カテゴリー

2011/06/14

単管足場

110614-1-1.jpg
ベランダを設置するために、まず最初に必要な作業。それは足場作りなのです。

家中の単管パイプを揃えてみて、mosさんがうーん…と考え設計。
先日、不足しているクランプを購入してきました。


110614-1-2.jpg
仮のものなので、それほど本格的にはしたくありませんが、そうは言っても作業に差し支えないような使い勝手と強度は必要。この兼ね合いが結構難しいです…。

今ある材料でこんな感じに組んでみましたが、試しに上に上がってみたら結構揺れて怖い感じですね。やっぱ、4mは飛ばし過ぎか。

中央の柱部分なんて足りないからベース無しで立ってるし(笑←いや、笑ってはいけません)。


110614-1-3.jpg
後日、単管パイプ・ベースを買い足し改良。

上に上がった際、横移動がかなりコワイので手すりを追加。足元のほうがだんだん開いてしまうので、下の方にも横棒追加。

筋交いの役目の長いパイプも柱2本とつなげました。

今回の改良で、がっしりといい感じになりました。これなら大丈夫でしょう。

しかし、暑くなりましたねぇ。1日中作業してたら具合悪くなりそうだし、ま、ボチボチつくっていきたいと思います。


2007/07/14

運命の日

うすうす感づいていた方もおられると思いますが、本日内部足場を返却しました!

思えば、設置して頂いた日から1年と9ヶ月弱。お世話になりました?。

昨年の8月あたりに“そろそろ撤去…”という話が出た後、なにも連絡が無くいつ連絡がくるのか?とビビリ続けていたのですが、結局1年近くそのままになってしまいました。

ここから先は、嬉しくて撮りまくった写真の一部です。見てやってください(笑)。
070714-1-1.jpg
2階フリースペースから見たリビングの吹き抜け。


070714-1-2.jpg
ゲストルームから見た寝室とフリースペース。


070714-1-3.jpg
リビングから上を見あげる。


070714-1-4.jpg
フリースペースから見た、玄関の吹き抜け。


070714-1-5.jpg
R階から見た、玄関の吹き抜け。
(床が散らかっているのはご愛敬 笑)


070714-1-6.jpg
螺旋階段から玄関吹き抜けを見下ろす。


と、まぁこんな感じになりました。

やっぱ、足場がとれると今までよりかなり広く感じますねー。満足満足。

2006/08/02

こうなりました

と言うわけで、お昼過ぎには足場の無くなった我が家とご対面。

室内から外に出る時は2人揃ってドキドキしていました。
mosは興奮して昨夜は眠れなかったようですよ。

060802-2-1.jpg
じゃん。

うわーどうしようー。ポツンと我が家だけが建ってます。不思議。

結構モダンな感じなんですねぇ。
足場が無くなってとてもすっきりしました。敷地が広く感じます。

感動してあちこちから何度も眺めてしまいました。



060802-2-2.jpg
南側から。
おわーなんだか箱っぽい。



060802-2-3.jpg
北西から。



060802-2-4.jpg
北西アップ。

凹部分にエコキュートが設置されたら、すこし雰囲気が変わるかな。



想像以上に雰囲気が変わってびっくりです。
久しぶりに大きな感動を味わいました。

しかし足場が無くなったら、“工事現場”という雰囲気じゃなくなったので雑草が目立ちますね。基礎も汚れてる?。
内部作業の目途がついたら、一度周囲もキレイにしたいところですね。

2006/08/02

足場撤去

いよいよこの日がやってまいりました。
今日は外部足場とのお別れの日です。

060802-1-1.jpg
屋上から見たこの景色からも、足場が消えるんですね。なんだか不思議。



060802-1-2.jpg
職人さん10時の休憩中。
当たり前ですが上の方から解体しているので、既に右の方の足場が消えています。



060802-1-3.jpg
足場が無くなったところから見下ろしてみました。コワ・・・



060802-1-4.jpg
これも途中経過。正面から見てみました。
作業中は危ないので外に出られません。休憩中にパチリ。

職人さんの作業中、私達は何をしているかというと・・・・ちょっとした作業。石膏ボードのネジを打ったり、ちょっと掃除したり。
なんか本格的に作業するかなーとも思ったんですが、なんというかまぁ落ち着かないんですよね(笑)。



