カテゴリー

2010/01/29

この世の果て?

100129-1-1.jpg
ワタクシ明日から母のお迎え&引越の手伝いに、実家に出かける予定。
今日は、最後の大仕事ですよ。

溜めに溜めた産廃の数々を、捨てに行ってまいりました。あ、不法投棄ではありませんよー。

まだまだ新車のNOTEに廃棄物をぎゅーぎゅー詰め。この写真、涙無しでは見られません…。

この日のために、前もって産廃の中間処理施設に電話し、直接持ち込んでも良いかどうか質問しました。明るく『大丈夫ですよ?』とお答えとともに、持ち込み場所の口頭説明。これが、○○小学校をすぎてスグの道を左に曲がって、その先の青い家を…みたいな説明。
不安ながらも、なんとなくこの辺りかな?と目星をつけて、いざ!現場に出発?。

そして予想通り、やっぱり迷子。
電話で再度指示を受け、ようやくたどり着いたのでした。

目的地に向かう1本道で周囲を見回すと、ウチ以外は大型車ばっかり!受付はドライブスルー状態だったのですが、お姉さんのいる窓は、はるか上。車を降りてなんとか説明を受けたのでした。

それによると、『まずは台貫に乗ってください?』との指示。…ダイカンって何? よくわからないながらも、行けばきっと分かるよね…と不安な気持ちで前に進んでみると、土に埋れた橋?いや、道の一部?みたいなところが。まさかなー?と、通りすぎると、どこからともなく放送でお姉さんの声。『バックしてくださーい!』
そこで、ようやくあの橋がソレだったということに気付き、ヨロヨロとバック。
『じゃぁ、台から降りてそのまま指示があるまで、そこで待っててくださーい』。

…ここで?

余談ですが、この会社砕石のお仕事もしているので、周囲は5mくらい積み上がっている瓦礫の山、山、山。しかも、道も悪く雪のあとの大きな水たまりは、ウチの車が半分以上つかりそうな深さ。

なんか、地獄みたいってか、地球外に来ちゃった感じ?面白い?。いやいや、そんなこと言ってられないよ!かなりコワくて不安だわ?という2つの気持ちが押し問答。
これってネタ?写真を撮りたいな…という気持ちもちょっとだけ頭をかすめたのですが、前の看板にデカデカと【撮影禁止】の文字が…。わ、わかりましたよ…。

待ち時間も結構長く(不安だから余計に長く感じたのかも?)、どーしよ、どーしよと思い始めた頃、ようやく次の指示が。
『受付の前まで戻って待機してくださーい』

指示通り戻り、しばらくしたら暗?いトコロにバックで入るように言われました。え?ここですか?神様?あぁ…。

泣きそうになりながらノロノロとバック。時間が経つにつれて周囲が見えてきました。すごーい量のゴミの山々。かなりホコリっぽいですが、マスク無しで作業してる人もたくさん!他人事ながら心配になっちゃいます…。

優しい作業員さんに立ちあってもらい、すべての廃棄物をおろしました。廃棄はものによって価格が違うのです。本来は1種類おろす→台貫→また1種類おろす→台貫…の繰り返しらしいのですが、量が少なかったため手間がかからないように、いくつかの種類を体重計で計量してくださったようでした。ありがたやー。

その後、もう一度台貫に乗り、マニフェスト伝票にサインして1枚受け取り、お金を支払って無事に終了しました。
気になる金額は写真の量で7千円ちょっと。おもったよりも安くすんでホッとしたのでした。

怖かったけど、いい経験だったなー。あ、でも1度だけでよいかも。

精神的に疲れたので、現場に戻ってからは掃除などして終了。少しだけ残った部分はmosに託して、明日から出かけてきます!


2010/01/13

破壊王みたび!

