カテゴリー

2010/10/05

すきま家具制作中

101005-1-1.jpg
大変大変ご無沙汰しております。いえ、別に作業を休んでいたわけではないのですが(まぁ、多少他の用事をしたりもしていましたが)ナカナカ写真を撮って公開?!というタイプのネタがなかったのでした。

何度か書いたことがありますが、地味?な作業をしていたのです。
設計とか、材料の切り出しとか、サンディングとか、木口テープ貼りとか、塗装とか。

ただいま取り組んでいるのは、サービスシンクと洗濯機の間に設置するすきま家具。

うちにある材料と、現場のサイズ、作りやすさなどなどを考慮して、mosが設計してくれました。

上にも書いたような地味?な下準備が終わり、いよいよ組み立てスタートです。


101005-1-2.jpg
骨組みはこんな感じ。レールが付いているのでバレバレだと思いますが、これにも3段の引き出しを設置します。


101005-1-3.jpg
背板も取り付けました。

後ろ側の天板が長いのは、もちろんワケあり。
この写真の左端の方に写っている、洗濯機用水栓と排水口を避けるためです。

引き出しを取り付ければ完成!なのですが、それはまた後日。

コレができたらお洗濯用品をしまえるので、とっても便利になりそうです。


2008/03/25

待望の!

080325-1-1.jpg
FRPグレーチングが届きました。

サイズは3,009×1,000×25mm。このままの大きさでは使えないので、届いたら即カットするつもりでいました。

明日は雨の予報。今日届いて本当によかった。


080325-1-2.jpg
格子のアップ。

厚みが40mmのものは正方形のマスだったのですが、25mmのものは長方形。世の中には25mm厚で正方形のマスも存在するようなのですが、素人が楽にお買い物出来るお店では見つけることが出来ませんでした。

さすがガラス繊維強化プラスチック。見た目がなんだかカラスっぽい雰囲気です。


080325-1-3.jpg
今回カットするための道具は丸ノコ。なんともたよりない雰囲気の小さな刃がついていますが、これが中々のスグレモノ、ダイヤモンドカッターです。

性能もよいのですが、お値段もかなりお高いシロモノ。

ただ、我が家は随分前にコレを近所のホームセンターの特価品ワゴンで発見し『そのうち窯業系のサイディングを切るのにでも使うかもね』と購入しておいたのでした。正確な価格は忘れましたが、たしか2,000円台(!)。

随分寝かせてありましたが、役にたってよかったです。


080325-1-4.jpg
間違えたら…と思うと、かなりキンチョーしましたが、ダイヤモンドカッターのおかげでサクサクきれました。

ただし、あたりに立ちこめたニオイはかなりすごかったです。体に悪そうな雰囲気がただよってました。


080325-1-5.jpg
早速、はめてみました。

1階から見上げると、こんな感じ。透明のものを選んだので、光がかなりとおって明るいです。


080325-1-6.jpg
少し離れたところから見てみると、25mmの高さがうまく重なって明るいけど丸見えじゃない感じです。

2階に上がって、固定前のグレーチングの上を歩いてみましたが、しなりもほとんど感じず頑丈な印象を受けました。


080325-1-7.jpg
グレーチングをのせる部分。今まではTJIがむき出しになっていたのですが、少しきれいに見えるよう、薄い合板を白く塗装して貼りました。

最終的にどうなるのかが楽しみです。



2007/06/06

100均?

070606-1-1.jpg

杉の野地板を購入しようと思い、ビバホームに出かけてきました。

他にもほしい物がいくつかあったので、念のため物色。

念のためと書いたのは、カインズホームの方がいろんな物が若干安い事が多いから。
しかし、今日は違いました。

木工用ボンドは有効期間が2007.6.17までということで、100円。あと10日くらいしかありませんが、只今羽目板張りの真っ最中なのですぐに大量に使うので平気だもん(笑)。

コーキング剤も、2007.6月いっぱいくらいが期限なのですが、期限が切れてもそれほど問題はないことを経験済み(実は前にもこういう物を購入して使いました 笑)。コーキング剤はあると便利な一品なので、迷わず購入です。

