カテゴリー

2012/03/10

スツール作成


依頼をいただいて、スツールを四脚作成しました。
えーっと、家具屋さんではないので基本的にはイスは作らない方向なのですが、お友達なので特別に(笑)。

あまり高価にならないように、お客さんが座ってこわれちゃったりしないように(当たり前か)など試行錯誤しながら設計。依頼主さんにどんなものが良いか聞いてみたけど、イメージはあるけど言葉に出来ない?のかイメージ自体あるような無いようななのか、あまり具体的な指定がなかったので逆に悩みました…。

まずは座面の製作から。

自宅にストックしておいた2×8を使用。そのままでは幅が狭すぎるので、自動カンナで厚みを調整して、ビスケットで板矧ぎします。

矧ぐところ2ヶ所ずつ×4脚なので、ビスケットもタイトボンドもガンガン減って行きます…。



最近ようやく購入したパイプクランプを使って圧締します。

やっぱりコレがあると便利!ってか、これがないと大きなものの板矧ぎはムズカシイです。



こちらは足パーツの切り出し&組立風景。

角のみを持っておらず、ちゃんとしたホゾを作ることが難しいため大入れとビスで組み立て。

1脚につきバッテン2つ使います。



足を組み立てた後、天板を取り付けない状態でジェルカラーニスのウォルナット色で塗装。あっという間にリビングがパーツで埋まってしまいました。

この写真、奥の座面がちょっとずれてますが、そういうわけでまた取り付けていないのでご心配なく(笑)


120310-1-5.jpg
早速、お店に納品。

カウンターで使います。トップまでの高さが66cmと低めのカウンターなのでイスの高さは40cm。
座面も40cm×40cmなので、コロコロサイコロみたいな雰囲気です。クッション?おざぶ?を敷いて使う予定なので座面に彫込などの細工はしていません。

色も周囲の雰囲気とマッチしてよかったです。
3/11にお店でキャンドルナイトをするので、それに間に合わせるべく比較的急ピッチで頑張りました。

写真だけ見て、どこのお店かわかった方は那須塩原通?
どこかでこの椅子に出会ったら座ってみてくださいね。あ、細部をマジマジみるのはやめましょう(笑)。


2011/02/23

冬の愉しみ

110223-1-1.jpg
細々したパーツを作成していたコタツ、いよいよ組み立てます!

2階のゲストルームに設置する予定なので、組み立ては2階のフリースペースで。

なんとなく並べてみてました。
mosは手順などを真剣に考えています。こんな雰囲気になるのねーとニマニマしてみているだけなのは私です。


110223-1-2.jpg
四隅はタイトボンドとビスを併用して固定しました。

真ん中のヒーターユニット固定のための2本は、最初はボンドだけで取り付けようと思っていました。

少しトライしてみたのですがそれだけだと弱そうだったので、小さな三角支えを作って両側に配置しそれをビスと接着剤で固定して補助としました。

ここまで組んだ後に、メルドスで2度塗装し、1日目終了。


110223-1-3.jpg
2日目はヒーターユニットの取り付けのみ。いよいよ、ぬくぬく出来るかと思うとワクワクします。

ウチのユニット、リンク先と同じもののようですが、実は以前使っていたコタツを処分するときに『いつか使うことがあるかも?』と取り外して保管しておいたもの。役立つことがあって良かったです(笑)。

あ、写真には写っていませんが、ヒーターユニットの上には何か板状の物を取り付けることが必要です。
じゃないと、コタツ布団が焦げちゃいますからねー。


110223-1-4.jpg
バッチリ、コタツらしくなりました。


110223-1-5.jpg
夏バージョンのテーブル状態はこんな雰囲気に。

天板と本体の色の差は私たちは気になりませんでした!良かったー。使う本人がよければいいもんね。

本体の下にしいてある、ヤケにラブリーなコタツ敷き布団は長方形 省スペースこたつ布団セット福袋を購入した物。

シーズン終了間近でこたつ布団なんて近所のホームセンターでもあんまり種類がなかったのです。で、とりあえず上下セットだしいいか…と思って購入したのですが、予想通り『あらら…(私の主観では)』な色柄なものがやってきました(シーズン終了間近だしね)。ま、あんまり見えないところだからよしとしよう。


