カテゴリー

2010/01/31

出来た!

100131-1-1.jpg
pin不在の2日間、mosは必要な部分の仕上げです(ありがとう!)。

こちらは框。

どういうふうに仕上げようかとずいぶん前から悩んでいたのですが、シナベニヤにカッティングシートを貼って仕上げることに。

まずは上になる面にカットしたベニヤを固定。固定には根太ボンドとフィニッシュネイルを併用しました。

元々の框は大きな傷もなく、そのままシートを貼れるくらいの状態だったのですが、廊下にも施工した貼るだけ簡単フローリングとの段差を埋めるためにこの作業が必要となりました。

側面は元々の框のままです。この元々の部分と一体化させるために手前の端はパテを使いました。

パテが硬化するのを待つ必要があるため、框に関する作業はここまでで1日目終了?。


100131-1-2.jpg
そして今日。

まずはサンディング。この作業、シートの貼りやすさ、はがれにくさに関わってくるので手が抜けません。
丁寧に仕上げた後ダイノックプライマーを塗ってからシートを貼って仕上げました。

フローリング材との色の相性もよく、違和感ない仕上がりですね。
玄関が締まった感じです。


100131-1-3.jpg
こちらは、これまで工具や材料入れて使っていた靴箱。
全部片付けてお掃除したのですが、ホコリ以外にも元々あった汚れもあり、なかなかキレイになりません。

そこで、天板部分はサンディングして油性ニスを塗り直すことにしました。

昨日塗って1日乾燥。今日は軽?くサンディングをして2度目の塗り塗り。

予定外の作業だったけど、やって良かった!
とってもキレイになりました。気持ちよく使ってもらえそうです。


100131-1-4.jpg
リビングはこんな風になりました。

カーテンもつけたし(これは出発前にpinがつけました!)、テレビ台もセットしたしバッチリ。

あとは主の到着を待つだけですね。

そうそう、山のように持っていっていた工具や材料。必要のなくなったものは(引越後も少し作業が残っているので)、2日間かけて自宅に持ち帰ってきたそうです。mosさん、お疲れ様?。

…自宅の惨状が眼に浮かぶようです。アハハ。


2010/01/28

化粧直し

100128-1-1.jpg
レンジ台&収納棚を愛車 NOTEに無理やりのっけて、自宅から運んできました。

pinが結婚前から使っていたものなので、かれこれ10年以上経っているもの。
遠目に見るとそうでもないですが、よーく見るとあちこちに傷やら汚れやら。

我が家はほとんどすべてをつくりつけの収納にする予定のため、いずれ処分する予定でいたのですが、以前母が見て『使いたい』と言っていたのでゆずることにしました。

さすがにこのままの状態ではなぁ?と思い、余っているカッティングシートを使ってリメイクすることに。

最初にざっとお掃除。その後サンディングをし、ダイノックプライマーを塗ってからお化粧直しスタート!


100128-1-2.jpg
側面、トビラなどの目立つ部分を中心に貼ったのですが、結構すっきりしました。

10年も経っているようには見えないかな。


100128-1-3.jpg
その後、私はリビングの大掃除。前から少しずつやってはいるものの。思った以上に時間がかかります。

特に窓が大敵で、掃き出し窓2ヶ所でほぼ1日を費やしました…。

mosは仕上げていない、玄関ホール&トイレ横納戸のフローリング貼り。
久しぶりに貼るだけ簡単フローリングの登場です。

工具や材料の出し入れがあり、傷がついたりするといけないのでこの場所を最後まで残していたのです。


100128-1-4.jpg
やっぱり細かなカットが必要な部分があり、手こずってました…。こうい部分はカッターを使って調整するのですが、厚みもあって切りづらいんです。
頑張った甲斐があってキレイに仕上がってますよね。