100113-1-1.jpg
なんとなく気分が乗らず、避けて避けてきたトイレの作業にようやく着手しました。やんなきゃ終わらないもんねー。

画像はうーん…なので、便器がある状況はご想像におまかせします(ものすごーくひどくはありませんが、ン十年なりな感じです)。
まずは便器をはずさないと! というわけで、床との固定の状況を確認。キャップを外すと、ボルトが出現。狭いスペースで四苦八苦しながらナットを3個外しました。そう、3個…。4個目のナットはボロボロに錆びていてボルトとほぼ一体化。どーにもこーにも動きません。

困ったな…と思いつつ、次の手をmosが考えている中、破壊王(!)バリバリっと引っぺがしました。


100113-1-2.jpg
フランジの一部がやっぱり割れました。

フランジのツバがあると、フラットにならないので後々問題がおきるかも?というワケで、ツバ部分をバールなどで破壊してもぎとりました(←相変わらず乱暴者…)


100113-1-3.jpg
保護メガネしておいてよかったー。と言うワケで、破壊王名誉の負傷(違)。

この行為が後々額だけでなく、心にも傷をつけることになろうとは…このときは知る由もない破壊王でした(mosに対しても自慢気にふるまってたし 笑)。


2009/05/15

遅いGW

助っ人さまに来ていただき作業をした次の日から数日間、遅いお休みをとらせていただいていました。
…いえね、特にどこに行ったというワケでもないのですが、ただ少し休んでみたのです(笑)。
自宅でゴロゴロしたり、庭の野菜やお花をいじったりしておりました。
行かない日も、『次は何をしよう』とか『あそこはどう仕上げよう』とか、結局現場のことは気になっていたりはしたのですが。

作業に復活してから、ここ数日の成果はこんな感じです。
090515-1-1.jpg
掘りゴタツ部分のカーペット、ためしにスクレーパーでゴリゴリしてみたら、まぁまぁきれいにはがせました。
チカラは結構いりました。

見た目そんなに汚れてはいなかったのですが、ホコリがぼわっ!と舞いました。何年分のホコリだろう…ゴホッ。


090515-1-2.jpg
この部分をどうしようかと悩んでいたのですが、やはり木で仕上げることに。

mosがサイズを測り、ラワンランバーコア(これが意外ときれいなんですよ)で枠を作ってくれたので仮置きしてみました。

手前の床合板。この前頑張って貼っていただいたのですが、これが“しまった!”なのでした。この合板、掘りゴタツの部分に少しばかりオーバーハングしているのですが、そのために穴にぴったりのサイズのものをはめ込むことが出来ないのです…。

この問題、一度サイズ通りのものを仮置きしようとしたときに発覚しました。いろいろ考えたのですが、結局合板にかかる方向の材料を少し短めにカットしました。

これに底板を取り付ける予定なのですが、我が家にはちょうどよいサイズの在庫がなかったので こちらの商品を注文中。

届き次第、カットして取り付け予定。現在中央にあいているさらに深い穴は必要ないので底板で見えなくしてしまおうと考えています。


090515-1-3.jpg
こちらは、先日欄間を壊した部分の天井付近。ぽっかりと隙間があいていました。その隙間の寸法を測ったら、ちょうど42mm。

ん?どこかで聞いた数字だなと思ったら、当初根太にする予定で挽き割っておいたツーバイフォー材のサイズと同じ! 当初の予定を変更して、荒床をはがさずに床を仕上げたので使わなくなってしまったものが数本残っていたのです。

試しにはめてみたら、見事にぴったり!(笑)。補強(になるかわからないけど)もかねてはめ込み、両側からビスで固定しました。


090515-1-4.jpg
そして、コチラ。

写真手前は玄関です。キッチンから“貼るだけ簡単フローリング”をそのまま玄関方向に貼ってきています。最初はキッチンだけのつもりだったんですが、廊下も結構古ぼけてるんだよな?と思い、廊下も全部貼ることに。
廊下に入るあたりから両サイドが凸凹している部分が多くなってきて、面倒な切り欠きに涙が出ます。