110223-1-6.jpg
セットで購入した掛け布団はかなり薄いので、その上にかける掛け布団を近所のホームセンターでなんとか購入。
コタツサイズは120×80cmなのですが、そのサイズの布団ってあんまり売ってないんですよね。

ま、これも来シーズンまでにはカバーでもつくれば良いでしょう。

早速コタツでぬくぬくしてみましたが、温度設定は“弱”以下でも十分あたたかです。あー幸せ。
ここで大好きな編みものでもしようかな。


2011/02/22

私が欲しいもの

ワタクシ、以前から欲しい物がありまして、あまり気乗りしないmosに機会があるたびにつくって欲しいと頼んでおりました。

あんまりしつこい&あんまり気に入るものが売ってない&たまに気にいったやつはものすごくお高いという現状に、仕方なく制作してくれることに。

あ、何が欲しいかと申しますと、冬のやすらぎどころ“コタツ”です。

シーズン中に欲しいよねー。と言うわけでまたまた脱線中です。
110222-1-1.jpg
色々悩んだのですが、天板はホワイトオーク集成材パネルを採用。

こういう質感や色が大好きなのです。

購入したお店で必要サイズ(1210×810mm)にカットしてもらいました。端材ももちろん送ってもらいましたよ。

大物なので到着した日に屋外でサンディング&面取り作業を済ませておきました。


110222-1-2.jpg
飲んだり食べたりするシチュエーションもありそうな気がするので、塗装はしっかりしなくちゃなー。でも、見た目ナチュラルな雰囲気がいいよねぇ。

と言うわけで、とりあえずいつものメルドスを塗り塗り。

当然っちゃー当然ですが、かなり色が濃くなります。天板の選択の時にはこの事でも少し悩みました。

本体部分の材料はSPFなので、かなり色の差がでそう…。
冬だけ使う分にはいいけど、夏もテーブルとして使おうと思っているのでどーかなー?と。


110222-1-3.jpg
メルドスを2回塗った後はクノス塗りスタート。

こちらは3回塗りました。1回目と2回目は乾くたびに#320で軽くサンディング。3回目は#600の耐水ペーパーで水研ぎしました。

あ、表だけではなくて裏も同じように塗装しました。片側だけ塗装するとだんだん反っちゃうらしいです。

天板と本体の色の差のコトは、とりあえず『そんなに変でもないかもよ?』という結論になったのです(笑)。
やってみなくちゃわからないよね?(それでいいのか?)


110222-1-4.jpg
コチラは脚製作中。
自動カンナをかけたツーバイ材を2本くっつけて脚にします。

タイトボンドを塗布してクランプで固定。


110222-1-5.jpg
くっつきました!

今の段階では2枚を矧ぎ合わせてあるのがよくわかりますが、これにサンダーをかけて塗装するとほとんどわからなくなりますよ。


110222-1-6.jpg
脚以外の材料も丁寧にサンディング。

たくさんの材料をサンディングしていると手がじーーんとしびれてくるので、今回は防振万年という手袋を使ってみました。

以前は30分もサンディングしていると手がしびれてきたのですが、コレを装着していたらしびれることが無かったです。


110222-1-7.jpg
ツーバイ材は比較的安価な材料ですが、手をかけてあげれば雰囲気も出てキレイになります。
我が家では結構あちこちに使っています。

基本的には、お金はかけずに時間をかける!って感じでしょうか。


2010/12/10

豪邸完成

101210-1-1.jpg
作成中だったキスケの新しい家、その後メルドスクノスで塗装し完成!

もちろん『冬の日中バージョン』の扉も完成しています。透明アクリル板 6mmを使いました。うん!キレイだなー。

早速お施主さんが出来上がりをチェックしているところです(笑)。


101210-1-2.jpg
さすが豪邸なので、設備機器も豪華(?)です。

天井には、保温のために暖突というパネルヒーターを設置。サーモスタットも設置してあるので、本人ぬくぬく飼い主楽々。
6W蛍光灯もついてまして、こちらはタイマー付きです。

サーモスタットやタイマーは箱の外側に取り付けると目立ちそうなので、内側に取り付けました。
mos的にはこれもゴチャゴチャしていてイヤなんだそうですが、ケージが入るとほとんど目立たないんですよ。