060802-1-5.jpg
正午には全部解体し終わりトラックに積んでいました。
結構すごい量ですね。2人がかりでロープをかけ、颯爽と帰って行かれました。

足場さーん、1年以上頑張ってくれて、どうもありがとう?。さよーならー。


2006/08/01

いよいよ明日

いよいよ明日は、外部足場解体の日。

解体後にあーーー!って事にならないように、片づけや作業の間にいろいろとチェックしたりいます。

昨日は軒天の端っこのコーキングをした後、自作足場を解体し片づけ。縦に使用していた長?い単管パイプ以外はなんとか片づけました。

その後もコーキング忘れのチェックをしたり、壁や窓のお掃除、カーポートの部品置き場作り(今までは足場の一番下に置いてありました。スミマセン)など細かな作業を沢山しました。

そして今日、まずはじめに解体した自作足場の縦棒をカットして片づけました。
使用したのは、パイプカッター。建物のスグ近くでカットするのでさすがにグラインダーは使えません。

パイプを寝かせて使うならまだしも、空中でカットするのは至難のワザ。しかも“縦のパイプは丈夫な方がいいよねー”と選んだ、肉厚2.4mmのものなんですよ(泣)。

足場と屋上に別れ、6mのパイプを2mと4mにカットしたわけですが、これを押さえるのは結構ツライ。だんだん握力が無くなって来るし、手首も痛いしで想像以上にきつかったです。

そんなこんなで、ようやく解体した自作足場。無くなった後はこんな雰囲気になりました。

060801-1-1.jpg
before



060801-1-2.jpg
after

写真だとあんまり違わないかな?

まだ周囲の足場があるので劇的な変化ではありませんが、目の前で見ると結構広くなった感じがします。



060801-1-3.jpg
玄関側はこんな感じ。
明日はどんな風に変わるんでしょう。



060801-1-4.jpg
こちらは、昨日作成したカーポート部品+いろいろ置き場。ばっちり道路に面しております(^^; これくらい堂々としていれば盗まれにくいと思いたい・・・



060801-1-5.jpg
そしてコレ。なんだと思います?

さっきまではこんな感じで置いてありました。

そう!エコキュートです。この移動も大変でした。

いえ、私にもう少し力があったら、もう一人男性がいたらどうってことは無かったと思うのですが、引越の時に死ぬかと思った冷蔵庫並の重さなんです(泣)。

どうしても持ち上げる事が出来ないので、mosがいろいろ考えて、短い単管パイプでレールを敷いてくれました。
持ち上げずにそのパイプの上を倒れないように押さえながら滑らせて完了。なんとか移動させる事が出来ました。良かったー。



060801-1-6.jpg
外部足場のある全体像はこれが最後の写真です。
やるだけの事はやったつもりなので、あとは明日を待つだけ。
無事に終わりますように。


2006/07/30

足場から

足場の期限、月末が近づいてまいりました。
まだ具体的な日にちは決まっていません。昨日の朝、おそるおそる足場を貸してくれている金物屋さんに電話して、確認してみました。

電話してくれたのはmos。いい感じに交渉してくれて、足場の撤去日は8/2になりました。

しかーも。内部足場はお盆あたりまで使っていて良いとの事!スバラシイ!これはかなりうれしーです。地獄からの使者よばわりしてすみませんでしたm(u_u)m

『足場が撤去されたら、こんな風景もう見えなくなる』と言う事で、mosが足場の一番高いトコロから写真を撮ってくれました。

060730-2-1.jpg
裏側(西側)の自作足場。
足場板として使っている、OSB合板も少し劣化してきてますね。

この足場を組むのは、結構大変だったなぁ。



060730-2-2.jpg
今日サイディングを貼り終わった凹部分はこんな感じ。
手前にもサイディングを貼ったら、また違った雰囲気になるんでしょうね。



060730-2-3.jpg
南側。
お隣の家の屋根が見えます。その向こうにもご近所の家が。

東京だったら、この面積に何件くらいの家が建ってるんだろう。



060730-2-4.jpg
屋上を見る。

うわー、散らかってますね。作業中はいつもこんな感じです。
上から見ると、なんだか面白いです。

足場が撤去されるとすっきりするんでしょうねー。
うれしいけど、1年以上あったものだからちょっと寂しい気もしますね。


2006/07/16

内部足場ちょっと追加

去年の11月に内部足場を設置してもらいました。

今までなんとかそれでまかなってきたんですが、どうしても手が届かない部分があるんですよ。

前々から困っていたんですが、断熱材を詰めてとうとう足場板を渡す事もできなくなったため、既存の足場と床を繋ぐ自作内部足場を作成しました。

060716-1-1.jpg
発案者はいつものごとくmosさん。単管パイプと合板で作成しました。

クランプの数が足りないので、手前の床側はツーバイ材の端っこと合板で固定。



060716-1-2.jpg
既存の足場側は直交クランプで固定しました。

3本の単管の上に合板を載っけて出来上がり。



060716-1-3.jpg
合板が動いてしまわないよう、裏側にはツーバイ材の端っこをネジで留めてあります。

階段を上ってR階に行く際にちょっとだけ不便になりましたが、それ以上に便利?。
この自作足場のおかげで、ようやく螺旋階段上の天井の断熱材を詰める事が出来たのでした。


