カテゴリー

2010/09/18

ユーティリティスペースの壁

100918-1-1.jpg
サービスシンク周囲の、外したままになっていた石膏ボードを元に戻し、その上に仕上げの羽目板を貼っています。

石膏ボードは、配線などの関係もあって外したままになっていたのですが、無事に完了したので元にもどしたというワケ。

以前は真ん中のニッチの脇にある、洗濯機用のコンセントしかなかったこの場所ですが、左側には床下の換気扇用スイッチ、右側にはサービスシンク付近の手元灯のスイッチを設置してもらいました。

mosは『こういうふうにバラバラにするのはスマートじゃないんだよねー。』と若干不満なようでしたが(後々の追加分が多いので仕方がないのですが)、素人な私は、ニッチ、コンセント、ニッチ、スイッチ…という組み合わせが面白いなぁと結構好きだったりするのです。


100918-1-2.jpg
今回の羽目板はメルドスを3度塗り。

最近は、羽目板を貼る前に塗ってしまうことが多いです。我が家的にはその方が全然楽。塗装したものの置き場所に困るので、小さな場所限定ですが。

自作窓の周囲。ニッチの周囲などの木枠は羽目板を差し込めるよう彫り込んであるのですが、施工は結構大変。一部サネを落としたりしながら、試行錯誤しています。

ここまででも、だいぶ部屋らしくなってきました。残りの作業、頑張ります?。


2010/08/08

勢い(?)に乗って

100808-1-1.jpg
少し前になりますが、ユーティリティの大容量収納を作成している合間に壁の羽目板はりをしました。


100808-1-2.jpg
高さがずれてしまわないよう、2面一緒に貼っていきます。

900mm弱と作業しやすい幅なので、比較的サクサクと進みます。ドア枠に溝が切ってあるので、ソコにはめ込むのがちょっと面倒なくらい。

他の作業との兼ね合いもあるので、最後までは貼れませんでしたが、まぁまぁ上の方まで貼りましたよ。


100808-1-3.jpg
奥の壁にも貼りました?。そして、またもや完成写真の撮り忘れ…。

自分で作業してる時って、忘れちゃうのよね。え?ってことは、ちゃんと撮ってるときって…(笑)。


2010/05/10

トイレの上の方の作業

100510-1-1.jpg
キッチンブリッジに続き、今日は1階トイレの天井に羽目板を。

ここも、狭い場所なので楽勝?と言いたいところなのですが、なんせ、トイレ。トイレ本体をさけつつ脚立を設置せねばならないので、結構無理な体勢が…。からだがカタイのでツライです。そうは言ってもpinに繊細なカットは不可能なので、やっぱり張る係をするしかないなぁ。


100510-1-2.jpg
そうそう、1枚目の写真の左のほうにちらっとヘンなものが見えますよね。

コレ、お隣のユーティリティスペースの換気扇のダクトなのです。150パイなので、結構デカイ。
我が家のユーティリティスペースは、外部に全く面していないのでお隣の部屋を通して外に持っていかなければならないのです…。
天井裏を通せばウツクシイのだと思いますが、ツーバイフォー工法の我が家は、2階の根太に大穴を開けないと無理なので、天井の下を通ってます。

さすがに露出したままではあんまりなので、もちろんキレイに隠します!