101210-1-3.jpg
ケージを入れた図。

このケージ用に作っただけあって、サイズもぴったり良い感じ。

お施主さんも大変満足されたようで、まったりぼふっとしております。
あ、みなさんにおシリ向けててスミマセンです(笑)。

2010/12/08

結局自作

101208-1-1.jpg
先日設置した焼き焼きユニットの引き出し

1番上段の浅いところの1つはカトラリーを入れようと思っていました。
今までは大きなコップにジャンル分けしてさしてあったのだけど、引き出しにしたら使いやすそうでワクワクします。

ただひとつ問題が…。お箸にスプーン・フォークなどいろんな種類のものを入れるんだもん、この中に仕切りがあったほうがいいよねぇ。

というわけで、世間の人達はどうしてるんだろう?と検索。やっぱり、仕切りのあるトレイを活用している人が多いようですね。
ウチもそういうトレイっぽいものを購入しようかと、ホームセンターや家具屋さんを何件か見たのですが調度よいサイズの物が中々見つかりません。

…『作るしかないかねぇ』ということになりました。検索して2人くらい自作した方の記事を見たし、なんとかなるだろーと。

引き出しサイズのベニヤの上に、ツーバイ材を10mm厚で切り出した材を接着。
今回はスーパーXGという接着剤を使ってみました。

『かつてない硬化スピード』と書いてあったので緊張しましたが、なんとか曲がらずに接着できました。もちろん我が家のカトラリーに合わせてサイズを決めました。

ダメになったり、カトラリーの量が変わって使いづらくなったら交換出来るし、この方式は結構いいかも。


101208-1-2.jpg
乾いたので、引き出しにIN!

ぴったりサイズでいい感じです。


101208-1-3.jpg
カトラリーも入れてみました。
欲を言えばもう1~2ヶ所区切りたいのだけど、そうすると1ヶ所1ヶ所がかなり狭くなってしまうので、これくらいで。

まだいれただけなのでなんとも言えませんが、結構使いやすそうな予感。これからもこの場所で収まる程度のカトラリーの量をキープしないとね。


101208-1-4.jpg
残っていたところの引き出しも、設置しました。IHクッキングヒーターの周囲は、市販のシステムキッチンでもそうなっているように、調味料などを入れようと考えています。

前板までついたら、結構すっきりした雰囲気になりそうです。

2010/11/30

焼き焼きユニットの引き出し設置

101130-1-1.jpg
焼き物系の機器の設置が終わったので、周囲に引き出しを設置しています。

毎度のことですが、引き出しの材料のカット→塗装→組み立て→レールの取り付け…とたくさんの工程を経ています。引き出し自体の数も多いので意外と時間がかかるんですよ(泣)。

塗装はいつものメルドス。内側だけはその上からクノスも塗ってあります。

ここまで来て、ようやくこの作業。前板の取り付けです。
この作業、綺麗に仕上げるためにはかなり気を使うし、物理的にとってもやりにくい箇所もあるのでmosさんあまり好きではありません。しかし、pinに任せたら大変なことになってしまうのは分かっているので、黙々と一人で頑張ってます。お気の毒。


101130-1-2.jpg
ここまで完成。

使えるようになった引き出しには、早速いろいろ収納。つくりながら片付けていかないと、次の作業場所のスペースが確保しづらいので。

前板の塗料は迷った末に、やっぱり水に強いほうがいいよねということでバトンフロアーに。少し黄色めの色になっちゃいましたが、長い目で見ると実用面の方が優先です。

ハンドルはいつものDIYパートナーさんで。前にも書きましたが、このお店は発送が早い上に梱包も丁寧。とても感じが良いお店です。

この他にも、オーブンの下、IHクッキングヒーターの下、幅の細いトコロ1列があるので、収納力高いです。

収納場所がたくさんとは言っても、片付けながら断捨離もしなくちゃですね。スッキリキッチンを目指します!(永遠の夢かも?)


