カテゴリー

2007/11/15

リベンジ

071115-1-1.jpg
というワケで、炉台をやり直しました。

石を並べ直して、布粘着テープでマスキング(養生テープだとかなり弱かったので…)。


071115-1-2.jpg
そのままだと、目地を詰めた時に水をどんどん吸い取られるので石の側面に油性のシーラーの様な物を塗りました。

それでも、それなりに水を吸われましたが、しない時と比べたら全然よくなりました。くさかったけど、結果がよかったのでホッとしました。

実はこの石、1枚だけ7mmほどサイズが違ったので交換してもらったんです。そのとき元の石を置いていってくれたので、事前にシーラーの効果を実験することが出来ました。災い転じて福となったのかも?

この写真は、詰めた直後なので周囲に水がしみて目地が太く見えますが、実際は5mm前後です。

多少モルタルがはみ出ているところもあるので、後できれいにしなくちゃ。



2007/11/12

紆余曲折

5日くらい前から、炉台づくりに取り組んでいるわけですが、これがもうなんつーかダメダメスパイラルにはまっています(T_T)

これも、異素材の組み合わせを安易に決めたツケなのか…

071112-1-1.jpg
とりあえず、ALCに水性ワイドシーラーなど塗ってみました。

まさに実験という感じ。で、これはなんのためかと申しますと…


071112-1-2.jpg
これを塗るため。

ALCの上に鉄板を置くのですが、そのままおくだけではちょっと心配。
最終的には石を置くので、目地がピリっと割れてしまわないように、動かないようにしたいのです。

コンクリートと鉄をくっつける?? どうすればいいんだろうと結構悩みました。接着剤が存在するのは知っているのですが、入手しやすさや価格から今ひとつピンと来る物がありません。

悩みながらホームセンターで物色している時に出会ったのがコレ。

『門柱金具やフェンスの取り付けに!』って書いてあるな。一応。と思いつつもかなり不安。ま、やってみるしかないですね。

ALCへシーラーを塗ったのは、水分の吸い込みが少しでも減るように。このセメントの水分を全部吸っちゃいそうな気がして…


071112-1-3.jpg
スグに広げられるように準備して、セメントをこね、広げ、急いで鉄板をのっけてみました。

…が、…が、予想どおり(?)くっつく様子なし(T_T)

仕方がないので、ビスを何カ所か打って固定。

下穴を開ける時、切削油としてエンジンオイルを使いました。このページによると、エンジンオイルはあまりおすすめではないようですが、ちょっとした下穴をあける程度に使うには無いよりマシ程度ですが、効果はありました。


071112-1-4.jpg
そうそう、最初からビスどめでいーじゃんと思う方もおられるかもしれませんが、この上に石をのせる時に、ビス頭が邪魔になっちゃうんですよね。

仕方ないので、石を削らなくちゃだな。


071112-1-5.jpg
鉄板の周囲にはツーバイ材で見切りを取り付けました。

R階の床の塗装で使用したVATONフロアを塗ってあります。禁断の艶消しonlyの2度塗り(汗)。

これくらい少ない面積のものだと、ムラは感じないです。よかったよかった。


071112-1-6.jpg
見切りまで取り付けた翌日、石屋さんに石を取りに行ってきました。

落ち着いた印象が好きなので、水磨きくらいまでにしていただきましたが、芦野石はもともとどんなに頑張って磨いても御影石や大理石のようにはツルツルピカピカにはならないんだそうです。

厚さは50mm。当初の予算よりは若干アップしましたが、この厚みはやっぱり重厚感があって良い感じです。


071112-1-7.jpg
一番手前に置く石は、左右にわけず1枚で仕上げてもらいました。

これから、ビス頭の部分を削るべく準備中。


071112-1-8.jpg
コンクリートビットで削ってます。この石、柔らかめなのでよく削れます。

でも、作業台からおろして合わせてみて、また台にあげて削り直す…という作業はやっぱり大変。


071112-1-9.jpg
裏側に水を吸い込ませているところ。

鉄板の上にモルタルを敷いてから石を置こうかな…ということで石に水を含ませてます。
下の3分接着セメントを敷いた分の若干の不陸をここで吸収できたらなーとか、ちょっとだけ期待してますが、どうかなー?