ここからさらに進むと、階段の下がかなりつらそう…。

一気に仕上げてしまいたいところではありますが、玄関あたりは注意していても傷つけたり汚したりしそうなので、もう少し先までとっておこうと思います。

張り終えた部分にも養生シートを敷きました。


2009/05/06

1階和室に着手

昨日・本日と予告通り、またまた助っ人が来てくださいました。

作業内容は、予定通り1階の和室。
090506-1-1.jpg
初日(昨日ですね)。

最終目標は床の畳をあげて合板を貼ることなのですが、その前にしておかなければならないことがいくつかあるので、そちらを先にしていきます。

最初に以前とりかかったものの、資材がたくさんおいてあったために挫折した、長押はがしをしました。人数が多いとあっという間に終わりますね。

そしてその次はいよいよ欄間の解体。はじめに下側の枠(?)部分数カ所をノコギリでカットし、はずしました。


090506-1-2.jpg
その次に壁材と、石膏ボードをはがします。

この2つ、産廃なのですがそれぞれにきちんと仕分けしないといけないのです。なので、勢いよく破壊してしまうと後で面倒なことに。分別のためにも丁寧に壊しています。

あれれ? 欄間ってこんな風に石膏ボードに釘でとめてあるだけなんですね。結構ビックリな光景でした。


090506-1-3.jpg
だいぶゴールが近くに見えてきました。

細かな部分で面倒だったり、はずれにくかったりして結構手間と時間がかかります。

最後に真ん中に下がっている柱のような部分を天井の高さで切り落としたのですが、手ノコで切ろうとするとあちこちから太い釘が出てきて、その度に金ノコで釘を切断したり、場所的にも作業しづらいしでかなり苦戦しました。

ようやく全部外せたときにちょうどお昼となったため、いったん昼ご飯休憩。



090506-1-4.jpg
午後一番に本日のメインイベント「畳上げ」を行いました。

この家、贅沢な6畳ほどの物置が外にあるのです。ちょうど作業している部屋の掃き出し窓の正面にあるので、そこから畳を物置へ。という作業がスムーズに出来ました。

写真の奥の方にある6畳間の真ん中の畳、なんだか違和感が…と思ったら、半畳の畳が2枚敷いてありますね。なんでこんな面倒なことしてあるんだろう…


090506-1-5.jpg
…と思っていたら、こんなん出ました(古)。

そう。掘り炬燵です。

不動産屋さんにも、売り主さんにも聞いていなかったのでかなり驚きました。mosと2人、思わず『掘りごたつだ?』と叫んだくらい(笑)。


090506-1-6.jpg
アップにするとこんな風。

コンセントまで内蔵されてますよ。表面は基礎の上にカーペットを貼り付けてあるようです。真ん中のさらに深くなっている部分にコタツユニットを入れていたのでしょうか。

早速お施主さん(pin母)に電話して状況を報告。『どうする??』と聞いたところ、少し悩んだ末に「残しておいて?」というお返事がありました。

ここで、もともと予定があった義妹一家が那須に到着したとの連絡が入ったので、早めに作業を切り上げることにしました。

この後荒床にサンディングをして、根太を数本貼ったトコロで終了にしました。


090506-1-7.jpg
2日目(今日ですね)。

今日も頑張ろう?とお部屋を見まわすと、こんなものを発見。

縦長の石膏ボードの端材がずらずらずら?っと(汗)。おいおい、ちょっとやり過ぎじゃないですかね…>25年前の大工さん。

第一この方が効率悪くて面倒でしょうに。


090506-1-8.jpg
気を取り直して、昨日の続きを。

実は最初はこの荒床もはがしてから合板を貼ろうと思っていたのですが、昨日予定を変更しました。

3日に現場に行った際、事前調査のため一度畳を上げてみたのですが、その下には意外なものが見つかったためです。

『あれ??ウレタンフォームみたいなのがついてる!?』とmosが言うので、よく見てみると荒床と荒床の間に白い物体が。

荒床も1枚はがしてみたところ、どうやら床下からウレタン断熱材が吹き付けてあるようです。畳なのに床下を気密処理しちゃっていいのかなあ?

なんだか不思議な家だなぁと思いつつもこの先に困惑。

荒床は我が家でストーブの焚きつけにすればいいやと思っていたのに、これでは使えません。いや、断熱材をきれいにはがせば使えないこともないのですが、はがす作業は時間も手間もかかります。

しかし、全部ゴミにしてしまうとなるとものすごい量です。今年の4月から我が市はゴミが有料化になったばかりですし。

また、せっかく床下断熱してあるのに、それを全て無にしてしまうのももったいない。

う?んう?んと悩みました。荒床を残すと、不陸が大規模に発生する恐れがあること、あらかじめ挽いてあった根太用のツーバイ材を再加工しないといけないことなどを考えて、やっぱり荒床をはがしてしまおう!と当日ぎりぎりまで考えていたのですが、膨大なゴミを考えてやめることにしました。