100128-1-5.jpg
トイレの前もぜーんぶ終了。

この周辺に材料や工具(カットにスライド丸のこも使用)をおいての作業。もともと広いスペースではないので、mosさん大変そうでした。


100128-1-6.jpg
玄関から室内を見た図。

いままでも“きれいになったなぁ”と感じてはいたのですが、フローリングを全部貼ったあとは、さらにスッキリした気がしました。

ちょっと広くなったようにも見えたりして。


100128-1-7.jpg
トイレ横に作成した収納棚、そのまま丸見えなのもなんなので、ロールスクリーンをトビラがわりに。

このロールスクリーン、サイズオーダーできる上に洗濯機で丸洗いできるんですよ?。その割にお値段も手頃で気に入りました。

天井に直接取り付けたかったのですが、ビスを打ちたい場所に受材が無かったので、端材を1本取り付けてからその端材に対してビスを打って設置しました。


100128-1-8.jpg
掃除もだいたい終わったので、工具や材料は端っこにまとめておいて少しずつ持って帰ります。

リビング、キレイになりましたよね?


100128-1-9.jpg
逆の方向から。

“現場”から人の住む家に変化したみたい。
落ち着いた雰囲気、うんなかなかいいんじゃない?と自画自賛です。

あ、まだ終わってないんですけどね(笑)。
もうひと頑張りしなくちゃ。


2010/01/26

着々?

100126-1-1.jpg
細かな部分をひとつずつ片付けている毎日です。

リビングの窓のカーテンレールを取り付けました。カーテンボックスも作ろうかな??とか考えた時期もあったのですが、窓自体が天井近くまであるので位置的にムズカシイかな?という結論に。

カーテンはすでに購入済み。お掃除が終わったら取り付けようと思います。


100126-1-2.jpg
窓枠の下の部分。
リフォーム前は障子があったので、レールの溝がきってありました。そのままではちょっとねぇ…という感じだったので、フローリングの端材を加工して取り付け。カットした断面が目立たないよう、ジョイントコークのアンバーを塗り塗りしました。これでスッキリ。

ずいぶん前から何で仕上げようかと悩んでいた部分なので気分もスッキリです。


100126-1-3.jpg
今まで仮の照明器具がついていた天井にも、本番のシーリングライトを設置。

2部屋→1部屋になったので、本来ならば中央にひとつの照明でもよいかもですが、元々の配線をそのまま使えること、使っていない部屋は消灯しておけることなどから、そのまま2ヶ所に取り付けました。


100126-1-4.jpg
元々は和室なため、壁のスイッチがありません。いちいち、照明のヒモをひっぱるのは面倒そうなので、リモコンつきのシーリングライトを選択し、スイッチ替わりにリモコンを壁に。

各部屋のもの、2つ並んでいます。


100126-1-5.jpg
キッチンでも細々。

冷蔵庫の設置場所の近くにはコンセントが無いため、モールで延長。
この場所、元は勝手口だったんですよね?。キレイになったのを見ると感無量だわー。


100126-1-6.jpg
延長に使用したものは、パナソニック ザ・タップX
差込口にシャッターみたいなのがついている、スグレモノです。
若干高価だったのですが、あまりアクセスしない上にホコリもたまりやすい場所なので、コレを選びました。

だいぶ、完成に近づいてきました(引越し日も近づいてきたけど…)。

もう少し細々としたお仕事を頑張ります!


2010/01/22

あっちもこっちもラストスパート?

100122-1-1.jpg
苦手なコト、それは上下水関係。いろいろ調べるわけですが、はっきりコレ!という情報も少ない割にはパーツも多い。しかも、ミスると大惨事!

いろんなブログを拝見していると、シロウト(たぶん)なのにさらっと上下水工事をしている方を見かけることがあるのですが、ソンケーしますね。

…などと言っても、やらねばならない事実は変わりません。引越しは目前ですから。

とりあえず、比較的シンプルそうなキッチンから。
システムキッチンにストレート形止水栓は付属していないので、オークションで購入。購入するときもこのサイズや長さでよいのかな??と悩みはつきず、それもまたストレスだったり。

作業エリアは、引き出しを外した奥の方なのでヘンな体勢になってしまうことも多く、それなりに疲れました。あと、化粧板の穴あけが面倒かな。

悩みに悩んだ、洗面所の写真はなし。とにかく、なんとか(見た目は)なったので、あとはしばらく水もれがないか見守るのみです。


100122-1-2.jpg
そして、こちらは電気屋さんのお仕事。

今回IHクッキングヒーターを導入することもあるし、一部電気屋さんをお願いしました。
分電盤を変えると高くつくから…と頑張ってくれたのですが(pinの知人の電気屋さん、ありがとうございます)、東電さんとのやりとりの中で漏電ブレーカも変えなければならないことが判明。新しい分電盤になりました。
壁紙も新しくしたんだし、新しい分電盤で気分もすっきり。