それにしても、水吸います。

どれだけでも吸いそうです。柔らかい石ですしね?。ちょっと不安。

でも、レンガのようなサイズではないのでバケツにザバーッというワケにもいかないし、室内なので、上からジャージャー水を流すわけにもいかないし…。うーむ、条件悪いですねー。


071112-1-10.jpg
ここまで来たらやるしかない!ので、モルタルを塗ります。
薄目にのばしてます。石の重みで周囲からはみでちゃったらやだなーとか、いろんな心配が頭をよぎりますが、GOGOです(いいのか?)。

とりあえず、石を乗っけるまでしてみましたが…うーむ、いまひとつな手応え。

よく考えたら、モルタル敷くならネジ頭部分の削り作業はいらなかったなぁ。とも思ったり。
どんよりした空気の中、mosが一言。

『うおー!最初から全部やり直したい!』

そして私。

「いいよ」

『え?』

ということで、やり直し決定。

この後は写真はありませんが、石を外し、石の裏のモルタルを拭き取り(あれだけ水を吸わせたのに石の下のモルタルはパラパラの砂?土状でした 涙)、鉄板の上のモルタルを片づけ、ネジ止めしたあった鉄板を外し、その下の3分接着セメントをサンダーで落としました…。

セメントを落とすのに要した時間は約5時間。家の中は…ご想像にお任せします。


071112-1-11.jpg
そして翌日。

ALCの上に鉄板をビス止めし、その上に石を配置しました。


071112-1-12.jpg
いよいよ目地つめ。

モルタルをゆる?くつくって詰めてます。

目地は約5mm。深さは厚みとイコールなので50mm。キビシイです。第一、石に水分吸われまくりでモルタル入っていかないし。

これじゃーだめだ。という事で、さっさと石を外しモルタルもきれいにおとしました。

なにか手だてを考えねばなぁ…。

しかし、炉台にかなり振り回されてるなぁ。素直にレンガで作ればよかったのかな…。
でも、地元産の石、使いたかったんだもーん。



この文章だけだと心配になってしまいそうなので…
なんとか炉台は完成しております。
次回は完成編をお届けします(笑)。失敗編は長々なのに、完成編はシンプルになりそうです(苦笑)

2007/11/05

タナクリーム職人

071105-1-1.jpg
これまた薪ストーブのために(笑)、炉台後ろの壁+αのタナクリーム(漆喰)塗りをしました。

今回塗った部分との境目、まだ濡れているのでハッキリわかりますねー。

ちなみに塗っているのはいつものようにmos。
なんちゅーか、私、上手く塗れないんですよね…単刀直入に言えば“ヘタ”ってことです。


071105-1-2.jpg
薪ストーブ設置場所はこんな感じに。
右下の方に、バケツの底をさらえながら塗っているmosが写ってますね。


071105-1-3.jpg
上の写真の場所から更に右に目をやると、こんな感じです。ついでなのでココまで塗ってしまったそうです。

それにしても、やっぱり漆喰はいいですね?。すっきりした雰囲気になりました。


071105-1-4.jpg
ここに鉄板と石を置きます。どんな感じになるかなー。楽しみです。


071105-1-5.jpg
ちなみに私は不器用ながら、鉄板の塗装。必要な部分を2度塗りしました。

最初刷毛でぬったら、案の定はけ目が出まくり。一度は打ちのめされた気分になったのですが、2度目はローラーで塗りました。ローラー最高!さいしょからローラーを使えばよかったです。
ま、これも勉強ですね(←多分ね)。



2007/11/02

炉台作成スタート

071102-1-1.jpg
今日は先日カットしたALCの設置です。

設置する場所に墨を引き、根太の位置を確認してALCに写しとってから、床のお掃除。
ずれないように、ALCを置きネジ止めしました。

後方の壁との距離は58mm。25mm空いていればよいとのことなので、クリアしています。
この隙間につもったホコリのお掃除はどうするの?と言うことで、ギリギリほうきが入るくらいの隙間です。

もう少し空いていれば楽々なんですが、あまり隙間が大きいのも見映え的にどうなのか?とも思ったので、見た目も許せるギリギリくらい(我が家基準)にしました。


071102-1-2.jpg
ビスは、建材屋さんがALCと一緒に持ってきてくれたコレ。

ものすごい数くれたのですが、22本しか使わなかった…。頑丈そうなものなので、捨てるのももったいないし、どーしよ。

ALCを設置しただけでも、結構炉台の雰囲気が出てきました。

後方の壁に漆喰を塗ったら、ALCの上に鉄板を取り付けてその上に石を敷きます。
もう少しで薪ストーブにたどりつけそうです。



2007/10/31

ディスクグラインダーでcut!

