カテゴリー

2010/11/18

ハレノヒ

101118-1-1.jpg
今日は、なんと!オーブンを設置してみています。

6年前に購入したミーレの電気オーブン。東京→黒磯仮住まい→現在の家と引越しを重ね、そのたびに“重い・でかい・置き場所困る”と邪険にされ続けた日陰の身だったのですが、ようやく晴れ舞台に立ちました。

設置方法がよくわからず(モデルルームの展示品を外したモノなので)、ネットで調べて四苦八苦したのですが、オーブンの扉を初めて(!)開けてみたら、取扱説明書と施工説明書のコピーが!…(苦笑)。

本体を固定するためにビス止めする場所があるようなので、そこに木片を追加しました。


101118-1-2.jpg
こちらはコンセントのケーブルを通すための穴。

本体を置いてみないと開ける場所の見当がつかなかったので、一度仮置きして位置を決めてからホールソーで開けました。オーブンのケーブルの長さが不明だったので、コンセントに届くかどうかが不安でしたが、問題なし…ってか長すぎるくらいでした。


101118-1-3.jpg
周囲がスカスカでナンですが、堂々としてますね。うん!いい感じ。


101118-1-4.jpg
開けてみたところ。

天板は4枚入るっぽい。天板自体は2枚しか無いケド…。


101118-1-5.jpg
そうそう、このオーブンはかなり重量があるので、仕切り板をビスで止めるだけではちょっと不安。
いろいろ考え、補強として仕切り板の下の左右に合板を入れました。ちょっとしたことですが、安心感が違います。

ひとつだけ気がかりなのは、動作確認が出来ないこと。200Vはまだ来てないからねぇ。


2010/11/15

左右のスペースが無いって難しい

101115-1-1.jpg
この前半分組み立てたキッチンのコンロ側の一列。
今日は残り半分に取り組みました。

この前と同じくユニットは3つなのですが、これがもう全然大変で…。

写真手前から、スパイスとかお醤油とか入る細いトコロ、IHクッキングヒーターが入るトコロ、もう記憶の彼方に飛んでいたミーレ電気オーブン(2004年に購入したらしい…笑)が入るトコロの3つ。

それぞれの機器がちゃんとした位置に設置できるかどうかとか、耐荷重とか、左右が隙間なくきっちり入るかとか、平行四辺形にならないかだとか、注意することがたくさんで、もう頭が飽和状態。

とりあえず、頭で考えたとおりに組み立ててみました。…が、当然一発でうまくいく訳は無し。

組み立てる途中でもビスが打ちにくい場所とかいろいろあったし(頭で十分シミュレーションしててもこういう事ってありますよね…え?うちだけ?)、背板を取り付ける時も少しゆがんでいて一苦労。

そしてそして、さぁ!と予定の場所にもどそうとしたら数ミリ大きくてはいりませんでした(涙)。


101115-1-2.jpg
仕方なく、苦労してつけた背板を外しスパイス・醤油などの細いトコロのサイズを調整し、もう一度。

今度はなんとか入りました!(喜)

奥まで押しこんで仕舞う前に、壁に設置してあるオーブン用とIH用のコンセントの部分は背板に穴を開けないと…というわけで、だいたいの位置を測り、だいたいでカット。若干大きめですが見えなくなるところだし、気にしない気にしない。

それから奥まで押しこみ、水平を見ながら壁面にビスで固定。

少ーし手前が下がっていたので(大工さーん、なんで?)薄い材をスペーサー替わりに挿し込みました。

写真が少ないのは、悩みながらやってた証拠。余裕無かったもん。

だいぶ雰囲気が分かってきました。この前に立ち、窓の向こうの木や鳥を眺め、少し先の未来に夢を馳せるpin。大変なのはmosばかりなり…。


2010/11/03

サワヤカ?

101103-1-1.jpg
我が家のキッチン、いろいろなデザインを考えたのですが、結局セパレート型(リンク先のTYPE-D)に落ち着きました。

今作っているのは、窓際のコンロを含む一列。

この部分、少し前までかなりゴチャゴチャごった返していたんですよ。
キッチン用具、ストックの食材などなどが、適当な箱にはいってワゴンや、机の上に…。
それを思うと、出来ていないうちから感無量です。キレイでサワヤカになったわー。


101103-1-2.jpg
とはいえ、感慨にひたっているだけでは前進しないので、作業スタート。
以前、ちらっと書いたパーツを使って、小さなユニットを組み立てます。