それによって根太の加工のしなおしが決定! 今日もmosは忙しくなりました。

mos→根太・合板のカット、現場の総監督、その他いろいろ
お義父さん→床合板貼り(ボンドぬり?釘打ちまで)
お義母さん・pin→根太取り付け、断熱材の加工とはめ込み。

2階の時よりは手間がかかる(断熱材を加工して入れたり、荒床のために不陸になっている部分をできる限り調整したり)のでスピードが落ちますが、それでもすこしずつ床合板の部分の面積が広がっていきました。


090506-1-9.jpg
写真に写っている列まで貼り終えて、今日は終了。

コタツの穴のトコロをもう少し検討しなければならないので、この先はゆっくり2人で頑張ります。

さすがに2日連続でハイペースだとヘロヘロです。

それにしてもお義父さん達、この後車で高速にのって帰るんだもんなぁ。すごすぎる。

2日間もお疲れ様でした。おかげさまでたくさん進みました。ありがとうございました?。


2009/04/29

2階の床作業

今日は昭和の日。世の中はGWまっただ中だと思いますが、私たちはもちろん作業です。
090429-1-1.jpg
キッチンの作業ももう少しなのですが、諸事情で2階の和室の床作業に着手しました。

まずは畳を上げ、荒床をはがしました。
一度に全部はがしてしまうと、アクセスしづらくなってしまうので、作業の効率を考えながら少しずつエリアを広げて行きます。


090429-1-2.jpg
実は本日は助っ人が2人来てくださいました。久々にお義父さんとお義母さんの登場です。

キッチンを途中にしたまま2階の作業にうつった諸事情とは、2階の和室→洋室の床作業は大がかりな仕事が多いので、人数が多い今日やってしまおうという事情なのでした。

荒床をはがしたあとは、サンディングして不陸の調整。
このお部屋、このままだと畳をあげた分床が少し低くなってしまいます。いろいろ調整方法はあるのですが、今回は根太の上にツーバイ材をのせることにしました。

畳を1階におろし、荒床をはがし、釘を抜き、根太の表面をサンディングし、根太ボンドを塗って、ツーバイ材をビスで取り付け。ちなみにツーバイ材は前日に必要な高さで挽いておいたものを使っています。

4人だと早い早い。サイズを確認してツーバイ材をカットするmosが間に合わないくらいです。


090429-1-3.jpg
ツーバイ材を取り付けたら、こんな風になりました。真ん中に平づかいで入っている材は転び止め&合板受けの役割です。

余談ですが、ワタクシ過去に自分の家の建築中に何度もこの状態の時に根太からおっこちたことがあるんです…。
なので、かなり緊張する作業でした(本人より周囲の方が緊張しているかも?)。


090429-1-4.jpg
お昼ご飯の休憩をとった後は、合板貼りのスタート。

以前自宅の作業の際にも手伝っていただいたので、助っ人さんたちは手慣れたもの。ちょっと説明すると思い出してもらえます。う?ん強力だ。

お義父さんが、根太ボンドを塗ったり合板をセットして釘を打ったり。そしてそのサポートをお義母さんが。

サイズを測って合板をカットするmosはやっぱり焦り気味なのでした(笑)。


090429-1-5.jpg
この部分を張り終わったら終了です。思った以上のスピードで終わりました。


090429-1-6.jpg
ずっと開けっ放しにしてあった押し入れのベニヤも元に戻しました。

元に戻す前に以前から気になっていた“継ぎ足し柱”を念のため金物で補強しました。


090429-1-7.jpg
思った板よりも、ずっと早く2階の床作業が終了したので、壁はがしまでやっていただきました。

2階の和室だけでなく、1階の和室もはがしていただきましたよ。
これで、もう壁はがしの必要な場所はありません。ウレシー。

“また来るわ?”と颯爽と帰っていかれました。
いつもいつもありがとうございます?。

2009/04/05

破壊!