あとは東電さんにアンペア数を変えてもらうのを待つだけです。


100122-1-3.jpg
それから、結構前から悩んでいたココ。堀ゴタツのトコロですよ。

この断面をどーにか隠さねばならないのですが、厚みが30mm弱あるのです。ホームセンターに行く度に、よい材料はないかな??と物色していたのですが、なかなかそううまくはねぇ。


100122-1-4.jpg
で、行き着いたのがこの見切り材。2m位の長さで2~300円だったかな?

最初はアルミアングルとかも考えたのですが、お部屋の色から浮きそうだし、若干ひんやりもしそうという理由でやめました。


100122-1-5.jpg
もちろんこの見切り材だけで、30mm近くの厚みは隠せないので一手間かけてこんな感じに。フローリングの端材を周囲に一周ぐるっと貼りつけました。

もちろん下地の調整からしたのですが、それが一番大変でした…。


100122-1-6.jpg
mosさんが、掘りゴタツと戦い、電気屋さんが分電盤を設置している間、私はクッションフロアの準備。

いきなりクッションフロア用接着剤を塗っている写真からですが、実はここまでが大変だったんです。
前回と違って、狭いスペースな上に巾木もはずしていない。…と言うわけで、フロア材のカットがとっても大変でした。
今回は、大きな紙で型紙を作成してみました。mosさん曰く、以前調べたときに見つけた方法だそうな。でもpinが作った型紙だし、万が一ってこともあるし…と、フロア材は若干大きめにカット。念のため、現場に持っていって敷いてみたら、アレレ?な感じで(泣)。

脱衣所と同じフローリング模様のものを使用したのですが、うまく合わないし、それをなんとか収まるようにすると壁と並行がずれているのが目立つんですよねー。

ムムム。

かなーり悩んだ末、リベンジすることに。早速、新しいものを近所のホームセンターで購入してきました。頭のカタイワタクシは何も考えずに同じフローリング模様のモノを購入しようとして、mosに止められました。
『どーせ新しく買うんだから、同じのじゃなくても良いんじゃないの?あれ、模様あわせがムズカシイし…』

そっそーか、そーだよね。わざわざムズカシイのを選ばなくても良いんじゃん(って、言われる前に気付きましょう)。


100122-1-7.jpg
結局、アラがわかりづらい無難な模様を選択。コレ、大正解でした。
はるのも若干ラクだし、明るいし。

クッションフロアで仕上げた後は早速、トイレ本体の設置の準備。まずは床フランジの固定です。

そう、コレは私があの日破壊行動に出なければ買わなくて済んだのです。しかも、破壊した後のパイプのサイズがこれまたビミョーで。

これも上下水工事の苦手なところ。パイプの種類によって、サイズの測り方がマチマチなのです。本業の人から見れば簡単なんだと思いますが、たまーに使うだけのシロウトにとってはこれがねぇ。
なので、このフランジはVP・VU75・100兼用のもの。あぁぁすべては私の破壊行動から始まったのです。mosさん、すまんねぇ。

さすがに破壊した後に残っていた、旧フランジのパイプ部分は残っていると困るのでパワートーチ RZ-840で、あぶって曲げてなんとか剥がしました。これも、水道屋さんにとってはよく使う手段なようなのですが、ちょっとしたコツがいるらしい(ぐぐった結果)。いきなり本番は不安なので、短めのパイプを購入し、家で何度も練習したのはナイショの話です。

手に持って自由に角度を変えたり動かしたりできるパイプと違って、下水管にくっついている本物は、あぶりも曲げも難しかったよ…。

…てな感じで、反省しているわけです(ホント?)。次回はいよいよトイレ本体の設置だー。


2009/12/13

床はりサクサク

091213-1-1.jpg
先日の予告通り、フローリング貼りをしました。

懸案事項の天井が終わったところで、いっそもう一つの懸案事項のトイレ?とも思いましたが、やっぱりフローリングにしたのでした。面倒そうなトイレを避けるキモチと(多分私だけですが 笑)、材料が減った方が作業スペースも広がるかも?という理由からです。

リビングも、寝室と同じ合板フローリングなので手順はバッチリ。しかも、前半戦は障害物もないのでサクサクです!