というわけで、合計3,000円弱の商品を500円でGET。お買い得でした。

mosは来月頭もビバホームをチェックに行かなくちゃ!と張り切ってます(笑)。


2007/03/29

フローリング材の移動

070329-1-1.jpg
今日は力仕事からスタート。

長いこと1階の納戸予定の場所に積んだままになっていた、塗装済みのフローリング材を2階に移動しました。

無垢の塗装済みの桜フローリングは、全部2階で使うので2階にある方が都合がいいし、だいたいコレが邪魔で納戸周辺の作業が出来ないし。

と、簡単に書きましたが、コレが大変でねぇ・・・1箱15kg前後の箱を30箱。下にpin、ブリッジの上にmosという担当で、リレーしたのでした。

とりあえず、ゲストルームに積み上げておきました。ふぅ?。



070329-1-2.jpg
その後は、寝室に設置するワークデスクの天板の加工。

先日、お義父さんとmosの2人で1階から2階に上げてくれたものです。

壁際の端から端まで、カウンターのように設置する予定なので脚はありません。

角の処理をどうするかとmosに相談され悩みましたが、正面の2辺をの角を少しだけトリマーで削ってもらう程度にしました。Rが強いものより角張った雰囲気のものが好きなんですよねー、最近の私。

トリマーでの加工が終わった後、水引きし、サンディングしてからようやく塗装のスタートです。



070329-1-3.jpg
今回は、R階の床に塗ろうかな?と考え購入しておいた【ソワードカラーV】の#815レッドオークを倍に薄めて使いました。

なんどやっても塗装は苦手。特にこういったステインっぽいものはムラになりやすい気がします。

大物なので、一気に塗れないのですが塗り継ぎ部分がくっきりはっきり(泣)。

私は、塗り始めてすぐにギブアップ。mosに助けを求め交代してもらったのでした(恥)

着色した後になにか、コーティングになるようなものを塗らなければならないのですが、それを何にするかまた悩む・・・(←決めてからやりましょう 笑)。

あんまりツヤツヤしたものは好きではないので、なにかつやのない物を!と塗装後は街に物色に繰り出したのでした。

続きはまた後日?。


2007/03/01

2階の内装頑張ってます

070301-1-1.jpg
夕方、出稼ぎから帰宅。2階に上がるとmosはまだ働いていました。

写真の部分の石膏ボードを貼ってました?。ここの配線も全部済んだので、もう閉じてしまってもよいそうです。

実はこの石膏ボード貼りは、ちょっと前から作業しているそうで、その前はずっとクローゼットのパテ塗りをしていたとの事でした。



070301-1-2.jpg
そうそう、わが家で今まで使ったパテは写真に写っている3種類。

左から、“目地パテ”“スーパーパテ”“仕上げパテ”

全て【パテのトップメーカー メーコー】のものです。

最初はスーパーパテの2.5リットル入りの小さなサイズを5缶ほど購入して(その頃は通販で一斗缶サイズをみかけなかったもので・・)塗ってみました。中付け・上付け兼用タイプで、とても柔らかくて軽くすーっと伸びる感じ。使いやすいなぁ?という感じでした。

ただ、1缶1,764円というお値段には結構ビビってしまいまして、勢いよく厚塗りするには結構勇気がいりました(笑)。

それで、もう少し安く!と調べた結果が左右の2点。

目地パテは、最初に使った時は『なんて塗りにくいんだろう』という印象でした。スーパーパテよりはちょっと固めで若干ザラザラしています。

でも、使っているウチにだんだんコツが分かってきました。小分けしてから練ってつかうと伸びも良くてなかなかよい感じです。深い溝などに詰めるような気持ちで使っていました。メーカーページには『痩せがない』とありましたが、若干ですが痩せはあるように思いました。

そして仕上げパテ。

実は最近初めて使ったのですが、これはもう生クリームのようです(笑)。粒子が細かーい!って感じ。あまりにも軽くて柔らかいので、最初はちょっと厚塗りしたい時に結構悩みました。数カ所やってみてなんとかコツが分かって来ました。このパテはあまり痩せを感じませんでした。

さすが『仕上げ』という名前だけあって、サンディングした後はつるつるでキレイ。これで壁を全部仕上げる?と冗談で話した程です。

という、参考になるようなならないようなレポでした。

写真に写っているスーパーパテは一斗缶だよーと思う方もおられますよね。
実はコレ、宇都宮のジョイフル本田で発見して購入した物。2リットル増量キャンペーン(?)中だったので、14リットル入り。お値段は4千円台半ばでした。

塗りやすいし、一斗缶なら他のパテと若干高い程度だからいいんじゃない?と言う事で1缶押さえて来たのでした。

本来なら石膏ボード全面をパテ処理したいところですが、それをしたらパテ代だけでいくらになるか!考えると恐ろしいです。

そんな予算はないので、とりあえず目地とビス頭だけ潰してます。それでも、結構な消費量です。ここにある量だけじゃ到底足りそうにありません。恐るべしパテ。

参考までに、メーコーの商品一覧(詳細)ページはコチラです。


2007/02/12

材料移動と棉の植え替え

070212-1-1.jpg
写真の原木、昨日追加された物です(左の方にちらっと写っているのは梨の細い原木)。

少し前に出稼ぎ先で、駐車場にかかって邪魔になっている木を切るとのことだったので『くださーい』と立候補したところ、あっさりOKが出ました。

日曜あたりに切ってもってったら?と言われていたので、昨日とってきたというわけです。

手ノコで倒していたようだったので、私も一人で手ノコ持参で出かけたのですが、現場についてガビーン。細い部分はいいのですが、下の方の太い部分は直径15cmはありますよ。むむむ。

15cmクラスのトコロ、1ヶ所だけド根性で切りましたがあと2ヶ所は無理・・・。時間ももったいないし。と言う事で、そのうちチェンソーを持ってとってきます!