090405-1-1.jpg
キッチンの2重窓予定のトコロ、この前下側のレールを貼ったので、今日は上側のレールを貼りました。

出窓の方にも同様に上側のレールを貼りました。


090405-1-2.jpg
下側のレールのアップ。
両面テープで固定してあるのですが、どうしても真横から見るとテープに厚みがあるので見えてしまいます。

ここはいずれジョイントコークで処理する予定。


090405-1-3.jpg
そして今日のもう一つの作業はじゅらく壁(?)の破壊。

苦戦するかと思いきや、少しハンマーで叩くときれいにポロポロ剥がれました。
後のことを考えなければ(笑)楽しい作業です。


090405-1-4.jpg
この部分、引き戸を開けると裏になる部分なので出っ張らせることが出来ません。ここだけは壁を剥がして間柱の間に羽目板を貼る必要があるのです。

すべての壁材を剥がして羽目板を貼るという選択肢もありますが、廃棄物の量がしゃれになりません…。それに断熱材を入れることも難しくなっちゃうし。今回は必要最低限だけにしておきます。

引き戸の上の部分も一部壁が剥がれていますが、これは私たちが剥がしたわけではありません。長押をひっぺがしたら、自動的にこうなりました。長押の裏側は石膏ボードのままだったんです。


090405-1-5.jpg
2間続きの和室を一つにするので、ここの欄間は外してしまいます。

今日はとりあえず、鴨居を外しました。ところどころ丸ノコでカットして、あとは力任せにひっぺがすと言う感じ。

ちょっと壊しただけなのに、ホコリと粉塵がもうもうと舞いました。もちろんゴミ(壁材は産廃なので別に分別)もいっぱい。

この部屋、洗面台や羽目板などこれから使う材料が置いてあったりするので今日はここまで。他の部屋がもう少し進んで、資材が減ってきたら盛大に壊す予定です。

まだまだ先は長いです。

2009/03/18

板金!

090318-1-1.jpg
久々にガルバリウムを加工中。といっても、まっすぐ切っているだけですが。

このガルバ、自宅で笠木を巻くために用意したものの余りです。
なんでもとっておくもんだなぁ。


090318-1-2.jpg
用途はコレ。

浴室の元換気扇の穴やキッチンに置いてあった給湯器の煙突が通っていた穴のフタです。

この後、周囲をコーキングしました。


090318-1-3.jpg
家の中では、mosが襖の解体。

和室を2間つなげて、洋室にする予定なので間にあった襖が不要になってしまうのです。


090318-1-4.jpg
前にも書きましたが、4月から我が市はゴミの有料化がスタート。
いまのウチに捨てられるものは捨ててしまいたいのです…。

襖の解体はさすがに初めて。こんな構造なのですねぇ。
一生懸命小さく解体していますが、たった4枚でもあっという間にゴミ袋がいっぱいになってしまうのが悩みのタネ。


090318-1-5.jpg
以前キッチンの換気扇だった部分。

パイプの部分と新しい換気扇の間はアルミのフレキパイプでつなげる予定です。



2009/03/15

コンセント増設計画

090315-1-1.jpg
一昨日、設置していただいたユニットバス、こんな感じです。

小さなお風呂ですが、やっぱり新しいっていいわ?とうれしくなりました。


090315-1-2.jpg
そしてコーキングはこのように完成。

やっぱりきれいですね?。


090315-1-3.jpg
ひとしきりお風呂に感動したあとは、次なる作業にうつります。

この家、コンセントがかなり少ないので1ヵ所ですが、増設します。

各部屋1ヵ所、廊下にはなし…という感じの少なさ。
昭和50年代あたりの家って、こんなもんなんでしょうか?

まぁ25?6年前はこんなに電化製品だらけじゃなかったし、電気をくう家電も少なかったんでしょうね。

と、簡単に増設と書きましたが、スマートに仕上げるには結構大変。

だいたい、この家がどんな配線になっているかがよくわからない。浴室を解体してもらったとき天井裏を少し眺めてはみたけど、そっか?と思うほどはわからず(ものすごく線が少ないことはわかりましたが 笑)。