今日は晴れ。

ディスクグラインダーで切りたいモノが2つほどあったので、短時間ですが久々に外で作業をしました。
071031-1-1.jpg
切りたいモノ、その1。

先日、【ノナカ金物】さんで購入した、コートクロークと納戸の扉の設置のために使う金物の上部レール。取り付けたい場所の長さよりも少し長いのでカットしなければなりません。

鉄用の切断砥石でカットしたのですが、火花が出なくてビックリ。アルミって火花が散らないんですね…。


071031-1-2.jpg
切りたいモノ、その2。

炉台の下に敷くためのALC(軽量気泡コンクリート)。炉台のサイズにカットします。

まずは、長さをカット。


071031-1-3.jpg
そして角を落とします。

1度にすっぱり切るのは無理なので、ある程度切ったらひっくり返して裏からもカットしました。


071031-1-4.jpg
並べて置いたら、炉台の底面の形がわかりますね。


071031-1-5.jpg
そういえば、切ってみてビックリだったのですが、ALCって中心にワイヤーメッシュみたいな金属がサンドされているんですね?。途中で火花が飛んでビックリしました。

石材用の切断砥石で両サイドから切ってから、最後に鉄用の砥石に交換して切らねばならなくてちょっと面倒でした。


071031-1-6.jpg
カットした上部レールは早速、コートクロークと納戸のドア枠に設置しました。

想像以上にピッタリサイズでスッキリ納まりました。もう少しゆるめなハズだったので、溝を切ったご本人は驚いていました(笑)。


071031-1-7.jpg
ドアを取り付けるための部品です。

ドアづくりはまだまだ先なのですが、あとからははめられないので先にレールにぶら下がった状態になってます。

ドアがついたら雰囲気変わるだろうなー。今から楽しみです。



2007/10/30

いろいろ購入

071030-2-1.jpg
この真っ黒な物体、なんでしょうか?

実はコレ、薪ストーブの炉台にと考えている鉄板。
鉄工所で2.3mmのものを折り曲げて角を落としてもらいました。ネットで検索した時に1.6mmのもので炉台にしたという話を見たので安心していたのですが、2.3mmでもちょっとヘナヘナしてるかなぁ。床になる部分は問題ないと思うのですが、背中側になる方が若干不安…。ま、なんとかなるでしょう(←いつも楽観的 笑)

この後、耐熱塗料で塗装して…と考えているのですが、これまた材料に悩んでいます。何種類かあるのですが、ほとんどのものが“塗ってから温度をいったん上げた方がよい”というような事が書いてあるんですよね。うーむ。

いっそ、耐熱塗料をやめちゃおうかな…。無謀でしょーか。悩。


071030-2-2.jpg
こちらはALC(軽量気泡コンクリート)。

これも薪ストーブの炉台作成用です。合板の上に断熱材として敷く予定。


071030-2-3.jpg
そして、写真左側はシナランバー。きれいですね?。作りつけ家具に使用予定です。

右側の茶色っぽい棒のようなものは、コートクロークのドアを取り付けるための金具。先日取り付けたコートクロークと納戸の枠に、溝を切ったのはこれを取り付けるためです。

長さ調整してから設置します。


071030-2-4.jpg
このレール状の金具と一緒に使う細かな金具はこんな感じ。結構たくさんありますね?。

これだけあれば、あとはドア本体があればばっちりなのです。

ちなみにアトムリビンテックの金物です。中々安価で販売しているお店が見つからなかったのですが、【ノナカ金物店】さんにお願いして2割引でとっていただきました。対応もスピーディで親切にしていただけてうれしかったです。ありがとうございました?。

さてさて、これらの材料を形にしていかないとですね?。寒くなってきたし、がんばります。