職場の若い男の子が切り倒したようですが、そう言えば『俺、手がガタガタっすよ』と言ってたような・・・。やるな。



070212-1-2.jpg
で、今日。

今日は以前から気になっていた事からスタート。

気になっていた事、それは玄関の土間部分を占領している、長尺物です。材料の内訳は・・・3,640mm(12尺)のレッドパインのフローリングと4,200mm×500mm×30mmのパイン集成材(B級品)が3枚。

いやー、玄関開けたらすぐにごちゃごちゃの土間という感じで狭い事狭い事。

コレをR階に移動させよう作戦です。

フローリングは8枚が1パックになっていて、キズがついたり汚れたりしないようまた開封していません。
どちらも、ヒジョーに重いシロモノ。しかも、長い。空間に内部足場が立っているわが家では室内を通す事が出来そうにありません。

仕方がないので、屋上から引き上げる作戦にしました。昨日100円ショップで購入してきたロープを両端に掛け、つり上げスタート!

うーんうーん・・・重い。一発であきらめ。この方法は人力では無理そうです。

仕方なく、パインの集成材は後日考える事にしてリビングに移動。フローリングはバラして一枚一枚室内で移動させたのでした。

右側に並んでいるのは、結構前に【イー・ウッド】さんで購入してあった、ウエスタンレッドシーダーの羽目板です。これも、ずっと2階の一部を陣取っていたしR階で使う物なので一緒に移動しました。

キズがつかないように気を使うし、これだけで(外でのチャレンジを含めて)3時間仕事です。ふー。



070212-1-3.jpg
その後、mosは外で薪小屋の組立(写真取り忘れたー)、私はR階で温室に入れたままになっていた棉を植え替えました。

昨年はプランターに3本ずつ植えていたのですが、管理しづらかったので1本1鉢にすることに。9本のうち、元気そうな5本を選び出し植え替えと同時に剪定。

・・・ちょ、ちょっと刈り込みすぎましたかね?(汗)。ついつい調子にのっちゃって(笑)。

種は4月になったら準備しようと思ってます。

棉の管理は【ライチガーデン】さんを参考にさせて頂いています。

昨年は、種蒔きが遅すぎてあまり実を弾けさせる事が出来なかったので、今年は頑張りたいです?。


2007/01/25

屋上物干し

出稼ぎから帰宅したら、『屋上の物干し竿かけ、とりつけといたよー』と。

薪小屋2号3号の木材切り出しや塗装の合間に取り付けてくれたようです。やったー!

今まではパイプハンガー(こんな感じのヤツです)を使ってました。
天気によって、外と家の中を出し入れして干していたのですがこれが結構面倒。しかも、幅が狭いので、干せる量もあまりたくさんではありません。

将来的には2階のベランダに干そうと考えているのですが、ベランダ制作自体が相当先。それに、たとえ2階に物干し場があったとしても、屋上にも洗濯物が干せるスペースを作っておきたいなぁと考えていたので、先取りして作ってもらえたのはかなり嬉しいです。

070125-1-1.jpg
で、部品はコレです(笑)。

もちろん専用品ではありません。有名どころでは【ホスクリーン】などがありますが、やっぱそれなりに高い。あと、ちょっと主張が強くて無粋な感じ。
第一、取り付ける場所が無い?。

昨年末に宇都宮のジョイフル本田に行った時に、屋上物干し竿設置システムについてさんざん悩みいろいろなコーナーを見てまわった結果、この金物(丸環スクリュー)を発見。

これなら、竿を外しておけば見た目にも目立たないかも。それになんといっても安い!(笑) はっきりは覚えていませんが500円位だったかな?