で、もう少し見てみたいな?と言うことで、2階の畳を上げて荒床を一部はずしてみました。


090315-1-4.jpg
それでも今ひとつわかりにくいので、押し入れの床に貼ってあったベニヤも外して観察。

階下の和室のコンセントの位置と比べつつ、これからなら分岐できる!という線をようやく発見。

壁を通すのが大変そうですが、1ヵ所増設するくらい(つまりは線1本壁の中を1階に送る)はなんとかなるかも…という感じです。

ちなみに、写真の真ん中あたりにビロロ?ンと伸びている細い線はインターホンの線。室内側の機械を移設する予定なので、とりあえず引き出しておきました。


090315-1-5.jpg
こちらは2階和室の障子。

ゴミの有料化(4月です)が始まる前に、捨てられるものは少しでも捨てておこう!ということで手をつけたのですが、剥がれるというよりは、パリパリと崩れる感じでした。

この窓はばっちり南向き。西側の窓の障子紙はパリパリにはなっていなかったのに…。

紫外線コワ…やっぱり日焼け止めはちゃんと塗らなくちゃなーと実感しました(そこかよ!)。


2009/03/01

浴室解体工事の結果

一昨日スタートした、浴室の解体工事。
どーなったかな?と見てみました。
090301-1-1.jpg
昨日の朝までの浴室。

ステンレス浴槽、タイルのこんな感じのお風呂でした。


090301-1-2.jpg
解体後はこんな風。

あまり見る機会のない光景ですね。
浴槽、コンクリートやタイルなどはすべて持ち帰ったようで、すっきりしています。

新しく設置されるお風呂のサイズに影響がないようなので、入って正面のタイル壁は残したままになっていますね。

全体的には考えていたよりは、キレイ。

一部の木材は腐っていましたが、まぁ、これくらいで済んでよかったなぁと思いました。


090301-1-3.jpg
木材が腐っていた場所は2ヵ所。

そのうち1ヵ所がこの窓周りです。

窓台が特にひどい感じ。ユニットバスの施工前になんとか補修せねばなりません。


090301-1-4.jpg
そうそう、窓の上にはマットエースがはいっていました。

なぜか3ヵ所だけ入ってたんですが、これって全く意味なさそう…。当時の公庫基準で作られた家なので、最低限のことは…といったところでしょうか?
もうボロボロだし、こんなのいらな?い!と捨ててしまいたいトコロですが、産廃なので捨てるのも大変。意味なしでもこのままここに残すことにします。


090301-1-5.jpg
もう1ヵ所の腐ってた場所は、ドアの下。

見た目から想像するほどブカブカしていないし、これ以上進むことはないと思いますが(今度はユニットバスなので)、このままでは気分が悪いので、ここも補修対象です。

腐った場所から横に目をやると、なぜかウレタンフォームを吹いた跡が…。これも公庫仕様?


090301-1-6.jpg
ぽっかり空いた上を見上げると、広がる屋根裏。

自宅はツーバイフォーで建てているので、在来工法のこういう空間は不思議な感じがします。

25年ものの割には、ホコリもすくなく(←リフォーム番組の見過ぎ 笑)、キレイだな?とうれしい気持ちになりました。


2009/02/27

浴室解体スタート

090227-1-1.jpg



昨日、お風呂屋さんが工務店さんとともにやってきて現地調査。
その際に社長さんが「明日から解体工事に入ります」と一言。

ええ?今なんと?
まだ準備が終わってないんですケド(汗)。

まずは浴室の解体からスタートなので、配管作業までにはまだ数日の余裕がありそう。頑張って間に合わせなくちゃ!と、本日朝から工務店さんを待ちつつ、私たちも作業。
とりあえず、キッチンの配管をしていただくために、どかしておかなくてはならない、まだ残っていた流し台の一部の解体をしました。

090227-1-2.jpg
その他には洗面台の解体。
新しいものに交換する上に場所も移動になるので、撤去しなくてはなりません。

新しいものを据え付けるのってあっという間だけど、解体して処分するのって大変だな?とシミジミ思う毎日です。



そして、工務店さんは11時頃登場。
朝から作業かと思いつつ待っていたのでなんだか拍子抜けです。
解体のための準備らしく、床などを養生したり道具を準備したりしていました。

午後から用事があったので、準備している段階しか見られず。あとのことをお願いして帰ってきたのですが、出来れば1日いて壊すところも見たかったなぁ。