まずは枠を設置。
いろいろ段取りを考え、枠の形にしてから設置。狭いスペースな上に脚立も起きづらいし大変でした。


100510-1-3.jpg
ユーティリティスペース側は、今のところこんな感じになってます。

将来は換気扇のダクトパイプがつながる予定。これももちろん隠します。


100510-1-4.jpg
枠の上から石膏ボードを貼りました。だいぶスッキリ。


100510-1-5.jpg
ここは多分(まだ多分とか言ってる 笑)ペンキ仕上げなので、コーナービードを取り付けた上からグラスファイバーテープ貼り。


100510-1-6.jpg
廻り縁も取り付けたし、上の方はちょっとしっかりしてきた感じ。

天井は近々メルドスで仕上げます。壁はもう少し先かな。


2010/05/07

ブリッジも

100507-1-1.jpg
以前から何で仕上げ用か迷っていた、ブリッジのトコロ。

R階の天井は漆喰だし周囲の壁も漆喰だから、ここも漆喰?とぼんやり考えたりしたこともあったけど、キッチンの天井を貼った勢いで、ここも羽目板にすることにしました。

両端に見えている黒いテープは、漆喰を塗るためにコーナービード を取り付けてあったアトなのです(笑)。


100507-1-2.jpg
小さな面積だし、スタートしたらあっという間!加工が必要なトコロも、このダウンライトの部分だけですから。

大変なことと言えばこのブリッジの下、一部は床で一部は玄関の三和土なので脚立の設置場所が限られることくらいです。


100507-1-3.jpg
と、いうわけで完了?。

あとは、恒例の“端っこは見切りでキレイにね!”作業。


100507-1-4.jpg
周囲を見切って(っていう表現でよいのか?)、こんな風になりました。

個人的には、漆喰がほとんどな中でよいアクセントになったかなー。と大満足。
とはいえ、まだ周囲の壁は石膏ボード色ですが。

他の場所とまとめてメルドス塗りをしまーす。


2010/05/05

紅白

100505-1-1.jpg
石膏ボードを貼り終えたキッチンの天井に、数日かけて羽目板を貼りました。

天井の羽目板貼り作業自体は、ちょっと首が痛くなるくらいであまり大変ではないのですが、今現在進行形で使っている仮キッチンの上ということが大変なのです。
いろいろどかしつつ、“あら?ここかなり汚れてるわー、ちょっとお掃除!”とか、“コレ、もういらないかなぁ?捨てるかどうか考えなくちゃ”とか色々イロイロ、余計な作業や思考が…。

住みながら作業するって、こういうコトですね。無理な体勢もしつつようやく、貼り終えた天井。
スッキリしてうれしい気持ちです。

手前の天井と比べると、とーっても白いですね。

調べたところ、手前の天井を貼り終わったのはなんと3年くらい前でした。
そりゃぁ、紅白になるわな。


100505-1-2.jpg
というワケで、廻り縁まで終了したキッチンの天井でーす。
やっぱ、キレイだなー。

1ヶ所ライトが入ってないのはご愛嬌。


100505-1-3.jpg
ゲストルームの吹き抜けの辺りは、こういう感じに処理しました。奥の石膏ボードのままの部分は、将来タナクリームを塗る予定です。


2007/12/11

出来た!