101103-1-3.jpg
ユニットを横につなげていくと…

だいぶそれっぽい感じになってきましたねぇ。


101103-1-4.jpg
とりあえず3個つなげました。

この一列は左右ともに隙間がないので、サイズ調整をかなりきっちりしないと痛い目を見ます。
なので、この状態で残りをサイズを測って現物合わせ。

他にも、組み立て時に平行四辺形になっちゃう可能性もあるので、小さいうちにきちんと長方形に整えておいたほうが後々楽…というメリットもあります。写真には写っていないけど、背板を取り付けながら調整しましたよ。

まだまだ先は長そうですが、少しずつでも形が見えてくる作業はホントに楽しいです。


2010/10/28

床だけじゃなく

101028-1-1.jpg
キッチン本体のパーツも並行して作業中。

今作っているパーツの材料はシナランバーコア。カットしたあとにテープ貼り、塗装(今回はバトンフロアー)など一連の作業をし、今日はmosがスライドレールを取り付けています。

今回使用しているモノは、ソフトクロージングスライドレール

キッチンの引き出しには食器など割れやすいものや、ボールや鍋などガチャガチャ音がするものも収納するので、ソフトクローズは試してみたい機能のひとつでした。


101028-1-2.jpg
私はポケットホールドリルガイドを使って穴あけ作業。この作業は単純で難しくないので任せやすいみたいです。

これまでガイドの固定に使っていたのはFクランプ

コレ、1回1回のつけはずしが結構面倒。穴をあけてる時間よりも、クランプでガイドを固定している時間の方が長いような…。と思っていたら、こちらのブログロッキングプライヤがセットになっているものを発見。

おお?、それはいいかも。と言う事で、ホームセンターへ出かけたときに早速購入し、今日の作業で初お目見えしました。

あぁ?楽々。今までの苦労はなんだったんだろう?と思うくらい楽になりました。ちょっとした工夫で変わるもんですね?。


2010/10/21

ベンチ完成

101021-1-1.jpg
あと一息!だった、ベンチ作り。

引き出しにレールを付けていよいよ完成です。


101021-1-2.jpg
引き出しは左右に2つ。

アレ?右側にちらっと写っているもの、なんでしょう。見覚えがあるような…


101021-1-3.jpg
なーんて、ワザとらしいですね。
そう、このベンチはユーティリティスペースに置くためのもの。右側は洗濯機、左側は浴室のドアです。

引き出しはこれくらいの容量。ひとつには脱衣かごをしまう予定。入浴の時にはそこからだしてベンチの上に置いて使います。

なんで、ユーティリティスペースにベンチ?って感じだと思いますが、あ?今日は疲れたな?って日は座って着替えられるし、夏の暑い日のお風呂上りはそこで涼むことも出来るし、結構いいんじゃないかな?と。


101021-1-4.jpg
こんな感じになりました。

以外と違和感ないですよね?
…そう思うのは私だけかな。

これで、ユーティリティスペースはほぼ完成。

さて、次のターゲットはどこにしようかな。


2010/10/18

ベンチ制作中

101018-1-1.jpg
今日は、ベンチ制作の続き。

接着のことも考えて未塗装のまま組み立てた部分や、座面部分は数日前に塗装。
乾いた座面を今日取り付けました。

そうそう、それからレールも。座面の下は引き出しになるのですよ。
座面がフタになるような収納も考えたのですが、使い勝手を考慮し引き出しを採用しました。


101018-1-2.jpg
引き出し部分は入っていませんが、全体像。

とまりやすいかどうか、キスケがチェックしているようです…。


101018-1-3.jpg
『おっか?、ナカナカとまりやすいよ!』…などとは言っていないと思いますが、結構気に入った様子?

私も気に入りましたよ?。

完成まであと少し。楽しみ楽しみ。


2010/10/12

思いつき

101012-1-1.jpg
mosさん、こんな形のモノを作りはじめました。

さて、なんでしょう?

察しのいい方はもうお気づきかと思いますが、pinのワガママオーダーです。

先日のすき間家具の部品と並行して、こちらの部品も切り出しなどを行なってました。

いくつかの部品をビスケットで組み立てて、こんな感じのところまでできてきました。

さらになにかをくっつけるために、ビスケットがくっついてますね。


101012-1-2.jpg
くっつけ途中はこんなカタチ。

こういう方向で使うものではないんですが、組み立て易いのでこうなってます。

この上に1枚目の写真と同じカタチのものを乗っけるのですが、これがかなり難しそう…。


101012-1-3.jpg
微妙な長さ調整など四苦八苦して、なんとか骨組み完成。

ベンチなんだけど、わかりますか?

本当は、ビスケットだけで組み立てようと思ったのですが、ポニークランプなどのでっかいクランプを持っていないので、ビスを併用することに。

背もたれの部分はビスを見えないように出来ないので、ビスケットだけにしてベルトクランプで固定しました。

どこに置くかはお楽しみ。完成が楽しみです。


2010/10/10

すきま家具 完成!