091213-1-2.jpg
掘りゴタツの周囲はこんな加工が必要な場所も。
ちょっとだけ面倒ですね(いや、私はそ?でもないんですがね)。


091213-1-3.jpg
そんなこんなで、サクサクここまでやってきました。
他の細々したことも合間にやってるので、実際の日数は3日ですが、正味2日弱といったところ。なんども書くけど、やっぱり合板フローリングは早いですね(驚)。

3日目は最後の列の面倒なトコロを残してあっただけなので、貼り終えたらすぐに壁の作業に突入しました!


091213-1-4.jpg
どんどん出来てくる感じがあって、やっぱり大きな面は楽しいです。材料もどんどん減ってくるので作業スペースも広くなってくるし。

羽目板の色、模様、残量などを気にしながら、配分に頭を悩ませているmosだって楽しいと言ってるぐらいですから、なんてったって楽しいのです。

2009/11/07

久々のフローリング張り

091107-1-1.jpg
リビング・寝室の出入り口のトコロや押し入れのトコロに、油性ニスを塗りました。
メルドスで…とも思ったのですが、足で踏むことの多い場所なので念のため強いものに。

ミゾの中はマスキング。後から敷居すべりを貼る予定です。


091107-1-2.jpg
そして、本日のメイン。寝室のフローリング張りです。

2階の元和室(4畳半)に張ってから早5ヶ月。久々の作業ですね。

入り口でなく窓際の方から張ってこれば、作業をしやすいかもしれませんが、諸事情でコチラから張ることになりました。
もちろん、部屋は四角では無いので、ところどころで調整が必要です。曲がっていないか時々チェックできるように、あらかじめ30cm間隔で墨を打ちました。


091107-1-3.jpg
2階の4畳半は2時間で張り終えましたが、今日の6畳は4時間弱かかりました(比率からすればこんなもん?)

無垢フローリングと比べたら圧倒的に早いのですが、それでも部屋に合わせて少しだけナナメに切ったり、欠き込みを入れたりと加工も必要なので、ある程度は時間がかかりますね。

明日は助っ人登場dayなので、少し準備をしておこうと思ったのですが暗くなってしまいました…。
明日、早目に来て頑張ることにします。


2009/10/11

3人で作業

091011-1-1.jpg
今日は3人で作業するので、大物を片付けよう!…ということになりました。
唯一和室状態のままになっていた、6畳の寝室の作業です。

まず最初に、畳を全部上げて荒床のお掃除からスタートしました。


091011-1-2.jpg
強力な助っ人は、お義父さん。

これまでも何度か床作業をしてもらっているので、慣れたモノ。
ざっと説明するだけで、どんどん進めてくださいます。

この部屋も床下にウレタンフォームの断熱材が吹いてあったので、荒床を剥がさず上から根太を組み、隙間にスタイロフォームを入れています。

スタイロを入れた後は、合板で床下地を作ります。
3人いると作業が分担出来るので早いこと。


091011-1-3.jpg
実は当初の予定より、薄いフローリング材を使うことにしたので厚みあわせのために、もう一層薄い合板を設置しています。

接着剤はどうしようか悩んだのですが、強度の問題や床鳴りの問題から、全面に塗ることにしました。釘を打つ場所には根太ボンド、間の部分には木工用ボンドを使っています。


091011-1-4.jpg
ホコリっぽかった畳の部屋があっという間に、すっきり合板床になりました。


091011-1-5.jpg
時間が少し余ったので、そのまま天井の合板貼りに突入?。


091011-1-6.jpg
要所要所にビスを打つだけにして、どんどん進んでいったところ、なんとか全面に貼ることが出来ました。
打っていないビスは、これから時間の空いているときに追加していこうと思います。