2006/07/06

地獄からの使者

・・・というのは大げさですが。

今日、お昼過ぎにぼーっと外に出たら、見た事あるお店の名前の書いてある車が家の前に駐まりました。

それは足場を貸してくれている金物屋さんの名前。案の定車からおりたのは足場の担当者。

ひきつった笑顔で挨拶した後は、mosにお任せしましたよ。

既に1年以上借りている足場。さすがにしびれを切らしたようで様子を見にいらしたのでした。

で、今月いっぱいという事になりました。借りる前にあんなに“時間がかかります”って言ったのになー。さすがに1年以上とは想像していなかったんでしょう。
素人を甘く見ちゃいけませんぜ。

・・・なんてバカ言ってる場合じゃないですね。あわわわわ。“mosったら『わかりました』なんて言っちゃってー。”と、焦りまくりの私とは対照的なmosさん。

『いい機会じゃない。これでまた目標も出来たしね。それにあんまり長いのも悪いかな?と気になってたから、こっちから連絡する手間もはぶけたよ』だって。

おお?なんだか前向き。私も足を引っ張らないように頑張らないと!というワケで、blogの更新が今以上に遅れる事があるかもしれませんが、なんとか無事に足場が返せるように頑張りますのでお許し下さいまし。

2006/01/27

西側に足場追加

060127-1-1
 今日は、先日と同じような構造の追加足場を西側に作成しました。

 この図の左上のちょっとだけ引っ込んだ部分に作ります。

 同じような構造と言っても、東側(玄関側)のように開口部が多くないので、6mの単管パイプの取り回しが大変(前は室内足場から手を出して支えたりしました)だし、まだ土のままの凸凹の場所だしで、コチラの方が組立は難儀しました。

 沈んでしまわないように、念のためコンクリートの平板の上に、ジャッキベースを設置しました。

 なんとか、2階部分の高さの骨組みまで終わった図→

 この写真の縦に4本パイプが固定されている上に、垂木止めクランプでOSB合板を固定した後、その上に乗って、屋上の高さ位の部分にもう1段4本パイプを組みました。

 写真は屋上から撮りました。カメラがあると大丈夫だけど、ないと足がすくむ高さです。



060127-1-2
 追加足場の2階部分にOSB合板を張った状態で、上から撮ってみました。

 1枚目の写真と比較すると、状況が分かり安いと思います。



060127-1-3
 地上からみた図。

 OSB合板は在庫がないため、1段上の部分は今日は骨組みのまま。そのかわり、1段だけですが透湿防水シートを張りました。

 明日はすこし風が強いようです。この時期は風の強い日が多いので、結構困ります。シートも窓もあおられちゃうので作業しづらいし。

 予報が外れてくれるといいんだけどなぁ。



2006/01/13

一番上までふさがった

060113-1-1
 追加した自作足場を使って、ようやく玄関脇の壁の一番上の合板を張る事が出来ました。

 あおり止め金物も取り付けられたし、よかったよかった。

 ちなみにこのステージはmosしか乗った事がありません。私は恐怖が先立ってまだまだ無理そうです。いつかデビュー出来る日が来るのかな?

 この後、透湿防水シートの処理をし、写真右手に写っている補強梁に合板を張って金物をしっかり釘打ちしてました。



060113-1-2
 ちなみにbeforeはこんな感じ。

 写真を撮るのを忘れたので、今日作業した場所と逆側の壁を撮影。

 こちら側も、玄関側と同じように足場の追加をしなくてはなりませんねー。しかも、地面はガタガタの土。難易度高そうだなぁ・・・

 mosが高所作業している間、私は雨に備えてブルーシートの補強をしたり、付け足したり・・・

 明日からしばらく雨が続くんですよねー。雪が溶けそうでうれしいんだけど、雨漏りが結構心配。

 ほどほどに降ってくれると嬉しいんだけど・・っていうのはわがままな相談ですかねー。