他に、自作窓の養生。

養生テープは漆喰が2mm塗られる事を想定して2mm位石膏ボードから離して貼らねばなりません。貼りづらいところもあるし、結構時間がかかってしまいました。

そしてその後は天井とR階の北壁の石膏ボードにシーラー塗り。
天井部分の作業は基本的にどれもキビシイのですが、やっぱりシーラー塗りもなれるまではキビシかった・・・・

上向いて塗らねばならないのに、上からぽたぽた落ちてくる?。

それでも数枚塗ったら、なんとなく要領が分かってきて落とさなくなりました。このコツを次回の天井シーラー塗りまで覚えておきたいもんです。

mosは本棚の塗装。ジェルニス(色:チーク)を頑張って2度塗りしていました。
乾いたら組み立てたいところですが、危険なので天井のタナクリーム塗りが終わってからにします。

2006/08/14

2層目のパテ塗り

mosが木材の加工をしている間、私は例によってパテ。

R階周辺に塗った1度目のパテをサンディングし、その上から2層目の塗り。

060814-2-1.jpg
最初はサンドペーパーをブロックに巻いて手動でやっていたのですが、うーん気が遠くなりそうと言う事で、サンダー登場!

いやーこれは快適ですね。

ただ上から粉が降りまくるのと、サンダーの重さがちびっとだけつらいです。



060814-2-2.jpg
サンダーがけが終了してからは、地道なパテ作業。天井のパテ塗りは難しいですねー。腕がプルプルしてきます。

ネジ頭も埋めて、今日のノルマ終了。

マスキングをしてシーラーを塗ったら、いよいよR階のタナクリーム塗りに入れます。
あと少し!