2010/11/28

それっぽく

101128-1-1.jpg
オーブンを設置し、天板を塗装した我が家の焼き焼き系ユニット(笑 なんて名前で読んだらよいかわからないので、とりあえずこう名づけてみた)、今日はIHクッキングヒーターを設置します。

システムキッチンに設置したときはこんな風にスペースが設けられていたので良かったのですが、自作ユニットなので細かな部分が試行錯誤です。

左右の隙間などは何とかしたのですが、今日直面しているのは上部の隙間。このままだと正面から見えちゃいます。


101128-1-2.jpg
設置用の説明書に助けを求めてみたものの、この説明書ものすごーく分かりづらい。

まぁシステムキッチンに設置する場合はほとんど問題無いわけだし、オーダーキッチンをつくるような会社の人には分かりきったことだろうし、あんまり分かり易くする必要もないのか…。


101128-1-3.jpg
とりあえず、一旦モノを仮設置してみて隙間を採寸。現物合わせです。

設置するときに四角い箱を後方から斜めに入れる感じなので、多少の余裕も必要。そのへんも考慮して15mmの材を設置しました。


101128-1-4.jpg
というわけで、設置完了!

焼き焼きユニット、なかなか良い感じになってきました。周囲には引き出しが設置される予定です。


101128-1-5.jpg
角度を変えて。

オーブンとIH、色が一緒だったら更にスッキリだったかもしれませんが、白いオーブン気に入ってるし(元々選択肢は無かったけど)、白いIHクッキングヒーターなんて見たことないし。

観てるだけでも嬉しくてニマニマしちゃう。
動作確認は出来ないんですが、大丈夫でしょう!…多分…


2010/11/27

注文住宅

101127-1-1.jpg
小さなお客様からの注文(いえ、実際は飼い主の注文ですが)で、新しい家を作成中。

ケージという家はあるのですが、アフリカ出身のコザクラインコは寒さに弱いのでケージの周りも囲って保温が必要。この辺り、まぁまぁ寒い地方なので…。

今までも同じような機能を持った箱にケージを入れていたのですが、お迎え当時に急いで作った少々ヤッツケ気味なものだったため、新調を決意。

大工さん、とりあえず板を接ぐことがらスタートしています。ちょうどいい大きさの材料がないんだって。

今回はケージも新調するのですがそれが約35cm角のもの。ウチにあるアウトレット品の15mm厚のパイン集成材は180mm幅なので、全然足りない。…というわけで、ウチの大工さんがビスケットで接いでいるワケです。

余談ですが、リンク先のビスケットジョイントカッターはウチの(伊 Freud製)とは違うメーカーのもの…ってか、こんな高級なのは買えません。この商品ページの動画を見て愕然。高級機ってダテに高級機じゃないんですね?。刃のキレもいいし、使い勝手がかなり良さそうだー。


101127-1-2.jpg
くっつくまで、しばし待ち時間。

こういう集成材を集成した板をとりあえず4枚作成しました。


101127-1-3.jpg
この板を使って、こんな箱ができました。

この中に、夜や暗い日のための蛍光灯、冬のためのパネルヒーター、サーモスタット、タイマーなどが装備される予定です。

もちろん塗装もしなくちゃね。


101127-1-4.jpg
そして、前面にはこんなモノがドン!

夜眠っているときに暗くするための扉です。最初は観音開きにしようと思っていたのだけど、ブツダンっぽい?とか開けた扉が邪魔になるかも?とかいくつかの理由で却下。

2人でいろいろ考えた結果、オカモチ方式を採用しました。

この他に、合板でなくてアクリルで作る『冬の日中バージョン』を作成する予定です。

なんだかんだ、予算的には結構豪邸です(涙)。

リビングのテレビ台の上に設置する予定なので、あんまりヤッツケな感じのものにはしたくないし…。


101127-1-5.jpg
こちらは、キスケではなくスズメさん(見ればわかるか…)。

オンシーズンなのに、煙突からコンニチハ!されました…。しかも、1日に2羽!

前日にストーブを焚いた暖かさが残っていて引き寄せられたのかな?昼間の焚いてない時間だから、ちょうどいい具合にさめてたとか?

薪ストーブからビニール袋に救出しようとして失敗してしまったため、外に出ようと家の中を飛び回る飛び回る。最終的に窓にぶつかって脳震盪をおこしたところを捕獲。ついでに体重を測ってみたら20gでした。ウチのキスケ(50g前後)の半分もないのね…。小さいはずだ。
しばらくビニール袋の中で様子を見ていたところ無事に復活。お外に返すことが出来ました。

もう来ないでね。


2010/11/24

メルクノ

101124-1-1.jpg
数日前…午前中はなんとか天気が持つという予報だったので、早い時間から先日印をつけた天板を屋外に。

私は、mosと一緒に天板の移動をしてから犬の散歩に出かけたのですが、帰ってきた時にはIH用の穴はカット済みでした。

ちなみに丸ノコで開けたとのこと。この時と同じ、秘技後ろ切り。この方法でないとキレイに切れないので、仕方なくやってますがくれぐれもオススメしません

この後、オーブンの排気用の穴も開けました。

丸ノコでは、どうしても一辺の最初から最後までは切れないので、端っこは手ノコで切るのですがそのせいで断面に若干のガタつきが出てしまいます。その部分をヤスリでゴリゴリキレイにして、屋外作業は完了!