071211-1-1.jpg
モノをあっちこっちどかし、自分の立つ位置を確保しながら頑張って天井貼りをしています。

あと少しのトコロまで来ました。予定通り半日×2日間で終わりそうかな。

以前にも書きましたが、我が家の羽目板はレッドパインのアウトレット品です。

届いたモノを開梱してから選別して使っているのですが、きれいで無い部分を落として短くなってしまったモノは、ダクトレールの下に継ぎ目を持ってきて使っています。


071211-1-2.jpg
作業途中に用事で出かけたりしましたが、夜まで見切りもとりつけ、メルドスも塗り終え、ダクトレールも取り付けて完成しました。

電球形蛍光灯も戻しました。ピカピカですね(笑)。

これからは寝る時に見上げる天井が、石膏ボードじゃなくなりますね。嬉しいなぁ。



2007/12/09

寝室の天井貼り

071209-1-1.jpg
次のダンドリ。

さてさてどこから手をつけましょうか。

有力案は、【ゲストルームを仕上げる→寝室を一時的にゲストルームに引っ越す→寝室を仕上げる】です。

それにしても、ゲストルームに積み上がっている長?い羽目板が邪魔。

というわけで、荷物がそのままでもなんとかなりそうな、寝室の天井貼りをスタートしました。

一枚目を貼ったところでパチリ。


071209-1-2.jpg
サイズにカットした羽目板の裏に木工用ボンドを塗ってからとりつけ。フィニッシュネイル併用です。


071209-1-3.jpg
途中経過。

当然ですが、3本ついているダクトレールが邪魔になります。“全部外すと取り付けが面倒だなー…”と思いつつも仕方なく取り外し。

こういうトコロが『住みながら工事』のデメリットだなーと思います。


モノがたくさんで脚立をおける場所を作るのも大変だし。半分まで貼って、メルドスで塗装(かなり気をつかいました…)したところで今日は終了。

明日のために、ベッドを既に天井貼りが終わった方に寄せておきました。入り口付近をほとんど塞いでます。
不便だわー…。

2007/10/15

廻り縁取り付け

071015-1-1.jpg
廻り縁につかう材のサンディングをしています。

材料は12フィートの2×4材をテーブルソーで12mmにスライスしたもの。ちなみに1本から5枚取ることが出来ます。
無垢の廻り縁が1本あたり100円ぐらい。激安です?。

製品になったものを購入するとこれくらいします(リンク先の製品は今回使用した自家製廻り縁とほぼ同サイズ)。我が家ではとても採用できません…。

横道にそれましたが、その加工した廻り縁。テーブルソーのノコ刃の跡を消すためと、表面をきれいにするためにサンディングが必須なのです。


071015-1-2.jpg
サンディングが終わったモノは、こんな風に天井と壁の境目にとりつけます。羽目板と同じように、木工用ボンド+フィニッシュネイルで固定しました。


071015-1-3.jpg
ぐる?っと三方に取り付けた後、吹き抜けとの間に見切りを取り付けました。こちらは天井に貼った羽目板と同じものを少し加工して使用しています。

今までの羽目板天井と同じようにメルドスで塗装しました。


071015-1-4.jpg
全体像はこんな感じ。見切りがつくとまとまった感じがしますね?。満足。
今日の写真にはスピーカーも写ってますよ。ね、目立たないでしょ。

そうそう、吹き抜けのダクトレールも取り付けました。今までは真下にテーブルがあったので作業できなかったんです。

最終的にどうするかはまだ考え中なのですが、とりあえずスポットライトを2基設置してみました。

もう少しで漆喰にたどり着けそうかな?
炉台の裏側になる部分だけでも塗っちゃいたいんですが、巾木を取り付けてから塗らないと後が大変。でも、巾木を取り付けるためにはフローリングを貼らないとなー。もう少し考えてみないと…。うーん。



2007/10/13

頑張りました!

071013-1-1.jpg
今日はリビングの天井貼りの続き。頑張って残りの半分を貼り終えました。

脚立ののぼりおりで、脚が疲れた?。でも、これが漆喰だったら…さらにのぼりおりが多そう…。
途中で路線変更してよかったわー。

カットして、木工用ボンドを塗って、取り付けて、フィニッシュで固定の繰り返し。ボンド塗り、かなり上達しました(^-^)v

全部貼り終えたら、スピーカーが目立たなくなって良い感じ(写ってないけど 笑)。

廻り縁をつけて、塗装したら、その次はいよいよ一部の漆喰塗りです。この一連の作業の目標は、薪ストーブなのですよ。

だいぶ寒くなってきたので、炉台を作り終えて薪ストーブを設置したい。薪はたくさんあるしね。

…頑張ります。


2007/10/12

予定通り

071012-1-1.jpg
天井の羽目板貼りを始めました。

スタートしてすぐにスピーカー部分の加工や、ダウンライト部分の加工があり、時間がかかりましたが、そこを過ぎたら、サクサク。気持ちよく進みます。脚立の乗り降りが多いのが脚に来ますが、それでもフローリング張りよりは全然ラク!

まだ半分残っていますが、羽目板天井やっぱいいですね?。好みです。

吹き抜けの下に立つと、今日貼った部分と以前貼った2階の天井の羽目板が両方見えていい感じです。

明日残りの半分が終わるように頑張ります。