2人でやるのと3人でやるのはえらい違いで、倍くらいのスピードで出来たような気がします。

来るたび、体力勝負の作業が多いので、お義父さん大変かも。
本当に助かりました。ありがとうございました?。

2009/07/30

階段変身中

090730-1-1.jpg
頑張って塗装を剥がした階段、少し前に油性ニスを塗りました。

上から順番に塗っているところ。
私はどーもあのニオイが苦手で(得意な人はいないか)…。というか、前よりダメになってしまいました。

『狭い場所だからつらいでしょ』とmosが塗ってくれました(感謝!)。


090730-1-2.jpg
写真だと前と変わらないように見えるかもしれませんが、ピカピカきれいになりました。

で、今日はスベラーズ貼り。

階段って結構あぶないですよね。滑って落ちて骨折!なんてことがあるとつまらないので、“転ばぬ先の杖”ということで取り付けました。

裏紙を剥がして貼るだけなので、簡単。これならpinにも出来ますよ。
ということで、汗だくになりながら(力仕事じゃないけど、場所が暑いのです…)私が貼りました。

試しに上り下りしてみたのですが、足裏のフィット感がよく安心出来る感じです。


090730-1-3.jpg
貼り付けるのは簡単だけど、きれいに見えるように位置だけはきちんとしたい!

そのためにmosが治具を用意してくれました。ベニヤ板の余りみたいに見えるモノ、右側にスペーサーとして当ててつかえばあら不思議?。ちゃんと格段のスベラーズの位置がそろいました。

目出度し目出度し?と終わりたいところですが、階段の変身はもう少し続きます。


2009/07/24

やっぱり階段も

090724-1-1.jpg
階段は、お掃除すれば良いかな…と思っていました。
でも、ここしばらく2階の作業のためになんども上り下りしていたら、汚さが目についてきました。

あぁぁ、見て見ぬふりしようかな(悪いカツオ状態)と思いつつ、結局やる!ことにしました。

薄いフローリング材を貼る、シートを貼る、塗装を剥がしニスを塗る の3つの方法を検討しましたが、一番簡単そうな(ホコリはすごいけど)ニス塗りに決定。


090724-1-2.jpg
汚さはこんな感じ。

この写真でも見えづらいかもしれませんが、踏面に散見する黒いツブツブ。
肉眼だとあちこちによく見えます。

1枚目の写真左に移っている、タテ棒は多分新築の時からと思われるニスのムラがすごい。
SPF材の浮き上がったヤニのようなモノがたくさんついておりました…。


090724-1-3.jpg
早速サンディングを始めました。

狭い場所なので、ホコリの舞い方は尋常じゃない上に暑い!
メインはランダムアクションサンダー、隅はマルチサンダーでとにかく削る削る。

結構つらい作業ですが、やっぱりスピードは速いですね。

全部剥いだら次はニス塗りだ?。


2009/06/17

こりゃ早い

090617-1-1.jpg
1階に続けて2階の元和室の9mm合板の増し貼りです。
4畳半だからサクサクと書きたいところですが、合板の上げ下ろし(2階で計って、1階でカットして、2階ではめてみて…の繰り返し)は体力的には大変。それでも時間的にはサクサクでしたが。


090617-1-2.jpg
合板張り終わって、少し休憩。

“いや?、暑いし疲れたね?”
“今日は早めに帰る? ”
“いや?、でもそれは罪悪感があるなぁ”
“んじゃ、途中まででもフローリング貼ってみるか”

のような会話がなされ、フローリング貼りスタート!
何を隠そう広い面積では初めての合板フローリングです。今まで合板フローリングはトイレに貼ったくらいなんだよね…。

クローゼットの前や押し入れの前は、このフローリングで終了。見切りをつけることが出来ないので、そちらを優先にして慎重に隙間のないように貼っていきます。


090617-1-3.jpg
それにしても、合板フローリングって楽!これこそサクサク進みます。
あっという間に半分経過。そのまま続けて4畳半すべて終了しました。

こりゃ大工さんが無垢フローリングをいやがるわけだ。

早めに切り上げて帰らないでよかった?。2階元和室、フローリング終了!