雨が早まることも考えられるので心配だったのですが、降り出す少し前に撤収出来ました。ヨカッタ!


101124-1-1.jpg
前にチラッと書いたメルドスを塗ったテレビ台の天板にさらにクノスを塗る実験、実行しましたよ。この写真は2度塗りして乾いたところです。

クノスは三分艶なのですが、ナカナカしっとりした感じで上品な感じ。

メルドスよりは若干粘度が高くて伸ばしにくいのですが、メルドスの塗りやすさはピカイチ!なので、それと比べると…というぐらい。十分塗りやすい塗料です。

このしっとりとした出来上がりを見て、キッチン用の今回カットした天板もメルクノ(メルドス+クノスのことですよ。ワタクシ勝手に短縮)で行くことにしました。


101124-1-1.jpg
メルドス3回+クノス4回。それぞれ、1度塗って乾く度に軽くサンディングしました。

写真では質感を伝えきれないのが残念。メルドスだけだと少しざらついた印象がある感じなのですが、クノスを加えることによりそれが無くしっとりした印象になります。


101124-1-1.jpg
別の角度から。

実は、テレビ台の出来と比べると少し負ける感じです。テレビ台のトップはタモの集成材なんだよなぁ。こっちは赤松。材料によって元々の質感や色が違うから、塗るとさらにイメージが変わるのね。

あ、後悔している訳ではありません?。これはこれで良い感じですよ。


2010/11/20

緊張します

101120-1-1.jpg
こちらのスペースはIHクッキングヒーター用。

実はここに入るIHクッキングヒーターも、3?4年前に購入したモノ。今ならもう少し進化したものが購入できるのかも…ですが、きっと今の段階では先立つ物が無かったと思う…(笑)。

オーブンの時と同じように、一旦仮置きし、コンセントの穴の位置を決定。

このキャビネット、前もってネットで探しだしたIHクッキングヒーターの図面を元に設計。言われるままに600mmの開口にしたのですが、現物を設置してみると、最後に取り付けるIH付属の隙間埋めのパーツを取り付けてみても、なぜか左右にビミョーな隙間が…(泣)。仕方なくきれいめの端材を左右に取り付けることになりました。


101120-1-2.jpg
そして次は、天板の仮設置。

天板には30mm厚の集成材フリー板をお店で長さ3180mmに切ってもらました。残った1000mmほどの部分もコチラの座面部分でぴったり使いきりました。

これもキッチン本体を同じくジャストサイズで切ってもらったつもりだったのですが、下が入らないということは予想通り上も入らず…電気カンナで数ミリ削って何とか入れました。

この天板、購入直後に前面になる部分をトリマーで面取りし、全体をサンディングして木地を整えてありました。

そして、緊張する上に面倒な作業に突入。

天板に開ける大穴の位置出し中です。コレ、間違いは許されません。さっき開けた(え?)IHクッキングヒーターの箱から出てきた施工説明書を穴のあくほど見ながら頑張っています。

正直この説明書、かなーり分かりづらいです。細かい上になんの文章もない。そこから必要事項を読み取らないと。…そうだよね。通常、箱から加工する人は少ないもんね。フツーはシステムキッチンにIH用の出来上がったスペースがあるんだった(こういう感じね)。取り付けに関する説明はちゃんと書いてあったし。


101120-1-3.jpg
何度も何度も確認し、とりあえず位置を決めました!

角にドリルで穴を開けるところまでしましたが、残りはオオゴトなので晴れた日に外で。

あ、右側にチラッと写っている線はオーブンの排気用です。これまた説明がよくわからず理解するのが大変でした…。

いつも、穴が開いたままではホコリが入って大変なので、ココにはフタをつくろうと思っています。