101010-1-1.jpg
先日記事にした製作中のすきま家具、完成しました!

サワヤカでいい感じじゃないですか?(←自画自賛)。

各引き出しのつまみは、DIYパートナーさんで購入した陶器製のもの。お隣のサービスシンクのつまみとおそろいです。

天板は、隣のサービスシンク天板に使ったアガチス集成材の切り落とした部分。高さも同じなので使いやすそうです。


101010-1-2.jpg
引き出しを開けたトコロ。もうすでにいろいろなものが入ってますが(笑)。

これまでバラバラなトコロにあった、洗剤やお掃除道具などが『ありそうな場所にある』ので、探すこともなくスムーズに使えますね。

一番上の引出しのみ、洗濯機用の蛇口に干渉するため、奥行きを少し短くしてあります(背板もその部分のみ切り抜いてあります)。

他にもよく見ると引出しの一番上とそれ以外では材料が違ったりしています(端材ばかり集めて作ったので…)。



101010-1-3.jpg
3人(?)並んで、はいポーズ。
すっきりまとまったのではないでしょうか。

このお部屋、かなりpinのお気に入りになりました。用もないのに眺めに行くこともあったり(笑)。生活しやすいっていいですね?。


2010/10/05

すきま家具制作中

101005-1-1.jpg
大変大変ご無沙汰しております。いえ、別に作業を休んでいたわけではないのですが(まぁ、多少他の用事をしたりもしていましたが)ナカナカ写真を撮って公開?!というタイプのネタがなかったのでした。

何度か書いたことがありますが、地味?な作業をしていたのです。
設計とか、材料の切り出しとか、サンディングとか、木口テープ貼りとか、塗装とか。

ただいま取り組んでいるのは、サービスシンクと洗濯機の間に設置するすきま家具。

うちにある材料と、現場のサイズ、作りやすさなどなどを考慮して、mosが設計してくれました。

上にも書いたような地味?な下準備が終わり、いよいよ組み立てスタートです。


101005-1-2.jpg
骨組みはこんな感じ。レールが付いているのでバレバレだと思いますが、これにも3段の引き出しを設置します。


101005-1-3.jpg
背板も取り付けました。

後ろ側の天板が長いのは、もちろんワケあり。
この写真の左端の方に写っている、洗濯機用水栓と排水口を避けるためです。

引き出しを取り付ければ完成!なのですが、それはまた後日。

コレができたらお洗濯用品をしまえるので、とっても便利になりそうです。


2010/09/11

サービスシンク完成

100911-1-1.jpg
まだまだ続く、サービスシンク作り。今日はいよいよクラマックス(?)です。

先日排水管を床下で分岐したのですが、当然給水の方も分岐が必要。

と、いうわけで洗濯機用の水栓はこんなところから出ています。あんまり見ない光景ですよね(笑)。
我が家が採用したのは洗濯機用水栓 INAX LF-38RHQ

・緊急止水付で安心開閉
・昇圧防止機能で水撃音を低減

の2つの機能と、蛇口の角度(我が家にとっては結構重要!)、価格で決めました。


100911-1-2.jpg
舞台裏はこんな感じ。

えーっと…ちょっとあのぅ…な部分があるかもしれませんが(スマートでないというか…)実用上、差し支えないようなのでこれで行ってみます!

これでも、結構苦労したんですよー。


100911-1-3.jpg
正面から見たところ。

シンク固定後にステンレスのフレームの内側と外側にもマスキングをしてから、バスコークでシーリングしました。

まだ後ろの壁はありませんが、もう使えます! 嬉しくてニヤニヤしています。

深めのシンクが、かなりいい感じ。


100911-1-4.jpg
このサービスシンクのキャビネットは開き戸。

キャッチは、ボールキャッチを採用しました。

このキャッチ、2方向から抜き差しができる便利モノ。このキャビネットでは、写真左側のパターンで使用しています。


100911-1-5.jpg
全体像。

開き戸のトビラ部分がつるっとしていて横の壁が写り込んでいるのは、ここもバトンフロアーの艶有りを3回塗りしているから。

基本的にはマットな方が好きなのだけど、やっぱり水回りは多少の強度が欲しいなぁと思うのです。


100911-1-6.jpg
別の角度から。

うふふー、気に入りました。下の収納スペースにはお掃除道具などなどを収納する予定。
…ただいま、建材が入っておりますが。


100911-1-7.jpg
大容量収納との位置関係はこんな感じ。

当初の予定よりずいぶん狭くなりましたが、手を伸ばせばいろいろ届いて使いやすい感じです。

壁や床、もう少し作業してから洗濯機を持ってくる予定です。