070125-1-2.jpg
1.8m間隔で、5ヶ所設置してくれました。

仮温室の上への取り付けはかなりキビシかったようです。



070125-1-3.jpg
早速、物干し竿を設置してみました。

中々スッキリしててよいじゃないですかー。あ、上の方でパッチワーク状態になっている軒天はちゃんと春すぎに塗装しますよ(苦笑)。

竿についているぐるぐるは、【どこでもせんたくリング】という便利グッズです。ちょっと前に、ステンレス製の【からまんハンガー】と一緒に購入してあったんです。

ようやく日の目を見る事が出来ました(涙)。

物干し竿の長さとリングの間隔の差が少ないので、風の強い日にずれて落ちてしまううんじゃないかと若干心配。
近々、なにかずれ止めでも考えるとします。

とにかく、mosちゃんありがとう?。


2006/12/20

久々のジョイ本

久しぶりに【ジョイフル本田宇都宮店】にお買い物に出かけました。

病み上がりで、体力を使う作業はまだツライし、しばらく遠出をしていないのでドライブしたいし(笑)、電設系の資材で不足のものがあるし、などの理由でお出かけ。

錆止め塗料、フィニッシュネイル、パテ、ステップル、屋上に物干し竿を設置出来るようにするための金具(専用品ではありません)、ウォークインクローゼットに設置する洋服掛けをつくるためのパイプやソケットなどなど、沢山購入してきました。

それぞれは、使用する時にまたおいおいご紹介します?。

一つ一つを吟味して購入しているので、店内歩きまくり。かなりくたびれました。ってか、家で作業した方が楽だったんじゃ・・・

風邪がぶり返さないといいけどねー。

2006/12/09

羽目板が届く

今日は、【健康無垢の材木屋 イー・ウッド】さんの“お買い得限定品”コーナーで購入したウエスタンレッドシーダーの羽目板が届きました(追記:2007.4現在、私たちが購入した商品の取り扱いはないようです)。


内装については、実はまだ決まっていない事が多いんです。

ドライウォール予定だった壁は、石膏ボードを1枚貼るたびに『うぅぅぅ・・・ここもペンキは無理かも』と、どんどん塗り壁に変更になってるし、天井もどうするか決めてないし・・・。

その他にも窓の周囲の見切りや、廻り縁や巾木や、土間の仕上げや、自作室内ドアや・・・。

長くセルフビルドなんてしていると、どんどん自分の中のイメージや考えも変わってくるもので、いろんな素材を候補に上げ始めます。

最近は、壁の一部に木を取り入れるのはどーかなぁ?なんて思ったりして、mosに『木の壁はどーなんだろう?』と話していました。

そしたら、この前、mosが“こんなのどーかな?”と。

安いウエスタンレッドシーダーの羽目板を発見したとの事です。サネ割れがあるとはいえ、坪5,250円ですよ?。これは確かに安い。

いろいろ考え、R階に貼ってみようかという事になりました。貼る面積が他より狭いし、手すり代わりの木製の本棚があるので、なんとなく雰囲気が合いそうだし、なにより床に座ってくつろぐ予定の場所だし。

しかも余った分を巾木に使えそうというのもポイント高いです。巾木についてもずっと悩んでたんですよね。

合板から切り出すか、ツーバイ材から切り出すか(市販品を購入する気はないんかい! 笑)・・・

施工はもう少し先になりそうですが、どんな感じになるかなぁ?楽しみです。

2006/08/31

白河へ

今日は(も?)お休み。

実は前々から予定があったのです。
景色がよくて居心地が良くてついつい長居してしまう、大好きだったcafeが今日で閉店になってしまいました。
最後にもう一度あの空気を味わってこようと、出かけてきたのです。

那須と白河をむすぶ裏道の途中にある【陶泉】というcafe。大きな窓から見える景色がどんな天気の日も素敵でなんですよ。こっちに越してきてから、いくつかのcafeに出かけましたが、ふたりそろって一番好きなのはここでした。本当に残念。

いつかもう一度オープンしないかなぁと密かに願っているのです。

開店直後に出かけたのですが、最後の日とあっていつもよりもお客さんが沢山。少しまったりして早めにお店を出ました。

せっかくココまで来たので、帰りは白河に寄ってきました。
といっても、目的はいつもと同じホームセンターですが(笑)。白河のカインズは約2年ぶり。
地元のカインズとあんまり変わりないだろうなぁと思いつつ入ってみたら・・・・
うわー、違うわ。なんでここに来なかったんだろーって感じ。宇都宮のジョイフル本田と比べたら小さいですが、我が町のカインズよりは大きくて品揃えも豊富。

我が家のエアタッカに合う針、床下点検口の枠、ビニールハウス用のビニール(建築とは関係ないか 笑)、そしてな・なんとVVF2.6-2C(ちなみに3Cもありました)まで!IHクッキングヒーターの配線に必要なのですが、100mも必要ない上に高いので量り売りがかなり嬉しかったです。

我が家から30km位のこのお店。使わない手はないかもですねー。これからちょくちょく覗かせてもらおーっと。あ、でも真冬に雪が積もっちゃったら無理そうだなぁ。